ほんまでっか?



◆板垣英憲と云う人がいます。常々本当かウソか分からない記事を書くジャーナリストです。毎日新聞の記者だったそうですから、自民党嫌い、安倍嫌いなのは分かりますが、単に自分の願望を記事にした訳でもなさそうですが・・・・ホンマカイナ?

板垣本




本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

2017年06月21日 03時25分02秒

安倍晋三首相は、慶応大病院で精密検査、「肺ガンの末期(ステージ4)、リンパ節、脳幹に転移、余命3か月」と告知される

◆〔特別情報1〕

 「肺ガンの末期(ステージ4)、リンパ節までに転移しており、脳幹までの転移するのは時間の問題、余命3か月」-安倍晋三首相は6月17日午前、母・洋子夫人(安倍晋太郎元外相の妻、岸信介元首相の長女)に付き添われて慶応大病院で精密検査(MRI検査など)を受けた。この結果を、こう告知された。安倍晋三首相本人も、主治医も、「肺ガンが末期」になるまで気づかなかったのは、「潰瘍性大腸炎」に気を取られて、胸にまで気が回らなかったからだったという。

東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」内の「NAGOMⅠスパアンドフィットネス」の個室で主治医の診察を度々受けていても、ここでは、精密検査(MRI検査など)を受けることができなかった。そのせいか、6月19日午後6時から、通常国会の閉幕を受けて首相官邸で記者会見したときの安倍晋三首相の表情は、精彩を欠き、覇気がなかった。

元気がなかったのは、主治医から「多臓器不全」(潰瘍性大腸炎)により、ドクターストップ(6月10日)をけられていたためではないかと受け止められていたけれど、「手遅れで、余命3か月」と告知されたのが、原因だった。このことを耳にした麻生太郎副総理兼財務相が、「ポスト安倍」狙いで、自民党内に言いふらしており、衆参両院議員は、安倍晋三首相亡き後の身の振り方に悩み、右往左往しているという。

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/7052e8942c53ca9fb9f4b49ec4b1e201




本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

安倍晋三首相は、「余命3か月~6か月」と見て、「秋の衆院解散・総選挙、憲法改正案の賛否を問う国民投票」を画策している

◆〔特別情報1〕

 「命は長くない」とドクターストップがかかっている「多臓器不全」(潰瘍性大腸炎)の安倍晋三首相は6月安倍晋三首相の表情が芳しくない。内閣不信任決議案が否決され、「共謀罪」法案が成立したにもかかわらず、である。

それは、祖父・岸信介元首相がやり残していた自主憲法制定は無理でも、「第9条1、2項をそのままに、3項を付け加える」加憲を成し遂げ、憲政史上に名を残すまでは「死んでも死ねない」と執念を燃やしているからである。

この「加憲案」だけなら、衆参両院の各議院が、「3分の2」以上の賛成を得て、憲法改正発議ができる。このため、安倍晋三首相は、「余命3か月~6か月」と見て、「秋の衆院解散・総選挙、憲法改正案の賛否を問う国民投票」を画策しているという。これは、安倍晋三首相にごく近い筋の情報である。

62036a9a0de680aff16ad51c5e62cf60.jpg

自己紹介
広島県呉市生まれ。中央大学法学部卒。海上自衛隊幹部候補生学校を経て毎日新聞社入社。社会、政治、経済部記者を経て評論家となる。著書147冊。http://www.a-eiken.com

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/7aea5f98305dccea0d852188c6d419d0




アベ肺がん末期は本当か?小沢筋の指摘 麻生派が真っ先に対応。




◆安倍晋三と云う人は歴代総理の中で、最も外交実績を上げてきたと評価されているようですが、惜しむらくは「人を見る目」がないようで、相次ぐ閣僚の失言で任命責任を問われ、政治生命までが脅かされています。




本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

稲田朋美防衛相は憲法違反、公職選挙法違反、自衛隊法違反、いまや「泣いて馬謖を斬れない」安倍晋三首相の「鼎の軽重」が問われている。

◆〔特別情報1〕

 安倍晋三首相「四天王」(稲田朋美防衛相、松野博一文部科学相、自民党の下村博文幹事長代行=自民党都連幹事長、小泉進次郎農林部会長)が、揺らいでいる。安倍晋三首相の寵愛を受けている稲田朋美防衛相は6月27日、陸上自衛隊練馬駐屯地(第1師団司令部、第1普通科連隊、第1偵察隊、第1通信大隊、第1特殊武器防護隊、第1後方支援連隊、第1音楽隊=練馬区北町4-1-1)からわずか500メートルの東京都板橋区で開かれた東京都議選(7月2日投開票)の自民党候補を応援する集会で迂闊にも、「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としても、お願いしたいと思っているところだ」と訴えた。

これが、憲法第15条2項(すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない)違反、公職選挙法第136条の2(国家公務員はその地位を利用して選挙運動をすることができない)違反、自衛隊法第61条(政治的行為の制限)違反に問われたのである。

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊部隊作成の日報管理をめぐる「文民統制(シビリアン・コントロール)破壊」に続く不祥事だ。下村博文幹事長代行については、文春オンラインが6月28日午後4時、「下村博文元文科相 加計学園から200万円違法献金の疑い」という見出しをつけて、「下村博文元文科相(63)が、加計学園から200万円の違法な献金を受けた疑いがあることがわかった。『週刊文春』が入手した下村事務所の内部文書で判明した」と報じている。いまや「泣いて馬謖を斬れない」安倍晋三首相の「鼎の軽重」が問われている。

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/3c9b6efe77710f6d3f912eb5a3152546





◆最早日本の政界には国の行方を託すに値する人材は払底し、ポスト安倍を狙って親中派が蠢き始めているという、実に不穏な噂が流れています。

窮地に立たされる安倍首相と背後で動く「小沢一郎と二階氏」



◆トランプ政権の裏にキングメーカーのキッシンジャーが居ると云われています。キッシンジャーはD・ロックフェラーの命で13億人のマーケットを持つ中国にビジネスの門戸を開き、ニクソンやクリントンを中国に近づけるなどの工作をしてきました。

しかし、政権発足時はキッシンジャーの意向に沿うような言動を見せていたトランプ大統領は、対北朝鮮政策で中國とは一線を画すようになっています。強いて言えば、トランプはキッシンジャーの意見を全く無視しているかのように見えます。なぜならD・ロックフェラーやZ・ブレジンスキー無き今キッシンジャーはなんの後ろ盾もない、邪魔な老害でしかないからです。そのキッシンジャーのお気に入り、小沢一郎を総理にしたい板垣英憲氏には気の毒ですが、その願いがかなうことはないでしょう。壊し屋、小沢一郎が総理になれば、今度は日本がぶっ壊れます

◆余命宣告がデマであれば好いがニャア~


span>子猫の祈り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

板垣英憲デタラメ情報局

板垣英憲デタラメ情報局は、ガセネタで有名です。 発信した情報の100%全部がウソであるのは、数ある評論家気取りの中でも珍しいぐらいです。 もちろん、板垣の立てた予測は、一つも的中したことがありません。 丁半博打でも当たる確率は50%ですから、ばくち打ちよりも下劣な、心の腐った人物です。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR