実に小児的なカスゴミの言葉狩り



◆自民党の要とも云える幹事長の発言で、またしても安倍政権に逆風が強くなっているようですね。




二階氏、不適切発言「変なものを打ち上げる…」

安倍 二階

自民党の二階幹事長は29日夜、東京都内で行った都議選の同党候補の応援演説で、「この頃は地元もあまり帰れない。よく変なものを打ち上げてくる気違いみたいな国がある。そうすると私どもは集合がかかる」と述べた。

 弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮をやゆした発言だが、精神障害者への差別的表現が含まれていたことから、二階氏は演説後、記者団に「表現として必ずしも適切でないものが一部あった。今後注意したい」と釈明した。

 これに先立ち、岸田外相は29日昼、自民党岸田派の会合で、都議選について「国会議員の言動で党のイメージが落ち、選挙に悪い影響を与えている」と述べ、緊張感を持って都議選の応援を行う必要があるとの考えを示した。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170629-OYT1T50101.html




◆私は親中の国賊、2Fを全く好きになれませんので、擁護する気はさらさらありませんが、この発言には寛容でありたいと思います。いちいち言葉尻を捕まえて騒ぎ立てる日本カスゴミの小児性にはうんざりです。

AS20160824000781_commL.jpg




「落とすなら落としてみろ」 二階氏、相次ぐ問題発言

2f.png

自民党の二階俊博幹事長は30日、東京都議選の応援演説で、自らの差別的な表現が報道されたことなどを念頭に「言葉ひとつ間違えたらすぐ話になる。私らを落とすなら落としてみろ。マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ」と述べた。

問題発言や不祥事が続けて報じられ、都議選が自民逆風となっていることへの責任を報道機関に転嫁する政権幹部の発言が続いている。

 二階氏は29日の応援演説で、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮を「きちがいみたいな国」と表現した。精神障害者に対する差別的な表現で、直後に記者団に「表現として必ずしも適切でないものが一部あった。注意したい」と釈明。一部メディアがこの発言を報じた。

 稲田朋美防衛相も27日の応援演説で「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」と発言し、30日午前の閣議後会見で撤回とおわびに追い込まれた。

二階氏は同日夕の国分寺市の演説で、自身を含む政権中枢の発言を伝えている報道機関に矛先を向け、「マスコミは偉いには違いないが、偉いと言っても限度がある。あんたらどういうつもりで書いているのか知らんが、我々はお金を払って(新聞を)買ってんだよ。買ってもらっていることを、やっぱり忘れちゃダメじゃないか」と述べた。

 安倍晋三首相も30日夜、小金井市での応援演説で「色々な報道によって、政策がなかなか届かなくなってしまっている」と報道への不満を漏らした。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%80%8C%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%99%E3%81%AA%E3%82%89%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8D%E3%80%8D-%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E6%B0%8F%E3%80%81%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%9F%E6%89%B9%E5%88%A4/ar-BBDu69j




◆「マスコミは偉いに違いないが、偉いと言っても限度がある」「我々はお金を出して新聞を買ってるんだ」と言いたい気分も分かります。www
彼らは一体自分らを何様だと思っているのでしょうか。物事の本質を伝えないで、言葉尻だけを捕まえて集中攻撃をかける、まるで小学生並みのメンタルしかない

◆「きちがいみたいな国」という言葉がなぜ差別用語になるのか分かりません。金正恩が「狂気の独裁者」であることは世界中が認めていることであり、英語では今でもCRAZYという言葉が普通に使われています。

意味は、気が狂った、狂気の、狂気じみた、気が変で、どうかしていて、(…に)熱狂して、夢中になって、ほれて、(…が)大好きで、とても気に入っている、など正気を失っている状況を 表す言葉として、非常に幅の広い意味合いを持った言葉です。しかし世界的にこの言葉を禁句にしろという動きはありません。


◆パソコンで「きちがい」と入力変換すると「基地外」という文字しか出てきませんが、日本には昔から「気違い」という言葉がちゃんとありました。通常の精神状態にない人々を表す言葉です。自分の趣味や道楽に没頭する人々を○○気違いと云うこともあります。つまり過剰に一つの事柄に集中する人々を表現する言葉です。

◆何故日本だけがこの言葉を使ってはならないのか、言論の自由や表現の自由が保障されている民主主義国日本で、マスゴミによる言論弾圧、言葉狩りが行われるなどあってはならない暴挙だと云わざるを得ません。尋常でない北朝鮮の独裁者金正恩の度重なる核実験や、ミサイル発射を気違いの所業と云ってどこが悪いのか、私には全く理解できません。気違いが妥当でないなら何といえばいいのでしょうか、狂人?精神錯乱?依存症?サイコパス?

◆とにかく常人と狂人を区別するために大昔から使われてきた言葉なのです。またある時は凡人にない突出した才能を持つ人を称える言葉として使われる場合もあり、決して、差別用語ではありません。

◆カスゴミは2F発言を「精神障害者に対する差別的な表現」として問題視していますが、「気違いのような国」という言葉は特定の個人を誹謗中傷しているわけでも、精神障害者を差別しているのでもありません。それよりも問答無用でミサイル発射を行う北朝鮮の金正恩の狂気の蛮行についての表現をなぜ問題視するのか、そのあたりのカスゴミのセンスは全く理解できません。

◆嫌いな人間、自分と違う意見を持った人物の言動を徹底的にチェックして新聞テレビなどの媒体で告発し、人民裁判で火あぶりなどの処刑にする、中世の魔女狩りみたいな言論弾圧の習慣が日本のカスゴミの中に蔓延しているのです。これは大変恐ろしく危険な現象だと言わざるを得ません。

磔刑

◆パ翼カスゴミ、サイテーモーニングの論調は、まさに中国共産党政府そのもののように思えます。「ならず者政府」という小話が中国ネットで話題になっているそうですが、日本のパ翼メディアの体質と瓜二つで、正論が通じないのです。
つまり対象者に様々なレッテルを貼り付け、無慈悲の海に撃沈するという手法です。




中国ネットで注目される小話、話題のネタ

【ならず者政府】

 陳情したら、「頭がおかしい」と一蹴され、

 街に出て訴えると、「もめごとを起こすな」とにらまれ、

 真相を暴いたら、「デマだ」と完全否定され、

 理論的に説明したら、「中傷誹謗だ」と逆切れされ、

 提案したら、「扇動だ」と青筋を立てられ、

 批評したら、「国家転覆を狙っている」と逮捕され、

 権利を守ろうとしたら、「違法行為だ」と摘発され、

 反抗したら、「計画殺害行為だ」と拘束され、

 投票を望めば、「政権を狙っている」と疑いを掛けられ、

 選挙を求めようと、「西洋を羨む売国奴だ」と罵られ、

 アメリカの話題を出せば、「外国の反対勢力だ」と決めつけられ、

 台湾の話題を出せば、「分裂派だ」と批判され、

 民主主義を口にすれば、「始末されたいか」と凄まれる。

 こんな政府を、ならず者政府と言わずして何と言おう。


http://www.epochtimes.jp/2017/06/27852.html





◆これは「ならず者メディア」と呼ぶべきだニャ~


白いひげを生やした猫

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

朝鮮人に支配されてきたマスコミ

慰安婦の捏造報道に走った朝日新聞の社長は朝鮮人でした。TBS の社員採用には在日枠があり、無試験で採用されてきました。朝鮮総連が1960年代末にTBS 役員宅に押し掛けて脅迫したからです。NHK も同様です。また、中国共産党は、日本のメディアを株式、広告、人脈を通じて支配しています。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR