未来を予見するシンプソンズとイルミナティカード



◆この数日、世界が終わるのではないかと思わせるような気象災害がアメリカで立て続けに起きています。ハリケーンハーベイがテキサス州を襲い、続いてイルマがカリブ海の島嶼国を根こそぎにして無人島になったところもあり、フロリダ州も大被害を受けています。そして今またカテゴリー5という強烈なハリケーンマリアが再びカリブ海のバージン諸島など島嶼国を直撃するコースをたどっているようです。

マリア

◆ハリケーンに不似合いなマリヤの中心は怒り狂う髑髏のような不気味さを漂わせています。

maria.jpg

◆これらのハリケーンはブッシュ一味のテキサスを洗い流し、カリブ諸島のマネーロンダリングの拠点を総浚いする神の意志のようなものを感じます。さらに災いは続きます。ハーベイに襲われたテキサスでは大洪水だけでなく蚊の異常発生に見舞われています。疾病管理センター(CDC)ははは大きな洪水のあとは休眠卵が孵化し、蚊が急激に生まれると説明しています。この洪水蚊は一般的な危険疾病を媒介する蚊とは違うと云われているそうですが、しかしな中には、ジカ熱、デング熱、ウエストナイル熱などを媒介する恐れのある蚊もいるとも警告されています。

地獄のような蚊

43F8BA2E00000578-4858448-image-m-26_1504710804720.jpg

Hurricane harvey mosquito swarm



◆災難はメキシコにも及んでいます。メキシコは立て続けにマグニチュード7~8の大地震に見舞われ多くの建物が倒壊、数百人の死者を出しているようです。

sty1709200007-f1.jpg

740.jpg


◆まさに地震、雷、火事、オヤジと恐怖が続く米国、その米国のオヤジというべきトランプ大統領が国連で演説爆弾を炸裂させました。




トランプ氏の国連演説に横田早紀江さん「本当に驚いた」 拉致被害者帰国に期待

97616_2100_thum800.jpg

国連の演説で、横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=を念頭に「(北朝鮮は)13歳の日本人の少女を拉致した」などと厳しく批判したトランプ米大統領。異例の言及に、拉致被害者の家族らからは「大きな意味がある発信。被害者帰国という結果につながることを期待する」と発言を歓迎する声があがった。

 「本当に驚いた」。めぐみさんの母、早紀江さん(81)はこう前置きした上で、「国際社会で大きな危機のうねりが起きる中、トランプ大統領が拉致問題にも思いを寄せ、発言してくださったことは大きな意味がある」と力を込めた。

 「ブッシュ大統領を含め、米国の指導者にも長く問題を訴えてきた」と早紀江さん。「北朝鮮には人権の側面からも解決すべきことがたくさんある。壊滅的な暴走が起こる前に、トランプ氏の発言が前向きな結果になることを祈っている」と話した。

 11〜15日に超党派拉致議連などとともに訪米しためぐみさんの弟、拓也さん(49)は「安倍(晋三)首相の力添えや、日米同盟の力が発揮されたと思う。訪米に手応えを感じていたが、ひとつの形になったのでは」と話した。

 訪米団は米政府関係者や上下両院議員、国連各国代表部などを訪問。精力的に拉致問題の深刻さを訴えた。訪米団に同行した救う会副会長で福井県立大の島田洋一教授は、面会した米国家安全保障会議のポッティンジャー・アジア上級部長が会談で「拉致問題の重要性を間違いなくトランプ大統領に伝える」と言及したと説明。さらに、ポッティンジャー氏が自らが米海兵隊員だった経験をあげ「海兵隊は1人の仲間も残さない。拉致被害者も1人も残さない」などと語っていたことを明かした。

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E6%B0%8F%E3%81%AE%E5%9B%BD%E9%80%A3%E6%BC%94%E8%AA%AC%E3%81%AB%E6%A8%AA%E7%94%B0%E6%97%A9%E7%B4%80%E6%B1%9F%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%8C%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E9%A9%9A%E3%81%84%E3%81%9F%E3%80%8D-%E6%8B%89%E8%87%B4%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E8%80%85%E5%B8%B0%E5%9B%BD%E3%81%AB%E6%9C%9F%E5%BE%85/ar-AAseA0a?ocid=iehp#page=2




◆このトランプ演説で菅官房長官は「涙が出るほどうれしかった」と感想を述べたそうですが、国連が国際紛争を防ぎ、解決する意思も機能も持っていない無駄飯食いの官僚体質であることにトランプは爆弾を落としたのです。これまでブッシュだって北朝鮮による日本人拉致問題を国連に於いて言及したことはなく、国連加盟国のほとんどがこの問題に関心を持ってはいませんでした。しかし今回のトランプ演説は、北朝鮮非難と恫喝はかつて例を見ない程強烈なもので、国際会議場を凍り付かせるほどの威力があったようです。

◆トランプは毀誉褒貶の多い人物ですが、一体この人物は何者なのでしょうか。マシュー君によると、彼は光の勢力の味方だと言っていますし、またロシアのプーチン大統領も同じだと言っています。米国のイルミナティ勢力は、トランプが選挙で勝てたのはロシアがサイバー攻撃で電子投票を不正操作したからだと主張し、娘婿のクシュナーがロシアと通じているなどとトランプ一家を危険視しています。闇組織ハザール イルミナティは何としてでも光の勢力であるプーチンとトランプが手を結ぶのを防ぎたいのでしょう。

◆マシュー君と同じように、闇の組織イルミナテイの中にもアカーシック・レコードをリーディング出来る人々がいるようで、16年も前からトランプ大統領誕生は予言されていたようで、ザ・シンプソンズというアニメにそれが描かれているそうですが、これは選挙後に作られたものであるという人もいるようです。

. 【都市伝説 】ドナルドトランプは何者か!?大統領になることは予言されていた!!



◆また、トランプはタイムトラベラー、ジョン・タイターと同一人物ではないかという説もあります。

【予言】「未来人ジョン・タイターはトランプ大統領説」がヤバすぎる…彼はタイムトラベルで知った絶望的な未来を回避するために闘っている?!【タイムトラベラー】




◆トランプが絶望的な未来を回避するために働いているなら、マシュー君が云う通り光の勢力に属する者だと思えますが、一方ではトランプがロスチャイルドのエージェントで、イルミナティの本拠地であるイスラエルの中東破壊に尽力するものであると主張する向きもあります。それが事実ならトランプはNWOの大イスラエル計画に加担する闇の勢力の一員だということになります。

◆しかし、イルミナティカードに描かれているトランプであろうと思われる人物に「もう、うんざりだ」と書かれれいるところを見ると、どうやらイルミナティにとって好ましからざる人物であるということになるのではないでしょうか。

うんざりだ

◆イルミナティカードは、NWOの行動計画であり、その内容を謎めかして告知しているのだと考えられています。しかし、闇の者たちが立てたアジェンダは必ずしも思い道理にならない場合もあるようです。それは、ヒラリー・クリントンをアメリカ初の女性大統領に起用するという計画が水泡に帰したことを見れば分かります。

ヒラリー

◆よりによってトランプがNWOのグローバル政策を足蹴にし、御用メディアをフェイクニュースとして取材を拒否、Twitterでイルミナティを毒ずき回す奴が大統領になるなんてことは考えもしなかったでしょう。


◆では、トランプとは一体何者かという疑問が生じます。一見アンチNWOで、イルミナティに逆らっているように見えるトランプですが、それでもトランプをロスチャイルドのエージェントとみる人たちもいるようです。

.NWOトランプの「大イスラエル計画」



◆外交未経験のトランプが、こういう政策に直接関与しているとは考えにくいところがあります。
トランプの娘婿クシュナーは熱心なユダヤ教徒であり、娘のイヴァンカをユダヤ教に改宗させたと云われています。ユダヤ人であるクシュナーが、中東諸国をばらばらにして、イスラエルをNWOの聖地とする大イスラエル計画の推進に一役買っているのは間違いなく、トランプ政権の外交政策を左右しているのはこのシオニスト、ジャレット・クシュナーであろうと思われます。

ジャレット クシュナー

◆トランプが別荘で習近平との会食の際にシリア空軍基地に59発のトマホークミサイルを撃ち込んだことは記憶に新しいところです。習近平はこの話を聞いて10秒ほど唖然としていたそうですが、シリアで国際法で禁止されている化学兵器を使用し、多数の死者が出たことを受けた対抗措置だということです。見方によればイスラエルの天敵シリアを爆撃したのもクシュナーの大イスラエル計画の一環だったと云えるでしょう。

習&トランプ


◆昨日のトランプの国連における北朝鮮非難演説が聴衆にシリアスなどよめきを与えたのも、シリア空爆の実績があり、金正恩がこれ以上暴走を続けるようなら、本当に北爆をかける可能性が大だからです。いずれにしてもドナルド・トランプの正体は謎に満ち、不可解さを増すばかりです。

◆イルミナテイ・カードは闇の者たちが世界征服のために作ったアジェンダですから、明るいものはありません。日本についての予言とみられる幾つかのカードもあります。

【予言・陰謀】日本危機⁉︎イルミナティカードに隠された7つの予言(計画)がヤバすぎ‼︎笑えない…【完全版】UnknownWorld



◆ANGSTというこのカードの人物は、安倍晋三首相ではないでしょうか。刀を前にひどく思い詰めたような表情は、腹を切るためではなく国賊売国政党民進党や、偏向報道をするカスゴミ、北朝鮮によるミサイル威嚇など、不快なことを一掃するためにリスク覚悟で冒頭解散をぶち上げたのではないでしょうか。衆院解散は総理大臣の専権事項、まさに「安倍晋三伝家の宝刀を抜く」という意味ではないかと思われます。

angusut.png

◆その他にも日本には色んな試練が待ち構えているようです。秋が深まるにつれ世界はもっと混沌、混迷を深めていく行くのは間違いないようです。

▼イルミの思惑は必ず外れる!それもこれも陽転現象なんじゃニャイか?

フクロウ

▲ホウだ、ホウだ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アラブ諸国・中国・北朝鮮の侵略と犯罪

NWOトランプの「大イスラエル計画」を視聴しました。 これは、アラブ諸国や中国の支援者が、反米・反トランプ宣伝のために作ったものです。 しかも、納得するに値する具体的な内容がありません。

アラブ諸国・中国・北朝鮮の侵略と犯罪を助長するネット宣伝を止めましょう。

そもそも、大イスラエル帝国で中東の狂信的イスラム教徒を鎮定し、中東地域に平和を確立することは良い事です。 大イスラエル帝国に反対する理由はありません。 反対するのは、アラブ諸国・中国・北朝鮮などです。 

次に、イルミナティの計画書である「シオン賢者の議定書」と中東地域の大イスラエル帝国は、ただちにイコールではありません。 「シオン賢者の議定書」を読めば分かるように、イルミナティは政治・経済・心理の諸政策による地球支配計画を進めてきました。 つまり、大イスラエル帝国という地理的な現実の帝国よりも、資本主義帝国という経済的な搾取を行うシステムを普及しようとしてきました。 だから、イスラエル共和国が、どうなろうが構わないし、むしろ、潰したがっているようです。 そこのユダヤ人をも虫けらのようにしか見ていません。

単純明快な真実

イルミナティとは、悪魔崇拝者ですから、そのような者が、旧約聖書の神を信仰するユダヤ人とかトランブ大統領のような旧約と新約聖書を信仰するクリスチャンと協同するはずがありません。 また、深層心理において協同できません。 これは、現状認識における単純明快な真実です。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR