混迷を深める地球



◆地球波動上昇の影響か看護疲れなのか分かりませんが、とにかく眠いし全身の疲労感が激しい日が続いています。

o0600032013194356733.jpg

最近は新しいチャネリング情報が途切れたような状態で、果たして地球と人類はこれまで言われているようなアセンションに向かっているのでしょうか。欧米とロシアの対立が鮮明になっていますが、これから世界はどう変化していくのか俯瞰する材料も不足気味です。こうして目隠しをされたような状態にストレスを感じている方も多いと思いますのでマシュー君とコブラの現況報告の一部を転載させていただきます。




金曜日, 9月 23, 2016

マシュー君のメッセージ(117)

マシュー君

2016年9月17日

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちから、心からのご挨拶をします。たくさんの人々の頭にある思いから始めることにしましょう。その第一は北朝鮮のミサイル発射の成功についての不安です。もしあの国が宇宙に核弾頭を発射させたとしても、あなたたちの上空を絶え間なくパトロールしている宇宙ファミリーのメンバーによって妨害されるでしょう・・他のどの国がそのような企てをしても同じです。


人道的目的からのシリアの休戦は確かに歓迎しますが、この応急的措置よりはるかに必要なのは、あの戦争で引き裂かれた国の人々を窮状から救い出すことです。平和は訪れるでしょう。しかし、敵対する宗教団体と非宗教の民間グループから生まれた敵意と不信感がそれに至るまでの紆余曲折の元になるでしょう。

前回のメッセージで話したアメリカ合衆国の大統領選挙のエネルギー的なシナリオについては、ヒラリー・クリントンが健康上の理由で選挙レースから辞退することになれば、バーニー・サンダーズをホワイトハウスに送り込む別の可能性が高まります。そのような状況への可能性が強まっても、クリントンの選挙運動に関わるシナリオが消えてなくなるわけではありません。それらの流れ(ストリーマー)のエネルギーは自然な道をたどり、情報を明るみに出すでしょう。そのようにして、彼女が大統領として失格となってサンダースをホワイトハウスに押し上げるという可能性は残ります。

9・11の真実は明らかになるでしょう。でも、イルミナティのロックフェラー分派がアメリカの政府、経済、主要メディアの支配を全て失うまではそれはありません。


あの国が、一連のハッカーされたEメールでロシアを名指しで非難し、ウラジミール・プーチンをアメリカの内政への干渉者とか、かつてソ連邦だった国々を支配しようとする独裁者だと言っているのは、政治劇であり、メディアへの記事ネタに過ぎません。プーチンは冷戦時代の復活や他国との争いを望んでいません。彼は、世界の腐敗、欺瞞、暗殺、戦争の仕掛け、貧困の助長というイルミナティの長い君臨時代を終わらせようと、政府、軍、企業、経済界で秘密裏に取り組んでいる人たちの一人です。

上昇する波動エネルギーレベルもそのような人類への災難を地球から取り除く助けをしていますが、何が起こっているのか理解しない人々には大きな混乱を引き起こしています。

あなたたちが知っているのは、文明社会の進化であり世界の変容ですが、ほとんどの人々はそれを果てしない苦しみ、断絶、混乱として見ています。そして時間がますます早くなる感覚も不安に感じています。多くの人々にとって、これは仕事をすべて終える前に1日が終わってしまい、やるべきことを大急ぎで終わらせることになるので、それでなくても高い波動エネルギーの影響でストレスになっている身体と精神にさらに負担が掛かっています。


その点で、たくさんの読者が遭遇している困難な課題について書いてきています。そして、とりわけ気づき始めている魂たちが導きを求めているのですが、ライトワーカーたちも地球のアセンションプロセスに従って増幅し続ける波動エネルギーに順応するストレスから影響されないわけではありません。僕たちが書いたストレス減少のアドバイスを繰り返す代わりに、その情報を初めて読む人たちやリマインダーとして欲しい人たちのために、僕の母にそれらのメッセージの日付を書くように頼みました。(2013年7月4日:最も広範囲にカバーしています。2008年3月23日。2009年10月10日。2013年11月20日。そして2016年3月20日:ストレスの原因と解放についてさらなる洞察を書いています。)ありがとう、お母さん。ネガティブな考えをポジティブなものに変えるのが、どのような状況でもストレスの多い感情を和らげる最も早い方法であることを強調しておきます。

「どうして波動エネルギーは誰にも同じように影響しないのでしょうか?」

実際には、波動エネルギーはあらゆる人々の個人的な性格や行動の傾向を増大させる点で、誰にでも同じように影響します。大きく異なるのは波動エネルギーに対する反応です。それは、人がそれぞれに違うからです。あなたたちは、大きさや年齢から身体の化学的組成と細胞構造に至るまで、多くの点で異なりますが、個人の反応に最も大きく影響するのは、信念、経験、関係性、態度です。

けれども人類全体についてもう一度言うと、そしてこれは最も基本的なことですが、波動エネルギーに対する反応は、心が開いているかいないかによるのです。本題からちょっと外れますが、波動エネルギーのレベルは大きく異なりますが、波動エネルギーの“成分”はいつでも大宇宙コスモスの最強のフォースである創造主の愛と光の本質部分です。

光は目に見えるもので、愛は感覚だと一般に考えられていますが、それらは一つで同じエネルギーです。そしてスピリチュアルな意味では、愛、光、愛/光は同義語です。さて、このエネルギーに心を開いている人たちは愛を受け取り、送ることで、その多様な高めるパワーを示すことができますが、そのエネルギーに心を閉じている人たちにはできません。

愛の反対は憎しみだと思われているかもしれませんが、そうではありません・・その反対は愛のないことです。

恐れも愛のないことです。恐れのエネルギーには、愛が本来持っているパワーは決してありませんが、無慈悲、貪欲、暴力、欺瞞、権力欲と支配欲をいわば“生み出す”だけの力があります。

恐れの中に生きる人たちは、スピリチュアルと意識レベルの気づきに関する限り“闇の中”にいて、恐れに満ちた状況をもたらす人たちは闇の虜です。地球のすべての人々に光を送ってほしいと僕たちが何度もあなたたちに願うのはそれが理由です・・人々が“光を見る”時のみ、心が開いて恐れを愛に変えられるのです。

どのようにしたら光を送れるのですかと尋ねられています。

人は誰でも、万能の光と愛である宇宙エネルギーのチャネラーになる能力があります。そのエネルギーを人や特別な地域、あるいは地球のすべての人々に送りたいという願いや意図がただあるだけで、自動的に、すぐ、そのエネルギーは目的とする受け取る側に送られます。あなたたちがこれをもっと改まった形でやりたいと思って、多分祈りやメディテーション、ビジュアリゼーションをするのももちろん結構ですが、必要ありません・・大事なのはあなたたちの気持ちなのです。そしてその数も実際大事です。あらゆる人々への公正さ、尊厳、繁栄があって、平和に、自然と調和して生きたいと願う人々の総合的感情が、そのような世界を現実にするエネルギーのフォースだからです。

「ニルヴァーナの人々は、異なる星占術のサインに私たちと同じように影響されますか?」

いいえ。エーテル体とニルヴァーナ自体は、あなたたちのような密度の高い肉体に影響を与えるあなたたちの太陽系での惑星間相互作用によって影響されない波動振動数で振動しています。

「自律型ロボットの開発は、私たちの将来への脅威になりますか、また人工知能がイルミナティに利用され、私たちの第四密度へのアセンションを妨げ、大量失業と社会的混乱を引き起こすでしょうか?」

産業用ロボットが広く利用されるようになると、このテクノロジーが取って代わる・・それが唯一の“脅威”です・・退屈な組み立てラインはなくなるでしょう。従業員の年齢によりますが、彼らは退職するか、もっと満足でき、金銭的にも報われる他の分野の仕事を探す準備ができます。

それは一瞬では起きませんが、地球の黄金時代のこの貴重な時期は間もなくやって来ます。新しい経済システムが支援する健康増進のための保養の必要性を社会が認めるようになれば、人々はもっと健康で幸福になり、もっと有意義に活動的に、そして豊かになるでしょう。

人工知能も暮らしを豊かにする目的で利用されるでしょう。そして、どのような人であれ、その人のスピリチュアルと意識レベルでの気づきに於ける第四密度やそれ以上へのアセンションを止める力をイルミナティが持ったことは決してありません。

お母さん、ツインソウル(双子の魂たち)についての質問をタイプしなくてもいいです・・あなたのリストから答えます。

魂の合意にツインソウルの再会が含まれる可能性は低いです。それぞれの合意は関係者すべてが恩恵を得るように生前に作られた契約の不可欠な部分です。ツインソウルは合意にあるすべての関係者たちに必要な役割を満たすことが出来ないかもしれません。

なぜなら、ツインソウルはお互いにだけしか知られないので、“紛れもない本人確認の手段”がありませんし、それはすべてのツインソウルに当てはまります。

いいえ、ツインソウルが他の魂たちに比べ特に生前や転生後にお互いの魂の合意選択や意識レベルでの決定に影響を与えることはありません。肉体を持つ文明社会のツインソウルとの再会は必ずしもカルマの完了になるとは限りません。またツインソウルであることが進化のプロセスの前進にはなりません。そうです、ツインソウルは高く進化した文明社会やその聖域の方がお互いを知る可能性が高くなります。

“ある人をツインソウルと間違える“ことは“可能性がある”というより、たいがいそうです・・以前のメッセージでも言いましたが、ツインソウルは極めて稀だからです。付け加えますが、自分がツインソウルかどうかを知りたいとか、ツインソウルの相手と再会したいという思いに捉われると、この転生で合意した選択を成就する力が弱まります。
  
 「上昇する波動エネルギーレベルに肉体が耐えられず多くの人々が死ぬことになるこのシフト(変換)について考えています。その人たちに若い子供たちがいたらどうなのでしょう?ある年齢までの子供たちはすべて地球と一緒に自然にアセンションするのでしょうか?人間がこの決定に責任を負うようになる、決まった時点があるのでしょうか?家族構成が新しい形に進化するのでしょうか?」

肉体が上昇する波動エネルギーレベルのために突然生存能力を失うと、その死は心臓疾患、動脈瘤、脳卒中や多分転倒や自動車事故によるものになるでしょう。医学的な理由が何であれ、若い子供たちは悲しみと親の喪失を乗り越えることを学びます。何世代に渡って、計り知れない数の魂たちがバランスを達成するためにこのような経験を選んできました。宇宙でもかつてないこの時代には、波動エネルギーに耐えられないために両親の一人か両方を失うかもしれないことを生前の合意は考慮に入れています。そうであれば、今のように、家族たちは医師の診断を受け入れるでしょう。
  
波動エネルギーの上昇は、心が温まることももたらすでしょう。人々は聖域(ニルヴァーナ)の暮らしや、愛する人たちとペットと確かに再会ができることを知るでしょう。テレパシー交信が開かれて、地球にいる魂たちと宇宙の別のところにいる魂たちとのクリアーな交信が出来るようになります。そして、あなたたちの社会がさらに進化すれば、惑星地球とニルヴァーナの住人たちはお互いに行き来できるようになります。
    
地球と一緒に自然に上昇すること・・あるいは、もっとよく言えば、個人的なアセンション・・は、スピリチュアルと意識レベルで成長するということで、年齢はそのファクターではありません。

30年以上に渡って、大多数の新生児たちが進化した状態で到着しています。誰でも、魂の合意で選ばれた寿命の間に肉体を持って地球と供にアセンションできるような気付きを持って成長することを選択できます。それは責任ではありません。

個人的なアセンションは惑星地球と一緒により高い密度へ旅することを必要としません・・地球が第三密度に深くはまり込んでいた数千年の間に、魂たちは進化しました。今の素晴らしい利点は、加速する波動エネルギーと、よりパワーある魂たちからの愛のサポートに多くの場合助けられて、一回の転生で第三密度カルマを完了できるチャンスなのです。

家族構成はかなりの間に進化しています。これはアセンションから見ると考慮するに値します。異人種間と異教徒間の結婚や、地域によっては同性結婚やトランスジェンダー結婚があります。

若い人たちは親が決める結婚に反抗しています。離婚した親たちが子供達の親権を共有しています。再婚によって“融合した”家族が生まれています。一部の親達は法的な立場より誓約を選んでいます。代理母と体外受精は珍しいことではありません。バースコントロール(避妊)によって結婚したカップルが子供を持たないことを選んでいます。

親から虐待されたり、放置された子供たちが他の家族と一緒か児童養護施設に住み、独身の人たちが子供達を養子に取り、人々が国を越えて子供達を養子に取っています。同じ家に三世代の家族が住んだり、家族がお互いにはるか遠くに住んだり、老年の親達が介護付き住居に住んでいるかもしれません。家族構成の取り決めには、医学的進歩によるものもありますが、もっと意味深い変化の兆候は、全員の愛情あふれるつながりと家族構成を尊重する気持ちが深まっていることです。

愛する兄弟姉妹たちへ。今起きているスピリチュアルと意識レベルの進化の先導者として、あなたたちはただ光に生きることで、地球の未来への熱意と信頼を実際に示しています・・あなたたちの波動エネルギーが上昇するに従って、世界の波動エネルギーが上昇しています。この宇宙全体の光の存在たちがあなたたちを褒め称え、無条件の愛で包んでいます。

______________________________


愛と平和を

スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

http://moritagen.blogspot.jp/




◆プーチンはやはり銀河連邦の一員としてサポートされているので、強権政治を行っているように見えても米国のカバールメンバーも」手が出せないのでしょう。


]

◆次はコブラの重大な現況報告です・




2016年10月9日付

重大な現況報告


A Major Situation Update

このレポートの内容には、人によって理解し難かったり、動揺したりする部分が含まれています。それでも公表しなければなりません。

キメラグループの掃討は続いています。キメラが太陽系内の戦争の火ぶたを切った後、光の勢力は太陽系中のプラズマ界のテリトリーを相当失いました。そしてプレアディアン艦隊はほぼ完全に退却せねばなりませんでした。

ここ数日で、いくらかのテリトリーを取り戻したので、プレアディアンは戻りつつあります。

物理的なバイオチップが完全に除去されていない事実を、これまでレジスタンスは知りませんでした。バイオチップには、レジスタンスの高度な検知及び除去テクノロジーをもってしても、ひっかからなかった部分があったのです。残念ながら、どの人も、いまだにそうしたバイオチップを少なくとも3つもっています。この3つのバイオチップは、3つの主要なプラズマ・インプラントの物理的アンカー・ポイントになっており、前頭葉と、へその上にあります。

1476097835.jpg

前頭葉のバイオチップは両目の視神経に付けられており、脳の聴覚皮質に人工シナプスで繋げられています。キメラグループは、あなたが見聞きするオーディオ・ビデオ・ストリームのすべてを、自分たちのメインフレーム・コンピューターに絶えず送っています。

そのコンピューターは常に地表の住民の活動を監視しており、プラズマ・トップレット爆弾の報復メカニズムにより、地表の住民がアガルタネットワーク、光のET存在と接触するのを妨げています。


へその上のバイオチップは、electrical current biofeedback loop entrainmentによって地表の住民の行動を効果的にコントロールできます。

プラズマ・スカラー攻撃の最中は、バイオチップの働きが活発になります。加えて、争いを生じさせて人々のバイブレーションを低下させます。


アガルタ人やSSPグループの中にも、そうしたバイオチップに感染している人たちがいます。一方、肉体-エーテル体移動を完全にマスターしている種族(レジスタンス、プレアディアン、シリアン、アークチュリアン、そしてポジティブなアンドロメダン)は、それらからまったく自由です。


以前にも述べた通り、これらのバイオチップは、キメラグループの命令により、第二次世界大戦中にナチスの強制収容所で開発されました。地球の隔離状態を維持することと、地表の住民へのコントロールを、確かなものにするためです。


シーメンスは、そのようなチップの開発に技術的ノウハウを提供した企業でした。

http://exopolitics.org/siemens-implicated-in-tracking-forced-labor-slaves-in-space/

https://rtuc.wordpress.com/2013/04/17/siemens-monopoly-with-sinister-nazi-past/


バイオチップは第二次世界大戦終結後、ヒトの間にうまく広められました。世界中の、WHOワクチン接種プログラムのワクチンに挿入されたのです。

それらのバイオチップは、1979年~1984年に技術的に大きくアップグレードしました。他にも1996年~1999年、2009年後期にアップグレードしています。2009年以降の新しいワクチンには、より新しく、より強力なバイオチップが挿入されています。

レジスタンスは、バイオチップ回路のほとんどのコンポーネントを何とかシャットダウンして除去しましたが、2016年9月1日まで検知されないものが一点ありました。それは、その日一斉にキメラによって活性化されました。すべての地表の住民とほとんどのSSPの派閥が対象になりました。レジスタンスは現在、バイオチップに残っているものをすべて除去するテクノロジーを開発中です。


また、キメラは残っているドラコの手下に、残りのスカラー・プラズマ兵器すべての起動を命じました。スカラー・プラズマ兵器は、ドラコによってほぼすべての地球低軌道衛星に秘密裏に搭載されていました。現在これらのスカラー・プラズマ光線は、地上の最も目覚めた光の戦士とライトワーカーを漏れなくターゲットにしています。レジスタンスとプレアディアン艦隊は、それらの兵器をまだシャットダウンできません。兵器がプラズマ・トップレット爆弾で保護されているからです。

1476097873.jpg


また、キメラは2001年からドイツ国内の古いナチスのコネを使って、地下基地を建設し始めました。カバールの要員をそこに退避させる計画です。彼らはまた、その基地のいくつかを、移民の波と共に欧州入りした最も狂暴な「難民」の住み処にしています。彼らは、画策しようとしている世界的紛争で、その「難民」を放つつもりです。

レジスタンスはこの状況を完全に制御しています。というのも、地下世界はレジスタンスの領土であり、こういうことを起こさせないための資源をもっているからです。闇の勢力は、決してそれらの基地を使用できないだろうし、「難民」を放つこともできないでしょう。

カバールの、そうした計画に興味を引かれた人は、ここに目撃者のレポートがあり、部分的に信頼できるものです。

http://www.christ-michael.com/leaked-official-agenda-for-the-destruction-of-germany/


私は恐怖を生み出すために上記のリンクを載せたのではありません。あなたが情報を得るためであり、それらの計画が成功しないことをきちんと知っておくためです。


現在、米露間の緊張が高まっていることに関して、プーチンは、プレアディアンから世界大戦を避けるための戦術プランを授かりました。


宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル(訳注:2016年2月4日没)が、ヒラリー・クリントンの選対本部長、ジョン・ポデスタに電子メールを送った通り、ポジティブな地球外種族らは世界紛争の勃発を許しません。


https://wikileaks.org/podesta-emails/emailid/1802

レジスタンスによる複雑性波形解析(complexity wave analysis)ではヒラリー・クリントンが選挙で勝利する確率は65%と出ています。


下記のウェブサイトはシステム崩壊を誤って示していますが、世界金融システムはまだ崩壊間近に至っていません。

http://didthesystemcollapse.com/


東西の金/銀価格の大きな差は、カバールが中国の祝日を利用して意図的に金価格を下げた事実によるものです。その祝日休暇はゴールデン・ウィークと呼ばれており、カバールは単にその週の半ばに、金価格に打撃を与える誘惑に抗えなかったのです。

http://www.chinahighlights.com/travelguide/china-national-day.htm


休暇中、上海黄金交易所は休業していましたが、明日再開します。再開後は、東西の金銀価格は再調整されるものと思います。

http://www.en.sge.com.cn/news-announcement/announcement/540899.shtml


よりポジティブな面では、主流メディアでも多くの話題について、ソフト・ディスクロージャーが進んでいます。

地球の隔離状態

https://www.rt.com/news/358052-alien-cliques-isolate-earth/


http://nowcreation.jimdo.com/2016/10/10/%E9%87%8D%E5%A4%A7%E3%81%AA%E7%8F%BE%E6%B3%81%E5%A0%B1%E5%91%8A/





◆銀河連邦も流石にキメラ勢力の一掃には手を焼いているようで、この戦いはまだ当分終わりそうにありません。
ロックフェラーやロスチャイルド帝国が崩壊しない限り今のようなカオスは続くものと思われます。

◆地球は銀河連邦にとって貴重な自然保護星であり、悪意あるETから隔離されているような状態だと言うことですね。「地球動物園仮説」と呼ばれる理論があります。つまりポジティブなET文明が、意図的にネガティブな地球外生命体を検出して、人類を保護する何らかの理由があるという仮説です。

57c98903c36188a2408b457b.jpg

◆フェルミのパラドックスと云う学説があります。英国の物理学者エンリコ・フェルミは次のような仮説を立てました。地球外文明の存在の可能性の高さと、そのような文明との接触の証拠は皆無であると云う事の間にある矛盾のことですが、ネット時代になってUFOやETの動画などが世界中で見られるようになって、もうその存在を疑うものはほんの少数派になってきましたね。

▼米国の大統領選の決着がつく頃に、世界は大きく様変わりする気がするニャア!

スマホ猫







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR