北方領土は帰ってくる



◆12月に安倍総理が下関の春帆楼でロシアのプーチン大統領と二人だけで日露友好条約についてトップ会談を行うことになっていますが、北方領土返還に大きな期待が寄せられています。ロシア側はまず歯舞色丹2島返還の提案をしてくる事は間違いないでしょう。これは1956年の「日ソ共同宣言」で決まっていることなのです。

nAyVSvGJ_20160909000957.jpg

◆日ソ共同宣言の内容は「日ソ両国は引き続き平和条約締結交渉を行い、条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を引き渡す」となっています。この宣言は、日ソ両国の国会で批准されており、「法的拘束力」をもっていることと、またこの日ソ共同宣言については、ロシアでも広く知られている事です。

◆これまで何度もこの話は出ていましたが、米国が4島一括返還でなければダメだとして頑として反対してきたので、話は一向に進まなかったのです。自民党のアメポチ議員団が一斉に4島返還を主張するものだからロシア側も疲れて交渉にならないと匙を投げた状況でした。ロシアに人脈を持つ鈴木宗男元衆議院議員が、2島返還から、段階的に択捉国後の変換に持っていくよう交渉していたところ、いきなり収賄斡旋容疑で逮捕外務省の佐藤勝と共に有罪判決が出て失職しました。日本がロシアと仲良くなることは米国にとって非常に不愉快なんですな。

◆だが、ここへきて米国が急速に覇権を失い、フィリピンのドゥテルテ大統領などは、内政干渉するオバマは地獄へ落ちろとか、比米安保を見直すぞなどと発言していますが、オバマはもちろん米国議会もそれにあまり反応していません。
米国が世界の警察官であった時代は終わったので、安倍総理も安心してロシアと交渉できると踏んだのでしょう。
しかし、日本の中には日ソ不可侵条約を無視して終戦間際になっていきなり日本軍を背後から攻撃し、多数の民間人を虐殺したり、武装解除した50万もの日本兵を極寒のシベリアへ連行し、重労働をさせ、飢えと寒さで5万人もの死者を出しながら謝りもしないロシアに強い不信感を持つ人が多くいます。こういう人々は領土返還の裏に何か恐ろしい企みがあるのではないかと怪しんでいる人も多いでしょう。

◆欧米はロシアを恐れていますが、プーチンはスターリンと違ってハザール・マフィアではないので信用しても好いのではないでしょうか。めったに笑わないプーチン氏が安倍氏に見せる笑顔がそれを象徴しています。シベリア鉄道が北海道とモスクワを結ぶ構想を打ち出すなど新しい日露友好関係が醸成されつつあります。




シベリア鉄道の北海道延伸を要望 ロシアが大陸横断鉄道構想 経済協力を日本に求める

siberia.png

広義のシベリア鉄道の路線(赤)と、バイカル・アムール鉄道(バム鉄道、緑)

 政府が検討している対露経済協力について、ロシア側がシベリア鉄道を延伸し、サハリンから北海道までをつなぐ大陸横断鉄道の建設を求めていることが2日、分かった。ロシアは要望の「目玉」として、日露の物流のみならず観光など人的交流の活発化を期待。一方、日本側もロシアの生活の質向上や、資源収入に頼る産業の多角化につながる協力策の原案をまとめており、ロシア側要望への対応を精査している。

 シベリア鉄道の延伸は、アジア大陸からサハリン(樺太)間の間宮海峡(約7キロ)と、サハリンから北海道・稚内間の宗谷海峡(約42キロ)に橋またはトンネルを建設する構想だ。実現すれば、日本からロシアの首都モスクワを経て欧州を陸路で結ぶ新たなルートを構築でき、プーチン大統領もかつて「シベリア鉄道を日本の貨物で満載することにつながる」と期待感を示したという。

 併せて、モスクワの東約800キロにあるカザンからウラジオストクまでのシベリア鉄道高速化構想も浮上している。シベリア鉄道の輸送期間短縮でロシア国内の経済活性化に貢献するほか日本企業の商機拡大にもつながる。将来の現地生産をにらみ、車両や信号システム、レールなど日本の技術をパッケージで売り込む構想で、既に一部の関連企業は事業性の検討を始めたとみられる。

ロシアは日本に対し、シベリア鉄道関連を含む50項目のプロジェクトを提案。極東の発電所から電気を海底ケーブルで北海道または本州に運ぶ「エネルギー・ブリッジ構想」も注目株だが、重要なエネルギーインフラをロシアに握られるリスクも懸念される。
 一方、日本側も経済協力でロシアの国民感情を軟化させ、北方領土交渉の前進につなげたい考えだ。

http://www.sankei.com/politics/news/161003/plt1610030005-n1.html






◆ロシア極東では、日本の経済援助や技術供与を期待して安倍総理を絶賛しているとのことですが、あまり過剰な期待を掛けられても困りますがねえ。日本がODAや技術供与でお節介し過ぎた結果中国や韓国のように恩を仇で返されることのなきよう相手の出方を余程気を付けて観察する必要があります。




ロシア極東で安倍晋三首相を絶賛する声が続出 「中国、韓国より日本が大事だ!」 日露経済協力は活発化するのか?
 
安倍晋三首相が経済協力を打ち出したロシア極東で、日本との関係拡大に期待する声が強まっている。首相が出席した「東方経済フォーラム」が開かれたウラジオストクでは、多くの市民らが驚きを交えながら歓迎の言葉を口にしていた。

ニチロ提案

 ただ同地域は深刻な汚職体質で知られ、経済状況も厳しい。ロシア側が領土問題を棚上げする姿勢を強めるなか、経済協力が一方的なものになり、日本企業にメリットが生まれなければ、安倍政権は新たな批判を招きかねない。

中国、韓国よりも日本が大事

 「あなたの国の首相の演説は本当に良かった。私は日本を支持する。中国よりも、韓国よりも、日本が大事だ。私は日本車が大好きだ」

 「街を見たら、どれほど日本の物があふれているか分かるでしょう。私たちは、日本なしの生活なんて考えられないのです」
 「実現すれば、本当にすばらしいこと。でももし首相が代わってしまったら、その後も同じようにロシアに関わってくれるのかしら…」

 経済フォーラム終了後のウラジオストクの街中では、多くの市民らが日本への強い期待を口々に語った。「安倍首相が交代しても、日本の首相はウラジオストクに来てくれるのか」「今だけの関係ではないのか」と心配したように記者に訪ねる人も少なくなかった。

ロシアのなかで日本に最も近い極東地方は、首相が打ち出した経済協力の重点対象地域とされる。1990年代、ソ連崩壊後、経済危機に陥ったロシア中央政府の開発計画から見放されるなか、極東の人々は日本製中古車の輸入業などに活路を見いだし、自力で地域経済を支えた。ウラジオストクの路上は現在も、日本の中古車であふれかえり、さまざまな日本の商品を扱う店舗や、メイド喫茶のような寿司屋まであった。多くの市民にとり、日本は切っても切れない存在であることは間違いない。

厳しい経済状況

 そのようななかで彼らが日本に強い期待を寄せるのは、極東経済が再び厳しい状況に置かれている実態と無縁ではない。
 ウラジオストクを含む極東連邦管区では今年1-5月、全地域で住民の実質収入が減少した。域内投資額も昨年、下落した。日本海に面する極東ではアジア各国から商品を買い付け、それを露国内で転売する中小規模の輸入業者が多いが、ウクライナ危機以降の通貨ルーブルの暴落で買い付けが困難になり、彼らの生活は厳しい局面にたたされている。

 「仕事を3つ掛け持ちするなんて、“ざら”よ。誰もが、ちょっとでもお金を稼いだら、この街から出ていこうとしている。今ここで働いているのは、街を出ることすらできない人々ばかり」

フォーラム会場から市内の取材現場まで記者を送ってくれた30歳前後の女性タクシー運転手は、ウラジオストク市の置かれた現状をこう語ってくれた。他にも多くの人々が、経済状況の悪化を訴えていた。

深刻な汚職問題


 ただ極東地方は、その汚職体質への批判が絶えない。
 ソ連崩壊以降、中央政府の保護もなく経済を支えざるを得なかった極東では、違法なビジネスが蔓延したのも事実だ。当時と比べれば状況は大きく改善したとされるが、そのような時代を強く思い起こさせる事件がフォーラムのわずか3カ月前に発生した。
 6月上旬、ウラジオストクでは当時の市長が職権乱用などの容疑で逮捕された。親族が経営する企業に公共事業を不正に受注させたとの容疑だったが、同市の市長摘発は、退職後を含めると実に3代連続となってしまった。

 安倍首相が5月、露南部ソチでの日露首脳会談で8項目の経済協力を打ち出した直後だっただけに、日本企業関係者からも強い落胆の声が聞こえた。
信頼失う
 現在、日本からの個人輸入業を細々と続けているというウラジオストク市内に住むロシア人男性は、今回の日露の経済関係強化の動きを受け、再びビジネスを拡大したいと意気込んだ。
ただ彼は以前、自分の周りで日本側をだまし、商品代金を支払わず雲隠れした業者たちを目撃していたという。
 男性は記者に対し、自戒を込めるようにつぶやいた。「今度同じことを繰り返せば、われわれはもう二度と信頼されないだろう」
(ウラジオストク 黒川信雄、写真も)

http://www.sankei.com/premium/news/160910/prm1609100015-n1.html






◆ロシア人は大雑把で大酒飲みで時間や約束事にルーズであることはよく知られていますが、プーチン氏は全く違います。しかも徹底したリアリストです。彼はとても強権的ですが、彼でなければでたらめな多くのロシア人を治めることはできないでしょう。

プーチン「私欲で工場閉鎖するのはやめろ」と工場オーナーに強権発動


【おそロシア】野党が提出した文書を破り捨てるプーチン【激おこプーチン丸】



◆プーチン氏の人となり知ろうと思えばその言葉を聞けばわかります。

プーチン 語録 [おそロシア]



プーチン大統領の過激すぎる...名言・語録集



◆プーチン流無言の圧力、これは怖いですねえ。

プーチン大統領 オバマも引きつる無言の朝食会 [おそロシア]


◆オバマ氏にはニコリともしないプーチン氏が、安倍氏の前では柔和な笑顔になります。

【海外の反応】中国人「日本、この恐ろしい国よ。」プーチン大統領に礼儀を見せる安倍総理を中国が賞賛



◆日露関係がうまくいくようになれば、小松左京の「日本沈没」のような非常事態になればシベリアに移住することも可能になりますかな・・・


▼うまくいってほしいニャ~

20110118_01.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR