盗人に追い銭!誰も変だと思わないのだろうか。



◆モリカケ追求だけで国会を空転させてきた民進党が事実上解党した。前原代表は無所属で出馬するそうだが、その他大勢は希望の党に流れ出るという。これは事実上の解党であるから本来なら政党交付金は国庫へ変換しなければならないはずなのに、前原は選挙が終わるまで民進党は残すと言っている。民進党は毎年100億円近い交付金を国から受け取っていたが、まだ十数億は残っている筈。それを希望の党へ持参金として持ち込み、それを軍資金として流用するつもりらしい。これはペテンではないか。納税者にとっては詐欺行為にしか見えない。




衆院選:政党・民進は存続、その訳は? 民進解党・合流へ

news3169657_38.jpg

 民進党は事実上、希望の党に合流する方向だが、少なくとも10月22日投開票の衆院選終了までは、政党としての民進党は存続する見通しだ。

 その背景には、民進党所属の参院議員(49人)や多数の地方議員がいることに加え、民進、希望双方の選挙資金面の事情がある。

 政党助成法は、政党交付金の交付を受けている政党が解散した場合、国庫へ返還しなければならないと規定。2009年8月結党の旧みんなの党が14年11月に解党した際には、保有していた政党交付金約12億円を返納している。

 民進に昨年1年間に交付された政党交付金は総額97億4388万円。もともと資金に不安がある希望の党はもちろん、民進党がすぐに解党すれば、希望公認で出馬する民進党候補の選挙資金もあてがなくなる。

 このため、前原氏ら一部と参院議員らが当面残って民進党を形式的に存続させ、政党交付金は事実上、希望の党の選挙活動などにあてるとみられる。民進党関係者は「今、解党すれば何十億円も返さなければならなくなる。政党交付金を衆院選で活用した後で、正式に希望と合流すればいい」と語る。【葛西大博】

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E8%A1%86%E9%99%A2%E9%81%B8%E6%94%BF%E5%85%9A%E3%83%BB%E6%B0%91%E9%80%B2%E3%81%AF%E5%AD%98%E7%B6%9A%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%AE%E8%A8%B3%E3%81%AF%EF%BC%9F-%E6%B0%91%E9%80%B2%E8%A7%A3%E5%85%9A%E3%83%BB%E5%90%88%E6%B5%81%E3%81%B8/ar-AAsxX7O?ocid=iehp



◆前原氏ら一部と参院議員らが当面残って民進党を形式的に存続させ、政党交付金は事実上、希望の党の選挙活動などにあてるとみられる。だそうだが、冗談じゃない。国民を馬鹿にするにも程がある。こんなに納税者を舐め切った話は無い。白昼堂々、公衆の前で詐欺を行うような輩を絶対国政の場に送ってはならない。彼らは野党ではなく夜盗である。希望の党ではなく絶望の党だ。


▼総務省は黙ってみているつもりかニャ?


koyuki_pr_51.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小池百合子を支持しますわ

民進党を解党に追い込んだ小池百合子の人気は、すごい。

元民進党議員が小池新党の旗の下に今回の衆議院選挙で当選できても、小池百合子は、その議員を締め上げるだろう。 なぜなら、思想・価値観が違うのから。

これは当然の成り行きで、選挙後から年末までに、また、すごい波乱があるだろう。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR