平和運動の名を騙るテロリストたち



◆「テロ等準備罪」或いは「共謀罪」法案が成立したことは誠に喜ばしいことであります。施行されるのは7月11日からだそうですが、世界の作家や詩人などで作る「国際ペン」の会長が「表現の自由を脅かす」などとして、反対する声明を発表 しているということです。しかし、現地を見たこともない観念の化け物たちはこうした実態を知っているのでしょうか。

142242059514671088179_hyouteki2.jpg
山城福島


プロ市民の親玉山城博治と福島瑞穂


【現場レポート】辺野古本体工事開始で「プロ市民」発狂!?【THE FACT Report】



◆沖縄をカネ塗れにしたものは、所謂慰安婦問題と同根だった。 物言えぬ空気を作り、沖縄独立を煽り、中国の琉球統治をアシストしているものとは?基地問題、沖縄利権、沖縄二紙の偏向報道、平和教育、本土との分断を図り、沖縄略奪を­目論む中国と密通する国内勢力..沖縄の危機とは何か。沖縄の闇・平和を声高に叫ぶ平和活動家の正体と悪魔の所業。 本土のマスメディアが決して報じない、報じたくない理由が透けてみえます。つまり歴代内閣が常に金だけで物事を解決しようとする逃げの政治を行ってきたツケが回っているのです。

2015/07/24 に公開
沖縄の病巣④ ― カネと言論封鎖と中国と



◆ボギー・テコドンと云う沖縄在住の国士のレポートがあります。2016年4月20日、当時熊本で発生した大地震の救難活動のために米海兵隊のオスプレイが飛び立っている時期に、救援活動中だけでもいいので、救難にあたる海兵隊への心無いヘイトスピーチ、ヘイトクライムを自粛して欲しいと書いた要望書を辺野古違法テントのリーダーに手渡そうとしたしたところ、大勢に取り囲まれ罵倒され暴力を振るわれ他と云うことです。

【ボギー Channel】 取り囲み突き飛ばす暴力三昧の沖縄サヨク



◆沖縄の闇・平和を声高に叫ぶ"平和活動家"の正体と悪魔の所業。
本土のマスメディアが決して報じない、報じたくない理由が透けてみえます。

沖縄の病巣③ ― 沖縄に巣食う"平和活動家"の正体




辺野古住民に嫌われる活動家達(沖縄維新の会) 2017/05/26 に公開



大事故寸前、沖縄サヨクの往来妨害と逆走バス



普天間基地に入ろうとした父娘の乗った乗用車に襲い掛かった沖縄サヨクの姿です。
彼らは「非暴力の抗議活動」を標榜していますが、これが非暴力なのかどうかは、ご覧になった方々が判断されてください。


【THE 沖縄サヨク】 父娘の車に襲い掛かる自称非暴力の沖サヨ




◆ボギー・てこどん: 沖縄メディアだけでなく、日本全国の殆どのマスゴミがこれを報道していません。

共謀罪でマスコミの報道内容が激変!ついに沖縄反基地団体の正体を全国ネットで報道【TRIBE KA】



◆山城博治を親玉とする沖縄県名護市の反社会勢力の実態。
犯罪予告を堂々と行い、米軍車両を止め軍人軍属の自家用車まで停車させ死ねと罵声を浴びせかけるヘイワ運動家たち。
マスメディアが、非暴力の抗議活動と称し絶対的善として報道する彼らの真の姿を国民の皆さんに公開します。


【ボギー Channel】 (閲覧注意)沖縄・反社会勢力の実態




◆早い話が、日本の官憲はこういうテロリストに対して手も足も出ないのです。なぜこうなのか分かりませんが、この国は先の大戦の戦勝国が創った国連という益体もない組織の意向に逆らえないからです。のみならず国連人権委員会などと云う組織は、この山城博二という中韓の代理テロリストの親玉をスイスにまで呼び寄せ、日本政府が言論弾圧をしている、我々平和運動家は追い詰められているという嘘をつかせているのです。

◆戦勝国で組織されている国連は、70年たった今も敵国条項に沿って日本を貶めるためにデービッド・ケイやなどと云う『人権原理主義者』を使って日本の報道の独立が深刻な脅威に直面している」などと難癖をつけさせ、国際社会での日本の立場を毀損しようとしているのです。これは韓国のロビー活動を真に受けたケイの思い込みによる発言で、勧告に法的拘束力はありませんが、韓国にとって大きな援護射撃になります。事実、日韓合意の「再交渉」を公約に掲げる韓国の文在寅大統領を大いに利するものでしかありません。

これは1996年には特別報告者のクマラスワミが慰安婦を性奴隷と位置づける報告書がいまだに国連内で真実として生きている証拠だと言っていいでしょう。ところがこのケイと云う如何わしい男は沖縄でも日本政府が言論弾圧をしていると云う指摘もやっています。それは現地で取材したのかと問われると、沖縄には行ったこともないし、今後行く予定もないと無責任なことを自白しているのです。

国連特別報告者、実は沖縄へ行っていないことが判明!沖縄タイムス記者は苦し紛れの差別発言



◆中国、韓国、沖縄の嘘から、日本の名誉を守るために勇猛精進している若き日本女性が居られます。沖縄在住の我那覇真子さんです。我那覇さんは、ジュネーブの国連人権委員会で、デービッド・ケイとかジョセフ・ケナタッチ などと云う、中韓のエージェントに直撃インタビューして、その間違いを委員会で指摘し、汚名を雪ぐと云う偉業を成し遂げたのです。この動画はジュネーブで我那覇さんたちが行ったスピーチの報告です。傾聴に値する素晴らしいレポートです。

【民間防衛】「沖縄の真実を伝える会」記者会見・国連人権理事会スピーチ報告[桜H29/6/17]




◆我那覇さんは日本害務省の100倍も働いています 。まさに日本のジャンヌ・ダルクです。中核や革マルに気を付けてご活躍頂きたいと陰ながら心よりお祈り申しあげます。


▼外務大臣になってもらいたいニャア~



BDEIxcVL_20170108181319.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR