追悼西部邁先生



◆西部邁氏は何時までもアメ公に支配されるジャパ公が情けなくて仕方がなかったんでしょうね。

追悼

「哀悼 西部邁先生。」週刊西田一問一答



◆西部氏は長年に渡って憲法改正をするべく数多くの本を書き、警鐘を鳴らしてきたが、日本が何時まで経っても米国の奴隷であることから抜け出そうとせず、多くの日本人が憲法改正などに関心を示さないことに絶望し、自身の老衰もあって入水自殺を遂げたのです。政府の借金一千数百兆円はアメ公の湾岸戦争イラク戦争、アフガン戦争などの費用に充てられ、更に罪務省はアメ公のために何でもかんでも増税をしようとしています。そういう隷属国家に絶望しているのは西部氏だけではないでしょう。

◆西部氏はパソコンを使わない主義で原稿は自筆であり、手が不自由になった晩年は娘さんに口述筆記を頼んでいたそうです。確かに年を取るとパソコンやスマホには馴染みにくくなります。グローバリスト・イルミナティは大衆を洗脳操作するために3S(スクリーン、スポーツ、セックス)を奨励し、皆がゾンビの様に操られてきましたがそこにもう一つのSが加わり4Sによる、より一層強力な洗脳が始まったのです。それがスマホです。

◆民衆が政治や経済に興味を持たないように作られた洗脳道具スマホは、全員が一点凝視で家族とのコミュニケーションをも分断し堕落させるためにイルミナティが造った悪魔の道具といっても過言ではありません。西部氏はこの国はもうそこが抜けてしまっている、もう元には戻せないと云っていました。確かにここまで腑抜け状態になってしまうともう修復は出来ないかもしれませんが、時代は確実に変わっています。もう少し辛抱すればアメ公もジャパ公もハザール・イルミナティ・カバールの奴隷支配から解放されるのです。

◆そのために地下では地球レジスタンスと銀河連邦の連合軍が闇の徒党と戦っているのです。コブラはイベントは近いといっています。今少し待てば西部先生も死ななくて済んだかもしれません。




コブラ (COBRA) とは?


 COBRA は COmpression BReAkthrough (圧縮状態の突破)を略したコードネームです。通常は「圧縮突破」とも言います。日本語では「コブラ」になります。人類と地球の真実を私たちに伝えるメッセンジャーが使っているコードネームです。

なぜ「圧縮突破」なのでしょうか。

 地上は、カバールという闇の勢力によって支配されています。

 カバールが頼りにしているのは、背後に潜む悪意のETからの技術協力で維持されている「ベール」という技術です。このベールによって、地球はマトリクスという空間の中に置かれ、隔離されています。宇宙からは簡単に入れないし、地上の私たちもマトリクスの中で偽りの現実を見せられている状態です。

 まさに映画「マトリクス」に描かれている世界です。あの映画は、真実をヒントにして作られたものなのです。もちろん細かいところはいろいろ違いますが、概念は同じです。違うのは、悪意を持ったETが食料にしているのは、人間の苦しみ、悲しみ、痛み、不安、恐怖、怒りなどの負の感情です。だから、彼らは絶えず私たちを苦しみに陥れるために戦争・格差・差別とありとあらゆる問題を意図的に作り出しています。

 地上の闇に対して、宇宙から地上に向かって迫っている光の勢力と、、地下から地上に向かって攻勢を強めるレジスタンス・ムーブメントが上下から挟み撃ちしています。闇の勢力は上下から押されています。これは「圧縮」の状態です。

 包囲されたカバールはもはや逃げ場を失っています。彼らが地球上に持っていたすべてのテレポート装置はすでに無力化されています。太陽系内はすでに光の勢力が大包囲網を構えているため、彼らはもはや袋のネズミです。

 しかし、彼らはベールに大量の量子爆弾を繋いでいるため、爆弾をまず解除しないとベールは剥がせません。すべての爆弾が解除され、ベールが「突破」されると、いままでマトリクスに囚われて長い眠りについていた人類は目覚め、本来の自分を取り戻します。それと同時に、地下からのレジスタンス・ムーブメントも本格的に地上で活動を始め、上空からの味方も合流して人類の再起を手助けします。

 この「突破」の瞬間を、私たちは「イベント」と呼びます。
 つまり、COBRAという言葉は「イベント」のアナグラム(言い換え)でもあるのです。

kobura.png

 イベントによって、地球は解放され、人々は真実を知らされ、地上の悪党が逮捕され、いままで人類を支配してきた金融システムも新たに生まれ変わるなど、世の中が大きく変わります。いままで隠されてきた多くの先進技術も一般公開され、ファーストコンタクトでさらに驚異的な技術がもたらされるでしょう。これは人類が長らく待ち望んだ黄金時代への幕開けになります。そして、私たちは一気に宇宙時代に突入していくのです。 

コブラ、あなたは誰ですか?

私は誰か、それは重要なことではありません。大事なのはメッセージであり、メッセンジャーではありません。誰々だから、必ずいうことが正しいと考えると、あなたは自分で考えて判断することを放棄したことになります。それは、偉い人の言うことは必ず正しいという「権威主義」の奴隷です。

一つ一つのメッセージを常に自分で考えて判断して下さい。カバールは私たちを眠らせておきたいために、絶えず様々な嘘、偽情報、攪乱情報を流し続けています。それに惑わされないで、「あなた」はしっかりと「あなた」でいて下さい。権力者の操り人形ににならないように気をつけて下さい。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/p/cobra.html




◆スクリーン・セックス・スポーツ・スマホ、何れも人間を興奮、熱狂、没我の状態にさせるマインドコントロールの道具です。今はただ沈思黙考して時が至るのをひたすら待つしかありません。朝の来ない夜は無いのです。

▼西部先生は学者だから、コブラも銀河連邦も知らなかったんだろうニャ・・・・

物思い


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

孫正義も、密入国者の子孫でした。

【1】在日朝鮮人は、いつ、どうやって日本に入国したか?  朝鮮人管理者の多い捏造情報発信「Wikipedia日本語版」では、在日韓国人・朝鮮人と区別しているが、「韓国籍・北朝鮮籍の朝鮮人」という「民族」を、「在日朝鮮人」と一括表現しなければならない。 ●長崎県の「対馬」は、戦前から朝鮮人の日本密航の中継地だったが、今でも「しょっちゅう来る」と現地の日本人が不安がる。 日本海側の秋田県・新潟県・石川県などに北朝鮮籍の木造漂着船が2017年度には過去最多の80件(2013年度)を突破した。EUでは、シリアなどの難民が押し寄せ、2015年だけで300万人の難民がEU内に入ったが、ドイツ政府は、この情報を公開しない。●日本では、2017年上半期だけで朝鮮人を含む8561人が難民申請をした。 難民申請者の90%以上は、日本国移住が目的であり、難民認定されたのは3人だった。 ● しかし、日本国に密航して来たり、「朝鮮戦争の難民だ」と主張して日本国に不法入国し、今では合法的に居住している朝鮮人が50万人以上も存在する。 このほとんどは、韓国籍の在日朝鮮人で、彼らの入国記録からは80%以上の朝鮮人が日本入国年度不明(日本側に入国記録なし)である。日本国と韓国は距離が近く、多くの貨物船が行きかっており、戦前戦後を通じて朝鮮人を運ぶ密航船が公然と行き来していた。●戦後の日本政府の調査統計によれば、終戦した1945年8月15日以降、混乱する日本社会の中に朝鮮人20万人以上が密航し、不法入国したと推計でき、また、1950年~1953年の朝鮮戦争の時に約25万人の朝鮮人が日本国に不法入国した。

【2】朝鮮人が日本国に不法入国するのは難しくない。しかし、問題は、日本国に入国した後、どうやって彼ら朝鮮人は「在日朝鮮人」として登録できたのか? ●1948年8月13日、李承晩が大韓民国政府の樹立を宣言した。また、1948年9月9日、金日成が朝鮮民主主義人民共和国の樹立を宣言した。日本政府は、韓国・北朝鮮の建国により、日本国内の朝鮮人全員を韓国・北朝鮮に送り返す方針を決めた。これ以前にも、GHQの許可を得て朝鮮半島に朝鮮人を送り返していた。●終戦後の在日朝鮮人の人口統計を調べると、1945年から1948年までに約150万人の朝鮮人が韓国に帰国したが、日本国内には100万人以上の朝鮮人が残っていた。在日朝鮮人は、母国の韓国・北朝鮮に少しずつ帰国したが、1950年6月25日に北朝鮮が韓国に軍事侵攻し、朝鮮戦争が勃発すると、朝鮮人は母国に帰国するどころか、朝鮮半島の戦火を逃れて日本国に密航したり、難民として大量に押し寄せてきた。日本政府が、これら不法入国した朝鮮人を長崎県などの難民収容所に入れたところ、長崎県の大村収容所などで朝鮮人の暴動が頻発し、日本政府と日本人は大変な被害・損害を受けた。★★★ちなみに、ソフトバンクの孫正義の父親(自称・在日二世)は、南北朝鮮の国境にある金山から家族で日本に密入国した経緯を証言した。『(年月不詳)50~60人乗ったボロ船で山口県 長門市 仙崎に着き、家族で暮らし始めた。戦後はマッカーサーの農地解放政策で、日本人の田畑が密航した朝鮮人たちに無料で下げ渡された。・・・佐賀県・福岡県境の鳥栖駅前に移住した。日本人の名前を使って密造酒・パチンコ・サラ金で荒稼ぎし、この地で産まれた孫正義(自称・在日三世)を育てた。』→『週刊ポスト』2011年2月18号「孫正義伝」、『あんぽん 孫正義伝』2012年/小学館/佐野眞一 https://ameblo.jp/konichiwa/entry-10801253539.html

【3】韓国が朝鮮人の受け入れを拒否し、朝鮮人が日本国に定住した。1950年6月25日に朝鮮戦争が始まると、韓国政府は日本国内の朝鮮人の受け入れを拒否し、また、日本国に密航した朝鮮人の送還をも拒否した。●日本社会の中に増え続ける朝鮮人の取り扱いに苦しんだ日本政府と日本人は、1965年6月22日、日韓基本条約を韓国と締結し、「朝鮮戦争の終戦までに入国した朝鮮人には永住権を与える」事で合意した。しかし、日韓基本条約を締結した後も、朝鮮人は、どんどん日本国に密航し、条約締結後の10年間で最低でも20万人以上の朝鮮人が日本国に不法入国したとみられる。●日本国に密入国した朝鮮人は、同胞にかくまわれ、密入国罪(入管法の不法入国・不法残留、時効なし)を逃れるため、在日朝鮮人や日本人と事実婚をして子供を作り、日本国の法務省・地方自治体に届け出て密入国を帳消しにした。また、朝鮮総連・韓国民団は、永住権を持つ在日朝鮮人の養子になること等を手助けした。●この上、さらに、日本国と北朝鮮は国交がないため、朝鮮人を北朝鮮に強制送還できなかった。また、韓国政府も、南北いずれの国籍であれ、朝鮮人の受け入れを拒否してきた。●終戦の1945年から朝鮮戦争(1950~1953)の間、日本国に密入国した朝鮮人は、「戦中に日本人名に創氏改名した」「戦前戦中から日本に定住していた」「日本軍に強制連行されて日本に来た」とウソを言い張り、このウソで日本政府・地方自治体・日本人をだましてきた。しかも、東京大空襲などや敗戦時の破壊と混乱で、日本人ですら戸籍や住所の分からない人が大勢いたので、朝鮮人の日本入国記録がなくても、「密入国者」と警察当局に見抜かれることはなかった。●日本国に密航し、パチンコ事業で大儲けした過去を自慢する大物 引用:https://img-proxy.blog-video.jp/images?url=http%3A%2F%2Fblog-imgs-59.fc2.com%2Fd%2Fe%2Fl%2Fdeliciousicecoffee%2F20130711081657acc.jpg

【4】日本永住権を持つのは在日朝鮮人の一部 ●日韓基本条約(1965年6月22日)で、戦後の密入国者の朝鮮人を韓国に強制送還する事になったが、韓国側が受け入れを拒否したので、日本政府は、「韓国籍の密入国者」をも「在日朝鮮人」として取り扱うハメになった。こうして、本来であれば北朝鮮・韓国に強制送還される筈の、1945年から1965年までの「密入国者」は、「韓国籍・北朝鮮籍の在日朝鮮人」として日本国での居住権を得た。日本政府が、これらの朝鮮人を受け入れた最大の理由が、韓国政府が朝鮮人の帰国を拒否し、在日朝鮮人を捨てた事にある。朝鮮人問題は、抜け穴だらけのズサンな入管法と法務省 入国管理局の審査体制の甘さと同時に、日朝・日韓の外交問題であり、朝鮮人を北朝鮮・韓国に強制送還できなかった事に起因する。●日本社会にいるホームレスが、暴力団に戸籍を売るのが社会問題になったが、あれと同じように戦後の日本へ密入国した朝鮮人が、「日本人の戸籍」「外国人登録証」を頻繁に売買した。日本国へ密入国する朝鮮人が後を絶たないため、日本政府は1955年に指紋押捺制度を作ったが、2000年に「差別的だ」という、日本国籍を取った朝鮮人の国会議員らの要求に応じて廃止された。●指紋押捺制度があっても、これを拒否する朝鮮人・左翼活動家が大勢いた事を見る限り、『1955年に指紋押捺制度ができた後も、朝鮮人が日本国に密入国し、「日本人の戸籍」「外国人登録証」を買い、日本人などに成りすました朝鮮人が多かった』と推測される。●現在は、日本国で居住する外国人全員に、指紋押捺と写真撮影を義務化しているが、特別永住者の朝鮮人だけは除外されている。●在日朝鮮人の日本永住権は、「1945年の終戦までに合法的に日本国に入国した本人と2世」だけに与えられている。ところが、実際には「戦前戦中の密入国者の朝鮮人」「戦後の密入国者の朝鮮人」「永住権の適用されない3世以降の朝鮮人」にも、永住権があるかのように取り扱われている。●従って、日韓基本条約(1965年6月22日)で定められた永住権が適用されるのは、在日朝鮮人のごく一部である。日本政府・地方自治体・日本人は、在日朝鮮人に対する永住権の失効通知・強制送還・その他の行政措置を厳格に実行すべき時に来ている。実行しない限り、朝鮮人問題を原因とする日本人に対する詐欺・殺人等の凶悪犯罪は継続し、未解決事件は解決されないままである。
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR