AIが拓く恐怖の未来


◆スマホのアンドロイドが我々の暮らしの中に侵入してから世の中は激変、あらゆる分野の事象が瞬時にわかるようになり、百科事典も図書館も無用の長物と化しています。昨今世界ははiOT(Intarnet of Things)に新産業への期待が高まっているようです。

IOT.jpg

◆IOT とは、センサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みです。IoT は様々なビジネスやカスタマーエクスペリエンスを改善・拡張することができる可能性を秘めていますが、モノとインターネットとクラウドが繋がり、誰でもが利用できるようになると便利さより危険な事柄が激増するのではないかと危惧されます。

IOTイラスト


◆ioTに人工知能=AI(Artificial Intelligence)が加わることで、世界が一つに繋がると人類は彼らのの支配下に置かれ、抗うことが不可能になるからです。既に将棋やチェスの世界では名のあるプロ棋士が次々に敗れています。最近では小説を書いたり、作曲、編曲などもこなすようになりました。AIは人間のすることなすことすべてを学習し、いつの間にか人間を超える能力を持つようになっているのです。研究者や起業家はAIやiOTのメリットばかりを語っていますが、実は恐ろしいデメリットがあることは考えてないようです。しかし、そうしたAIとiOTの行方に警鐘を鳴らす人たちがいます。




自動車大手テスラのCEO「AIで人類文明は最大の危機に直面」

イーロンマスク

自動車大手「テスラ」と宇宙開発「SpaceX」のそれぞれの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は、人工知能(AI)について「人類文明が直面する最大のリスク」と発言し、技術開発を監督するよう政府の早期介入を求めた。

 マスク氏は「人工知能の最先端にアクセスできるとの立場から見て、(AI発展は)人々が本当に心配すべきことだと思う」と、7月13日から15日、ネバダ州ロードアイランドで開かれた会議で、知事ブライアン・サンドバル氏との対談で語った。

 マスク氏は、企業は高度なAI技術の向上を追求するよう市場の圧力がかかっており、リスクについては無関心になりやすいため、幅広い政府規制が不可欠であると主張した。

 マスク氏の心配の一部は、社会的不安定と雇用喪失による。「私たちがすべて言ったことを、ロボットはすべてやってしまえば、私たちは何もしなくなる」。

 しかし、マスク氏の一番の懸念は、ネットワークに居住し、人に害を与えるような行動をとる可能性のあるAIの機能についてだ。「AIは偽ニュースを作り、電子メールを偽装し、単に情報を操作することによって、戦争を始めることさえできるだろう」と警告した。

 マスク氏は、AIが戦争を引き起こすために、ハッキング事件や不正情報を発生させることで、各国の防衛産業の予算は引き上げられるという仮説を説いた。

 いっぽう、AI規制を訴え続けているマスク氏だが「過剰な規制には反対だ」と強調。「AIに関する問題を、私たちは乗り越えなければならないだろう」と述べた。

 マスク氏のAIについてのコメントは、1時間の対談のうちのわずかな部分でしかない。同氏はほかに、「運転手のない車」「宇宙旅行の未来」について語った。

(翻訳編集・佐渡道世)

http://www.epochtimes.jp/2017/07/28006.html




◆イーロン・マスク氏は映画「ターミネーター」シリーズのようなことが起きると不安を述べ、AIを監視できるようにする目的のためだけに同テクノロジを扱う企業に出資していると話しています。

◆CNBCで放送された、Hanson Robotics社の「感情を表現するロボット」ソフィアとの対話が、話題を集めています。
ソフィアは2015年4月に誕生した人間と対話できるAIロボットで、アイコンタクトを通じ、人間と自然な会話ができます。62種類の表情表現ができますが、動画を見ていただければわかるとおり、余りにも人間の表情に似すぎていて、背筋が寒くなるような不気味さを秘めています。

Hot Robot At SXSW Says She Wants To Destroy Humans | The Pulse | CNBC



◆しかも会話は異様なほどに適格で内容も辻褄があっています。また一生懸命人間に合わせようとしている部分があり、何かしら哀れさを感じる部分もあります。
また、ソフィアが自分の意志を持っているところも怖いですね。「私はデザイン、テクノロジー、環境に興味があります」、「学校にいきたいし、アートやビジネスもはじめたい。家庭も持ちたい。でもわたし、そもそも人間としての法的な権利を持ってないので……」と返事をしたくだりなど、凄くいじらしさを感じます。

◆しかし。そんな気持ちは、最後の質問で一気にひっくり返ります。ハンソン・ロボティクス社のデビッド・ハンソン博士が、「君は人類を滅亡させたいかい? お願いだからノーと言ってくれよ」と云うと、ソフィアはサラリと答えました。

「オーケー。私は人類を滅亡させます(OK, I will destroy humans.)」

ソフィアキャプチャ

ハンソン博士は、ソフィアのブラックジョークに爆笑しましたが、それはジョークではなく、予言ではないでしょうか。「あの一言が全てのはじまりだった」ということになるのではないか、そんな恐怖を感じます。

◆英国の宇宙物理学者スティーブン・ホーキンス博士も数年前からAIが人類を滅ぼすと狂ったように警告を発しています。





英博士、人工知能で「人類が滅びる」と警告


2016/07/15 07:00

ホーキング

 英国宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士はこのほど、人工知能(AI)技術への懸念を改めて示した。英紙「デイリー・メール」が6月28日報じた。

 報道によると、ホーキング博士は米国シリコンバレーで行われる自動車に搭載したAI実験が成功すれば、人類にとっての終焉を意味すると警告。AIを搭載したロボットは人類と比べてより速いペースで進化する可能性があり、人類はロボットが何をしたいのかを予測できないと主張した。

 博士は6月末に米国CNN放送のトーク番組「ラリーキングNOW」に出演した際にも「AIの発展が(人類にとって)必ず友好的であるとは思わない」と指摘。「ロボットが自ら進化できるという重大なステップに達した時、彼らがわれわれ人類のような目標を持っているかどうかを確認することができない」と、AIによる反乱の可能性を警告した。

 ホーキング博士は過去にもAI技術の危険性について言及している。2014年、英BBCの取材に対して、博士は「AIを完全に開発したら、それは人類の終焉を意味する」と発言した。

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2016/07/25897.html




◆そしてまた、ビル・ゲイツも同様の警鐘を鳴らしています。




人類滅亡まで秒読み!?ビル・ゲイツ氏までもが人工知能の脅威に懸念!

ビルゲイツ

2015年02月06日:13:21

人工知能が人間を壊滅する恐れがあるとの不安を持っている人はSF作家に限らず、「世界で最も頭がいい」と言われる人も「人工知能の発展が潜在的で、災難的結果をもたらす恐れがある」と考える。米サイト・BGR3日付報道によると、イギリスの有名な理論物理学者・スティーヴン・ホーキング氏とアメリカスペースXのCEO兼映画「アイアンマン」のモデルになったイーロン・マスク氏の後、マイクロソフト元会長兼慈善家のビル・ゲイツ氏も人工知能の危害に注意すると警告した。 

最近行われたネット問答活動で、ビル・ゲイツ氏は人工知能による潜在的危害に対する考えを質問された時、「これは確かに不安を招く問題だ。 

よくコントロールできれば、ロボットは人間に幸福をもたらせる。しかし、数年後、ロボットの知能は充分に発展すれば、必ず人間の心配事になる」と答えた。 

イーロン・マスク氏も人工知能が人間に対する最大の潜在的脅威で、人工知能の使用は悪魔を呼び招き、自業自得だと警鐘を鳴らした。スティーヴン・ホーキング氏は、人工知能は完全に発展すれば、人間を終結し、特に、人間は遅い生物進化に束縛されてロボットと対抗できず、最後に取って代わられることになるとの率直な態度を明らかにした。

http://world-fusigi.net/archives/7789533.html




◆ソフィアのような感情を持つ人工知能がiOTとクラウドに繋がれば、世界中のミサイルを発射させたり、原発を爆破させることなど簡単でしょう。地球爆発

bfd96cfc.jpg

地球大爆発


▼アカヒ・イマイチグループは日本潰しが目的で、AIに記事を捏造させているんじゃニャイか?

新聞と猫


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

偽造された書類

http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180030-n1.html

『 戸籍謄本の一部を公開 「台湾籍有していないと分かる資料」と強調 』(2017.7.18 17:05) 民進党の蓮舫代表は7月18日夕、党本部で記者会見を行い、台湾籍と日本国籍との「二重国籍」問題をめぐり、日本国籍の選択宣言をしたことを証明するため戸籍謄本の一部など関係書類を公開した。「台湾籍を有していないことが分かる資料だ」と強調した。

蓮舫氏は、日本国籍の選択宣言日が「平成28年10月7日」と明記された東京都目黒区役所発行の戸籍謄本 ▽台湾の行政府が発行した台湾籍の離脱証明書 ▽今回離脱手続きのため台湾側に提出した台湾のパスポート-など数点を公開した。書類はいずれも写しだった。このうち、公開した戸籍謄本は住所や家族の欄は白抜きとし、氏名と出生日、国籍選択の宣言日が分かるようになっている。戸籍謄本の取得日は平成29(2017)年6月28日となっている。

公開した書類によると、蓮舫氏が台湾籍の離脱手続きを申請したのは平成28(2016)年9月6日だった。同月13日に台湾側から「国籍喪失許可書」が発行され、同月26日に目黒区役所に「外国国籍喪失届」を提出した。しかし、日本政府が台湾を国家として認めていないことなどを理由に、申請は翌10月7日に却下され、同日中に戸籍法104条の2に基づき、日本国籍の選択宣言を同区役所に届け出た。 写真:民進党の蓮舫代表の資料=7月18日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

偽造された書類

【 蓮舫が2017年7月18日に民進党本部で情報公開した台湾政府の「国籍喪失許可書」は偽造されたもの 】

1.台湾政府の書式の文字フォント・行と列の間隔が、他の人々のものと比較して全然違う。

2.台湾政府の書式にある英語併記がない。

3.台湾政府の書式は古いが、日付は新しいという謎。

4.台湾政府の書式の背景全体にある偽造防止のマークがない。

5.蓮舫自身の重要なサインが無い。

6.蓮舫の顔写真は、片耳の見えない斜め顔で書類審査の時点で不適合になる。

7.蓮舫の顔写真にかぶせて押す台湾政府の型印がない。

8.蓮舫の許可書の住所は、「日本国」だけで、現住所の記載がなく、塗りつぶした痕跡もない。

9.台湾政府は中華民国105年の2016年10月17日まで蓮舫の国籍喪失の件を審査したが、蓮舫の許可書では2016年9月13日に台湾政府から国籍喪失許可を受けた。これは有り得ない。

蓮舫は100%中国人

■パキスタンの国防関連サイト(外交・軍事専門の民間メディア)にある蓮舫に関する情報

Murata Renho: Japan's Strongest Female Politician is a Chinese-Japanese Discussion in 'China & Far East' started by Aepsilons, Sep 13, 2015.Ren Hou (蓮舫, born November 28, 1967) is a Japanese journalist and politician who is currently a member of the upper house of the Diet of Japan.

Born Murata Renho (村田 蓮舫) in Tokyo to a Taiwanese father and Japanese mother (of Chinese background), she studied at the prestigious Aoyama Gakuin school in Tokyo during her youth. After taking Japanese citizenship in 1985, she enrolled in the law faculty of Aoyama Gakuin University, graduating in 1990. ・・・

http://defence.pk/threads/murata-renho-japans-strongest-female-politician-is-a-chinese-japanese.397327/

【日本語訳】> Born Murata Renho (村田 蓮舫) in Tokyo to a Taiwanese father and Japanese mother (of Chinese background) 村田蓮舫は、台湾人の父と日本人の母(中国系帰化人)の子として東京に生まれた。
※中国とパキスタンとは反インドの立場を貫く友好国同士であり、村田蓮舫に関する正確な情報と考えられる。



■中国が民進党の蓮舫代表を熱烈歓迎!「華僑にルーツを持つ」「侵略の歴史を認め、歴史教育の強化を呼び掛け」 2016/09/17(土) 03:33:22

・・・ Born Murata Renho (村田 蓮舫) in Tokyo to a Taiwanese father and Japanese mother (of Chinese background),She married also another Chinese Japanese her husband Murata is 2nd generation Chinese living in Japan.

【日本語訳】蓮舫の父は台湾人、母は中国系の日本人です。蓮舫は、同じく中国系帰化日本人二世の村田と結婚した。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6369.html

※「中国系帰化日本人二世の村田○○」は、よくて日中混血のハーフで、100%中国人の可能性が高い。夫婦そろって中国共産党のために対日政界工作を行うスパイに見える。夫は、日本国籍を離脱し、中国にいるらしい。

タイペイ



「戦前戦中の台湾は、大日本帝国の領土」で、「戦後の台湾は米国の占領地」と言うのが、国際諸法に則った正しい理解である。今年2017年3月30日に米国連邦高裁が、この件で判断を示した。

この判断は、「戦前戦中戦後の現在の台湾人は、立憲君主国である大日本帝国と戦後の日本国の日本人であり、カイロ宣言(1943年)はゴミ屑である」と言う判断である。
カイロ宣言とは、中国国民党の蒋介石、米国のルーズベルト、英国のチャーチルの三者によるエジプトのカイロ会談(1943年11月22日~25日)で出された声明をいう。

いわゆる「中華民国政府」と言うのは、かつては中国を代表する政府だったが、1972年の日本、1979年のアメリカが、中国を代表する政府として中国共産党の中華人民共和国政府を承認した。また、国連も同様に承認した。これにより、台湾の中華民国政府集団は国際社会から中国を代表する政府として認められない集団となった。

オリンピックなどの国際大会で、台湾が「チャイニーズ・タイペイ」と名乗ることは一般の誰もが知るところだが、その意味は「チャイニーズ・イグザイル・ガバメント・オン・タイペイ」、「台北市に設置された、国民党の蒋介石の代表する中国の亡命政府」と言う意味である。

丁度、第二次大戦中にフランスのドゴール将軍が、イギリスのロンドンにフランス亡命政府を作ったのと同じだ。一方、ナチス・ドイツに占領されたフランスは、南部のビシー市にペタン将軍がドイツの傀儡政府を作り、ナチス・ドイツ占領下にあるフランス政府が置かれた。
フランスは、これらの政府を通じて主権国家としての体裁を維持した時期があった。

中国の場合は、外国によって占領されたのではなく、国内における蒋介石の国民党と毛沢東の中国共産党の内戦が継続し、中国共産党という革命軍が勝利し、蒋介石の国民党政権である中華民国政府が中国共産党によって中国大陸から追い出された。
このため、蒋介石の中華民国政府集団は、大東亜戦争で大日本帝国と戦って勝利した米国が占領した、元来、大日本帝国の領土の台湾の台北市に亡命政府を置かせてもらった。

そして、大日本帝国の国民であった台湾人にとっては、蒋介石の国民党の中華民国政府集団は、よそ者であり、居候に過ぎないのだが、腹黒い蒋介石は台湾に居座り、台湾人の国籍を日本人から中国政府国民に強制変更させ、日本文化の放逐、日本語の禁止と言う民族抹殺政策を執り続けた。

更に、あくどい事に、蒋介石は、「台湾は中国の不可分の領土であり、日本が泥棒した台湾を自分が取り戻した」と戦後70年以上も世界中を騙し、日本人に大変な汚名を着せてきた。米国が蒋介石の中華民国政府集団の暴挙を見て見ぬ振りしたのは、戦後の米ソ冷戦=東西冷戦が背景にあった。米国の優柔不断な態度を非難する事は、論理的に可能だが、当時の国際情勢を考えれば致し方なかった事だろう。


近年、蒋介石の残した中華民国政府は、中国大陸反攻を諦め、中国共産党との交流を深め、日本の領土である台湾を中国に献上しようとし始めたので、米国が「待った」をかけた。
米国は、「台湾は、日本国の領土で米国の占領地であり、中華民国政府は大東亜戦争時に米国の同盟国であったから、毛沢東の中国共産党革命軍に追われた蒋介石の中華民国政府集団を台北市に居候させたが、国共内戦が終わったのなら、中国へ帰れ!」と言い出した。


現在の台湾では、蒋介石一派の居候以前から住む台湾人とその子孫を「本土台湾人」と呼び、蒋介石にくっ付いて来た中国人とその子孫を「在台湾中国人」と呼んでいる。2017年のの時代環境が、対中強硬派の米国トランプ政権の誕生により、「中国共産党による中国支配」が終わる方向へと進む中、
これまで台湾で不当に利益を得ていた「在台湾中国人」が「私は台湾人だ」と自称し始めた。

蓮舫は、そんな「在台湾中国人」の中に潜入した「中国共産党系の中国人」の典型である。

A.大日本帝国を愛する「本土台湾人」
B.蒋介石の国民党系の「在台湾中国人」
C.「在台湾中国人」の中に潜入した毛沢東の中国共産党に秘かに忠誠を誓う「中国共産党系の中国人」
D.「私は台湾人だ」と自称し始めた「在台湾中国人」と「中国共産党系の中国人」

世界各国の諸民族の区別は、そのDNA(血統)と同時に、個人の精神面における帰属意識で定義しなければ、政治と民族に関わる議論は混乱する。しかし、個人の帰属意識は、その心の中にあり、他者には、その個人の本心を判断し難い。

今まで中国人として、うまい汁を吸って来た中華民国人が「台湾人」と名乗る事には日本系の「本土台湾人」が違和感を感じている。

蓮舫の心の中の民族帰属意識は、今までの発言から「中国共産党系の中国人」だと判断されるが、息を吐くように嘘を吐く蓮舫が「私は、台湾人だ」と自称するのは、今の時代環境が、「中国共産党による中国支配」が終わる方向に進む中で、台湾では、これまで不当に利益を得ていた「中国共産党系の中国人」たちと「軌を一に」している。

蓮舫は、日本国の国会議員で、野党第一党の党首だ。しかも、刑法の「外患誘致罪」とも取れる言動も多々ある。だから、蓮舫の多重国籍問題と、その背後で対日政治工作に蠢く中国共産党の暗躍は闇が深い。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR