3,11から6年、原発処理未だ目途立たず



◆3,11事件から6年。一向に進まない東日本の復興、そして爆発しメルトダウンした福島原発原子炉の燃料デブリ処理、土壌汚染処理、原子炉地下の汚水処理。6年もたってまだ先の見通しが経たないという。放射線レベルは安全範囲にまで下がったと言われていますが場所によってはこんなトマトが・・・・

baketomato.jpg

◆また、福島の子供たちに甲状腺がんが広がり深刻な状況が広がっているようです。





【2017最新版】福島の甲状腺がん検査→現状184人の子供が発病


2017年2月20日に公表された最新の福島県民調査報告書によると、福島県の小児甲状腺がん及び疑いの子供達は、3か月前…前回の183人から1人増えて合計184人になりました。



福島県の発表は甲状腺がんを、悪性…悪性とはがんのことですが『悪性ないし悪性の疑い』という言葉を使い、あたかも甲状腺ガンでない子ども達もこの中に含まれているように書くことで、焦点をぼかしチェルノブイリ原発事故との比較を困難にしています。

しかし現状で手術を終えた146人の中で、良性結節だったのはたった1人にすぎず、143人が乳頭癌、1人低分化癌、1人がその他の甲状腺癌との診断です。

癌の分布


つまり現在のところ『悪性ないし悪性の疑い』とされた事例のうち99%は、小児甲状腺癌でした。

ですので疑いという言葉を過大評価して安心するのは危険です。

検査纏め


この記事は現状、福島県で甲状腺癌と考えられる184人の子どもたちを市町村別、事故から病気発見までの経過年数別、男女別、事故当時の年齢別にそれぞれ分類して、チェルノブイリ原発事故や過去の日本や福島県のデータと比較しています。比較することで、現状の福島の小児甲状腺がん患者数が多いのか?少ないのか?放射能の影響はあるのか?ないのか?客観的に見ることができます。

なお混乱しやすい先行検査と本格検査の定義の解説もおこなっていますので初めて『福島の甲状腺がん問題』に接する方にも最適です。

http://www.sting-wl.com/category/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%A8%E5%B0%8F%E5%85%90%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%8C%E3%82%93




◆福島原発たった一か所の爆発で6年の歳月と膨大な予算を費やし、何千何万人という作業員を投入しても処置できないという。そんな恐ろしい原発を日本は国策として列島をぐるりと取り囲むように54基も作ってしまった。現在はそのほとんどが稼働はしていないものの、九州電力は佐賀の玄海原子力発電所と、鹿児島の川内原子力発電所の稼働準備を始めています。川内原子力発電所廃止を公約に掲げて知事選に圧勝した三反園 訓(みたぞの さとし )鹿児島県知事ですが、原子力村の圧力であっさり稼働を認めさせられてしましました。
CmwQNghVUAASfsH.jpg

◆日本には54基の原発がありました。列島の海岸線を埋め尽くすほどの数です。これらが地震や津波でいつ爆発を起こすかわからないと思うと物凄い恐怖恐怖に襲われます。しかし安倍政権は引き続き、原子力発電事業を国策に掲げ、日本国内だけでは飽き足りないらしく、外国へ向けて盛んに売り込みをかけています。


日本の原発54基

◆サウジアラビアのサルマン国王が1500人ものの随行員を従え訪日したのは日本の原子力発電を主とする技術援助の要請だと言われています。

サルマン

◆新エネルギーは風力、太陽、バイオマス、海洋、磁力などを使った代替エネルギー開発が進んでいるときに、人間の手に終えない原子力発電に拘る安倍氏を批判している人がいます。




小泉純一郎元首相「どうかしている。発想がわからない」 安倍晋三政権の原発輸出政策を批判

小泉

小泉純一郎元首相は8日付でインターネット上に配信された情報サイト「AbemaTV」のインタビューで、安倍晋三政権が成長戦略の柱に掲げる原発輸出について「どうかしてる」などと批判した。

 小泉氏はインタビューで「原発に頼らないで太陽、風、地熱、水力、潮力、さまざまな自然エネルギーを使って経済発展させるほうがはるかに安全でいい国になる」と述べ、原発ゼロの持論を展開。その上で、原発輸出について「どうかしてるよ。安全でもないのに。その発想がわからない」と非難した。

 安倍首相が原発政策を変更する可能性について「もうここまで行っちゃってるんだから無理だろう」と指摘。首相に原発政策の転換を促したと明かした上で「(安倍首相は)苦笑してるだけだった。反論はしてこない。安倍さんも信じちゃってる」などと述べた。

 一方、自民党の半数程度が内心では小泉氏の持論に賛成しているとした上で「首相が『やる』といえばできる。国民だって支持する。(小泉氏が断行した)郵政民営化よりも原発ゼロの方が簡単だ。郵政民営化は全政党反対だったんだから」と主張した。

http://www.sankei.com/politics/news/170310/plt1703100027-n1.html





◆福島原発同様に郵政改革で郵便局と国民の貯蓄(簡保、郵貯)のお金をすべてハザールマフィアに貢ぎ、ひどい格差社会を作り出し、日本をぶち壊した張本人です。お前が云うなと云いたいところですが、考えてみれば、言っていることは至極まともではあります。

◆とにかく福島原発事故処理は、気が遠くなりそうな愚策愚行の連続です。責任者も司令塔ない状態で、現場の試行錯誤に任せきりです。これに対して外国のメディアは福島放射能が世界中に拡散していると伝えています。この動画はロシアがドローンを使って撮影したもので、淡々と汚染した土表を削り袋詰めするしかほかに方法がないのです。


Nuclear Waste: Drone buzzes Fukushima temporary storage facility


◆ドイツのメディアは日本の放射線対策が杜撰すぎると、世界で最も批判的に伝えています。
Fukushima: Living with a Disaster


◆原発推進は政府の国策であり、これからも順次全国の原子炉を再稼働させていく積りのようですがそれはs危険です。次の記事には危険ランキング原発ワースト7が紹介されています。




【3.11】国民全員が日本を退去、流浪の民になるリスクも!! 巨大地震・大津波・破局噴火で超ヤバいことになる原発ワースト7

 東日本大震災の発生から、6年が経とうとしている。この地震では未曾有の大津波が発生し、1万5千人以上の命が奪われたが、さらに輪をかけて日本を揺るがしたのが福島第一原発のメルトダウン事故である。ひとたび原発が事故を起こせば、日本の存続にも関わりかねないという現実を多くの国民が思い知らされた。そこで今回は、近い将来発生が予期されている巨大地震・津波・破局噴火によって、もっとも危険なリスクを伴う日本の原発7カ所を選定、ランキング形式で紹介したい。

火災

 この危険度ランキングは、さまざまな資料を参考にして、主に原発の立地による災害危険度の観点から、筆者独自の見解に基づき選定したものである。発生した際の影響度や、被害の甚大さなども判断基準とするとともに「そもそも、このような場所に原発など、あってはならないのではないか?」という問題提起も意図している。なお、順位はあくまでも便宜上のものであり、参考までにとどめていただきたい。

●第7位 柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市

柏崎

 この原発は、2007年の新潟県中越沖地震(M6.8、最大震度6強)によって2~4号機が停止中で、その他は定期点検中だ。同原発の防潮堤は15mの高さがあるが、大地震による液状化現象で倒壊する恐れがあることがわかった。そのため、15m以下の高さの津波でも十分に脅威となる可能性もあると考えられる。昨年10月に原子力規制委員会は6・7号機の再稼働に向けた計画を見直すことを決めた。
 この周辺で過去に起きた大地震といえば、1751年5月21日に現在の新潟県上越市付近で発生した高田地震だ。地震の規模はM7.0~7.4だったと想定されているが、震源は柏崎刈羽原発から50km弱の距離にある。このような大地震が再度発生することを前提として、やはり液状化対策が必須となるだろう。

●第6位 浜岡原発(静岡県御前崎市)

浜岡

 現在、東日本大震災の影響で3~5号機が運転停止中だが、いつか必ず起きるとされる南海トラフ地震(東海地震)によって、かつては日本でもっとも危険な原発とされた。その後、高さ22mの防潮堤が完成し、これでどんな大津波にも耐えられると謳われた。
 たしかに、浜岡原発では高さ最大19mの津波が想定されているが、高さ22m以上の大津波が起きないとは誰も断言できない。南海トラフ地震に伴って発生する津波は、高知県土佐清水市で高さ34m、静岡県下田市では33mにも達すると想定されているのだ。他にも、22mを超える津波が想定されている地域は、高知県黒潮町、東京都新島村、三重県志摩市、高知県宿毛市、高知県須崎市と多い。

 なお、日本で過去最大の高さに達した津波は、1771年4月24日に発生した八重山地震による津波で、石垣島では最大85mだったと考えられている。東日本大震災では、福島県富岡町で21.1mの高さを記録したが、遡上高(陸地を駆け上った高さ)では、宮城県女川の笠貝島で記録した43.3mが最高となっている。東海地震でも「想定外」の事態が起きないことを祈るしかないのが現状だ。

●第5位 福井県の「原発銀座」(大飯、高浜、敦賀、美浜、もんじゅ)

もんじゅ

 ここでは例外的に、複数の立地にある原発をまとめて扱う。それは、福井県の若狭湾に面した海辺にある大飯、高浜、敦賀、美浜、もんじゅの各原発だ。これらは日本でもっとも原発の密集度が高いとされ、「原発銀座」の異名を取る。

 与野党の超党派議員でつくる「原発ゼロの会」が選定した「原発危険度ランキング」では、危険度10位以内に福井県の原発が9カ所も入っている。稼働から30年以上が経過した古い原子炉を数多く運用している関西電力の原発として、大いに問題視されているようだ。また、同ランキングでは大飯1・2号機が同率1位とされているが、これは原発直下に活断層が走っていることが大きなリスクと見なされている。

 福井県にこれだけ多くの原発が集中しているのは、ひとつには「大地震が少ない地域」とされていることがあるのかもしれない。しかし、過去を紐解けば1948年の福井地震(M7.1、最大震度6)が、敦賀原発から50kmの地点を震源として起きている。当時は、まだ原発がなかったことが幸いだったかもしれない。

●第4位 泊(とまり)原発(北海道古宇郡)

泊原発

 北海道で唯一運用中の原発で、原子力規制委員会に再稼働を申請中だが、昨年10月に防潮堤(高さ最大11m)が、地震による液状化や津波で破壊される恐れがあることが判明した。過去には1940年の積丹半島沖地震(M7.5)など、付近の沖合で津波を伴う地震も発生しているだけに、十分な対策が必要だろう。

 また、泊原発は「破局噴火」のリスクがあることも指摘しておかなければならない。泊原発の南東70kmほどにある支笏(しこつ)湖では、10万年ほど前に支笏カルデラの噴火が起きた。その時には、火砕流が札幌付近にまで達したというから、このような噴火が再度起きれば泊原発も危険を伴うだろう。実際、毎日新聞が2013年12月に行った火山学者に対するアンケートによると、回答者50人のうち29人が「巨大噴火の被害を受けるリスクがある原発」として泊原発を挙げているのだ。

『科学』(2014年1月号、岩波書店)の特集「日本を襲った巨大噴火」で、守屋以智雄・金沢大学名誉教授は、日本の原発の立地は世界で1、2を争う危険な場所としており、さらに「北海道・東北・九州のカルデラ火山が巨大噴火を起こせば、その被害は人命・資産とも東日本大震災とは桁違いの規模に達し、国家としての存続すら危ぶまれる」と警告する。さらに守屋氏は、「八甲田・十和田カルデラ火山のいずれかの巨大噴火で、北海道の泊原発、下北半島の東通(ひがしどおり)原発・六ヶ所村核物質貯蔵施設、女川原発などが破壊」(同上)と指摘する。

●第3位 伊方原発(愛媛県西宇和郡伊方町)

伊方原発

『週刊ダイアモンド』(2007年9月1日号)の特集「原発大解剖」にある「原発立地危険度ランキング」では、伊方原発が総合判定で2位となっていた。また、「耐震性危険度ランキング」では1位につけている。同原発では、昨年の熊本地震をきっかけとして、その耐震性に再度注目が集まった。

 もともと、日本最大級の断層である中央構造線から8kmしか離れていない立地からして、大きなリスクを抱えていることは明らかだ。なぜこのような場所に原発を建設したのか、大いに疑問が残る。それに加えて、伊方原発は破局噴火のリスクもあるのだ。前述の金沢大学・守屋氏は、「九州6カルデラ火山中の1個が巨大噴火すれば、伊方・玄海・川内の3原発は完全に破壊され、西南日本全体が放射能汚染で、万年単位で事実上永久に立入り禁止区域に」(同上)なるとも語る。


●第2位 玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)

玄海原発

 この原発の付近では、7世紀に筑紫地震(M6.5~7.5)が発生している。だが、それより恐ろしいのは、やはり破局噴火のリスクだ。専門家の間では、玄海原発から140kmほど離れている阿蘇山が、昨年の熊本地震の発生によって火山活動を活発化させていることが懸念されているのだ。

 過去の記事でも紹介しているが、2015年に英国・マンチェスター大学のアルバート・ザイルストラ教授(天体物理学)が、火山愛好家たちの協力を得て「世界で最も危険な火山10」を選定した。そこでは、阿蘇山(熊本県)が4位に選定された。

 阿蘇山は歴史を通じて度々噴火を繰り返しており、必ずしも大規模な噴火になるとは限らない。だが、27万~9万年前に4回にわたり噴火した「阿蘇カルデラ」を形成したカルデラ噴火の破壊力は、並大抵のものではなかった。神戸大学海洋底探査センター長・巽好幸氏は、もしも阿蘇山が巨大カルデラ噴火を起こしたら、九州のほぼ北半分は火砕流に飲み込まれ、700万人もの死者が出ると指摘する。そうなれば、玄海原発も当然ながら火砕流に飲み込まれ、「日本の終わり」どころか人類の存続さえ脅かされる事態に陥るかもしれない。

●第1位 川内原発(鹿児島県薩摩河内市)

川内原発

 川内原発の周辺では、歴史を通じて大地震があまり起きていないように思われる。だが、もっと恐ろしいリスクは、2位の玄海原発と同様の破局噴火だ。九州南部には、姶良、阿多、鬼界、阿蘇といったカルデラがひしめいている。

 日本で最後に破局噴火を起こしたのは、7300年前の薩摩硫黄島だ。この鹿児島県南沖で起きた噴火の影響よって、縄文文化が壊滅したといわれる。その時に形成されたのが海底にある鬼界カルデラで、薩摩硫黄島はそのカルデラの北縁に位置する。前述のアルバート・ザイルストラ教授(天体物理学)らが選定した「世界で最も危険な火山10」では、この薩摩硫黄島(鹿児島県)が堂々の1位となった。

硫黄島から川内原発までは120kmほど離れているが、7300年前と同規模のカルデラ噴火が起きれば、火砕流に呑まれる恐れがある。前述の毎日新聞によるアンケートでは、回答した科学者50人のうち29人が「巨大噴火の被害を受けるリスクがある原発」として川内原発を挙げているのだ。

■結論:国民全員が日本列島を退去、流浪の民になる!?

 巨大地震が起きても、建物倒壊などの甚大な被害が出る範囲は、通常ならば数十kmから広くても300km程度だ。しかし、津波の影響はより広範囲にわたる可能性があるため、大半が海沿いにある日本の原発は大きなリスクを抱えている。

ドラム缶

 そしてカルデラ噴火あるいは破局噴火となると、例えば九州全体や、日本全体に甚大な影響を及ぼすことが予想され、最悪「日本の終わり」になることは、複数の学者も指摘する通りだ。数千年先に起こるかもしれない噴火を心配しても無意味だ、という声もある。だが、過去の記事で再三警告しているように、6700年に一度の割合で破局噴火が起きている日本で7300年もそれが途絶えているのだから、「いつ噴火してもおかしくない」と主張する火山学者が少なくないのも頷ける。

 しかし、政府や一部を除くマスコミは破局噴火の存在にすら触れようとせず、国民には十分な情報が届いていないのが現状だ。前述の守屋氏は、「日本国民全員が日本列島を退去、いずれかの受入れ国に避難という事態も」(同上)考えられ、「永久に祖国に戻れずに流浪の民となる恐れもある」とまで語っているのだ。

 筆者は幸いにして妻がタイ人なので、その場合はタイへ避難することが可能だが、大半の日本人は海外に避難するにもアテがなく、困ることになるだろう。しかし、それもあくまで“私たちが生存していたら”の話だ。国民から政府に働きかけて対策を練ってもらうといっても、日本から原発をなくしてもらうくらいしか、残された道はないかもしれない。

百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。ブログ:『探求三昧』、『防災三昧』、Web:『沙龍家』、Twitter:@noya_momose

http://tocana.jp/2017/03/post_12549_entry.html




◆日本が何時まで原発推進を国策とするのか分かりませんが、しかしどうも、天がそれを終わらせようとしているような気がしてなりません。 原子力事業の損失拡大で経営危機に陥っている東芝が、3月末までの「運命の3週間」を迎えているそうです。
最初のハードルが3月14日の火曜日の第3四半期決算発表です。東芝は当初2月14日に決算発表を予定していたのですが、買収した子会社ウエスチングハウスの内部統制が効かず、独立監査人の了解が得られないため、決算発表1カ月延期したとのこと。

◆東芝は今年に入ってから1万4000人強の人員削減や事業売却などリストラを進めて業績のV字回復を描いていただけに、株式市場では失望売りが広がったようです。昨年末に東芝が発表した原子力事業の大赤字では、2017年中に倒産する可能性まで噂されたほどで、そのダメージは計り知れません。2015年度の5000億円規模の赤字に続き、2016年度の7000億円にものぼる原子力事業の巨額損失の計上は、東芝グループ解体が現実味を帯びている証拠です。

 東芝解体

◆東芝が2017年倒産しそうな会社になった原因は何だったのかといえば、米国の原子力発電メーカー、ウエスチングハウス(WH社)を東芝が買収し子会社にしたことでした。

ウエスチングハウス

◆WH社は2016年に米原子力サービス会社ストーン&ウエブスター(S&W社)を0円で買収したのですが、このS&W社が7千億円という、とんでもない借金を抱えていたのです。子会社のツケ(借金)は親会社に回されます。つまりS&W社→WH社→東芝へと回ってきます。つまり糞を掴まされたのです。

◆この糞を売りつけたのが、S&W社の親会社である米大手エンジニアリング会社シカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン(CB&I社)というオランダ・デン・ハーグに本社を置き、建設エンジニアリング業を営む多国籍企業です。原子力産業は日本政府の国策であり、東芝はその国策を支える大切な企業です。

CBI.jpg

◆東芝が大幅な損失を出しても日本政府が税金で穴埋めしてくれるという読みがCB&I社にはあったし、東芝側にもそんな甘えがあったのではないでしょうか。

◆実は2011年に起きた福島第一原発事故の時点でWH社の企業価値は大幅に下がっていました。
WH社は2015年の赤字隠しの不正会計を隠ぺいしてきたことにより、東芝の負債はさらに膨らんだのです。ここにもまたハザール・ユダヤ金融マフィアの陰謀が見え隠れしています。

◆東芝はWH社を梃にして積極的な海外展開を進め、当初は米国などでの大型受注や新興国市場での受注などにこぎつけたものの、2011年の東日本大震災後は原子力発電所の建設が世界各地で凍結されたのを機にシナリオは大幅に狂ったのです。安倍政権はインドのモディ首相に原発を売込む働きかけをしていましたがこれで先行きが不透明になってきました。

◆そのうえ、毎年コストが下がっていく太陽、風力などの代替発電に対し、原子力を国策にしている政府がこれらの発電、売電事業の躍進に必死でブレーキをかけているように見えます。マスコミなども新エネルギー報道を控えるようになっています。

◆2006年に東芝が突然原子力事業に舵を切ったことについては当時から疑問の声があがっていましたが、その裏に政府の国策と東芝の業務拡張に絡んだ思惑、利益が一致していたことを考えれば合点がいきます。そして10年後の2017年、東芝グループが解体の危機に陥るとはなんとも皮肉な話です。地球ガイアがもう、自身を破滅に導く原子力発電を許さないのです。
原子力推進派は大気汚染と地球温暖化を防止するにはクリーンエネルギーである原子力発電しかないと主張していますがそんなことはありません。

◆もうすぐフリーエネルギーが解禁されます。無重力装置、永久回転モーター、水で走る自動車などの代替エネルギーが解禁されることになっています。無理を通せが道理引っ込むといいます。東芝だけでなく、日本政府が国策で海外へ原発を輸出しようとすればとんでもない事故が起きて、世界中から袋叩きに遭う可能性も否定はできません。

▼今の科学では、ウラニューム、プルトニュームの元素周期律を変え放射能を無害にすることは出来ないのかニャア?

20110119_2284452_400x400.jpg












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも勉強させていただいております。奥様のご様子如何ですか、私は必ず直る方法があると思いますが…大変ですね。
福島原発事故?の件ですがあれは一発でなく二発ですしその他にも二発海中で爆発しております。証拠は米国の資源探査衛星の写真でハッキリと出ています。
岩手沖の震源地に二カ所の高濃度の放射濃度が撮影されています。
そして福島ですが福島原発より先に飯館村が高濃度放射能に汚染されています。その後から福島原発の爆発がありました。当時の様子をテレビでも放送していましたが、混乱していました。しかしすぐに切り替えたのを覚えています。
米国ではキッチリと当時の経過を資料に残しているはずです。
それで真実を公表せず知らん顔を決め込んで彼らは折角の知識を泥まみれにして、最低な事ばかりに使用して本当に神をも恐れない人々が存在するんだと呆れています。
彼らの知識を人々のため地球のために使用すれば、奸計を巡らして世界を支配しようとするより、簡単に世界の方から貴方方が指導してくださいと申し出されるのに、欲望に曇った眼では物事の道理が見えないんでしょ。惜しいことです
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR