日本版CIAの創設が必要になっている




◆日本警察の優秀 さは世界トップクラスといわれていますが 、残念ながら世界からはスパイ天国と呼ばれています。総合検挙率35%程度で、知能犯に弱いという特徴があるようです。全体的に見れば約7割のスパイを逃していると言われています。日本版CIAを創設するしかありませんね。




スパイ天国日本 中国人諜報員5万人が活動 

潜入スパイ5万人

2017/05/11 08:16

 中国が日本に送り込んでいるスパイは5万人に上り、彼らのターゲットは自衛官も含まれているという。自衛官にハニートラップを仕掛けて情報を得ているものもいるが、自衛官と結婚して妻になったものもいる。実際、外国人妻を持つ自衛官約800人のうち、7割の妻が中国人だという。

 日本の雑誌『週刊大衆』は4月17日、作家でフリーランスの記者でもある時任兼作氏の話として伝えた。中国のスパイは中国大使館のある東京、そして中国領事館のある札幌、新潟、名古屋、大阪、福岡、長崎をベースに活動している。

中華街の実力者もサポートして、中国人留学生や政府関連部門のスタッフ、学者、文化人、飲食店の店員、スナックの女性、風俗嬢など様々な姿で日本社会に入り込んでいる。こうして彼らは、日本中に巨大なスパイネットワークを構成し、情報収集などの諜報活動を行っている。

 同誌は、自衛隊の基地周辺にも大勢の中国人女性スパイが潜伏していると報じている。彼女らは、例えばカラオケ店(こうした店は中国当局が諜報活動用に開いている)のアルバイト店員だったり、ターゲットの人物がよく利用するスーパーマーケットのレジ係だったりする。彼女らは、店での支払い時にターゲットを確認すると、例えば雨の日に偶然出会ったふりをして、傘の貸し借りを通じて自衛隊員に接近する。

 日本の警察関係者によると、女性スパイは沖縄の普天間基地・辺野古移設問題にも絡んでいる。「中国は今、沖縄諸島を狙っている」からだという。

 また同紙は、外交評論家の井野誠一郎氏の話として、日本の中国人団体は中国軍の組織である参謀部又は情報局が統括していると報じている。

 もちろん、中国当局は日本以外にも膨大な数のスパイを世界各国に潜入させ、軍事やビジネス、法輪功情報などあらゆる情報を収集している。そのため、各国もこの動きに常に警戒している。

 ニューズウィーク米国版は以前に、中国当局が諜報戦に全力を注いでいると報じている。中国国安部は数十年にわたって、主に米国籍を持つ中国人をスパイにスカウトしてきた。中でも、当局が欲しているのは米国の国防や情報機関に関わる人物や、センシティブな業界で働く人で、ここ数年は中国系以外の米国人を積極的にスパイとして登用している。

 例えば今年3月末、米国務院で長年勤務してきた女性職員、キャンディス・クレボーン氏が米司法部から起訴された。彼女は長期にわたって中国当局のスパイと接触し、機密情報を提供してきた。その見返りとして数万ドルの現金及び謝礼の品を受け取っていたという。有罪が確定すれば、最高で20年の実刑判決が下される。

 ドイツ地方紙・ダルムシュタット・エヒョーの4月17日の報道によると、同国ヘッセン州の内政当局が「中国人スパイに注意を!」との警告メールを発信した。メールによると、中国人スパイがLinkedInやFacebookといったSNSでおおっぴらに活動しており、彼らは科学者や政府職員、コンサル会社のマネージャーなどに扮してドイツ官僚、将校、外交官、科学者や大学生など、中国当局に有益な人物を選んで接触を試みている。

 この警告メールはヘッセン州の関連企業や大学院、政府機関等に送信された。疑わしい人物から接触された場合、直ちに当局関連部門に報告するようにと呼びかけている。

(翻訳編集・島津彰浩)

http://www.epochtimes.jp/2017/05/27330.html




◆中国人スパイが5万人と云うのは過少見積もりではないでしょうか。少なくとも10万人といわれる北朝鮮のスパイより遥かに多いのではないでしょうか。

これまでに、ハニートラップに掛かり大騒ぎになった、自衛官、中央省庁官僚は数知れず、軍事機密や、企業秘密を中国の女スパイに渡してしまう事件がたびたび起きていますが、あまり大きく騒がれることはありません。この手のスキャンダルで一番大きかったのは中国女に篭絡された橋本龍太郎と谷垣禎一 でした。兎に角中共は飲ませ、食わせ、抱かせ、握らせで日本の要人懐柔を仕掛けて来ます。媚中派二階俊博等はどっぷり中共の罠に落ちた国賊と言っても過言ではないでしょう。

「 中国人はスパイと思え!」  と言われる理由



◆この人物も中共の毒まんじゅうを食わされた一人だという噂が飛び交っていましたが、石平氏がそれを指摘しています。

青山繁晴×石平「親中・富坂聰は中国のスパイだった!? 中共のマスコミ工作の実態」



◆中国のスパイは日本の大学だけでなく、アメリカの学校にも潜入しています。つまり日米の大学の殆どに中共の草刈り場になっているということです。この女校長は人民軍情報部の大佐だと言われています。プロのスパイですね。

米大学の中国系女性校長がスパイ容疑でFBIの捜査受ける【禁聞】 20170302


◆もう一つの工作機関が中国文化と、中国語を教えるという名目で米国の名門大学、有名大学に支部を置き、中国共産党の正当性を喧伝する孔子学院。孔子とは何のかかわりもない中国共産党のプロパガンダで、他国の学生たちを洗脳し、思想改造する為に米国へ寄生したのですが、その目論見は看破され危険視されています。

孔子学院は中国共産党の宣伝機関 米の学者協会が警鐘 20170505
h

◆習近平はトランプと会談し、米国からロッキード社製旅客機を300機購入すると大見えを切って世界が驚きました。アジア・アフリカでは気前よく札びらを切ってダムや鉄道とうのインフラ投資をすると云っていましたがまだどれも実現したという話は聞いたことがありません。もう外貨が底をついているようで、キンペーが自由にできる金は無いのです。

外資の利潤送金できず外貨流動性逼迫か【禁聞】20170309


◆見ると聞くとは大違いといいますが、中国経済はすでに破綻しています。国内の経済状態をみると、これはもう財政再建など出来る訳がないところまで破壊されています。

中国経済危機の実態




◆麻生財務相はTPPが白紙になった代わりに中国主導のAIIBに45億円出資すると言っています。貸した金が返ってこないことは十分に考えられます。チャイナ・ボカーンは時間の問題ですな。

▼財務省、気前がいいニャア、国民は絞られるだけなのに!どうせ税金人の金!東京五輪と豊洲問題の引き延ばし、この人は一体何がしたかったのかニャア?


koike.png

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中国スパイの日本警察への潜入

一番問題なのは、ここで取り上げられていない、中国スパイの日本警察への潜入です。 警察は中国スパイとスブスブの間柄です。 たとえば、最近、詐欺罪で没収した約9000万円が、警察署内の金庫から盗まれましたが、これは警察内部の犯行です。 日本警察の中の公安警察は、パチンコ業界等を通じて中国等のスパイに情報を流し、操作されています。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR