まだ力を失っていないユダ金




◆フランスの大統領選がおもしろくなってきましたね。




【仏大統領選】マクロン候補は“ロスチャイルド出身”だった! フリーメイソンが「ルペン降ろし」実行、現地紙報道

今月23日、フランス大統領選の第1回投票が行われた。有効投票数の過半数を得票する候補がいなかったため、親EU派の独立系候補エマニュエル・マクロン前経済相(39)とEU離脱と反移民を掲げる極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首(48)が決選投票に進出することになった。決選投票は5月7日に実施される予定だ。

ルペン&マクロン

 トランプ旋風によって世界で急速に広まる不寛容と分断の嵐、そしてイギリスの離脱によって一層不透明になったEUの今後を占う上で、極めて重要な今回のフランス大統領選。しかし、そこにはまだ日本で報じられていないさまざまな“黒い思惑”が絡んでいることをご存じだろうか?

■フランス大統領選の背後に、またも“彼ら”が

 筆者は今回の選挙をめぐるメディアの報道を注視しているが、日本のマスコミの多くは、ルペン候補をトランプ米大統領と比較し、批判的論調を繰り広げている。排他的で差別的な言動が見られるルペン候補の危険性を指摘したり、デモ隊の様子を盛んに報じるなど、その報道姿勢はかなり偏向しているように思われる。しかし、賢明なトカナ読者には、しっかりとこの選挙のウラを読んでいただきたいと思う。

 次第に各国の陰謀論者たちから指摘の声が上がり始めているが、今回の選挙には、やはりあの秘密結社フリーメイソン(及びその極秘最高組織であるイルミナティ)と、世界を影で牛耳るユダヤ系金融一族「ロスチャイルド家」が絡んでいる可能性が高いのだ!

 友愛という名のもとに各国を統合し、一部のエリートによる世界政府が全人類を奴隷化支配する「新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)」を理想に掲げるイルミナティ、そして自らのビジネスのため障壁となる国境を取り払い、グローバリズムを推進したいロスチャイルド家――。彼らが支援するのは、もちろん新EU派であるマクロン候補にほかならない

■ルペン大統領では“都合が悪い”者がいる

 かねてより、ルペン候補はフリーメイソンやイルミナティが数多く入り込んでいる多国籍企業や国際金融資本家たちを批判し続け、反グローバリズムと自国第一主義を貫いてきた。そして、イルミナティやロスチャイルド家の支配下にある欧州中央銀行が、実質的に全ヨーロッパ経済を管理している状況から脱し、フランス政府が独立した金融政策をとれるよう、かつての自国通貨であるフランを復活させようとしてきた(ちなみに、日本銀行を含めた世界各国の中央銀行はほとんどロスチャイルド家に支配されている)。

ルペン

従って、ルペン候補の掲げる政策は、イルミナティやロスチャイルドにとって実に都合の悪いものでしかないのだ。

 事実、今回の選挙でフランスのフリーメイソンたちは露骨にルペン候補批判を繰り広げている。現地「リベラシオン」誌によると、今月13日の時点で、同国にある7つのフリーメイソン統轄団体がルペン候補に投票しないよう呼びかけていたという。その中には元来「政治的中立」を掲げてきた団体も含まれるというから、これは異例の出来事である。なお、これら7団体は、フランスのフリーメイソン人口の半分以上にあたる合計12万人のほどの会員を擁しているとのことだ。

■マクロン候補の“ただならぬ経歴”

マクロン2
エマニュエル・マクロン
画像は「Wikipedia」より引用

 さらに前述の事実に加えて、今回のフランス大統領選挙にイルミナティとロスチャイルドが絡んでいることを明確に物語る“決定的な証拠”も判明している。そう、なんとマクロン候補自身がロスチャイルド系銀行の出身なのだ!

 フランスのエリート校であるパリ政治学院や国立行政学院(ENA)を卒業したマクロン候補は、同国の財務省財政監察官として勤務した後、2008年に「ロチルド & Cie」という投資銀行に入行した。そこで頭角を現した彼は、副社長格にまで昇進し、一時期は200万ユーロ(約2.4億円)を超える年収を得ていたという。この「ロチルド & Cie」こそ、ロスチャイルド家のフランスにおける中核銀行にほかならない。もはやマクロン候補は、完全に「ロスチャイルドの人間」なのだ。

 そのことは、彼が掲げる他の政策にもしっかり反映されている。マクロン候補は、親イスラエル派でパレスチナの国家承認にも否定的だ。さらに大きくなりすぎた格差を是正するための富裕税にも反対している。そしてこれは、ユダヤ系国際金融資本家たちの主張と完全に合致する。

■世界支配の構図に変化はやって来るか?

 さて、これらの事実を踏まえ、ある構図が見えてこないだろうか? つまり今回のフランス大統領選は、これまで世界を支配してきたイルミナティ&ユダヤ系金融機関(マクロン候補支持)と、そこからの脱却を図ろうとする勢力(ルペン候補支持)との戦いであるということだ。

マクロン

 ちなみに、同様の構図は昨年のアメリカ大統領選挙でも指摘されていたことである。その時は、イルミナティ&旧ユダヤ系金融機関&ロックフェラー家(ヒラリー支持)と、そこからの脱却を図ろうとする新ユダヤ系金融機関(トランプ支持)との戦いだった。

最終的に選挙はトランプ氏が勝利を収め、世界の秩序に大きな変化が見られるのではないかと期待された。しかし結局、政権に就いたトランプ氏のもとに集まった閣僚の顔ぶれは、主にロスチャイルド系企業出身者をはじめとする旧勢力の重鎮、つまり本心ではヒラリーの勝利を願っていたはずの人物たちで占められていた。これが一体何を意味するのかは、トランプ大統領の今後の政策によって次第に明らかになってゆくだろう。

 最後に、今回のフランス大統領選挙が将来の世界全体を左右するほど大きなイベントであるということはお分かりいただけたはずだ。

 私たちは、しっかりと成り行きを注視しなければならない。もはや「『国民戦線』は過激派である」とのイメージが定着してしまった感もあるが、事実を冷静に見てほしい。ルペン候補が、かつての党首だった父親を除名してから党は穏健化し、意外にも「福祉国家モデルを擁護している」のだ。もしかしたら、あなたが「国民戦線」に抱いているイメージは、各国のメディアさえ支配しているイルミナティの戦略かもしれないということだ。今後のフランス、EU、そして世界の運命は如何に――。

http://tocana.jp/2017/04/post_13013_entry.html




◆奇しくもアメリカでも同じようなことが起来ています。
泡沫候補だと言われていたトランプが勝利したように、本選挙になればルペンが勝つのではないでしょうか。欧州各国は欧州委員会に主権を奪われ、自主的に何もできないたような状態に置かれていますので皆うんざりしているのです。ロスチャイルドが金に物を言わせてメディアを動かし、世論を操作して無名のマクロンを僅差で勝たせたのは間違いありません。ハザールはEUを維持しようと懸命ですが、何時までしぶとく粘るのでしょうね。

◆あれほどハザール支配と対決してきたドナルド・トランプが大統領就任100日目を迎えた日にAP通信のインタビューに応じ、これまでの主張を180度変えています。企業経営と大統領職の違いについてトランプは「大統領にはハートが必要だ。国民を愛さなくてはならない」と述べ、シリアへのミサイル攻撃の反省もあってか「大統領職がこんなに重大なものだとは思わなかった」と神妙な顔で返答したそうです。ミサイルが標的から離れ市街地に落ちたなら、大勢の市民が命を失いかねないとして「あらゆる決定が難しく、人の生死に関わる極めて重い責任が伴う」と語ったそうです。また「不動産業で学んだ手法は通じなかった?」という問いに「ビジネスでは必ずしもハートは必要ではない。しかしホワイトハウスでの決定はほぼすべての人の生活に影響する」と答えたそうです。

◆全ての難民を締め出すと言って大統領令に署名して最高裁で却下されていますが、そのほかにも色々な大統領令が却下され、大統領としての権威が失墜仕掛けています。その主な原因はトランプを大統領にしたスチーブ・バノン首席戦略官 がホワイトハウスを追われたことにあるようです。

トランプ&バノン

◆バノンは、ホワイトハウス内でトランプの娘婿ジャレッド・クシュナーと対立していると伝えられていました。この2人の政治手法や哲学は水と油の違いがありました。バノンはハザール・ユダヤが作り上げた「行政国家の解体」を目指すイデオロギー的な活動家ですが、クシュナーはユダヤ人で嫁のイヴァンカまでユダヤ教に改宗させた不動産業者で、最近まで民主党支持者だったといわれています。
バーノン&クシュナー

◆トランプ大統領はニューヨークポストに、クシュナーとバノンの対立について、「見解の相違を解決する必要がある」として、「スティーブはいい奴だが、2人には、自分たちで形をつけるよう指示した。それが出来なければ私がやるまでだ、と言っている」と語ったそうです。
そして結局バノンは5日、クシュナーの進言で国家安全保障理事会(NSC)のメンバーから外されました。

◆つまり愛国者でハザールからアメリカを取り戻そうとしていたバノンは、完全にハザールユダヤに潰されたということです。ホワイトハウスはクシュナーの一味、ハザールユダヤに占領されて、トランプは身動きが取れなくなっているようで、もうすぐレイムダックになる可能性があります。

jared-and-ivanka.jpg

◆クシュナーやマクロンはまだ30代の若者で、政治は全くの素人だというのに大国の大統領を左右できるというのは、彼らがハザールユダヤの金融皇帝ロスチャイルドの傀儡だからです。フランス大統領選も今のところ愛国戦線のマリーヌ・ルペンよりハザールユダヤのマクロンが優勢のようですが、選挙ばかりはやってみないと分かりません。

▼ロス茶のパシリは、マクロンじゃなくて真っ黒じゃニャイか?

99ca3a88.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR