非効率な民主主義



◆改憲か護憲かの与野党の議論は63年間続いてきましたが、朝鮮半島有事と東南シナ海で覇権を拡大する中国の野心の前で、日本にはそうした不毛な議論をしている余裕がなくなってきました。それを踏まえて自民党では改憲論議が進められています。しかし相変わらず自民党内にも民進党や立憲民主にようなパ翼がいて、憲法9条1項と2項を死守するという現状認識や危機感が全く欠如したアホウドリが大勢います。

憲法でも

◆改憲原理主義だったはずの安倍首相でさえ連立を組む公明党に遠慮して、1項2項を残したまま自衛隊を明記するというような弥縫策を提案しています。

◆憲法9条1項は「国権の発動たる戦争よ、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段として永久にこれを放棄する」と戦争放棄をうたっています。そして9条2項では「陸海軍その他の戦力は保持しない」と戦力不保持を歌っています。

1項2項を残したまま自衛隊をどう位置づけるのか甚だ疑問です。条項に照らし合わせると自衛隊は明らかに憲法違反です。自衛隊はどこから見ても立派な軍隊です。一項と2項を維持しながら安倍氏はこの矛盾をどう解決するつもりなのでしょうか。

憲法改正の焦点は自衛隊 自民党が中間とりまとめ(17/12/20)



◆自民党憲法改正推進本部長の細田博之氏は、この問題は長い時間を取って丁寧に議論を進めて参りたいなどと、コメントしていましたが、もう63年以上時間をかけて小田原評定をやってきました。いい加減にしないと「籠城」か「出撃」か 「降伏」か「決戦」かで言い争っているうちに秀吉勢に囲まれ打ち滅ぼされた北条氏同様、日本国は南北朝鮮と中国の連合軍に囲まれ抜き差しならない状態になる恐れがあります。

◆パ翼には危機意識が欠落したアホウドリのような輩が蝟集しています。憲法9条が日本を守ってくれた、これからも永遠に戦争放棄を叫び続けるというのですがソ連や中国の危機から丸腰の日本を守ってくれていたのは米国であり、安保条約のお陰だったのです。

宮崎哲弥「日本は憲法9条で守られてるというのは嘘」【憲法改正問題討論】



◆オバマはもうアメリカは世界の警察官ではないと言い、トランプはアメリカファースト一点張り。日米安保がある限りアメリカは日本を守る積りだが、防衛戦の主体は日本である、日本が戦わないなら、アメリカは助太刀はしない。
また、日本も核武装してはどうだとまで言っています。
米ソの冷戦が終り、中国が軍事力と経済力で台頭し、世界の脅威になっています。時代はすっかり変わったのです。
憲法も還暦を超え現実に合わなくなっているのに、いまだにオウムのようにセンソウハンタイ、アンポハンタイ、カイケンハンタイと馬鹿の一つ覚えのように叫ぶ老害が多い。

◆羹に懲りて鱠を吹くという言葉があります。敗戦の悲惨さを身をもって知る世代にとっては「2度と戦争は御免だ」とアレルギー反応があるのは分るが、日本の周辺に何が起きようとしているのか確かめもせず、ただお題目のように反対を唱えるのは現実的ではありません。

◆9条死守という一派は中国や北朝鮮の工作員であり、日本国籍を持っていれば参政権があり日本の政治を内部から崩壊させる頃が可能になります。民進党,立憲民主などに彼らがひしめいています。これが民主主義最大の恐ろしいところです。いくら中国や北朝鮮のスパイであっても国会議員であれば各省庁の最高機密を引き出せるのです。

◆そしてまた、喫緊の課題であっても彼らが反対すれば政策は実現できないのです。多数決で物事を決めなければならない民主主義は、現代社会が引き起こす様々な問題を素早く解決することはできないのです。

◆かつてイギリスの首相であったウィンストン・チャーチルは民主主義を評してこう述べています。
「民主主義は最悪の政治形態だ。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治形態を除けばだが」と民主主義の非効率を指摘しています。

◆この非効率な民主主義に加えて最近では、男女共同参画社会そして、ポリティカル・コレクトネスとダイバーシティという味噌と糞を一緒にホイップしたような嫌らしい思潮が社会の表層に流れ出ています。LGBT万歳!同性婚万歳!外国人に参政権を!多様性万歳!あらゆる異端が自由・平等・博愛の理念が基本の民主主義に注ぎ込まれ練り合された悪魔の申し子たちが、狂ったように自由と権利の雄叫びを上げています。

◆残念ながらこれで政治では重要な案件は何も解決出来なくなってしまいました。憲法改正はもとより、年金、医療費削減、消費増税のような国民に負担を強いるような政策は特に嫌われ政権打倒のシュプレッヒコールが起きることは必定。

◆民主主義はどんな少数意見も聞き入れなくてはならず、利害関係の調整に手間と時間をかけなければならないので優先順位をつけるのが至って困難になります。

◆しかし民間企業ではこれは通じません。社員一人一人の意見を尊重していては企業は潰れます。企業内において「多数決」が採用されるケースは殆どなく、意思決定は多数ではなく、意思決定の権限を持った社長と重役ら一部の人間が行います。
AI IoTなどの情報網が地球をくまなく駆け巡る今、民主主義的非効率な経営では企業は生き残れません。少数者の意志決定次第で企業の存亡が決まるのです。

◆ところが政府というのは、売り上げを上げる必要がありません。
海底に底引き網を仕掛け海底の魚を根こそぎにするように、或いは巻き網、追い込み漁のようにありとあらゆる手段で企業や個人に課税しますので、放っておいても収入は自動的に入ってきます。
だから政府には企業倒産のような心配がありません。
議員と称する人たちは国政であれ地方自治であれそれは同じです。
国民の税金でぬくぬくと美味しい生活ができるので、モリカケのようなつまらない民進党の質問が延々と続くのです。
官邸はそれに対しても延々と丁寧にを繰り返さねばなりません。さもなくば傲慢だというカスゴミの非難を浴びます。
民主主義の基本に乗っ取って、なるだけ時間をかけて民主的に公平に税金を無駄に使っているのです。

◆この国会の民主主義的非効率性と被って見えるのが日本相撲協会だと思うのは私だけでしょうか。1年に6場所と地方巡業をこなせば相撲協会には莫大な興行収入が約束されています。昔から「一年を十日で暮らす良い男」とか「土俵には銭が埋まっている」と云われるほど相撲興行は儲かる商売のようです。

◆日本相撲協会もNHK(日本放送協会)も必要以上に売り上げノルマを課せられることは無いので、民間企業のような危機意識が無いのでしょう。危機管理委員会というのがあっても殆ど機能していないようで、昔ながらの馴れ合い相撲をやって来たのでしょう。相撲道に精進してきた貴乃花親方が日ごろから協会」内で煙たがられたのもこういう馴れ合い相撲に嫌気がさしていたからでしょう。


◆こういう仕組みの世界で生きていると神経が鈍感になり、世間の常識が通用しなくなるようです。


横綱・白鵬、鶴竜は減給処分 貴ノ岩関の胸中も公表(17/12/20)



◆白鵬や鶴竜をいくら減給処分にしても、大金を蓄えている両横綱が生活に困ることなどありませんし、日馬富士に引退勧告相当という処分決定の前に当人はとっくに引退しています。とにかく日馬富士一人を斬って、行化の稼ぎ頭の白鵬と鶴竜の二人は何とか残そうという協会の魂胆が透けて見えます。


◆相撲の世界は徒弟制度であり、学校と違って民主主義ではありません。強いもの勝ちの世界ですから、何より強くなくてはなりません。
そのため各相撲部屋では兄弟子が弟子を教育するために「可愛がり」と云う伝統があります。躾のために説教したり、時には暴力を振るうこともあります。

◆今から10年前にも時津風部屋で同じような事件がありました。

WIKI引用

時津風部屋力士暴行死事件まとめ【15代時津風(山本順一)】

2007年6月26日、同年春に時津風部屋に入門した少年(当時17歳)が稽古時間中に心肺停止状態となり、搬送先の犬山中央病院で約1時間後に死亡が確認された。救急車で少年を搬送した犬山市消防本部は、巡業先を管轄する愛知県警犬山署に「労働災害の可能性あり。不審死の疑い」と連絡していたが、病院の医師は死因を急性心不全と診断、犬山署は虚血性心疾患に変更して発表した。
リンチ

稽古中に倒れ死亡した少年の遺体に残された外傷や「死亡した力士はマリファナを使っていた」という証言、少年に死因の責任を転嫁する少年の師匠・15代時津風(山本順一)の発言などから、死亡した少年の両親が死因を不審に思い、地元の新潟に遺体を搬送し、同月28日、新潟大学医学部で公費承諾解剖を実施したことから暴行の事実が発覚した。

検察側の主張によると、少年が稽古や人間関係の厳しさから部屋を脱走したことに15代時津風が憤慨し、6月25日にビール瓶で額を殴り、さらに数人の力士に「かわいがってやれ」と暴行を指示したとされる。翌26日も通常は5分程度のぶつかり稽古を30分ほど行い、少年が倒れた後も蹴りを入れたり、金属バットで殴打するなど集団暴行した。警察の任意取調べに対して15代時津風や数人の兄弟子力士が容疑を認めた。

親方と親

こうした事態を受け、日本相撲協会は2007年10月5日に15代時津風を解雇した。相撲協会が年寄を解雇したのは1997年1月の16代山響(元小結・前乃臻)以来2例目、部屋持ち親方としては史上初のことであった。なおその後、2010年の大相撲野球賭博問題でも部屋持ち親方が解雇されている。

2007年10月9日、解雇された15代時津風こと山本順一(以下、山本)の後継として部屋を継承するために時津海正博が急遽現役を引退して、16代時津風を襲名した。

時津海の引退と年寄襲名により、日本相撲協会は平成19年11月場所番付に於いて、引退した時津海が位置する予定であった西前頭11枚目を空位にするという措置を取った。これは時津海が年寄時津風として番付に掲載されることにより、番付上の重複を避けるためである。幕内の番付で空位が発生したのは、一部年寄の専横に抗議の声を上げ、1873年(明治6年)11月場所番付で力士名を墨で塗り潰された当時の東京相撲関脇・小柳、前頭筆頭・高砂以来、実に134年ぶりという珍事となった。

愛知県警は死因特定の遺体の組織検査の結果、長時間にわたる殴打や圧迫を受けて壊死した筋細胞から、血液に漏出したミオグロビンやカリウムが、通常よりも高い値で検出され、これが挫滅症候群の症状を示すものだったため、死亡の原因になったと判断した。火の点いた煙草を押しつけたと思われる火傷の跡などもあり、暴行と死亡との因果関係が立証されたため、2008年2月7日、山本と少年の兄弟子3人を傷害および傷害致死容疑で逮捕した。また遺族に無断で遺体を火葬しようとしたことも発覚しており、暴行の事実を隠蔽しようとした疑いがもたれた。また、同年2月29日に、これとは別の兄弟子3人(うち1人はこの時点で引退済)が、愛知県警に書類送検された。

兄弟子の1人は自身の公判において、脱走した少年を連れ戻した父親が部屋にとどまることを懇願した2007年6月20日、少年は部屋の屋上で喫煙し吸い殻を階段から投げ捨てており、日頃から近隣住民の苦情を受けていた山本の妻がこれに憤慨し暴行を指示したと証言している。
なお、この暴行の際十両以上の力士は不在だったとされている。

リンチ

逮捕に際し大相撲主催者であり部屋の上部団体に当たる日本相撲協会は

一定の反応は示したものの、のちに平常通り活動を行っている。なお、力士への稽古指導が刑事事件へ発展したのは、日本相撲協会が発足して以来初めてのことである。

日本相撲協会による事情聴取についてマスメディアが駆け付けた際に時津風部屋所属力士が憤慨しカメラマンに暴行する事件も発生している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%82%E6%B4%A5%E9%A2%A8%E9%83%A8%E5%B1%8B%E5%8A%9B%E5%A3%AB%E6%9A%B4%E8%A1%8C%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6




◆不思議なことに17才の少年を撲殺した3人の兄弟子たちは殆ど執行猶予付きで保釈され。解雇された時津風親方には退職金が支払われましたが、5年の実刑が決まりました。

◆相撲協会の危機管理委員会は10年前のこの事件を教訓とせず、また再び同様の事件が起きてしまったのです。
とにかく相撲協会の隠蔽体質は酷いようで、八百長・相撲賭博・時津風部屋力士暴行死事件、と同じように隠蔽される事を恐れて、貴乃花親方は警察への被害届を優先させたのではないでしょうか。
貴ノ岩の事情聴取を貴乃花親方が拒否したのは、貴ノ岩が協会の圧力に屈して、大したことではなかったかのようにされる事を懸念するからだと思います。 相撲は国技なので業界で不祥事が発生しても協会がもみ消すので警察沙汰にはならないと云われています。

◆政界や角界が何の問題も解決できないのは内部の利害関係が対立し、非効率な民主主義の原則が働いているからだ云えるのではないでしょうか。貴乃花親方には気の毒ですが、談合、馴れ合い、野合を繰り返す政界、角界を含めて改革は無理でしょう。
自己決定能力を失った組織は崩壊するしかありません。
チャーチルは「民主主義は最悪の政治形態だ。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治形態を除けばだが」と云いましたが、衆愚政治であっても中国や北朝鮮のような独裁政治よりはましかもしれませんね。

▼もうすぐ神の摂理で政治が行われる時代がくる、それまでの辛抱だニャア・・・

ブルーの眼



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中国共産党・朝鮮労働党による「対日政治工作」

日本社会の中にいる反日の朝鮮人や、相撲協会の八百長の腐敗は、日本社会が正義と真実を尊重する健全な社会でなくなったた、起き易くなっています。 健全な社会でなくなった原因は、中国共産党・朝鮮労働党による「対日政治工作」にあります。

中国共産党・朝鮮労働党が、日本人に知られては困る日本人の「現状」は、次のものです。

① 中国・北朝鮮の武装勢力が、民間人に偽装して日本国を武力攻撃したり侵略した場合、自衛隊は対応できない。

② 中国・北朝鮮の武装勢力が、自国の国旗を掲げても、自衛隊には交戦権がないため、防衛出動をして敵に向かって威嚇射撃するか、日本人に「避難してください」という誘導しかできない。

③ 日本のテレビ・マスコミは、中立公正な報道をしておらず、中国の「三戦」(世論戦・心理戦・法律戦)に沿って報道されている。

④ 中国・北朝鮮と癒着している日本の国会議員が多くいる。民進党・公明党などに集中している。

⑤ 日本国内には数万人規模の中国・北朝鮮の工作員(スパイ)が活動しているが、日本人には、この諜報活動・政治工作を禁止し、取り締まる法律がない。

創価学会と労組の凶悪性

80万人の労働組合員を擁する日本最大の地方公務員の労働組合「全日本自治団体労働組合(自治労)」」を徹底的に取材し、その実態を明らかにした本『自治労の正体』(扶桑社新書・820円)を読みました。著者の森口朗さんは東京都庁の元職員で、現在は教育評論家です。『いじめの構造』『日教組』『戦後教育で失われたもの』(新潮新書)という著書があります。

この本を読んで、自治労の強大な力に驚き、「私たちの税金が、自治労によって、こんなに無駄に使われているのか」という憤りを禁じえませんでした。『自治労の正体』を読んで、2009年9月に成立した民主党政権は「自治労の、自治労による、自治労のための政権」であったことを知りました。そして、安倍政権が2012年12月に成立して5年が経ちますが、改憲が進みません。改憲が進まない原因は、創価学会を母体とする公明党と、労組の自治労・日教組の暗躍にあります。 創価学会と労組は、いずれも、日本人のフリした朝鮮人が支配する中国・朝鮮のための反日組織です。

注意すべし

【 大日本帝国陸軍の朝鮮兵に対する注意書き】    
一、朝鮮人には、食事に際し、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を好きなだけ使わすこと。
一、朝鮮人の頭や体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。
一、朝鮮人には、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。
一、朝鮮人は、危険な状況下で銃を投げ捨てアイゴー!(哀号!)と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で 一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。

【米軍による韓国兵の扱いマニュアル 】
1.朝鮮人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。     
2.朝鮮人が命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.朝鮮人が同じ失敗をくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.朝鮮人の理屈は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.朝鮮人に身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。 但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.朝鮮人の相手を3才児と思い、信用したり、頼りにせず、重要な仕事は任せるな。

【 旧ソ連共産党による朝鮮の扱い方 】
1.朝鮮人は、頭痛の種になるだけだから、関わるな     
2.朝鮮人は、手段を選ばぬキチガイ揃いだから関わるな
3.朝鮮人と関わると、こっちが痛い目に遭うから関わるな   
4.朝鮮人と関わってしまったら、ウォッカ飲んで忘れよう


プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR