朝鮮人との接し方

◆丸山様という方から、当ブログに大変面白い投稿がありましたので、再掲させていただきます。
1910年と云えば明治43年、明治政府は現代人よりも朝鮮人の本質を詳しく知っていたのに驚きました。この明治政府通達文作成には福沢諭吉先生も参加していたのではないでしょうかwwww




朝鮮人との接し方

BN-DK916_skjapa_G_20140626040619.jpg

大日本帝国政府から朝鮮総督府への通達文書(大韓帝国議会で批准された日韓併合を、大日本帝国政府が1910年に行った時の通達文書)

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8074625.html

 一、朝鮮人には対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する
    立場であることを認識させるよう心掛けること。

 一、朝鮮人には絶対に謝罪してはならない。
    勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、
   惨禍を招く原因となる。

 一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い、決して情を
   移さぬこと。 

 一、裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖あり。

 一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の
   私物を無断借用し返却せざること実に多し。
   殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える傾向あり、重々注意せよ。

 一、朝鮮人は虚言を弄する習癖を持っているので絶対に信用せぬこと。
   公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。

 一、朝鮮人と商取引を行う際には、正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。

 一、盗癖があるので、金品貴重品は決して管理させてはならない。

 一、職務怠慢、手抜きは日常茶飯事であるので、重要な職務は決して任せてはいけない。
   食品調理、精密機械の製作等は決してやらせぬこと。

 一、遵法精神がなく規則軽視、法規無視は日常の事である。
    些細な法規違反でも見逃さず取り締まること。

 一、朝鮮人には日常的に叱責の態度で接すること。
    勝利感を持つと傲岸不遜となるので決して賞賛せぬこと。

 一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。

 一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みを抱き後日徒党を組み
   復讐争議する習癖があるので、 最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を
   示し威嚇すること。
   危険を感じたる場合、即座に通報すること。

 一、朝鮮人と会見する場合、相手方より大人数で臨むこと。武術等の心得ある者を
   最低二名から数名は随伴すべし。
   婦女子が単身及び少人数で会見することは、強姦及び秘密の暴露を言い立てての
   脅迫を受け、 隷属化を招く危険があるので絶対に避けること。
   武術心得あるか、大柄強面にして強気なる男子を必ず複数名随伴同席せしむること。

 一、争議に際して、弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。
    権威称号を称する同道者については、 関係各所への身元照会を行うこと。

 一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。子女の独り歩きは厳に戒めて禁ずべし。
   交渉に先立ち人質を取る習癖あり。
   仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、
   呼出には決して応じてはならない。

 一、不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので、関係する折には
    親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。

 一、不当争議に屈せぬ場合、近隣や職場等周辺に誹謗中傷する例多々あり。
    隣人と職場に不審者との係争を周知し、流言蜚語により孤立せらるること
    なきようにせよ。

 一、差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。

 一、無理の通らぬ場合には器物を破損し暴れ出す習癖があるから、
   日本人十名で一名の朝鮮人を包囲し制圧せよ。

 一、排便してはならない場所をよく教えること。

 一、排便、汚物取扱後は手を洗浄することをよく教え、かつ毎回確認すること。

 一、食物と汚物の区別をよく教えること。
   一旦床に落ちた食物は既に汚物であることを十分認識せしめるように。


 一、塵芥(じんがい。主に生ゴミのこと)の廃棄に関する規則を遵守するよう折に触れて
   繰り返し強く命じること。

 一、朝鮮漬の製作は厳に戒めて禁じること。

 一、調理器具と掃除道具の区別をよく教えること。

 一、食器と洗面器の区別をよく教えること。

 一、毎日入浴する習慣をよく教えること。






◆抱腹絶倒!!
実に冷徹な分析です。明治政府がこれほど事細かく朝鮮人の習性を観察し、対峙する方法を研究していたとは驚きです。一般の朝鮮人たちは両班共に犬猫以下に扱われ、動物的な生存を余儀なくされると自分が霊性を持った人間であることを忘れていたのかもしれません。

99b983892094b5c6d2fc3736e15da7d1.jpg

a11n6p6134191523325.jpg

白丁

◆だから、明治政府は、決して彼らを甘やかしてはならない、優しくしたり褒めたりすれば、相手を弱いと思い、舐め切って襲い掛かってくるし、何をするか分からない。だから両班と同じように常に下衆は怒鳴り付け威嚇し続けねばならないという結論に至ったのでしょう。

◆しかし日本が戦争に負けると、彼らは正体を現し日本中で無数のテロを行っていますが、その数の多さと凶暴性には驚かされます。

(WIKI)

a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E5%B9%B4%E8%A1%A8" target="_blank">https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E5%B9%B4%E8%A1%A8

◆少し昔はメディアも犯罪者が通名を使って居ても必ず本名を発表していました。例えば「逮捕されたのは、吉田誠二こと、朴○○」という風に通名と実名を伝えていましたが、今は通名だけで実名を伝えることはありません。これは日本のメディアや警察が完全に朝鮮人の支配下に置かれている証です。

◆彼らが日本でどんなに好き勝手なことをしようと、公安も検察もメディアも黙って見逃しています。それどころか、戦後日本の政治家は日韓議連など組織して莫大な経済援助をして見返りに女をあてがわれ、リベートを貰うようになっていったのです。そんなことをすれば増々彼らの犯罪行為に目をつぶらねばならなくなります。

◆気に入らないとゴネ、ゴネられると直ぐに金を出して機嫌を取る。それが戦後日本の政治の実態なのです。莫大な戦後補償をしても技術供与をしても朝鮮人が日本に感謝するということは一度もありませんでした。それどころか朴正煕以降の政権は日本に更なる謝罪を要求するようになり、宮沢喜一政権が韓国に騙され謝罪外交に踏み切って以来禄でもないことばかりが起きるようになりました。宮沢首相が初の外遊先として韓国を訪問し、盧泰愚大統領に何度も謝罪の言葉を口にしました。

◆河野談話、村山談話は朝日新聞のでっち上げ記事から始まったのですが日本の歴代内閣の事なかれ主義がこの談話を踏襲指摘かことが今になって消すに消せない大火になってしまったのです。更なる謝罪要求、金銭要求、慰安婦像の設置拡大、更に国際的規模の日本ディスカウントへと際限なく嫌がらせが続いていくでしょう。

◆もうそろそろ明治政府の通達、先人の教えに立ち戻って対朝鮮政策を改める時です。その手始めが日韓議連の解体と、河野村山談話の見直しです。それでガタガタ云うなら、毅然として断交するべきです。

▼丸山様、ご投稿有難うニャア~


BDEIxcVL_20170108181319.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

収賄罪を不問にする永田町

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という国会議員たちの空気で収賄罪に平然と手を染める与野党の「犯罪者」たち。

獣医学部を阻止したい獣医師連盟からの賄賂金額

1.玉木雄一郎(希望)100万円 2012年12月 7日
2.福山哲郎 (立憲)100万円 2010年 8月31日
3.芝 博一 (民進)100万円 2010年 8月31日
4.石破 茂 (自民)100万円 2012年12月27日
5.逢坂誠二 (立憲) 10万円 2014年12月 4日


★ http://netgeek.biz/archives/106585

日本維新の会は、「斡旋収賄罪の犯罪者だ」と発言した足立議員を「厳重注意処分」とした。 

与野党の圧力に屈した足立議員は、「発言の謝罪をしたが今後も疑惑を追及する」と述べた。

「国会対策」という「談合」で、国会議員の収賄罪等の犯罪行為をもみ消す「永田町の汚職を看過する慣行」には、ウンザリします。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR