また訃報か・・・



◆長い間茶の間で親しまれてきた、女優の野際陽子さんが亡くなったと云う。野際さんは「やすらぎの郷」というテレビでは珍しい老人ホームが舞台の月金昼帯連続ドラマに出演していました。私も時折見ていますが、まあ出演者の顔ぶれを見ると誰が先に逝ってもおかしくないという御年の方々ばかり。ドラマの内容も認知症、財産管理、病気、孤独、不安などがテーマになっていますのでシルバー世代にはかなり共感されているようです。



シルバー狙い大当たり『やすらぎの郷』初回8.7%の好発進

やすらぎの里

テレビ朝日系で「中高齢の視聴者向け」と銘打ち、新設された“シルバータイムドラマ枠”で『やすらぎの郷』(月~金 後0:30~0:50)が3日、スタート。初回の番組平均視聴率が8.7%だったことが4日、わかった。最高で9.4%を2回(後0:39、0:44)記録。昼の時間帯としては好発進となった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。 

 同ドラマは、『北の国から』などの脚本家・倉本聰氏が、夜のゴールデンタイムに若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ないという現状に対し、ゴールデンタイム以外の放送枠で毎日放送する、大人のためのドラマを企画。 

石坂浩二


 ドラマの舞台は、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム『やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ、イタリア語で“道”の意)』。かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄(石坂浩二)を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちの姿を描き、家族、財産(遺産)、過去への想い、恋、死への恐怖、芸術への心残りなど、多岐に渡るテーマをユーモラスに描いていく。 

 石坂をはじめ、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、藤竜也、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭、草刈民代、常盤貴子、名高達男、風吹ジュン、松岡茉優らが出演する。 
野際 石坂

 初回は、認知症の妻・律子(風吹)を看取って半年、ようやく気持ちの整理がついた脚本家の栄(石坂)は、生まれてから80年近く暮らしてきた東京を離れる決意を固める。妻の墓前に花を手向け、住職に遺言書を預けた栄はその晩、テレビの黄金期を共に築いた“戦友”のディレクター、中山保久(近藤正臣)と会うことを約束。初めて胸の内を明かすつもりで、栄の小学校時代の同級生(小松政夫)が営む居酒屋『侘助』へと出かけていく、というストーリーだった。 

http://www.oricon.co.jp/news/2088607/full/




◆60年前にNHKでアナウンサーをしていたという黒柳徹子さんと野際陽子さんのお別れの手紙。




黒柳徹子さん、野際陽子さんへ手紙「あなたのいない世界は寂しい」

黒柳徹子

 女優の野際陽子さんが13日に亡くなったことを受け、親交が深かった女優の黒柳徹子さんは16日未明、「あなたのいらっしゃらない、この世界は、寂しいです。本当にお友達がいなくなったようです」などと野際さんへの思いをつづった手紙を発表した。手紙の全文は次の通り。

     ◇

 「大好きだった、そして仲良しだった野際陽子さんへ 

 NHKに入ったのが、およそ60年前。あなたはアナウンサー、私は放送劇団。その頃からもう気が合っていて、一緒にフランス語を習ったり、同じお洋服屋さんで、お洋服を作ってもらったり。

 私は、あなたの感覚が、好きだったし、何より正直だった清らかなあなたが好きでした。

 長いことFAXでやりとりしましたね、流れるように美しい字のあなたのFAXは、カタカタと静かに送られてきました。大きくてガタガタの字の私のFAXは、あなたと対照的に、恐らく、ドタドタとお宅に到着したことでしょう。

いつになったら、あなたが『やすらぎの郷』に沢山出ていらっしゃるかと、楽しみにしていました。あなたが病気で、それどころではない、なんて知らなかったのよ。一緒に芝居をやりましょうとか、よく話しあいましたね。

 野際さん、胸がいっぱいで、悲しく、なんと言ったらいいのか、わかりません。転勤で名古屋でのあなたの個人アパートに泥棒が入った話は、おかしくて『徹子の部屋』だけでも、4回は、して頂きましたね。いやがらずに、よく話して下さったわね。

 この2、3日は、ずっとあなたのことを考えていました。どうしてでしょうね。
 そういえば『死』ぬときのことなんかも、呑気に話しあっていましたね。次に、あなたにお会いしたとき、どんなだったか話しあいましょうね。
 
 野際さん、あなたのいらっしゃらない、この世界は、寂しいです。本当にお友達がいなくなったようです。
 じゃ、今度お会いするまでね。お友達でいて下さってありがとう」

http://www.sankei.com/entertainments/news/170616/ent1706160019-n1.html





◆「あなたのいない世界は寂しい」と云っていますが、そそっかしいトットちゃん、慌てて後を追いかけいで「徹子の部屋」を何時までも続けてくださいね。

◆今年は松方弘樹、渡瀬恒彦、ムッシュかまやつなど多くの著名人が亡くなっていますが、野際さんより若くて逝っています。高視聴率ドラマ「やすらぎの郷」で81歳まで現役で演技を続けられたと云うことは女優冥利に尽きるのではないでしょうか。謹んでご冥福をお祈りします。

野際陽子

▼もう訃報は沢山だニャア・・・・

inori.jpg
span>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR