エンゲル係数が高すぎる



◆円安や原材料価格の上昇を背景に、あらゆる食品が値上げされています。値上げ幅は数%から10%前後が中心ですが、大きいものでは50%というものもあります。兎に角1万円札の価値がどんどん下がり、エンゲル係数が大きくなっていくばかりで、年金生活者にはこたえます。




物価上昇に収入追いつかず エンゲル係数“異常上昇”の仰天
八百屋

2017年2月2日

度肝を抜かれる統計が出た。2016年のエンゲル係数が、29年ぶりの高水準だったというのだ。

 31日、総務省は12月の家計調査を発表。消費支出(2人以上の世帯)は31万8488円と実質0.3%減で、10カ月連続のマイナスとなった。

「消費支出そのものより、同時に公表されたエンゲル係数に驚きました。12月は27.5%に達し、16年平均では25.8%だといいます。1987年以来の水準です」(市場関係者)

 1987年といえば、国鉄がJRに変わった年だ。中国では、数百人の学生が天安門広場でデモを行った。大韓航空機の爆破事故が起きたのも、この年だった。サラリーマンの平均年収は385万円(2015年は約420万円)。

「生活水準は、その頃に逆戻りしたということです。野菜など生鮮食品の高騰と、輸入物価の上昇で、エンゲル係数は高まったのだと思います」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

 エンゲル係数は14年以降、急速に高まった。それまでは23%台で推移してきたが、15年に25.0%を超えた。

「脱デフレの後遺症が、エンゲル係数の上昇に表れています。政府・日銀の円安誘導策によって、14年から円安傾向が顕著になり、輸入品を中心に値上がりが続きました。一方、サラリーマンの収入はそれほど増加しなかった。物価上昇に収入が追いついていないのが現状です」(前出の市場関係者)

 アベノミクスは庶民生活を豊かになどしていない。それを証明するようなエンゲル係数の上昇だ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/198651




◆アベノミクスが低所得者を更に苦しめる結果になっていることを痛感している人は多いのではないでしょうか。特に安全安心の国産食品は高くて貧乏人には手が出ません。ニンニクやネギなどは中国産の3~5倍もの値が付けられています。
ニンニク

◆またピーナッツや、さきイカなどのおつまみは殆ど国産ではなく殆どが中国製、残留農薬まみれで発がん物質がたっぷり染み込んでいますので、どうしても敬遠してしまいます。中国製食品の危険性は周知ですが、輸入時の抜き取り検査は1割しか行われておらず、9割はそのまま市場に流通しています。これには政府もマスコミも頬かむりをして黙認しているのです。
次の記事を読むと絶対中国産を買ってはいけないことを再確認します。




ある豚の遺書「死ぬ前に一言いいたい」中国養豚業を告発

ブタ

俺は豚。もうすぐあの世に行く運命にある。このままお別れするつもりだったが、黙って逝くのには心残りがある。遺書を残すことにした。そうすれば、豚に生まれてきた甲斐もある。

 短い一生だったが、豚に生まれたことを後悔していない。人間は万物の霊長だというけれど、俺たち豚も、人類の歴史上、大きな役割を担ってきたと自負している。豚肉は人類が古くから慣れ親しんできた。食用する人口は最も多く、品種も最も豊富だ。もし豚肉が無かったら、人類の生活や歴史が様変わりするはず。そうだろう?

 もっとも、豚としての人生に後悔はなくとも、生まれる場所を間違えたことだけは、とても悔やんでいる。もし来世があるならば、もう絶対に中国だけはご免だ。君たち中国の消費者に、あまりにも申し訳ないからだ。

 今どきの豚肉は美味い食べ物どころか、君たちの健康を損ない、命を危険にさらす毒食品でしかない。俺たちのほとんどは、添加物の入った飼料で肥育されるものだ。より大きな経済利益を追い求め、より多く金を稼ぐために、俺たちの飼い主がエサに何を混ぜているか、君たちは知っているか?

 ずっと昔、俺たちの先祖は自然な食べ物を与えられて育ち、通常は100キロに成長するのに12カ月かかっていた。だが今は違う。俺たちは促成肥育で飼育され、わずか5~6カ月で100キロから150キロに成長する。飼料にさまざまな添加物が使われているからだ。

ブタの添加物とヒトへの影響

子どものころは毎日1キロから1.5キロの飼料が与えられる。飼料50キロのうち、十キロ以上は添加物だ。こうしたエサを食べると、1日で500グラム以上成長する。だがこのころはまだ、豚小屋の中で走り回るだけの力がある。

 体重が25キロを超えると、飼料の量は同じでも毎日1キロから1.5キロも体重が増えてゆく。しかも大量に水を飲むようになる。そしてこの時期から、食事の時に人間に起こされるときを除いて、ほぼ一日中眠り続けるようになる。

 毛並みの良い見た目がきれいな豚は高値で売れるから、体重が50キロになると添加物入りの飼料に顆粒の尿素も追加される。通常は畑にまく、化学肥料の尿素だ。こうした飼料を食べると、俺たちの成長速度はものすごく速くなる。そして100キロから150キロくらいになったらすぐに出荷される。それ以上太ると自分の重みで立てなくなるからだ。

 飼料の添加物の成分を知りたいって? 安物のホルモン剤、ヒ素、鎮静剤、銅などだ。ホルモン剤は豚の成長を促進できるが、安いホルモン剤は人間の身体にもとても悪く、女の子の初潮が早まったり、高齢者の発病率が上がったりする。ヒ素が毒なのは言うまでもない。鎮静剤は人間の頭の回転を悪くするし、銅を多量に摂取すると知能指数や健康に深刻な影響を被る。

 つまり、これらの化学物質や化学薬品が人の体内に入ると、どんどん蓄積され、人間の成長発育に悪質な影響を与えるのだ。食べ続けると長期的な不定愁訴が現れるようになって、そのうち体に痛みが出て、最終的にはガンを発症する。これでもまだ、今の豚肉が毒でないと思うかい?

 俺たちの飼い主は、こうした危険性を知らないのではないか、などと甘いことを考えたらダメだ。そんなことは承知の上だ。だから養豚業の関係者が普段食べているのは、こうした飼料を与えられずに「普通に」育てられた豚の肉だ。ごく一握りの幸運な豚は、添加物不使用のエサを与えられて成長する。養豚家の口に入るために。

 危険性を知っても肥育法を変えようとしないのはなぜか? 理由は簡単。俺たちが速く大きく成長し、高値で売れるからだ。もし昔のやりかたで養豚業を営んだら、間違いなく大損する。

 そうそう、大切なことを言っておく。俺たちの肝臓や血液、そして肺は毒素が一番蓄積している部分だから、絶対に食べないように。

 実は豚に限らず、今いる全ての家畜や養殖魚はぜんぶ似たり寄ったりの方法で飼育されている。なぜ中国がまたたくまに世界一の畜産国になったか、秘密はここにあるのだ。

 現代社会の人間は、良心をどこかに置き忘れて金の亡者と化している。でも俺は、善良で無能な一匹の豚として、君たちに危害を与えたくない。だが俺には、この世を去る前に君たちに真実を語る以外になすすべがないのだ。
 そろそろ時間だ。みなさん、さようなら。


(翻訳編集・島津彰浩)

http://www.epochtimes.jp/2017/05/27338.html



食品についての警鐘!!こんなにも酷い事があるなんて・・
中国を含む輸入食品の危険性のまとめ


https://matome.naver.jp/odai/2136219052480500201




◆日本の食料自給率は38%と言われていますが、コンビニ・スーパーなどでは毎日のように、まだ食べられる食品が大量にゴミとして捨てられています。その大半が海外からの輸入です。「輸入してまで食べ残す日本の食糧事情、この悪弊を何とか断ち切れないものでしょうか。
◆廃棄食料でどのくらいの人が食べられるのかと云うと日本人ならば3000万人分、途上国の人なら5000万人分の1年分の食料になると言われています。世界での食糧援助の総量は550万トン。その約4倍の食料が廃棄されているのです。我々消費者は廃棄分まで支払わなければならないようなシステムになっているのです。

◆地球には栄養不足で亡くなる子どもが年間約500万人。廃棄食料の1割でこの子どもたちの命が救えます。飢えに苦しむ子どもたちの食糧を捨てているのと同じなのです。なんと勿体ないことをするのでしょうか。

▼だからと云って有毒な中国産を食べさせるのもなんだかニャア~

hasiwomotuneko.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

財務省の犯罪

エンゲル係数の上昇は、安倍政権に超緊縮財政を強要してきた財務省の犯罪です。 景気回復・デフレ脱却に逆行した消費税増税と超緊縮財政を強引に進めてきた財務省は、日本人の数十万人におよぶ失業者・餓死者・経済苦による自殺者たちに「お詫び」し、経済犯罪である財政政策失敗の責任(組織改革・免職解雇・錯誤解消)を取るべきです。

恐怖の在日特権が日本人を貧困化した!

『日本国から与えられた特権は特別永住権しかありません。その他の多くの特権は地方の役人を(我が在日の)集団で恫喝して得た特権ですので必死に守りましょう。(NHK・フジテレビなど)各企業への採用枠も脅し透かしして得た特権で、マスコミはすでに我が在日の手の中です。』 大門理恵(在日朝鮮人)の2014年8月29日以前のツイート
https://twitter.com/hashtag/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E3%81%AE%E5%BD%B9%E4%BA%BA%E3%82%92%E8%84%85%E3%81%97%E3%81%A6%E5%BE%97%E3%81%9F?src=hash
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR