海の忍者、蛸



◆蛸は海の忍者といわれ、擬態、なりすましの名人です。岩に化けたり、昆布に化けたりして身を潜め、獲物が近ずくと猛然と襲い掛かり岩場に引きずり込んで食い散らします。

蛸

Octopus Camouflage


Octopus gets crabby in Yallingup


◆蛸の擬態、言葉を変えれば「なりすまし」です。これは通名を使い日本人になりすましている在日によく似ていますね。在日は日本社会に潜伏し、一般社会に溶け込んでいるので誰がそうであるかは判別しにくいですが、政治の世界で白昼堂々と反日活動をを続ける輩を自由に放置している日本の公安警察も国会も狂っているとしか言いようがありません。

◆政策秘書の給料1870万円をネコババし、森本学園に生コンスパイを送り込んで様々な工作を行った前科者の辻本清美。
自分は国民のために働く国会議員ではなく国壊議員だと断言するものを何故国民は税金で養っているのだろうか。
この危険な前科持ちの工作員を外患誘致罪で逮捕すべきです。

辻本

二重国籍の蓮舫

rennhou.jpg

社民党は、逮捕された沖縄の基地反対運動の犯罪活動家に『2700万円』を寄付。そのうち『1350万円』は福島瑞穂の団体が寄付して反日反米工作を続けています。

福島瑞穂

そして「日本死ね」を座右の銘にしている山尾志桜里。揃いも揃って日本を崩壊させようとする、中国、朝鮮の工作員ばかりです。

yamaosiori.jpg

◆日本を破滅させるために政治工作をする連中に日本国民は物凄く高い給料や歳費を負担しているのですが、誰もそれを指摘しないのが不思議です。


◆パチンコという仕掛けで日本人を誘い込み、30兆円もの金を吸い上げているのも在日。
彼らは強姦、強盗、麻薬、殺人ありとあらゆる犯罪を通名で行っています。しかし逮捕されても、反日左翼マスゴミは絶対に実名報道をしません。蛸はヨーロッパ、とくにドイツ、イギリス、フィンランドではデビルフィッシュと呼ばれ忌み嫌われていますが、ヨーロッパの蛸同様に、在日は日本の90%以上の人々に嫌われるようになっています。

◆蛸は甲殻類が好物のようで蟹を捕食します。蟹にとって蛸は天敵です。そして日本人にとって朝鮮人は天敵です。天敵とは戦うしかないのです。しかし蟹の場合一匹だと勝てないので、集団で蛸を引き裂きの刑に処しているのだとかwww




【衝撃動画】カニの大群がタコを集団リンチ、引き裂きの刑に! 理学博士「非常に珍しい残虐光景」

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ
 カニの群れがタコを引き裂く動画が今、ネット上で話題になっている。1匹のタコに複数のカニたちが襲いかかる凄惨な光景を収めた動画が今月1日にYouTubeにアップされると、瞬く間に100万を上回る再生回数を叩き出したのだ

Migrating Spider Crabs Rip Apart Octopus


 動画は2月25日、オーストラリア南東部の都市メルボルンを擁するポートフィリップ湾で撮影された。動画には何匹もの大きなクモガニが1匹のタコを取り囲み、猛烈なスピードで、奪い合うようにしてハサミで切り刻んでいる衝撃的な光景が収められている。タコはもう死んでいるのだろうか、為す術もなくカニたちに引きちぎられ、やがて群がってきたカニたちの間に姿を消してしまう。

■カニ「一対一では勝てない、ならば集団で襲う」

「カニはタコの好物なので、タコがカニを襲っている動画はよくあるんですが、逆は珍しいと思います」

A Coconut Octopus Uses Tools to Snatch a Crab


 そう解説してくれたのは、生物学に詳しい理学博士X氏だ。タコはカニの天敵であり、過去には岩場を歩いているカニをタコが水中に引きずり込むという恐るべき映像も撮影されている。
「動画が撮影されたポートフィリップ湾は、年に一度、カニの大群が現れる事で知られています。動画にも映っているクモガニが、脱皮と繁殖のために集まるのです」

Creepy Giant Spider Crab Aggregation


 クモガニは甲羅の幅が20cm、脚の長さは40cmほどの大きさで、脚を広げると実に1mにもなる巨大ガニだ。毎年5~6月ごろになると、ポートフィリップ湾の浅瀬には数万匹ものクモガニが大集合し、満月の夜に一斉に脱皮するのだという。脱皮した直後には交尾も行われるため、繁殖のチャンスでもある。何万匹もの大量のクモガニたちが積み重なって海底を埋めつくす光景は、まさに圧巻の一言だ。

「脱皮した直後のカニは柔らかいので、捕食者の格好の標的となります。クモガニたちは数万もの大集団で脱皮する事で、捕食されるリスクの軽減を図っていると考えられています」

 一対一で勝てない天敵にも、集団であれば勝機がある――。今回の動画は、まさにその一例を示しており、小さいカニを狙ったタコが返り討ちにあったのだろう。まさに多勢に無勢である。

 なお、カニは雑食性なので、おそらくこのタコもカニたちの餌食になっただろうとX氏は推測する。

タコを引き裂くかに

「カニは何でも食べるので、海底のスカベンジャー(掃除屋)とも言われています。大きな生物の死骸にまず食らいつくのがカニやエビです。彼らのハサミや爪は、硬い皮も難なく破壊できます。カニたちに食い荒らされた死骸は小魚などにも食べやすくなり、微生物による分解も受けやすくなります」

 カニやエビがいるかどうかで、白骨化までの時間まで変わるという。知らなければよかった海の幸の恐るべき秘密である。ちなみに、メルボルンに大量発生するクモガニは脚が細くて肉が少なく、食用には適していないそうだ。

 もしも海で死んだら、あなたの身には何が起きるのか? もしも地球にやって来たエイリアンがこの光景を目の当たりにしたら、地球生物の恐ろしさに戦慄するのではないか? とかく見る人の想像力を掻き立てる映像であることだけは間違いないだろう。

(吉井いつき)
http://tocana.jp/2017/03/post_12677_entry.html




◆海の掃除屋といわれる蟹にはもう一つ天敵がいます。それは顎の下に巨大で強力なハンマーを持つ巨大シャコです。蟹の太い爪をそのハンマーでたたき割って食べるのですが、これは壮観です。

Giant Smashing Mantis Shrimp VS Giant Crabs


▼反日は野党の中だけじゃニャイ!与党の中にも日韓議連、パチンコ議連が沢山いる。日本人はこれらの天敵と戦う巨大シャコを見習うべきだニャア~

BnAYmcaCcAAp5pp.jpg







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR