丁酉年を占う



明けましておめでとうございます。
昨年はご叱責、励ましなどいろいろ、お心遣いを賜りありがとうございました。
今年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。
お互い健康に気をつけて、ぼつぼつ頑張って参りましょう。

平成29年 正月


◆今年は酉年です。鶏は日本の書画の題材として古くから取り上げられていますが、伊藤若冲の鶏の画はとりわけ有名ですね。

8bd5911082a6e99ecb072115d28678c7.jpg

◆鶏の中でも特別に美しく生まれついた種は人間に美術品のような観賞用ペットとして愛でられます。土佐の尾長鶏やチャボ、東天紅鶏、金鶏など美しい鳥は幸せでしょう。

L14412.jpg

チャボ

東天紅

金鶏


◆しかしセレブでない、ありふれたレグホンなどは、バタリーケージで蜜飼いされ強制的に卵を産まされ、産めなくなると食肉にされます。

バタリーケージ

NCC-Summit-202.jpg

◆この愛されない鶏たちは年末年始の「縁起物」になります。酉年だから鶏を食うと縁起がいいと云うわけでしょうが、CMとしては何かしら引っかかりますね。

ケンタッキーのTVCM 「年末年始キャンペーン「縁起物」篇」 |KFC


◆2017年は暦で見ると平成29年であり酉年(とりどし)です。干支は12年毎に回ってきますが、今年は干支に十干「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」のうち丁(ひのと)がついて丁酉(ひのととり)という年回りになります。この丁酉の年は革命の年だと言われています。

◆前回の丁酉年に何が起きたか見てみましょう。前回の丁酉年は60年前の1957年(昭和32年)になります。

60年前、1957年はどんな年だったでしょうか
1957年は神武景気と岩戸景気の端境期で経済的には微妙な時期でした。新5000円札、100円硬貨が発行されたのもこの年。また、東京の人口が851万人となり、ロンドンを抜いて世界一の人口都市になる。

◆この年の主な動きとしては、米ソの冷戦まっただ中でしたが、ソ連が世界初の人工衛星打スプートニックを打ち上げに成功、し米国はソ連に負けじと焦って人工衛星打ち上げに腐心、宇宙開発の競争の開幕でした。ソ連は世界初のスプートニク1号と、犬を乗せたスプートニク2号を打ち上げ、他にも弾道ミサイルの実験など、この年の軍事バランスはソ連の優位が誰の目にも明らかでした。

◆しかし1957年ソ連のニキータ・フルシチョフが政権の獲得に成功、米ソ冷戦を終わらせるため平和共存路線を敷き、モロトフやマレンコフを排除、58年にはブルガーニン首相を解任して自ら兼任します。
核開発や宇宙開発でアメリカと対等、否それ以上の力を付けたという自信を背景に、フルシチョフはソ連内部の対米強硬派を抑え、アメリカとの平和共存をための提案をするためにソ連首相として始めて渡米、アイゼンハウアーと会談しています。

アイゼンハワートニキータ

◆1959年、当時権力の絶頂にあったフルシチョフは、ニーナ夫人を伴い、ソ連首脳として初めて訪米した。その平和共存路線に沿って国際連合総会で演説し、全面完全軍縮を提案した。アイゼンハウアー大統領はワシントン郊外のキャンプデーヴィッドにフルシチョフを招き、両者は国際紛争の平和的解決では合意。アイゼンハウアーの訪ソが約束されました。これによって冷戦が集結すると思われたが、翌60年5月に米国のスパイ機U2型機がソ連上空を侵犯したために再び緊張状態に戻ったのです。

◆ソ連の米国不信は募るばかり、1961年にはアイゼンハウアーからケネディ政権に替わり、キューバ危機が勃発します。米国の裏庭といわれるキューバにソ連が核ミサイルを配備したのです。反米のカストロ首相とフルシチョフは強い絆で結ばれていました。

カストロ

◆1962年ケネディはキューバへのソ連のミサイル配備を非難、この時米ソは本当に核戦争を覚悟し無ければなりませんでした。しかし、フルシチョフが妥協してキューバからミサイル基地を撤去、翌63年には部分的核実験停止条約締結に合意し、アメリカとは「敵対的平和」の状態に入りました。

kenedexitoにき^た

◆フルシチョフのスターリン批判を機にソ連の非スターリン化が進み、ソ連国内では「雪どけ」と東欧の自由化を求める運動が起こります。そしてポーランド反ソ暴動とハンガリー反ソ暴動が起きますが、フルシチョフはいずれも力ずくで抑えつけています。一方でフルシチョフを批判してソ連と袂を分かつ形となった中国の毛沢東と「中ソ論争」を展開。中ソ対立を招い来ました。フルシチョフは59年に中ソ技術協定破棄を通告、毛沢東は独自の核開発を進めることとなり、64年には中国の核実験を強行しました。

毛沢東

◆前回の丁酉年1957年はまさに世界革命的な事件が勃発の引き金というか、あたらしい世界の枠組みが形成されるきっかけとなったことは間違いありません。この年の12月、日本の鳩山一郎首相とソ連のブルガーニン首相との間で日ソ共同宣言が出されています。

鳩山とブルガーニン

その宣言の内容は次のようなものです。

・日ソ両国は戦争状態を終結し、外交関係を回復する。(サンフランシスコ条約で為し得なかった講和の成立)

・日ソ両国はそれぞれの自衛権を尊重し、相互不干渉を確認する。

・ソ連は日本の国際連合加盟を支持する。

・ソ連は戦争犯罪容疑で有罪を宣告された日本人を釈放し、日本に帰還させる。

ソ連は日本国に対し一切の賠償請求権を放棄する。

・日ソ両国は通商関係の交渉を開始する。(同日に通商航海条約を締結)

・日ソ両国は漁業分野での協力を行う。

・日ソ両国は引き続き平和条約締結交渉を行い、条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を引き渡す。


◆今から60年前にソ連が歯舞 色丹両島は日本へ引き渡すという日ソ共同宣言はGHQのダグラス・マッカーサーが、日本の施政権を無視して認めなかったことでこの話は立ち消えになり、北方領土問題は未だに可決の糸口が見えなくなったのです。


日本には「二島返還」ではだめだ、四島一括返還を要求すべきという声が大きいそうですが、それはジャパンハンドラーに頸木を着けられた親米ポチの言うことです。つまりロシアと付き合うなといわれているのです。プーチンが渋い顔をして北方領土返還を拒否しているのはいつも日本じゃないか」と苦言を呈するのは、ジャパンハンドラーと親米ポチの無理解によるものです。

鈴木宗男


◆同じ十干と十二支の組み合わせが一巡りするのが60年、それを還暦と呼んでいますが、今年から安倍VSプーチンによる日露経済協力交渉の中で、様々な動きがあるでしょう。

1e6273d623e57df44f8e8c386746e6b4.jpg

◆またオバマが大統領選挙でトランプを勝利させたのはロシアのハッキングによるものであるとして、駐米ロシア外交官36人を強制退去させたことに対し、プーチンも報復として駐露米国外交官を国外退去させると言っているようです。


e382b9e383a9e382a4e38389401.jpg

◆いずれにせよ20日にはトランプ新政権が誕生すればまた米ロ関係も修復するかもしれません。北方問題に関して言えば、もうジャパンハンドラーが事実上無力化しているので、妙な難癖を着けて返還の邪魔はできないのではないでしょうか。またトランプ政権誕生で米ロ関係は改善し、日露関係にひびを入れるようなことはしないでしょう。

◆丁酉の丁には火の象意があり酉には金属の意味があると言われています。つまり火によって金属が溶かされるということですから、これは貴金属に裏打ちされた兌換券が発行され、いよいよNESARAが始まるのかもしれません。

1957年の政治WIKIより
https://ja.wikipedia.org/wiki/1957%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%94%BF%E6%B2%BB

▼今年は、にわとり裸足の、けたたましい1年になるかもニャア~

雪猫




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR