民主主義は死んだ



◆どうやら覇権は米国から中国へ自然に移行したようです。G20も国連安保理も中国の顔色ばかり窺い、民主主義の根幹が根こそぎにされています。




中国に「ひざまずく」西洋、筆頭はノルウェー…劉暁波氏の死が炙り出した新しい世界の“対中規範”

ノルウエー

中国の民主活動家、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏のがん治療と死をめぐって巻き起こった嵐のような中国批判は、すぐ沈静化した。2010年の劉氏へのノーベル平和賞で中国と鋭く対立したノルウェーは今回ほぼ沈黙を通し、変節ぶりを印象づけた。20カ国・地域(G20)首脳会合でも劉氏は大きな話題とならず、中国は主要国への影響力の強さでも自信を深めたと思われる。「これが新しい世界の規範」。西側メディアから嘆息が漏れてくる。(坂本英彰)

ノーベル賞

口閉ざすノルウェー

 「彼女はまるでサケ売り商人のようだった。人権や劉氏について一言も触れることはなかった」

 今年4月はじめ、ノルウェーの首相として10年ぶりに北京を訪問したソルベルグ首相について、中国の著名な民主活動家がノルウェー紙アフテンポステンにこう話したという。

 中道右派のソルベルグ政権は昨年末、平和賞でこじれた中国との関係を修復し、約6年ぶりに正常化させた。「中国の核心的利益を高度に重視する」とうたった共同声明は、中国の体制転換にかかわる民主化問題については口を閉ざすことを意味し、屈服に近いと国内でも批判を浴びた。

 しかし、かつてノルウェーの独壇場だった養殖サーモンの対中輸出はカナダやチリに立場を奪われ、多数の経済人を引き連れた首相は失った貿易の機会を取り戻そうと、必死だったに違いない。平和賞の選考委員会はノルウェー政府と表裏一体だとして、中国市場からの締め出される事実上の制裁を受けていたのだ。

「悪夢のような踏み絵」

 6月末、劉氏が肝臓がんで刑務所の外の病院で治療を受けているとのニュースが突如、世界を駆けめぐった。ソルベルグ氏にとってそれは極めてタイミング悪く現れた、悪夢のような踏み絵となった。対応次第では中国との関係が再び悪化する危険があり、踏みつければ人権国家としての面目は丸つぶれにもなる。

 ノルウェーのメディアなどによると、ソルベルグ氏は極力目立たぬようにして難局を乗り切ったようだ。

 米独が治療のための受け入れなどを表明してアピールする中、沈黙を保ち続けた。国内で「沈黙は中国政府に対する同意のサインだ」との批判も出たが、動かなかった。7月13日、劉氏が死去して初めて「非常に深い悲しみ」を表明して故人の功績をたたえる一方、中国政府への言及は注意深く排除していた。

 「ノルウェーの中国との関係正常化が試されることになった」。中国研究家のチチャン・ルル氏は英ノッティンガム大にある中国政策研究所への寄稿論文でこう指摘。「実験は成功し、ノルウェーはコストいらずの経済制裁で簡単に影響を及ぼせる国だとわかった。この成功は将来の、より広い地域に対して中国の政策を強要する舞台を用意することになった」という。

パンダで蜜月ぶり披露したメルケル首相

 注意深く見れば、主要国の態度も中国への配慮をにじませたものであった。

ドイツで7月7~8日に開かれたG20首脳会合は闘病中だった劉氏についてほとんど取り上げず、メルケル独首相は訪独した習近平国家主席と動物園でパンダのお披露目に立ち合って蜜月ぶりを見せつけたが、首脳会談では劉氏について公式には取り上げなかった。

 のちにメルケル氏が習氏に、劉氏のドイツでの治療を認めるよう伝えていたことが明かされたが、中国の体面を傷つけないことに腐心していることが明白だ。

 領土や歴史で対立する日本政府も、劉氏の死に際し「高い関心を持って中国の人権状況を注視していきたい」(菅義偉官房長官)と述べるにとどまり、他の部分で譲歩を引き出すためにも中国指導部への刺激を避ける思いがにじんでいた。

小国の悲哀

 スリランカ紙サンデー・タイムズの記者は香港から、「人権擁護のリーダーたちは嘘の涙を流した」との記事を書き、小国ならではの観察眼を働かせた。ヨルダン出身のザイド・フセイン国連人権高等弁務官はスリランカの人権侵害にはいつも厳しく批判するが、劉氏の病状が悪化する中で中国に対しては沈黙を通したという。しかし劉氏が亡くなると「劉氏を高く持ち上げつつ、中国共産党指導部を批判する表現は巧みに避けた」と皮肉った。

 香港紙サウス・チャイナ・モーニング

ポストは「富と力で中国は批判者を黙らせることができるようになった」とし、国際的な圧力が効いた時代は過ぎ去ったと評した。
 同紙は過去、天体物理学者で民主活動家の方励之氏が1989年の天安門事件後、北京の米国大使館に13カ月の保護の後に出国できたことや、魏京生氏が獄中18年の後にクリントン元米大統領の求めで釈放され1997年に渡米したなどと指摘。これらに比べて「中国政府への外圧効果は消滅しつつある」とする研究者の声を紹介した。

 「今や中国政府は、西欧は表現の自由に対する取り締まりに対して効果的な抗議はできなくなったと、自信を深めているだろう」
 米ウィルソンセンター・キッシンジャー米中関係研究所のロバート・デイリー氏は同紙にこう述べた。

歴史的な分水嶺

 西側メディアの中には、あきらめに近い吐露もみえる。豪有力紙オーストラリアンの中国特派員、ローワン・キャリック氏は「劉暁波氏の死があぶり出した西洋の中国に対する叩頭(こうとう)」と題するコラムで、将来の年代記録者は今回のできごとを「歴史的な分水嶺とみなすだろう」と述べた。叩頭とは跪(ひざまず)いて頭を地面につけ中国皇帝に拝謁する臣下の礼法を指す。

 同氏は「民主主義や普遍的な人権は、それを擁護する者やパラダイムとしての力を失いつつある」と指摘。習近平政権が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」への競い合うような賛同や、空疎だが中国には心地よく響くG20の共同宣言などといったひとつひとつの動きが、「新しい世界の規範としての中国の圧政文化を、明瞭に示している」と論じた。

http://www.sankei.com/west/news/170814/wst1708140003-n1.html




◆無理が通れば道理引っ込むの例え通り、強いものはどんなに横暴でも黙認される。そこでは民主主義の理想など屁のツッパリにもなりません。
学問の世界でもまた然り。オーストラリアは完全に中国資本に乗っ取られてしまい、学問の自由まで奪われてしまったようです。




中国人学生に「謝罪」する豪の大学教師たち…台湾や領土表記で「不快な思い」と批判、ネットで拡散 

オーストラリア

オーストラリアの大学で、中国政府の立場と相いれない教材を使った教師を学生が批判し、インターネット上で拡散するケースが相次いでいる。台湾を「国」と扱った場合や、領有権争いがある地域を他国領としたなどだ。シドニー大では教師が過ちを認め「不快な思いをした」学生たちに謝罪した。

クラスの3分の1が中国人

 「中国人学生はクラスの3分の1もいる。あなたは私たちを不快にさせた」

 「私の理解では台湾は別の国だ。君は私の考えに影響されたくないだろうが、それは私も同じだ」

 8月、中国語メディア「シドニートゥデー」のサイトにアップされた映像が急速に拡散した。豪東部、ニューカッスル大の教室で撮られ、カメラは天井らしき一点しか写っていないが、傍らでは学生と教師が言い争っている。

 BBCによると、授業では汚職撲滅に取り組む国際NGOの報告書が使われ、台湾や香港が「国」として扱われていた。「一つの中国」原則で台湾や香港は不可分の中国領土とする中国政府には、全く受け入れられない考えだ。不満を持った学生がメディアに映像を提供したとみられ、大学はひそかに撮られて流出したことは遺憾だとしている。

 豪紙オーストラリアンによると、シドニートゥデーは大学幹部に対して「一つの中国」についての見解をただし、在豪の中国総領事館も大学と連絡を取って事態に当たっているという。

 同紙は、中国総領事館が「中国人学生の感情をひどく害した」事案として介入しているとし、「中国政府による豪大学への影響拡大を露呈した」と報じた。

「九段線」地図も

 シドニー大では、中国が領有権を主張しインドが実効支配するアルナチャルプラデシュ州など、3地域をインド領に色分けした世界地図が、授業で使われたことが問題となった。

 豪テレビSBSなどによると、中国の無料通信アプリ「微信」で8月、中国人学生グループが教師を「全く許せない」などと批判を投稿し、教師の名前や顔写真、メールアドレスも暴露した。台湾を本土と同じ赤で塗り、南シナ海での領域権を主張する「九段線」も入ったプロパガンダ用らしき地図もアップされていた。

 ITと起業家などに関する授業で領土はテーマではないが、ネット上には「授業をボイコットしろ」「中国大使館に通告すべきだ」などといったコメントが相次いだ。教師は結局、豪メディアを通じて「ネットからダウンロードした古い地図を使った。私のミスであり、不快な思いをさせたなら申し訳ない」とのコメントを発表した。

本音は酔ったときだけ?

 首都キャンベラのオーストラリア国立大でも8月、抗議を受けた教授が謝罪するケースがあった。
中国共産党機関紙、人民日報のウェブサイト「人民網」によると、コンピューターサイエンスの授業中、教授がスライドで「カンニングは許さない」と英語とともに中国語で表示した。中国人を標的にしたものだとして学生が大学の公式フェイスブックなどに抗議し、教授は文書で謝罪した。

「教室の多くは中国人なので助けになると思ったが無神経だった。間違った判断を謝る」としている。

 5月にはメルボルン近郊のモナッシュ大学で、ビジネスを学ぶ学生対象のテストが物議をかもした。

 豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドによると、「中国では、政府の役人はどんな時だけ本当のことを話すといわれているか?」との質問があり、4つの回答から「酔って不注意になっているとき」を選ばせる問題があった。中国人学生らが強く反発して中国のネットユーザーも大きく反応し、教師は授業から外された。

http://www.sankei.com/west/news/170910/wst1709100003-n1.html




◆留学先の大学教授が許せないなら、そんな学校に行かなければいいし、学校側もそんな傲慢な御託を並べる奴らは放校にすればいいのです。中国人も朝鮮人も相手が弱いと見たら、どこまでも増長して収拾がつかなくなります。
学校にとっては留学生の学費が助けになっているのかもしれませんが、これでは大学の存在理由が何くなります。
クレームを付けた中国人留学生という奴らの正体は中国共産党の工作員であり、オーストラリアの学問の中立性を撹乱することが目的なのでしょう。台湾や香港の独立性を認めず、九段線と南シナ海の軍事要塞化を正当化し、オーストラリアが南シナ海の中国軍の動きを牽制している日米同盟に与しないように分断化を図っているのです。

◆歴史は繰り返すと云われていますが、まさに欧米に蘇ったのが黄禍論ではないでしょうか。
古来ヨーロッパ人は、モンゴル帝国をはじめとした東方系民族による侵攻に苦しめられてきた経験があり、そのため西ヨーロッパではアンチキリストの黄色人種がアジアから現れると恐れられてきました。

YellowTerror.jpg

640

Fig-54-American-Gulliver-Yellow-Peril.jpg

Fig-15-Skeleton-in-His-Closet-640x480.jpg


◆近代で黄禍論の対象なった民族は、主に中国人ですが、日本人も加わっています。
第2次世界大戦時に米国では1882年に制定された排華移民法、1924年に制定された排日移民法などが立法化され、激し反日キャンペーンが行われ日系アメリカ人が強制収容所に入れられました。

黄禍論2

◆カリフォルニアのマンザナー収容所は最大時には10,046名が収容され、アメリカ全土では110,000名以上の日系人が強制抑留され、多くはその財産全てを失ったという歴史があります。

マンザナー

◆しかし、敗戦した日本は 二度と軍拡など行わず、中国のような覇権主義的野望を持つことなく、ただひたすら経済成長だけを目指してきました。その為に一時はGDPで世界第2位にまで上り詰めましたが、今では中国に追い抜かれ、第3位に落ちました。

◆経済力をつけた中国は、その力を軍備拡張に全力で注ぎ込み、米国と対峙するまでになってしまいました。経済力と軍事力という両輪が伴わなければ国力は尽きません。中国が傲慢に振る舞うのはこの両輪が米国を凌駕したという思いがあるからですが、それもこれもオバマ政権が米国はもう世界の警察官ではないと宣言した事で、中国の増長が始まったのです。今更トランプ大統領が中国に北朝鮮の核開発と、ミサイル発射を辞めさせろと注文しても中国は聴く耳持たず、北朝鮮への経済制裁にも反対しているなど、全く効果はありません。

◆習近平と金正恩が個人的に気が合わないにしても、北朝鮮と中国は同盟国だから北が攻撃されたとなれば中国は米国と一戦を交えることになります。

関係

◆金正恩もそれを笠に、日米を挑発しているのです。オーストラリアの大学で工作活動を行っている中国人留学生の話は対岸の火事ではありません。日本の大学でも大勢の南北朝鮮人たちによる反日活動は続けられています。




都内の朝鮮大学校「日米を壊滅できる力整える」 金正恩氏に手紙、在校生に決起指示

朝鮮学校

朝鮮大学校(東京都小平市)が5月、日米壊滅を目指す手紙を北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に送っていたことが19日、分かった。朝大関係者が明らかにした。朝大の張炳泰(チャンビョンテ)学長が、朝鮮総連の許宗萬(ホジョンマン)議長から指示を受け、米国圧殺運動の展開を在校生に指示していたことも判明。手紙や指示には金委員長を称賛する文言があふれており、日本政府は朝大の反日・反米教育が加速化する可能性が高いとみて動向監視を強めている。

 関係者によると、手紙は5月28日、朝大で開かれた創立60周年記念行事で金委員長に送る忠誠文として読み上げられ、「大学内で米日帝国主義を壊滅できる力をより一層徹底的に整える」と明記。日米敵視教育を積極的に推し進める考えを表明した。

手紙

 また、金委員長に対しては「資本主義の狂風が襲い掛かっても、平然とした態度でいられる度胸を育ててくれた」「くれぐれも体を大切に過ごされるようお祈り申し上げる」などと忠誠を示している。

 一方、張氏は7月下旬、都内で開催された総連幹部会議に出席。許氏は「米国の孤立圧殺を展開中だ。金正恩元帥さまを最高尊厳として推戴(すいたい)し、民族教育事業の革新を引き起こすため総決起しろ」と指示した。これを受け、張氏は許氏の指示を朝大の幹部会議を通じて在校生に伝達した。

さらに張氏は8月、朝大教育学部など3学部の在校生約60人を「短期研修」の名目で北朝鮮に派遣した。金委員長に対する崇拝の念を北朝鮮当局からの指導を通じて、醸成させることが目的とみられる。張氏は北朝鮮の国会議員にあたる最高人民会議代議員も兼務しており、今後も金委員長を偶像化する教育を推進するとみられる。

 朝大は産経新聞の取材に対し、「担当者がいない」としている。

http://www.sankei.com/politics/news/160920/plt1609200005




◆こんな無法な学校を存続させて、スパイ活動を容認している日本政府はどうかしていいます。朝鮮大学校だけではありません。東大をはじめとする日本の様々な大学でも、朝鮮人や中国人を准教授や教授として雇い入れ、サンデー・モーニングのようなテレビ番組に出演させ、パ翼発言をさせています。大学の教授が云うのだからそれは間違いないだろうと思わせるために、情弱たちを洗脳しているのです。

◆憲法改悪絶対反対、この平和憲法のおかげで戦後七〇年間平和でいられた。自衛隊はいらない。沖縄の米軍は帰れと相も変わらず能天気な発言をさせています。戦後の日本が平和でいられたのは、憲法のお陰ではなく日米安保と米軍のお陰です。もし今の憲法のままで、米軍が撤退すれば、中国朝鮮軍が大挙して押し寄せ瞬く間に日本は占領され、阿鼻叫喚の生き地獄となるのは間違いありません。

▼無理が通れば通り引っ込む。圧倒的な経済力と軍事力の前で、民主主義は沈黙せざるを得ないのだニャア!

20150822135020.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本人は覚悟した

EU を支配するドイツは、中国と準同盟関係にありますから、ノルウェー等に様々なルートで圧力をかけたと推理できます。
アメリカも、国力が弱まり、日本を防衛するには、ためらいがあります。だから、日本人は、中国と北朝鮮の両国と単独でも戦う覚悟を固める時がきました。私は、これらの国の独裁政治と対日侵略と戦う覚悟を決めた。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR