不吉な予感



◆スーパームーンの後にニュージーランドの地震が起き、そのあとは日本で起きるのではないかと云われていましたが、今朝5時59分に福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7・4の地震があり、1,5メートルの津波が観測されました。津波警報は注意報に変えられたものの安心はできません。今年は熊本、鳥取に大きな地震が起きているだけに日本全体に不安と緊張感が漂っています。気象も寒暖の差が大きく水害やシンクホールなど驚くようなことが頻発していて、何か不穏な雰囲気が漂っています。

◆さて、来年はどんな年になるでしょうか。トランプ大統領の誕生で世界はどう変わるのか。ロスチャイルドが発行する「エコノミスト2017」の表紙が話題になっています。
 



【悲報】英誌『エコノミスト2017』の表紙がタロットで核戦争と世界滅亡を予言! まもなく日本は消滅へ?

エコノミスト

 世界中の政治家やビジネスパーソンが愛読しているイギリスの政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』。毎年年末になると、翌年の世界情勢について論じた『世界はこうなる』シリーズを30年余りにわたって出版し続けているが、そこで語られる内容は世界中のリーダーたちも重視しており、翌年の舵取りに役立ててきたとされる。例年トカナでも、発売後に識者による分析をお伝えしてきたが、今回はなんと、最新刊の表紙があまりにも不吉すぎるとして、発売前にもかかわらず大きな話題を呼んでいるというのだ。

■『エコノミスト』が予想する絶望的すぎる2017年

 以前トカナでもお伝えした通り、2015年、2016年の表紙は世界のリーダー達がずらっと勢ぞろいしたものだった。しかし今回は、趣きをガラッと変え、タロットカードをモチーフにした図柄となっている。暗澹たる未来を予感させるおどろおどろしい絵柄は、どこかイルミナティカードにも似た不吉さだ。一体、これら8枚のカードは2017年の世界をどのように描いているのだろうか?


タワー トランプ

画像は「The Economist」より引用

●The Tower 搭


 タロット解釈では、崩壊、災害、悲劇、悲惨、惨事、惨劇、凄惨を意味するというが、いずれにしてもあまり良い意味ではなさそうだ。左に見える赤い旗は、おそらく中国共産党の象徴だろう。一方、右側では磔刑されたキリスト像が描かれている。これを見る限り、今後の中国と西側諸国との軋轢や争いを描いているように思われるが、陰謀論者からはキリスト像を掲げているのは、キリストを磔刑にしたユダヤ人に他ならないとの意見も出ているようだ。

 中央にそびえ立つ塔は、タロットでは「神の家」とも「バベルの塔」とも言われているが、ここでは何を意味するのだろうか? 異なる信念を持つ人々の衝突や世界の崩壊を暗示しているのだろうか? ネット上ではアメリカ同時多発テロで崩壊した貿易センタービルを読み込む人々もいるが、真相は明らかではない。

●Judgment 審判

 タロット解釈では、正位置:復活、結果、改善、覚醒、発展、敗者復活など、良い意味が並ぶが、この絵柄を見る限り、逆位置:悔恨、行き詰まり、悪い報せ、再起不能の方が適切だろう。

 地球にドカッと腰かけるブロンドヘアの人物は、アメリカ次期大統領ドナルド・トランプ氏を指しているのだろう。その下にはトグロ状に巻いた星条旗らしきものまで描かれている。一部からは「トランプが便器に座っている」とのユニークな解釈も出ているが、2017年には、トランプが世界を支配するということだろう。表紙の右上に書かれた「Planet Trump(惑星トランプ)」も示唆的だ。

ワールド

画像は「The Economist」より引用

●The World 世界

絵画、書籍、マスクなどが並んでいるが、それぞれの正確な意味は判然としない。下部に描かれている建造物は、右からピラミッド、ホワイトハウス、アメリカ合衆国銀行を表していると見られ、それら3つが中央部の書籍、絵画、マスクと線で結ばれている。タロット解釈上、このカードは完全制覇、完全攻略、正確無比、永遠不滅を意味しているため、恐らく政治(ホワイトハウス)と経済(合衆国銀行)にべったり癒着し、内側からコントロールしているイルミナティ/ユダヤ人(ピラミッド)が、世界中の思想や文化を掌握し、コントロールしていくと考えることもできるだろう。」

●The Hermit 隠者

 まず目につくのは、「TTIP(大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定)」、「TTP(環太平洋戦略的経済連携協定)」、「EU」に反対するプラカードを掲げ、細い渓谷を行進する群集だ。崖の上の老人が、群集を導いているようだが、一体どこに向かわせようとしているのだろうか? 「群集の行く先には崖があり、レミングのように落ちていくのだろう」と、想像を膨らませる論者もいるようだが、絵柄を見る限り、あまり希望的な未来では無さそうだ。右下に2つに割れた地球が描かれている点も示唆的だ。」

死神 魔術師

●Death 死神

 きのこ雲は原子爆弾、蚊はジカ熱などの伝染病、干上がった大地は干ばつのことだろう。世界の破滅的な未来が端的に表現されている。

●The Magician 魔術師

 タロット解釈では、聖衣を身にまとった若い魔術師が描かれており、頭上の「∞」は「三位一体」を、腰帯は自らの尾を食する大蛇ウロボロスを象徴しており、共に無限性・永劫性を表す。魔術師が天上に掲げる聖杖と大地を示す指は万能の神の力を地上に降ろすことを意味するとされている。だが『世界はこうなる』の表紙では、魔術師がVR装着している点が奇妙だ。もしかしたら、目隠しをした姿で描かれることもある「正義の女神」を意識しているのかもしれない。手前の3Dプリンターのような装置で製造しているのは家屋(?)だろうか? バーチャルリアリティの流行や、現実感の喪失を表しているのかもしれない。

運命の輪

画像は「The Economist」より引用

●Wheel of Fortune 運命の輪

 車輪にくくりつけられた3人の人物は、右から時計回りに独首相アンジェラ・メルケル、仏政治家マリーヌ・ル・ペン、オランダ政治家ヘルト・ウィルダースのようだが、昨年の表紙では世界の中心に据えたメルケルを輪っかに緊縛する意図は何だろうか?

 通常のタロットでは、輪の右側の動物は善を象徴するアヌビスとされ上を向いている。対して輪の左側の動物は悪を象徴するテュポンとされ下を向いている。『世界はこうなる』の表紙では、興味深いことに、善の象徴の位置にいるメルケルが逆さまで、悪の象徴の位置にいるル・ペンとウィルダースが上を向いている。もしかしたら、右派政党に属するル・ペンとウィルダースが、右傾化するEU加盟国の離脱に向けた舵取りを担っていくという意味なのだろうか?

●The Star 星

 14つある星に子ども(?)の顔が描かれている。地面は赤黒く、どこか別の惑星(火星?)を象徴しているようだ。宇宙開発や隕石衝突を暗示しているようにも見えるが、抽象度があまりにも高く、解釈の手掛かりになりそうなものも多くないため、ハッキリとした事は分かっていない。


 いかがだっただろうか? 現時点で曖昧な点は、識者の意見を交えて発刊後に報じる予定だが、少なくとも表紙からは手放しで喜べるほどの明るい話題を読み取ることはできそうにないうえ、日本を象徴するものがひとつも挙がっていないのも気がかりだ。2017年にここで描かれた事態が全て実現するとは限らないが、イギリスの一流政治経済誌が、世界の未来に絶望的な危機感を抱いていることだけは確かだろう。

(編集部)

http://tocana.jp/2016/11/post_11558_entry.html




◆これらのカードから詳細な意味を読み解くのは至難の業ですが、全体的にみるとトランプ大統領の誕生で、ロスチャイルド家がFRBを使って米国を支配してきた歴史が終わることを意味しているのではないかと思われます。

タワー トランプ

米国に寄生して、軍産複合体を動かして、中東でのべつ幕なしに戦争を起こし、ISISのようなテロ組織を使ってイラクやリビア、シリアなどの石油を盗み、南米の麻薬ビジネスで米国を暗黒の帝国にしてきたのはカザールマフィアの頂点ロスチャイルド家であることは周知です。トランプ大統領誕生で、カザールに憑依されていた米国が正気を取り戻してFRBを取り潰し、政府がドルに替わる新通貨を発行するようになればロスチャイルドのアメリカ支配は終りです。エコノミスト誌のタイトルにThe World in 2017 Planet Trumpという文字があります。地球はトランプのものになるということでしょうか。towerのカードはバベルの塔で、EU本部はこれを模して造られています。これはEUが崩壊することを表しているのではないでしょうか。米国を失い、EUまで失う事をカザーリアンマフィアたちは悟ったのだとも解釈できます。一言でいえば、金融や自由貿易のグローバリズム化の終焉です。


▼世界にとってはいいことじゃニャイか?

Tusetaju-kategorijas-6.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

  あなたが見たくない事項

なぜ今、魚介類の食育キャンペーンなのか?日本を私物化するアメリカ様ボスのミエミエの対日搾取と人口削減計画

1.米国戦争屋ボスの長男夫妻が来日、安倍総理夫人がオ・モ・テ・ナ・シ!

2013年11月7日、本ブログにて米国戦争屋ボスとみなしているデビッドRFの長男夫妻が来日し、日本人に日本近海の魚介類を積極的に食べさせる食育プログラムをキックオフすると発表しました

ちなみに、1915年6月12日生まれのデビッドRFは現在、98歳という高齢であり、車いす生活者となっており来日は無理でしょう。だから、長男を代理にして来日させたとみられます。


 デビッドRFジュニア夫妻は、公式の日米外交とはオモテムキまったくの無縁の私人です。にもかかわらず、」安倍総理は、わざわざ、奥様を駆り出してRFジュニア夫妻のために“オモテナシ”をしています。

 この事実から、安倍総理が米国戦争屋ボスに闇支配されているという本ブログの仮説の一端を裏付けています。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR