FC2ブログ

特亜の作法www



◆トランプ大統領のアジア歴訪はまだ続いています。日本、韓国、中国とそれぞれ国賓待遇で迎えられましたが、この旅で同じような黄色人種でも日本人と特亜の民族性の違いが分かったのではないでしょうか。


トランプ氏は今中国で習近平から国賓以上のもてなしを受けているそうですが、中国人というのはまだ国際感覚やマナー身についていないようです。国賓として迎えた米国の大統領を案内するキンペーさんはオーバーコートのポケットに手を突っ込んでいます。これはマナー違反ではないでしょうかねえ。


紫禁城 



◆また子供京劇を披露するのに、イヤホーンの解説もなく事前の説明もなかったようで、この退屈な劇を延々と見せられたトランプ氏は飽きて居眠りを始めています。


固まるトランプ 


子供京劇 

退屈な京劇 

居眠り 

◆トランプに同行したテラーソン国務長官も、クシュナー補佐官も退屈しきっているようです。

もてなしというのは相手の好みを忖度して気配りすることです。


テラーソン・クシュナー 


例えば日本での晩餐会ではトランプの孫娘が好きだというピコ太郎を呼んで、座を盛り上げるような演出するなどの一寸したことが案外大きな外交的効果があります。メラニア夫人と安倍昭恵夫人の御木本真珠店訪問や、小学校で習字に挑戦するメラニア夫人は、これまでに見せたことがないほど明るいものでした。またトランプはピコ太郎と撮った写真をTwitterに乗せたそうですが、やはり日本では楽しいひと時が過ごせたのではないでしょうか。


ピコ太郎 



◆それに引き比べ、韓国を訪問したトランプ夫妻の表情はまるで仏頂面です。首脳同士握手をして、写真を撮るときだけは営業笑いを浮かべますが撮影が終わるとまた、元の仏頂面に戻ります。とにかく文在寅の狂い方が半端じゃないwwww


しかめ顔1 


しかめ顔2 


◆南朝鮮では慰安婦が日本の天皇陛下と同じ地位にあるのでしょうなwwww

文在寅はこの売春老婆をトランプと一緒に写真を撮らせ、自分が立派に反日でGJやったぞと、国民にアピールすることが目的だったのですな。日米韓が結束して北朝鮮に圧力をかけようという会談に、反日を持ち込んで来て、日本医圧力をかけるのだから、やはり正気の沙汰ではありませんね。



【報道されない事実】トランプ大統領とおばあさんの抱擁の真実!!「トランプ大統領の右手が密着拒否してるw」「あの手はうちの犬と同じだわ!」





◆トランプが、婆さんをハグしているのではなく、婆さんがトランプに握手を求めハグの態勢を強要したことが明らかです。「トランプがハグしたぞ、写真撮ったか?」というババアのドヤ顔の何と醜いことか。トランプはさぞ嫌だったでしょう。同情して余りあります。


ババ1 

ババ2A 

ババ3 

ババ4 


◆しかもこのババアが元日本軍の慰安婦だったという証言があまりにも矛盾だらけで、終戦後まで慰安婦をさせられていたというのだから嘘である証拠。文在寅はこんな嘘つきババアをトランプに引き合わせ日本を貶めることができたと思っているとすれば、底なしの大馬鹿野郎だとしか言いようが在りません。


【韓国崩壊】元慰安婦の矛盾だらけの証言をまとめてみた結果が酷すぎた!更に新バージョンの捏造も披露し勝手に自爆している模様





◆そして凄いのが晩餐会の料理です。wwwwまるで、人を呪い殺すための呪術で悪霊を呼び出す時に使う祭壇に捧げる供物としか見えないまがまがしさ。


領有権争いで日本ともめている竹島近辺のエビをわざわざ独島エビと名付けて出したようですが、トランプ夫妻は手を汚してエビの皮をむいたのでしょうか?


晩餐会 

【トランプ氏訪韓】

日本政府が韓国に抗議 米韓首脳晩餐会に元慰安婦招待と「独島エビ」 菅義偉官房長官「どうかと思う」と不快感


 政府は7日、韓国政府が同日夜に開いた文在寅大統領とトランプ米大統領の晩餐会に元慰安婦を招待し、韓国が不法に占拠している竹島(島根県隠岐の島町)の韓国側呼称「独島」の名前を冠した「独島エビ」を提供すると発表したことに対し、ソウルの日本大使館を通じて抗議した。

 菅義偉官房長官は記者会見で「トランプ大統領が日韓を最初の訪問先に選んでいる中、(北朝鮮問題で)日米韓の緊密な連携に悪影響を及ぼす動きは避ける必要がある」と不快感を示した。また、韓国側に対し慰安婦問題が最終的で不可逆的に解決したとする日韓合意の「着実な実施を求める」と強調し、日本の立場を申し入れたことを明らかにした。

 エビについては「外国が他国の要人をどのように接遇するかについて政府としてコメントを差し控えるが、どうかとは思う」と疑問を呈した。慰安婦問題や竹島に関する日本の立場に関し「米国からは完全に理解を得られている」とも強調した。

 安倍晋三首相とトランプ氏は6日の会談で、北朝鮮に対し「最大限の圧力」をかけるために日米韓の連携の重要性を確認したばかりだった。日韓間の問題を持ち出して緊密な日米関係に水を差し、米韓の距離を縮めることを狙ったような韓国の動きに対し、日本政府内には「信じられない」「韓国はいったい何がしたいのか」といった強い不快感とあきれが広がっている

http://www.sankei.com/politics/news/171107/plt1711070043-n1.html



◆これが特亜の特亜たるところです。

▼つまり特亜は世界中に不快感しか与えないということだニャア~


不快感 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

貧乏くさっw 糞まずそうだw 庶民のように手でエビを?爆笑w 臭いキムチなんかトランプさん食べるんか? 笑えるwww

朝鮮人の恨のDNAの恐怖

【恩をアダで返す朝鮮人のDNA】キム・ソンス君の証言【終戦時の和夫さん一家殺害事件】・・・2002年3月に、韓国で出版された、金完燮(キム・ワンソプ)著「親日派のための弁明」(邦題2002年7月、草思社)がある。この本は、韓国で有害図書の指定を受け、発禁処分となった。 この本の中に、「キム・ソンス君の証言」という「終戦時の実話」がある。・・・朝鮮人の貧しい小作人が「食べ物がない」と泣きつけば、喜んで食べるものを分けてやり、村で誰かの葬儀があれば、家族総出で駆けつけ、食事の支度をし、自らも慟哭して、悲しみを分かちあった。和夫さんは、朝鮮人への温かい愛情をもつ道徳的な人間だった。 和夫さんは、行き場のない孤児を見つけると、自宅に連れ帰って面倒を見ていた。その数は、5年たつと、私設の孤児院規模にまで増えた。和夫さん夫婦は、これら孤児を家族のように愛し、自ら喜んで彼らの父と母を自称した。和夫さんの家族は、自分の家族のように朝鮮人を愛し、また、朝鮮人の反日感情の「恨」の文化と協調したのか、朝鮮総督府の統治に憤慨するような家族だった。 しかし、彼らは、日本の天皇が降伏宣言をした1945年8月15日、自分が育てた朝鮮人の孤児13人の手にかかって凄惨に殺害された。 ■事件の詳細・・・その日、和夫さん夫婦が実の子のように育て、東京帝国大学に留学させた朝鮮人Aを中心に、和夫さんの家で教育を受け、成人する20歳まで育てられた朝鮮人の青年達13人が、クワ・カマ・ツルハシ・シャベル・スコップ・斧をもって、和夫さんの家に押しかけた。 和夫:(穏やかな目で)なんで、こんな乱暴なことを、子どもたちよ。 A:チョッパリ! 日本へ失せろ、失せちまえ。 B:●ね、チョッパリ(豚の足の日本人)、シッパルノマ(クソ喰らえ)!  間髪入れずクワが、和夫の後頭部に振り下ろされると同時に、数多くのスコップと斧が彼の体をずたずたに引き裂いた。このとき、和夫さんの妻が暴行される恐怖を忘れて飛び出してきた。虐殺を黙って見ていたCは、和夫さんの妻を見るなり、彼女の長い髪をつかみ、庭の奥まったところに引きずって行って強姦した。そして、なんと、その和夫さんの孤児達13人は、1週間前まで「お母さん」と呼んでいた“彼女を全員で強姦し始めた。彼女は、朝鮮人の13人の青年たちによって、ひどい集団強姦の中で虐殺された。朝鮮人Dは、普段、「お母さん」と呼んでいた彼女の“全身をカマでめった刺し”にし、それでも足りずに“内臓をかき出して”撒き散らした。このようにして虐殺された和夫さん夫妻には、模範的でいい子の一人娘がいた。この小学校6年生のヒミコさんは、学校の放課後に家に帰って、自分の両親の身に起きた惨状を見るなり、発狂してしまった。混乱する朝鮮半島で発狂した孤児となった日本人の「ひみこ」さんは、食べ物を乞いながら村を回ったが、朝鮮人の誰一人として見向きもせず、知らないふりをした。結局、彼女は9日後、村の橋の下でやせ衰えた死体となって発見された。

■関連リンク【史上最悪の大量殺人】バージニア工科大学銃乱射事件のまとめ【犯人は韓国の朝鮮人】~ http://matome.naver.jp/odai/2139056570091382201 2007年4月16日にバージニア工科大学で起こった銃乱射事件。33名が死亡。犯人は在米朝鮮人の韓国青年であった。

【閲覧注意】ソウル20人連続殺人事件【韓国で起きたカニバリズム事件】~ http://matome.naver.jp/odai/2139080758624574101 2003年9月~2004年7月、韓国のソウル市で起きた連続殺人事件で、犯人は、殺した人の肉を食べていた。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR