FC2ブログ

また偽旗か?ラスベガス乱射事件



◆米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテル近くで1日午後10時(日本時間2日午後2時)すぎ、乱射事件があり、ラスベガス警察によると少なくとも59人死亡、確認された負傷者は527人に増え、被害者の多さで、近年の米国最悪の乱射事件となったと発表されています。

クライシスアクター4

_98102313_042134217.jpg


警察によると、容疑者は近郊在住の白人男性で、警察の突入と同時に自殺。これまで警察との接触はほとんどなかったそうですが、この犯人の身元や経歴を見ると政治や宗教にも興味がなく、犯罪履歴もない。借家やセスナなどを持つそこそこの資産家であるとのことです。しかも64歳の悠々自適の退職者がこのような大それた事件を起こすものだろうか。この事件に関してISが関与したという声明を出しているそうですが、犯人のスチーブン・パドックという男はもしかするとCIAのMKウルトラでマインドコントロールされていたのではないでしょうか。

ラスベガス震撼、史上最悪乱射殺人犯の正体、64歳のパドック容疑者はカジノ好きだった

_98115357_3b03414c-ec7b-4637-a9bc-2074e74c0e19.jpg

[10月2日 (ロイター) ]- スティーブン・パドック容疑者 (64)は、一見するとネバダ砂漠の退職者コミュニティーでの穏やかな暮らしの中に落ち着いたかに見えた。その場所は愛用のカジノに近く、2015年に新居を購入していた。


ラスベガスまでは、車で1時間。そこで容疑者は、近代アメリカ史上最悪の銃乱射事件を起こす事となる。

公的記録によると、容疑者はアメリカ西部を転々としていた。カリフォルニア州沿岸に2~3年、ネバダ州の別地域に2~3年。テキサス州では狩猟許可を所有しており、そこにも最低2~3年は居住していた。パイロット免許を取り、少なくとも1台の単発航空機が容疑者名で登録されている。

2015年初頭にこぢんまりした2階建ての家を購入

2015年初頭、パドック容疑者はメスキートはずれのほこりっぽい町に新しくできた退職者住宅地に、こぢんまりした2階建ての家を購入した。砂漠の小さな町で、ネバダ州とアリゾナ州境にまたがり、ゴルファーやギャンブラーに人気がある所だ。
「感じのいいきちんとした家で、異常な所は何も見当たりません」メスキート市警察のクイン・アベレット広報担当官は、10月2日月曜日、記者団を前にそう述べた。家の中から銃何丁かと弾薬が見つかったが、銃所有者の多いこの地域では、当たり前と見なされる程度であったという。

南西に車を1時間走らせるとラスベガスである。7月28日木曜日、パドック容疑者は、マンダレイベイリゾートアンドカジノの32階の部屋にチェックイン。少なくとも10丁の自動小銃を持ち、58人以上を殺害、500人以上にけがを負わせる乱射事件を起こす事となる。

パドック容疑者の兄弟のエリック・パドックさんは、「何が原因でこんな乱射事件を起こしたのか皆目見当がつかない、家族は戸惑うばかりです」と、電話インタビューで答えている。パドック容疑者の親族が住む、フロリダ州オーランドの保安官事務所を通じ、手短かな声明文を発表する予定だと述べた。

エリック・パドックさんは、容疑者がフロリダ州中央部の湿気を逃れ、ビデオポーカーをしやすいネバダ州に引っ越すのを2年前に手伝ったと、地元紙オーランドセンティネルのインタビューに答えて言っている。最後に連絡を取り合ったのは2~3週間前で、ハリケーンのイルマがフロリダ州を襲い、停電となった件でテキストを送ったとの事だ。

自称「プロのギャンブラー」

以前の隣人であったフロリダ州ビエラのシャロン・ジュディーさんは、パドック容疑者は気さくで、自分の事をプロのギャンブラーと呼んでいた、と同紙のインタビューに答えて言った。スロットマシーンジャックポットで2万ドルを当てた写真を見せてくれた事もある、とも述べている。

警察の発表によると、パドック容疑者には前科はなく、交通違反があったのみだという。

ネバダ州メスキートに引っ越す前、パドック容疑者は、テキサス州にある同じ地名のメスキートという町に住んでいたことがあった。セントラルパークという集合住宅の管理人であったという記録がある。住宅の電話番号に応えた女性は、電話を別の管理人に転送したが、メッセージに対する返答は得られなかった。

2015年時点の記録には、パドック容疑者は独身であったと記されている。警察や公的記録によると、ネバダ州の退職者コミュニティーでは、容疑者はマリルー・ダンレイさんと同居していたとの事。ダンレイさんは、ソーシャルメディアのサイトで、自分を「カジノ専門職」と呼び、子どもと孫がいると書き込みしている。

CNNの発表によると、ダンレイさんは国外旅行中で、警察は、事件には何の関与もないものと見なしているようだ。

(ジョナサン・アレン、および以下の記者によるリポート: バーニー・ウッダル、アンジェラ・ムーン、コリーン・ジェンキンス。バーナデット・バーム編集)

http://toyokeizai.net/articles/-/191407?page=2





◆先月末から泊まり込んでカジノで博打をやっていたパドック容疑者が、夥しい数の機関銃や数千発の銃弾をホテルの部屋にどうやって持ち込んだかも謎です。フロントや、その他ロビーには多くの客の眼もありますこんな物騒なものを運んでいれば、直ぐに警備員に逮捕されます。また一人で運べる量ではないし、ポーターに運ばせる訳にはいかないでしょう。

◆容疑者がこのホテルに宿泊する前に何者かがあらかじめ、機関銃と弾薬を持ち込んでいたのではないかと考えられます。犯行直前にパドック容疑者の携帯電話に着信があり、あるキーワードが告げられると、MKウルトラが始動して窓ガラスを打ち破りコンサート会場にいる2万人に無差別攻撃をかけるように暗示がかけられていたのではないかと思われます。そしてこれらの機関銃の弾薬はすべて空砲だったのではないかという疑いも沸いてきます。

◆銃乱射の現場の様子を見ると59人が射殺され、500人以上が負傷したようには見えません。コンサート会場にいた人々は逃げまどっていますが、暗いからでしょうか弾に当たって倒れる人も見当たらずどこか間延びしたような気配があります。

ラスベガスで銃乱射!!!

E

◆600人近い人々が死傷してるというのに、パトカーや救急車の緊迫した様子がく感じられません。

ラスベガス銃撃!現地の衝撃動画!銃撃音が鳴り響く!




◆容疑者は警官隊が突入する前に自殺したといっていますが、これもMKウルトラのプログラムに組み込まれていたのだと思われます。死人に口なしです。

MKウルトラ

今回の銃撃戦はアメリカ史上最悪の事件になった、ということですが、これまで起きた銃乱射事件のほとんどが偽旗事件であった事が暴露され提案す。サンディ・フック乱射事件もボストン・マラソン爆発事件も、血だらけになって、のたうち回る負傷者は皆クライシス・アクターと呼ばれる役者さんであることが暴露されています。

_98103926_chart_mass_shootings_us.png

◆今回のコンサートも乱射事件のために開催されたもので2万人の聴衆は全員がエキストラであったとしてもおかしくはありません。

クライシスアクター

クライシスアクター2

クライシスアクター3


◆これは終りが近いNWOの焦りであるように見えます。トランプ政権にプレッシャーをかける意図もあったでしょう。これでリベラル派が再び銃規制を叫び始めることでしょうが、トランプは犠牲者に哀悼の意は表したものの、銃規制はしないし全米ライフル協会に圧力をかける積りもないと言い切っています。もしそんなことをすれば本当にトランプ弾劾が始まるのは間違いありません。

◆日本人には殆ど理解できませんが、アメリカ人にとって銃は自分と家族の命を守るために絶対必要なものであり、憲法で所持を保証された権利なのです。

マシンガン 射撃 日本もここまで出来ればな


Big Sandy 2011 SAR Promo



◆いくら銃の所持が憲法で保障されているからと云って、戦車や大砲、迫撃砲まで必要なんですかねえwww
まあ、政府を信用できないとすればこういう自衛が必要のかもしれません。
自分の命は自分で守るという信念はすごいものがあります。こういうアメリア人たちが安保法制反対、憲法改正反対と叫ぶ日本のパ翼たちを見るとどう思うでしょうか。

▼殴られるか唾をかけられるだろうニャアwww

persian-cat.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

クライシスアクターはアメリカにもいます、この襲撃前に募集もあったようです、ユーチューブにもアップされていますが何人かのアクターが被害者を装いインタビューを受けています。実際の59人も亡くなっていないし(おそらく数人の犠牲者はでたと思います、真実にみせるために)500人以上もけが人はいないようです。実際、現場も血だまりもないし、けが人も血が流れてるわけではないし。政府が国民からガンを取り上げるための儀旗だと言われています。ガンコントロール自体は賛成ですが、なぜ罪のない市民を巻き込んでまで
儀旗をしなくてはいけないのか?パールハーバーと同じやり方で、国民の支持をうけるためにどこかでスケープゴートを作っているんでしょうね。
日本もアメリカもメディアは信用できません。もちろん政府も
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR