Good-bye, Jerry


◆また偉大なエンターテナーが旅立ってしまった・・・




ジェリー・ルイス死去 「彼は先駆者だった」ロバート・デ・ニーロら弔意

ジェリールイス

コメディアン、俳優、映画プロデューサーなどとして長年活躍し多くのファンや仲間達に愛されたジェリー・ルイスが20日、91年の生涯を終えた。遺族は声明を発表し「午前9時15分に、家族に囲まれラスベガスの自宅にて自然死いたしました」と明かしている。

コメディ映画『底抜け大学教授』などで知られるジェリー・ルイスが、映画人としての長い活躍を経て天国に旅立った。死因は老衰による自然死だったものの、かつて彼は何度か心臓発作を起こしたほか前立腺がん、糖尿病などいくつかの健康問題を抱えて苦悩した時期もあったという。昨年にはインタビューにて、「高齢のため、もう映画出演はできないかも」「死ぬのが怖い。

妻と娘が取り残されてしまうから」と涙声で語り、ファンを心配させていた。今年7月には尿路感染症で入院生活を余儀なくされたといい、高齢の彼は自身の最後を意識し不安を抱えていたようだ。

その彼の死について『ABC News』も大きく伝え、「悲しいことに、20世紀の最も重要な人物のおひとりが逝去されました」という代理人の声明を紹介している。

また俳優ロバート・デ・ニーロは「コメディと映画の世界で、彼はまさに先駆者でした。そして僕の友人でもあったのです。ここ数年、何度か彼に会うチャンスに恵まれたのは幸運なことでした」といった声明を発表。ウーピー・ゴールドバーグは「今日、ジェリーが亡くなってしまった。世界中の何百万もの人々に愛されたというのに。

(募金募集などを目的とする)長時間テレビ番組に出て、何百万人もの子どもを救ったのも彼よ。どうか安らかに」とツイートし、ハリー・コニック・ジュニアは「いつも親切にしてくださった。彼は最高でした」と同じくTwitterに記している。業界の偉人が、またしてもひとり、旅立ってしまった。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170821-66019177-techinq




◆ジェリー・ルイスに影響を受けた日本のコメディアンは少なくありません。ザ・ドリフターズの加藤茶、志村けん、萩本欣一などおおくの喜劇役者に影響を与えています。ジェリーの体を張った演技、切れ間のないギャグ、徹底的に馬鹿をやることです。ディン・マーチンの絶妙な間合いの取り方と相俟ってジェリーの演技は余人をもって代えがたいものでした。

◆ディン・マーチンとコンビを組んで約10年、ジェリーは非インテリ層をメイン・ターゲットにして笑わせ「世の中には俺よりバカがいるぞ」と大衆に安堵とやすらぎのひと時を与えることを天職と考えていたようです。

「マーティン&ルイス キングス・オブ・コメディ」字幕 Part1


「マーティン&ルイス キングス・オブ・コメディ」字幕Part2



「マーティン&ルイス キングス・オブ・コメディ」字幕Part3




◆次のコントは「カフェの店員」これなどはザ・ドリフターズの「もしもシリーズ」がそっくりアイデアを模倣したものでしょう。だめだこりゃあ!と、いかりや長介が云いそうなコントです。

マーティン&ルイスTVコント「カフェの店員」Part1



マーティン&ルイスTVコント「カフェの店員」Part2


◆ジェリーは60年代にディン・マーチンと仲たがいをそて、以後ソロ活動を始めますが、チャリティ番組ににも尽力し、1966年から司会を務めた「筋ジストロフィ患者支援番組」は、日本テレビの「24時間テレビ」などの長時間番組のモデルになりました。

◆彼は90歳になってもまだ、現役コメディアンとして仕事を続ける積りだったようですが、去年あるインタビューで、あんたの芝居は時代遅れで古すぎる、なぜ引退しないんだと意地の悪い質問を受け怒っています。

Jerry Lewis Breaks Reporter's Balls With Awkward Interview!


◆確かにボブ・ホープ、ジョージ・バーンズ、フランク・シナトラ世代の観客には受ける間もしれないが、現代ではジェリーの体当たり的演技は受けなくなっていたのかもしれません。日本でもクレイジー・キャットやザ・ドリフターズは殆どが死に絶え、彼らを知っている世代は少なくなっています。

◆しかし、この伝説のコメディアンはまだまだ魅惑的パフォーマンスを見せたかったようです。昨年最後の作品を取り終えて、またインタビューを受けています。ジェリーは65歳で初めて結婚したそうですが、妻のサンディと24歳の娘を残して逝くことが最大の恐怖であると語ったそうです。

90-Year-Old Jerry Lewis Breaks Down In Tears While Discussing Death



◆人は誰でもいつかはこの日を迎えます。ジェリーは転生も、魂の不死を知らなかったようですが、いまやっと気づいたのではないでしょうか。

◆御用とお急ぎでない方は、どうぞご覧ください。
宝くじで車が当たったジェリーが、ペテン師のディンとグラビア写真に乗っていた女優にに会うためにハリウッドへ行くというロードムービーです。残念ながら字幕がありませんが、ドタバタを見ているだけでも楽しくなります。1960年代にデインと決別したジェリーは、数十年ぶりにフランクシナトラの仲裁で仲直りしたということですが、何があったのでしょうか。

"Hollywood or Bust" Jerry Lewis Dean Martin 1956 (Full Movie)


ジェリーは先に行ったディンと会ったかニャあ・・

ソコヌケシリーズ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR