衆議院解散でサイコパス政党民進党崩壊か?



◆いよいよ衆議院解散ですが民進党という泥船からネズミさんたちがどんどん逃げ出していますよ。




民進・松原仁氏が離党へ 新党参加の可能性 「離党ドミノ」止まらず

松原

民進党の松原仁元国家公安委員長(61)=比例東京=は25日、離党する意向を固めた。民進党に同日、離党届を提出し、記者会見する。松原氏周辺が明らかにした。小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員らが準備を進める新党に参加する可能性もある。民進党では「離党ドミノ」が止まらず、衆院選を控えて深刻な事態となっている。

 松原氏は24日夜、記者団に、離党しての新党参加も含めて対応を検討していると明かしていた。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E9%9B%BB%E9%80%9A%E9%81%8E%E5%8A%B4%E6%AD%BB%E3%80%8C%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%8D%E7%94%A8%E6%84%8F%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%80%8D%E5%85%83%E5%BD%B9%E5%93%A1%E3%80%81%E5%AE%9F%E5%90%8D%E3%81%A7%E2%80%9D%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E7%8B%AC%E7%99%BD%E2%80%9D-%E3%80%8C%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%8C%E5%8A%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E7%8B%AC%E7%89%B9%E3%81%AE%E4%BD%93%E8%B3%AA%E3%80%8D/ar-AAspG6p?ocid=iehp#page=2




◆しかし、一方泥船に残ることにしたネズミさんたちもいて、政権奪取に燃えているようです。
然し、ここまで現実無視の幻想を抱くパラノイアが勢ぞろいすると、北朝鮮の金正恩よりこわいですなあ。

仰天!!妄想内閣⁉ 民進党のネクストキャビネットが発表、政権交代したら前原総理 枝野副総理 階猛官房長官 古川元久財相 藤田幸久外相 白眞勲特命大臣!有田芳生は法務大臣クビに




◆沈みゆく泥船にネクストキャビネットなんて、絶対あり得ないのですが、核マル副総理 枝野幸男は「我々の政策は自民党より遥かに素晴らしいものがあることをことを有権者に知らしめていく」と云っています。然し有権者はかつて民主党政権が掲げたマニュフェストが何一つ実行されなかったことを今でもよく覚えています。野田政権が残した唯一の置き土産は「10%消費増税」だけでした。そのお陰で安倍政権は8%の増税を行い、消費はがた落ちになりました。そして2019年にはついに10%の増税が決まってしまったのです。

◆まあ、この精神病党のネクスト・キャビネット閣僚には全員精神鑑定を行う必要があります。人によっては隔離しないと危険です。その危険性を感じて、怯えているのがオウンゴール蹴りまくりのタマキンこと玉木雄一郎センセです。モリカケ問題で獣医師会からも見捨てられ、シャドー・キャビネットに名を連ねられてもらえず行き場を失い、失業するのが余程怖いと見え、小池ファーストに逃げ込もうとしているようですwww

民進党の玉木雄一郎議員が小池新党と組むべきと野合宣言も、自身が当選したいのが見え見えw



◆本日安倍首相が解散宣言を出しますが、既に小池新党は民進党脱藩者のたまり場になっているようです 長島明久、細野豪志、それに続きタマキンのようなネズミ共が民進党という沈没寸前の泥船からぞろぞろ出てくるのではないでしょうか。

◆サルは木から落ちてもサルだが、議員は選挙で落ちると単なる失業者。数千万円の給料も、手厚い議員特権も失い、飯のタネを探さなくてはならなくなります。週4の絶倫女、不倫が暴露され党を離脱した 山尾志桜里は萎れもせず、再び議員特権を得ようと無所属で立候補するというのだから、やはり並大抵の面の皮ではありませんね。ウルトラ鉄面皮とでも言いましょうかwww

◆同じ不倫女で維新の会より除名された、なにわのエリカ様こと、パープリンのお騒がせ女 上西小百合は次は出馬しないと発表したそうですが、これはもう勝ち目はないと観念したのでしょう。

◆パ翼4党はこの解散には大義がない。森友 加計疑惑隠し以外の何物でもないと、既に終わったモリカケ問題をぶり返し、解散反対で抵抗を続ける積りのようですが、本当にいい加減にしないと支持者にも見放されることになります。解散の大義について、安倍首相は元新党改革の新井広幸氏に次のように語ったということです。




荒井広幸・元新党改革代表「安倍晋三首相は『国民の結束を問いたい』と言ったんです」「北朝鮮危機前に総選挙は今しかない」

新井

実は安倍晋三首相が18日に米国に出発する前に電話で話したんです。長年の親友にして盟友である者として、臨時国会での衆院解散・総選挙への反対を進言するためです。

 私は「この時期の解散・総選挙は北朝鮮情勢への対応で政治空白を作るし、『もり・かけ(森友学園・加計学園問題)隠しだ』と批判される」とはっきり進言しました。

 私の言葉に首相はいらだつかなと思いましたが、意外に淡々としていました。そして私にこう言ったんです。

 「国際社会が圧力を強めない限り北朝鮮は核・ミサイルを放棄しないよ。対話と言いながら結局、時間稼ぎされて核・ミサイルがここまできてしまった。これから圧力をかけるしかない中で解散・総選挙をするのは今しかないんだ」

 「もり・かけ隠し解散」などと言われることについては「そういう批判は甘んじて受ける」と言いました。「これから大変な局面にどんどん進んでいくんだ。非常に困難な時なんだよ」とまで言うんですよ。

そこで私は直感したんです。首相はトランプ米大統領を含む世界の指導者との会談を通じてつかんだ何かがある。そこで「日本の首相として国民を守るためにどうしたらよいのか」を考えたんだと思いますよ。首相も平和的に解決したいと思っているけど、米国は大統領でさえも「軍事的選択肢を排除しない」と言っているわけですからね。

 首相は「今回の解散・総選挙で国民に結束を問いたい」というニュアンスのことも言いました。言外にあるのは日本を取り巻く国際情勢はますます難しくなるということです。だからこそ国民のみなさんに結束を呼びかけているんですよ。

 逆に言えば、この衆院選は「国民に日本の安全保障を考えてもらう選挙である」と言えます。同時に「平和裏に北朝鮮問題を解決しないと大変なことになるから自分に力を与えてくれ」と訴える選挙でもあるんです。

 「自分たちの命を守り抜くんだ」という強い国民の決意があれば、それをもって首相がトランプ氏を止めることも、進めることもできるんです。

 首相は中露首脳にもモノを言える人なんですよ。それをまた別の人が「新しく首相になりました」って挨拶するんですか。それこそ政治空白じゃないですか。

首相は、自分を批判してきた人も、批判していない人も、すべての日本人を守ることを優先しているんです。大変なプレッシャーだと思います。「政治空白だ」「党利党略だ」などと他人に言われ、首相にその懸念を伝えたことは考えが浅かったと思います。

今はそっくりそのまま野党にお返ししたいですね。

 今度の解散・総選挙はみんなで「日本を守るための壁」を作るような時間ではないでしょうか。


 10月18日から中国で共産党大会があります。11月上旬にはトランプ氏の来日があり、その後はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が控えています。

 この間に北朝鮮に対する国連安全保障理事会による追加制裁決議や、中国当局による北朝鮮の企業や個人所有の銀行口座を全面凍結したことの効果を見ることになります。

 北朝鮮が中国共産党大会に合わせてメンツを潰すようなことをしないかどうかは分かりませんが、9~10月の東アジア情勢は「小康状態」だと言えるのではないでしょうか。

 仮に最後に残るのが軍事的選択肢であっても、まだ時間を要する。米国は、国際社会に対して「ここまでやったけど北朝鮮は核を放棄する状況にない。次の段階にいかなくてはなりませんよ」と伝える責任があります。

「解散は首相の保身だ」という批判に対してはこう答えたい。「憲法改正に必要な国会の3分の2の議席を持っているのに、それを投げ出して衆院選を打つんですよ。それは国民の命を守るという理由があるからです」とね。

 私は、昨年の参院選後に新党改革を解散したこともあり、この1年余り謹慎していました。ですが、有権者の一人として、いまの国会議論やマスコミ報道があまりに平面的過ぎると危機を感じ、口を開く決意をしました。

 福島出身の私が東日本大震災で得た教訓が2つあります。一つは「万が一は起こり得る」。もう一つは「日本人を救うのは日本人である」ということなんですよ。

(田北真樹子)



 元新党改革代表。衆院3期、参院2期務め、平成28年7月の参院選で落選。現在は民間シンクタンク理事長。安倍晋三首相の古くからの友人で知られる。
http://www.sankei.com/politics/news/170925/plt1709250002-n1.html




◆日本の野党は悉く反日パ翼、彼らは日本を憎悪しているのです。自衛隊をなくし、米軍を追い出し、天皇制を廃止して、民族のアイデンティティを踏み潰し中国や朝鮮の属国にすることが目的なのです。朝日、毎日に主張される反日偏向報道はまさしく中国朝鮮の広報だと言わざるを得ません。それほど今の日本には中国朝鮮の走狗が言論機関を牛耳っているので、有権者の過半数がカスゴミの言う通り、今度の解散はモリカケ疑惑の隠蔽であると信じているのです。

◆次の動画は日本へ帰化した中国人漫画家の日本への思いと、パ翼の実態を語っていますが、傾聴に値するものだと思います。

【新番組】日本の病巣を斬る!♯ 1中国人の日本への帰化×左翼の実態



◆民進党や共産党に、この人の爪の垢を煎じて飲ませたいものです。

▼結論を言えば、わが国には反日野党ではなく、愛国野党が絶対に必要ということだニャ!

富士と猫

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

財務省の凶悪性

「消費税増税10%引き上げを選挙の争点にする」と、記者会見した安倍総理の判断は、財務省の情報に従ったもので、狂ってます。

なぜ、「北朝鮮などからの防衛を争点にする」と最初に言わなかったのか? この時点で安倍総理の頭は、おかしい。 

つまり、安倍総理を操るトヨタと財務省から、「おまえの権力は選挙後に減少し、これ以降の物事は思うように進まなくなるが、それを覚悟して消費税増税に踏み切り、われわれに利益を与え、われわれに従え」と命令されたのでしょう。

結局、財務省に判断を狂わせた安倍総理なんて、その程度の軽い総理だったと思う。

小池新党も怪しいし、今後の「高杉晋作」の登場を待つしかないでしょう。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR