驚愕!Kの法則


◆今日はエプリル・フールですが、笑いごとでは済まない事故が起きましたね。
ベトナムでまたKの法則が発動しましたよ。

ベトナムケーソン事故

【韓国の反応】ベトナム足場崩落事故 :
サムスン物産職員48人逃亡防止出国禁止措置『死傷者は全員ベトナム人』『韓国人は危険を承知だった可能性』



◆サムスンと言うのは、電器メーカーだと思っていたら土木工事までやっていたんですね。まあ、よくもこれだけの出鱈目工事ができるものだと呆れるより感心しますよ。

ケンチャナヨ工法:韓国の恐ろしい手抜き工事


◆UAE(アラブ首長国連邦)が韓国製の原子力発電所を導入する契約を結んだそうですが、何時までも工事が頓挫したままで完成期日を過ぎています。

パクとUAE

原発

のみならず、UAEに納入する原子炉と同じモデルの新古里2号機から水素ガスが発生し現場管理担当者が3人死亡して運営許可が先送りされたままになっているようで、UAEとしては韓国電力に巨額の違約金を請求する事になりそうです。

韓国UAE原発の賠償決定的で韓国経済大ピンチ!
巨額の違約金までタイムリミット寸前!韓国原発のヤバすぎる欠陥と現状



◆UAEの原発には当初日本の東芝も係わり、韓国と共同受注する予定だったそうですが、韓国側が提出した激安見積もりや、メンテナンス期間を60年などと言う条件に恐れをなした東芝が手を引いたという事です。日本では原発の寿命は40年と言う事になっていて40年以上たった玄海原発は廃炉が決まっています。UAEは韓国製の原発で大惨事にならずに済んだ事を喜ぶべきですwwwww

◆東芝の研究データが流出する事件がありましたが、これは韓国の半導体メーカー「SKハイニックス」が盗み出したものでした。東芝はSK社に対し1091億円の損害賠償を求める訴訟を起していますが、裁判の結果330億円で和解にこぎつけています。

データ流出

日本が10年かけて研究したものを僅か1年で同等の物を作りだすには技術を盗み出すのが一番手っ取り早く、安価で量産すればシェア争いで世界一にもなれます

メモリシエア

◆そして韓国の鉄鋼大手のポスコはインドネシアの製鉄プラント建設を受注したものの、完成間もなく高炉が大爆発して再起不能となっています。実はこれもUAEの原発に東芝を噛ませようとした時と同様、ポスコは新日鉄住金と合弁を組んで、何か事故があれば日本に責任を負わせようという魂胆があったのだという人もいます。

【KSM】韓国ポスコ、インドネシアで大爆発事故 もはや再起不能の緊急事態



◆ポスコは1973年、日韓基本条約に伴う対日請求権資金などによる資本導入と、新日鐵住金と日本鋼管(現在のJFEスチールとなる)の3社からの技術導入により国営の総合製鉄所として誕生したものです。

技術導入後、ベトナム戦争への参戦を契機とした急激な経済成長の中で、日本の援助により3回に亘る拡張事業の末、1983年、粗鋼生産能力910万トン規模の浦項製鉄所を完成させていますが、ポスコ日本の韓国人研究員が新日鉄住金が長年かけて研究した特殊鋼の特許技術を盗み出し、日本側から1千億円の賠償を求められています。恩を仇で返す民族はインドネシア製鉄所の爆発の責任を日本に負わせようと考えていたようですが、またしても一人相撲で終わりましたwwwwww


◆とにかくこの民族は後先のことを考えない、学習しない、反省しない実に不可解な連中です。

【超危険!】韓国で完成間近のビルが傾く!崩壊か!?



◆彼等と係わった国々は悲惨な結果が待っています。パラオのような小さな国では潤沢な予算を組めないでしょうから、橋一本掛けるにも国債入札で一番安い見積もりを出したところに工事を発注することになります。しかしそれは安物買いの銭失い、どころか命まで失う事になります。気の毒なのはパラオの人々です。

ウリナラの建築技術は世界一(パラオ編)



◆韓国の橋は落ちるに決まっているのです。日本は戦時中パラオとは縁が深く、この後「日本パラオ友好の橋」をODAでかけ直し、現地の方々に大変感謝されているようです。

橋

友好のはし

◆韓国人の異質さは日本人には理解できません。

ニューズウイーク


彼らには世界に例のない火病という持病があり、何か不満があると怒り狂って自滅する者さえいます。

エレベーターに突っ込んで死ぬ韓国人の音声付き映像



◆げに恐ろしきKの法則!!!君子危うきに近寄らず。くわばら、くわばら!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人類とは異なる生物なのですね
最期のエレベーターの扉を突き破る映像は衝撃的でした

癇癪を起した三歳児くらいの子供のとる行動でしょうか

No title

なぜ、日本海を挟んであの国があるのでしょうか。
日本は不幸すぎます。

後、最後の動画にあったエレベーターの扉です。
あんなに脆いものだとは…。
考えられません…。

No title

なんかもう、おぞましい生き物としか・・・
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR