ホワイト・エゴVSブラック・エゴ



◆金正恩がICBMを撃ち込むぞと米国への挑発を繰り返すので、遂にトランプがブチ切れたようです。ところが韓国の文在寅は呑気なもので、今日から一週間の夏休みに入るそうな。無慈悲にソウルを火の海にするぞ、と云うオオカミ少年の威嚇は毎度のことで韓国人には免疫が出来ているのでしょう。

sennsousurunara.png

北朝鮮にトランプ氏「戦争起きるなら向こうでやる」(17/08/02)


◆正恩は北朝鮮が米国と同等の核保有国であることを認めさせようと躍起になって金食い虫のミサイル実験を繰り返せば、自分自身が世界の嫌われものになり、下層の国民は益々貧しくなるだけです。今日食べるものにも事欠く軍部の下級兵士は殆どが慢性栄養失調であれば正恩に対する怨嗟の声が上がらない訳がありません。

金正恩排除高まる「国内クーデター」の可能性「斬首作戦」や「局所攻撃」ではリスク高く


◆ミサイル実験をこれ以上続けることは正恩自身が命を縮めるだけで、好いことは一つもないのですが、国家のアイデンティティがチュチエ(主体思想)であるからには何が何でも米国の覇権には屈しないと面子に拘り、意地を通したいのでしょう。

◆日本でも北のミサイルに対しては韓国より神経質になっています。稲田防衛大臣更迭で、代わりに小野寺五典氏が新防衛相になりましたが、対北戦略にこれと云った妙案があるわけでもありません。拉致問題解決の糸口も見えないまま、手をこまぬくしかありません。それにしても、世界の大国,米露中を手玉に取って弄ぶ正恩、大した策士ですね。

◆北朝鮮に対して怒り狂っているトランプが、NWOに利用されるのが怖いです。奴らは北朝鮮とイランを火種にして、第3次世界大戦を引き起こそうとしているからです。ここでトランプが北を爆撃したりすれば、中露も黙ってはいないでしょう。そうなれば北の友好国イランが義勇軍を出す、それをイスラエルが邪魔をすれば中東でも戦争の火の手が上がる可能性があります。

米エリート層が第3次世界大戦の準備中

◆エリートか何か知りませんが、もうこいつらにはうんざりです。銀河連邦やレジスタンスはハザールと死闘を繰り広げているそうですが、いったいこれから地球と人類は」本当にアセンションに向かっているのでしょうか。チャネラーでコンタクティ、そして前世療法士のドロレス・キャノン女史の見解を聞いてみましょう。

2012年~今地球に何が起こっているのか?ドロレス・キャノン氏の見解


◆どうやら地球は細胞分裂のように二つに分かれ、アセンションしたい人々は新しい地球に乗り換え、そうでない人々はこれまで通り3次元地球で闘争に明け暮れる事になるのでしょう。アセンション派はバイブレーション上昇によって、鬱、動悸、高血圧、関節、筋肉痛など原因不明の身体的症状が出るが、医者に診察してもらっても異常はないと言われるケースが多いそうです。私も同様の症状があり、かかりつけの医師に診てもらったところ、加齢によるものですの一言で片付けられましたwww

◆ETやアガルタ人たちがアセンション組に協力してくれていると思うと力強いですね。

アトランティスの末裔地底人、宇宙人と協力し合って生きるには
・ドロレス・キャノン



◆ドロレス・キャノンは独自に開発したピプノセラピー(前世療法)QHHTでクライアントの様々な悩みを癒してきたそうです。この世においてコンプレックスやネガティブ思考が強く社会生活に不適合を起こし悩んでいる人々は、それが前世に起因しているというわけです。そういう人に退行催眠をかけ何十何百の転生の中で何がトラウマになっているのかを探り当てると、これまでの人生が嘘のように明るく快活に送れるようになるそうです。一度体験してみたいと思います。

ドロレス・キャノンーQHHTに対するドロレスの思い_ (Dolores Cannon_Why should I become a QHHT Practitioner)



◆ドロレス・キャノンは先年自動車事故で無くなりましたが、サイキック能力があっても、自分の運命は予知できなかったのでしょうか。それとも生と死は紙の裏表のようなものであるし、もう50年以上もセラピストをやってきて御用は済んだ、そろそろ自分でアセンションする時だと思ってわざと事故に遭ったのかもしれません。

◆欧米にはドロレス・キャノンのようなサイキックが沢山います。英国のダイアナ・クーパーもその一人です。

ダイアナ・クーパー2015年7月インタビュー


◆子供の時から地球には居場所がないと、居心地の悪さを感じていたティム・ワイルドもスターピープルだったというわけです。、

ティム・ワイルド インタビュー http://timwhild.com/


◆こういうスターピープルと呼ばれる人々と、3次元の低レベルで生きている人たちとの大きな違いはエゴの種類ではないでしょうか。3次元の低い波動の中ではエゴが強くないと生存競争から脱落し生きていくことができなくなります。生存競争には個人レベル、集団レベル、組織レベル、地域レベル、国家レベルのエゴイズム」が働きます。金正恩VSドナルド・トランプ、安倍晋三VS石破茂、首相官邸VS財務省、イランVSイスラエル、米国VS中国etc・・・

◆3次元レベルのエゴは貪欲で陰険で悪意に満ち視野が狭く近視眼的ですが、これをブラック・エゴとすると高次元メッセージを伝えるスターピープルのエゴはホワイト・エゴです。地球と人類を一人でも多くアセンションさせたいと云う愛と善意から出たエゴです。人類の面倒を見ることが彼らの希望であり喜びなのですから、同じエゴでも3次元のエゴとは質が違います。ブラック・エゴとホワイトエゴの戦いはまだ暫くは続きそうです。

▼銀河連邦はピプノセラピーで、ハザール全員を癒してくれないかニャア~

親父


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR