都合が悪くなるとだんまりを決め込む朝毎



◆安倍政権を潰そうとする国賊「前川喜平」を英雄扱いしてきた朝日と毎日という中韓御用新聞。加戸守行前愛媛県知事の証人喚問で形勢逆転、具合が悪くなると無口になりすっとぼけるのは民進党と酷似していますなwww




2017.7.12 07:06

【閉会中審査】

朝日と毎日は「ゆがめられた行政が正された」の加戸守行前愛媛県知事発言取り上げず

 衆参両院で10日に開かれた学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる閉会中審査から一夜明けた11日の朝刊各紙は、官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文部科学事務次官の発言を大きく取り上げた。一方、国家戦略特区として獣医学部設置が認められたことに関し「ゆがめられた行政が正された」などと文部科学省の過去の対応を批判した加戸守行前愛媛県知事の発言については記事で取り上げないところもあり、報道の“印象操作”が浮き彫りとなった。(今仲信博)

記事比較

 朝日新聞は1面トップの記事に「加計ありき 疑念消えず」の見出しで、前川氏の発言を多めに盛り込んだ。「(政府の)説明責任はなお果たされていない」と強調した記事の隣には「『首相信用できない』61%」とする同社の世論調査結果を添えた。

 2面では「『丁寧な説明』なき審議」との見出しで、安倍晋三首相らがいなかったことを指摘し、3面では「加計巡り説明不足」と政府側の説明は足りないと断じた。一方、加戸氏の発言は記事では報じず、審査の詳報では加戸氏の発言を引き出した自民党の青山繁晴参院議員の質問を掲載しなかった。

 毎日新聞も「加計 論戦平行線」と1面トップで大きく報じる中、加戸氏の発言はなく、これでは地元の獣医学部誘致を文科省などが阻止してきたことが読者には分からない。東京新聞は社会面で加戸氏の発言を取り上げたが、同氏の発言の肝である「ゆがめられた行政が正された」の部分を記載しなかった。

 一方、産経新聞と読売新聞、日経新聞は「行政がゆがめられた」と主張する前川氏に対し、加戸氏が「岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられた行政が正された』が正しい発言ではないか」との発言を記事で取り上げた。

 加戸氏は閉会中審査で「今までたくさんの取材があったが、申し上げたいことを取り上げてくれたメディアは極めて少なかった」と訴えていた。

http://www.sankei.com/politics/news/170712/plt1707120010-n1.html




◆泉放送製作所などが捏造するワイドショウでも同じで、多分加戸氏の発言はスルーするでしょうね。

渡邉哲也×三橋貴明 謎が解けた!!テレビ業界を独占的に牛耳る基地外組織の正体を大暴露!!


◆日本のメディアの大半が中韓の宣伝戦の道具に成り下がっていることを大半の国民は知りません。
反日メディアは捏造印象操作で 政権を倒し、国家を転覆させるために働いているのです。加計学園問題は、 獣医師会と文科省が作ってきた設岩盤規制に風穴を開ける千載一遇の好機であったと言えるのではないでしょうか。

◆既得権益者による 岩盤規制は霞が関全体に張り巡らされている筈。それが天下りの温床になっていることは間違いありません。特に電波利権を持つテレビ・ラジオ業界をこのまま放置してはなりません。テレビの劣化は目を覆いたくなるほどで、情報の選択ができない国民は盲目状態に置かれており、このままでは国が滅びます。

◆喫緊の課題は岩盤規制の電波法を改正し、新聞社がテレビ・ラジオ局を持てないようにし、免許はオークションにすべき です。また放送法順守の厳格化(不偏不党・公正な意見を取り入れる)と徹底化が不可欠です。さもなくば選択自由がない国民はカスゴミの洗脳で物事の真贋が見分けられず、亡国の道をさ迷い歩くことになるからです。

▼国民をナメているからテレビ離れが進んでいる。そのうち全部の局潰れるんじゃニャイか?拡散おねがいにゃ!


いラニャイ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR