宇宙の記憶を持つ少年たち



◆近頃はスピ系の情報が払底していますね。これと云ったチャネリング情報もないし、陰謀などのオルタナ系も鳴りをひそめ、ファーストコンタクト、デイスクロージャー、NESARA等の話も忘れ去られたような状態です。コブラによれば光と影の戦いは圧倒的に光が優勢だそうですが、最終的に決着がつくまでチャネラーたちには緘口令が敷かれているのかもしれません。

◆三次元にどっぷり漬かっている人々はオルタナティブな世界にほとんど興味を示さないばかりでなく、オカルチストを軽蔑し否定します。彼らは自分の前にヒューマノイドのETがいても気付かないし、名乗られても信じないでしょう。

インディゴイメージ

◆しかし、彼らはとっくの昔から、地球人に混じって普通に生活しています。この少年もその一人です。


「9歳、宇宙のしくみを語る」



◆この9歳の少年はが何処の星から来たのかは分かりませんが、 インディゴチルドレンの一人であることは間違いないようです。彼の世界観は地球人のそれを遥かに凌駕して、高次元のアセンデッド・マスターのように広大な宇宙意識と繋がっているようです。

インディゴは純粋ではありますが、孤高を好み、社交的ではなくADHD(注意欠如多動性障害)の兆候が見られると言われていますが、この少年の落ち着きがないところを見るとインデイゴだとみて間違いようです。


◆インディゴチルドレンとは地球をアセンション(次元上昇)へ導く役割を持って生まれた人達のことです。インディゴとは藍色のことです。
ジーンズを染める素材としても使われる「藍」は チャクラで当てはめると第6チャクラに相当します。第6チャクラは別名サードアイ(第三の目)と呼ばれる場所で眉間の真ん中に位置します。第六感と云うの言葉がありますが、このチャクラが開いている人は直感力、推理力、理解力に優れていると言われています。勘が良い人はインディゴなんでしょうね。

サードアイ

◆インディゴチルドレンは、3次元地球の古いシステムや概念を壊す役割を担って地球に生まれてきているため、生まれつき戦士のような気質を持っていると云われています。彼らがやってくるようになったのは1950年代頃からだそうですから、もうかなりな年配者もいるのではないでしょうか。

◆インディゴチルドレンの後に続くのがクリスタルチルドレンとレインボーチルドレンと云う魂たちです。彼らの役割はそれぞれ違います。

indigoooo.jpg


インディゴチルドレン=地球の政治や経済、社会の古いシステムを壊し新しい道を開くこと。後に続くクリスタルやレインボー達にとって生きやすい環境を造るため、新しい変化を起こすこと。

クリスタルチルドレン=安全で安心のできる世界の地ならしをして、人々に思いやりの行動を示したり癒しの力を発揮すること。

レインボーチルドレン=地球を助けに来た存在で、地球のエネルギーを上げていき、調和に満ちた世界を具現化し、すべての物に癒しを与えること。
彼らが医療関係につくと患者は今まで以上に治癒が早くなると云われいる。



◆彼らは三波に渡って地球に新たな世界を開くために送られてきた魂達なのです。
武将に例えるならインディゴ=織田信長、クリスタル=豊臣秀吉、レインボー=徳川家康と云うように、それぞれ天より役割が与えられているのでしょう。

◆そしていま、日本にも、琴座ベガの第2惑星の記憶を持つ少年がいます。龍と人の出会いをコーデネイトしていたという、なんとも不思議な少年です。

【無料版】竹本良&水木ノアの「Spiritosphere(精神圏)2」 ベガ星の記憶を持つ少年「たけちゃん」が登場!




◆この少年が作り話をしているとは思えません。次の動画でも同じことを言っているますので嘘ではないようです。たけちゃんはスプーン曲げも得意のようです。
更に興味のある方はこちらでもう一度確認してください。少年の声が小さく、周りの大人たちがうるさ過ぎるのが難点ですが・・・


琴座ベガの第二惑星から来た少年




◆ロシアのメドベージェフ首相が、モスクワにはそこいら中に宇宙人が普通に歩き回っていると言って世界を驚かせていますが、トランプ大統領も、ディスクロージャーに備えているようです。

【緊急速報】トランプ大統領が宇宙人の存在を公表する!?「宇宙人来訪を公認する可能性」が急浮上!禁断の真実の公開を迫る!




◆アメリカと世界の関係を根底から変えようとするトランプは、インディゴチルドレンの先駆者なのかもしれません。
しかし、ET情報を出したのはアメリカよりロシアのほうが早かったですね。

ロシア首相「宇宙人はいます」"Aliens exist" Russian president said.



▼情報統制が掛かっているのか、ウイキリークスも最近は静かだニャア。


tumblr_inline_nzisiixbN41qivan1_540.png


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

三島の方が凄い

想像力の豊かな、いわゆる「変な子供」は、聖徳太子のように飛鳥時代の昔からいました。

この「変な子供」は、大人になってしまうと、平凡な能力以下の廃人になってしまう事例が多い。

子供の言う事をあてにしたり、驚くのではなく、三島由紀夫のような、大人の中にいる無名の超人・神人に注目すべきです。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR