タイムスリップ1941


◆今から70数年前のことを覚えている方がどのくらいいらっしゃるでしょうか。そして1940年(昭和15年)に日独伊の間に3国同盟が締結された時の事を記憶されている方がどれほど居られるでしょうか。


車


◆この同盟はアジアにおける日本の指導的地位、及びヨーロッパにおけるドイツ、イタリアの指導的地位の相互確認と、同盟国のいずれかが、これから起きる二次世界大戦において、他国から攻撃を受ける場合に相互に援護する為に結ばれた条約です。

◆この映像は1941年に、当時の外務大臣松岡洋右がドイツ、イタリア、ソビエト連邦を歴訪した際にベルリンで撮影されたものだそうです。ベルリン市民の熱狂的な歓声は尋常では有りません。70数年前にタイムスリップしたような錯覚を覚えます。

Hitler and Germany Welcome Japan's Foreign Minister 1/2


◆ヒットラーと松岡洋右の握手、これらはとても貴重な映像ですね。

Hitler and Germany Welcome Japan's Foreign Minister 2/2


◆戦後教育では近現代史を全く教えないので、第2次世界大戦の事など全く知らない世代どんどん増えています。テレビが街頭で女子高生にインタビューして「日本が太平洋戦争で戦った相手国は?」と聞くと「エ、エッ・・・ドイツ?」などと答えていました。これにはさすがに驚きました。日本が戦争に突き進んでいった理由も経緯も全く教えないので米国と戦ったなどと言うことは夢にも思わないようです。

◆GHQが日本の歴史教育を禁止したのでこうなってしまったのです。日教組は戦後一貫して、君が代と日の丸を拒否し、戦争反対と憲法9条遵守を叫び、その上日本はアジアを侵略した戦争犯罪者だと繰り返し児童生徒に教え、自虐史観を植え付けてきました。

◆本当の戦争体験者は激減していますが、残存する人々も悲惨な体験を思い出したくないと口をつぐむ方が多いようです。そう言う訳で語り部もほとんど居なくなって戦前戦後の歴史は風化していますが、戦勝国側が作ったドキュメンタリーが残っています。

日本と世界がどういう経緯を辿って参戦するに至ったか、そしてそれがどのような結末を迎えたがよくわかります。英語版ですが、各国の立場が割に客観的描かれているように思えます。

WW2 IN COLOUR: THE JAPANESE STORY: FATE IN VICTORY: PART 1


WW2 IN COLOUR: THE JAPANESE STORY: FATE IN VICTORY: PART 2


WW2 IN COLOUR: THE JAPANESE STORY: FATE IN VICTORY: PART 3


◆この続きはまた明日

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR