銀河連盟VSダークサイドの現況



◆来るべきイベントに向けて水面下で行われている光と闇の戦いについて語られています。



(転載)






ロブ・ポッターのコブラインタビュー

ヨーダ


2月16日インタビュー
February Monthly Update, Meditation Videos and Conferences by Cobra


〇太陽系の情勢

ロブ:今、太陽系はどうなっていますか? ネガティブ存在の基地の撤去に関して動きはありましたか?

コブラ:太陽系のネガティブな存在は、キメラグループに繋がっている、最小限の数しか残っていません。今は太陽系から最後の残存者を一掃しているところです。物質的なストレンジレット及びトップレット爆弾が完全に除去されたとき、私たちは光の大きな勝利を収めたのです。(この爆弾に関しては)今はプラズマ的なものを残すのみになりました。私たちは今それらを除去しなければなりません。これは大きな進展なのです。太陽系の浄化は、うまく進んでいます。たくさんの進展がありました。


〇キメラグループの種族

ロブ:キメラグループを構成しているのは、どのような存在なのですか?

コブラ:キメラグループに属している人たちは、大部分がアンドロメダンかハイブリッドです。彼らの起源はアンドロメダ銀河の、あるセクターです。そしてオリオンに受け入れられると、オリオン座のトレーニングと言えるようなものを経て、彼らは闇のオリオン・ドラコ・レプタリアン帝国の一部になりました。彼らは基本的にその帝国を乗っ取りました。彼らは長期にわたり、オリオン・ドラコ・レプタリアン帝国の統治者、ハンドラーだったのです。彼らは技術的にも科学的にも、その帝国で一番進んだ者たちでした。だから彼らが最後まで残っているのです。だから彼らには最新鋭の防御システムがあるのです。

ロブ:ということは、アルファ・ドラコニアンを操っているトップはアンドロメダンなのですね? (はい)。 アンドロメダ銀河は大きな銀河ですが、アンドロメダンにはどんな姿をしている人たちがいるのですか?

コブラ:アンドロメダは、多数の恒星系を持つ闇の銀河です。人々の姿を一般化することはできません。キメラグループは人間の形をしている存在です。もともと人間のような姿をしています。レプタリアンのタイプではありません。惑星地球で人体を持つ者たちは、道を歩いていても人間と見分けがつきません。


〇地上のカバールとキメラの繋がり

ロブ:地上にいる高位のカバールメンバーは、まだキメラと連絡しあっているのですか?

コブラ:残念ながら高位のカバールメンバーはそうしています。私は具体的に邪悪な四人組について言っています。


〇闇の作戦は別の場所でも進行しているのか

ロブ:この銀河のどこか別の場所でも、キメラ・レプタリアン・オリオン・ドラコによるネガティブな作戦が進行しているのですか?

コブラ:ノー、ノー、ノー。この太陽系が最後で、(地球が)実際解放すべき最後の惑星です。

ロブ:オーケー。「太陽系は完全に隔離されたのですか?」

コブラ:決して完全な隔離状態ではありませんでした。非常に厳しい条件のもとでも、限定的な応酬は常に可能でした。こんなふうに言いましょう。この太陽系は、ここ25,000年の間、大部分がオリオン・レプタリアン・ドラコニアン複合体の支配下にあった、と。

ロブ:とはいえ、特定の惑星には何の力も及ばなかったし、高い精神性を持った惑星にも影響しませんでしたよね?

コブラ:ええ、もちろんです。彼らは、高次のスピリチュアルな界層では何の力もありませんでした。

ロブ:そうです。金星では、たとえ物質界でも彼らは決して・・・

コブラ:金星の物質界、木星の月、他にもいくつかの領域では、常に光と強く結びついていました。木星の四つの大きな月とシリウス恒星系を繋ぐスターゲイトは、決して閉じられませんでした。

ロブ:光の勢力の衛星となっている、木星の四つの月の名前を今一度教えてくれますか?

コブラ:イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト。四つのガリレオ衛星、木星の大きな月です。それらは常に光の勢力の手にありました。


〇ウクライナ情勢/交渉

ロブ:最近のウクライナに関する会談について教えてください。

コブラ:いつも通り、ここでは二派が戦っています。東方連合、BRICS連合対西側カバールの戦いです。これは基本的に銀河戦争の最後の段階です。この停戦合意はとてもトリッキーなものです。もしこの合意に違反するようなことがあれば、西側カバールはそれを口実に、この地域をさらなる紛争に巻き込もうとするでしょう。まさにそれは、東方連合の避けたいところです。

しかし同時に二つのことが起こっています。一つは二派の古い争いの続き。カバールはこの停戦合意を悪用しようとしています。この合意が破られれば――そして彼らは合意が破られるように画策することもできるのですが――彼らは、この地域をさらに侵略して暴動を起こす計画を進めることができるのです。それと同時に舞台裏では、ヨーロッパが財政的にも地政学的にもBRICS連合、東方連合と、もっと深く結びつくための手はずを整えています。そのため、ヨーロッパは間もなく財政的に大きなシフトを遂げることができます。舞台裏では深いところで再構築化が進行中で、ウクライナは、このような状況全般における氷山の一角に過ぎません。

ロブ:このような会合が開かれるとき、実際は会合でどんなことが話し合われているのかと思うのですよ。実際には会合でどんなことが起きているのですか?

コブラ:たくさんのプレッシャーとストレスと交渉です。いつもうまくいくわけではありません。報道はいつでも笑顔の写真を載せていますが、舞台裏で起きている事は本当にずっと不快なことです。もちろん、その地位にある人はたくさんの内部情報を得ていますが、すべてではありません。

本当の交渉は政治家のトップ同士で行われるのではありません。プーチンとオバマが交渉します。利益に関わっている当事者グループの代表者同士も交渉します。こちらの会合は公表されることはありません。代替メディアでさえも公表されません。常に舞台裏で行っているのです。ときどきフルフォードがそのような交渉をレポートしていますが、それは深いレベルで行われている交渉です。


〇黒い貴族

ロブ:ファルネーゼ家、オルシーニ家などの最高位の黒い貴族、アルコンについて、今の状況を教えてください。

コブラ:彼らは排除されていませんが、大きく力を失っています。とても急速に力を失っています。人類史を通してこんなにも急速な下降ラインをたどることは決してありませんでした。ですから良い兆候です。


〇王族支配を支える力

ロブ: 1,500~1,600年代の状況についてお訊きします。物質的なプラズマテクノロジー、高度なテクノロジーもなかったのに、どうして王族による支配や人々を奴隷状態におくようなプログラミングを支えることができたのですか? 不可視のプラズマスカラー場テクノロジーがあったからですか?

コブラ:そのテクノロジーは存在していましたが、キメラグループは舞台裏で自分たちだけで使用していたわけで、地上の誰も考えの及ばぬことでした。王族は、自分たちの血筋を護っている強い勢力があるということしか知りませんでした。


〇カマキリ型種族

ロブ:最近、サイモン・パークスという紳士と話をしました。彼はカマキリ型種族のアブダクティーで、カマキリ型種族はアルファ・ドラコニアンの配下にありました。このように服従させられた種族はどうなったのですか? 人々も惑星も解放されたのですか?

コブラ:カマキリ型の存在は、種族全体で光の側に移りました。彼らは今では完全に光の勢力に協力しています。

ロブ:その紳士によれば、彼らは従属させられていて、人間を虐待し続けていながらも、何とかして自由になろうとしていました。

コブラ:ええ、それは本当です。何年も前に銀河連合から接触と支援を受けました。今彼らは自由で光の勢力に協力しています。


〇他種族の介入

ロブ:(高次元の評議会とは別に)過去にたくさんの、物質的次元の種族がやってきて地球の現状を理解し、それを止めるためにもっと介入し、もっと力をふるえるように嘆願したというのは本当ですか?

コブラ:多くの種族が介入したがりました。彼らは、ここでの状況がいかに複雑か理解すると、ほとんどの者たちが恐れをなしました。地球をめぐる状況は本当にきつく、本当にひどいのです。今は実際、かつてよりもずっと良くなっています。状況は実に難しいものであったし、人々は実際ここで何が起こっているのか知りませんでした。有り難いことに、今では、私たちは解放計画をとてもうまく進めていますし、最後のブレイクスルーにとても近いところにいます。


〇部分的な勝利

ロブ:地球には政治的に解放を成し遂げた地域はありますか? 南米では企業を追い出してカバールの影響をなくしたところがあります。

コブラ:部分的な勝利と言えるものはたくさんあり、世界中で起きています。しかし最後のブレイクスルーはイベントのときに起こります。これは世界規模のものであり、地域的なものではありません。


〇SwissIndo

ロブ:オーストラリアの議員にAnn Bressington という非常に勇気ある女性がいます。脅しにも屈せず、カバールに対抗して、オーストラリアでやくざな銀行幹部の信用詐欺を暴露しました。彼女は、スイシンドーに関わっています。スイシンドーの目的と、その働きについて話してもらえますか?

コブラ:金融システムのリセットを加速させようとしている多数のグループがあります。これもそのうちの一つです。ここでは細かいことに入っていくつもりはありません。


〇プラズマのストレンジレット/トップレット爆弾

ロブ:「プラズマのストレンジレット爆弾とトップレット爆弾は、爆発した場合、物質的なものと同じ現象が起きるのですか?」

コブラ:とても似ています。


〇F-16戦闘機事故

ロブ:「スペインのNATO基地でF-16戦闘機墜落事故があり、2名のギリシャ人パイロットが巻き込まれました。これはギリシャの選挙と関係していますか?」

コブラ:いいえ。


〇ナイジェリア情勢

ロブ:「現在のナイジェリア情勢はどうなっていますか? ボコ・ハラム武装集団はまだ勢力が衰えていないのですか?」

コブラ:まだ勢力があるし、活発に動いています。数週間前ほど活動的ではありませんが、状況はまったく好転していません。


〇オランダの偽旗事件

ロブ:先日オランダで人質事件がありました。このテロ事件は偽旗事件ですか?

コブラ:偽旗事件のラベルを貼ることもできますが、世界規模での重要事件ではありません。

〇キメラグループの人質

ロブ:「キメラの人質のなかには、秘密の宇宙プログラムに携わっていて、光側に渡る決心をしたり、洗脳が解かれたりした人はいますか?」

コブラ:なかにはそういう人もいます。


〇「見えないもの」

ロブ:去年12月のISISポータル活性化の後、あなたが「見えないもの」(the invisibles)と呼んでいるものの浄化は進んでいますか?

コブラ:ええ、その分野に関してはかなり進んでいます。


〇ET船は着陸できるか

ロブ:「ISISポータル活性化の後、初期異常はかなりなくなったので、今では、より安全にET船が地表に着陸できますか?」

コブラ:まだだめです。そこまでは浄化していません。


〇ストーン

ロブ:キメラはブラックストーンを保持しているのでしょう?

コブラ:彼らはそれを保持していました。彼らがそれをまだ保持しているかどうかは別の話です。

ロブ:如意宝珠の石についても話していましたね。波動が高い特別な石でした。(そうです)。小惑星だか彗星だかが落ちたものでしたっけ?

コブラ:どちらでもありません。如意宝珠には二種類あり、一つはシリウス恒星系からのものです。

ロブ:このような石には重要な意味があるようですね。象徴的な意味があるのですか、それとも実際に、意識に、そして地球の命の流れに作用するのですか?

コブラ:クリスタルは人々が認識しているよりもはるかにパワーがあります。そして、ええ、小さな石が、一つの小さな石が、適切な大きさで適切な時にあれば、地球のタイムラインを変えることもできるのです。

ロブ:ワーオ、それは非常に興味深いことです。私は最近テクタイトストーンを手にいれました。テクタイトストーンについて話してもらえますか? 誰かが、意識にはとても良いものだと言っていました。

コブラ:ええ、テクタイトは非常に重要なものです。なぜなら、様々な恒星系に私たちを結びつけてくれるからです。そしてテクタイトのなかには、様々な恒星系からきたものもあります。

(訳者:今までの情報に出てきた「ブラックストーン」は3種類です。
①衰退するキマイラグループ7月7日付;キマイラグループは黒い太陽を崇拝しています。それはギャラクティック・セントラルサンの彼らのシンボルです。彼らのリーダーは、いまだに一個のブラックストーンを持っています。それは重いトップ/アンチトップ・クォークの凝縮物の塊で、1996年にリゲルから地球に運ばれました。
②1220年、女神Isais(Isisの一面)が、シリウス恒星系の石をウンタースベルク山に持って行くよう、如意宝珠としてテンプル騎士に授けたもの。ウンタースベルク山 9月24日付
③カーバ神殿の黒石。アントワインのコブラインタビュー11月5日付)


〇ヒーリングテクノロジー/再生

ロブ:ヒーリングテクノロジーについての質問がたくさん寄せられています。「ヒーリングテクノロジーは私たちに与えられるのですか? それとも、自分たちで作り方を学んでいくのですか?」

コブラ:両方です。学びのプロセスになります。人間が自分でつくるものもあれば、適切な時に他の種族から授けてもらうものもあります。

ロブ:このようなテクノロジーは惜しみなく与えられるのでしょうね?

コブラ:ええ、お金を払う必要はありません。

ロブ:こんな類いの質問もたくさん来ています。「歯を再び生やすことができますか?」「失った手足を再生できますか?」このようなことは起きるのでしょうか?

コブラ:ええ、ある時点になれば。

ロブ:そのうちに、ということでしょう?

コブラ:ええ、そうです。

ロブ:10年以上してからですか? (いいえ)。 イベント後10年以内ですか?

コブラ:ええ、もちろん。イベント後は物事が極めて速く進んでいきます。


〇アバター

ロブ:可愛い質問がありますよ。「アバター・ボディを創れるようになりますか?」

コブラ:それに相応しい意識を持つようになった時点で可能になります。


〇割礼

ロブ:「アメリカで男の子が生まれて数日後、割礼を受けるのは、何か特別な闇の理由でもあるのですか?」

コブラ:この儀式自体が闇に由来するものであり、光の勢力はそれを支持していません。


〇宇宙全体を見渡す意識

ロブ:あなたは天の川銀河の、この太陽系が、浄化されるべき最後のエリアだと言いました。もの凄い数の銀河系と多重世界が宇宙にはあるのに、どうして銀河連邦はこのすべての状況を把握できるのですか? レプタリアンとオリオンが他の場所で同じことをしていないと、どうして言えるのですか?

コブラ:オーケー。ある意識レベルに達した者たちは、宇宙全体を、宇宙で起きていることを、良く見渡せるようになります。そしてエネルギー的に何か黒いしみのようなものを見るのです。彼らにとって、それが、何かまずいことが起きている合図になります。


〇呼吸への攻撃

ロブ:いろんな人たちが有害物質にさらされたり、呼吸に対して攻撃を加えられたりしています。これはカバールが関与しているのですか? ケミトレイルによる大気汚染は続いているのですか? 特定の場所ではいまだに汚染がひどいのです。

コブラ:ええ、状況は解決していません。そのため人々は呼吸に問題が生じているのかもしれません。原因はケミトレイルのみならず、スカラー攻撃のせいでもあります。


〇ニューメキシコの軍事施設
(訳注:ドゥルセ、サンディア、ロスアラモスが有名)

ロブ:ニューメキシコに友人がいて、彼らはそこの地下基地がどうなっているか知りたがっています。ニューメキシコの地下にはナチの要塞があるのでしょう? 

コブラ:ニューメキシコは一掃されて、アクティブな状態ではありません。

ロブ:先月か、その前の月くらいにですか?

コブラ:・・・・・・最近のことだと思います。
ロブ:ワオ、それは素晴らしい。


〇クローン

ロブ:コールド・スプリング・ハーバーの遺伝学研究所では、トップ・カバールたちのクローンがまだつくられているのですか?
 
コブラ:はい、いまでもつくられています。

ロブ:高位の者たちを逮捕する際、それは問題になるのではありませんか?

コブラ:その通りです。


〇核爆発
(訳注:対話に地名は出てこないが、ドネツクのことだと思われる)

ロブ:ベテランズ・トゥデイに、武器庫の爆発を装って小型核爆弾が使われたという記事がありました。核爆発は本当に起こったのですか?

コブラ:はい、残念ながら本当に起こったことです。

ロブ:どれくらいの人命が失われたのですか? 人里離れた場所だったのですか?

コブラ:そんなには失われていません。なぜなら、もしも大勢が亡くなったのなら、光の勢力が強く反応するはずですから。

ロブ:爆発させた狙いは何ですか?

コブラ:ほとんど心理的なものです。彼らは光の勢力の(不干渉の)限界を探っているのです。彼らは2週間くらい前にシリアでやったのと同じことをしているのです。


〇シリア情勢

ロブ:シリア情勢は今どうなっていますか? 銃撃戦や殺人など、カバールの作戦による受難がまだ続いているのですか?

コブラ:残念ながらその通りです。シリアの状況は解決されていません。ウクライナで起きていることと極めてよく似ています。同じパターンです。カバールが完全に地球から排除されるまでは、変化を期待できないでしょう。あの地域には、たくさんの癒やしが必要です。


〇エアアジア機
(訳注:エアアジア8501便の墜落事故のことだと思われる。このエアアジア機は2014年12月28日早朝、インドネシアのジャワ島からシンガポールに向かう途中で消息を絶った。後に残骸の一部が回収された。エアアジアはマレーシアに本社を置くため、マレーシアでは、マレーシア航空に続く2014年3つ目の飛行機事故と受け止められた)

ロブ:エアアジア機には何が起きたのですか? ハイジャックされたのですか?
遠隔操作されたのですか?

コブラ:はい、その通りです。ハイジャックされました。


〇イギリス/王室

ロブ:「イギリスは大きな金融ハブとして支配ネットワークの一部となっていますが、何の変化も見られません。来たる選挙ではポジティブな変化が見られるのでしょうか? 本物の候補者なんていると思いますか?」

コブラ:いいえ、それはあまりなさそうです。なぜなら(政治的変化を期待するには)時期尚早だからです。変化は政治的に起きるのではありません。変化はまず、金融システムを通して起こります。そしてカバールの犯罪を暴露することを通して起こります。それはもう始まっています。

ロブ:「イベント後もイギリスでは王室が残りますか?」

コブラ:このようなものはすべて再構築されますが、時間がかかるでしょう。人々は王室という観念に、感情的にとても愛着しています。特にイギリスではそうです。変容には時間がかかるでしょう。宗教みたいなものです。


〇ポジティブ・ミリタリーとホワイトハウス

ロブ:今この時期に、ポジティブ・ミリタリーがホワイトハウスの指揮下にいて、何か準備しているという噂があります。この噂に何か真実はありますか?

コブラ:彼らはホワイトハウスの指揮下にありません。けれども、ええ、彼らは何かを準備しています。


〇動物のグループ・ソウル

ロブ:「毎日すごい数の陸生動物が食肉用に殺されていますが、彼らの魂はどこにいるのですか? どこから来て、殺されて、どこに行くのですか?」

コブラ:転生のプロセスと同じですよ。動物はグループ・ソウルに戻ります。そして適切な時期に再び生まれます。

ロブ:人間もグループ・ソウルに戻ってから転生するのですか?

コブラ:いえ、いえ。人間は個別の命としての道をたどります。

ロブ:私の思った通りでした。オーケー、ありがとう。


〇映画「ジュピター・アセンディング」
(訳注:日本での劇場公開は3月28日から。邦題は「ジュピター」)

ロブ:あなたはこれまで、マトリックスやアバターについて話題にしたことがありましたね。他にも、フィクションでありながらも進行中の事実を盛り込んだ映画はありますか?

コブラ:最近ジュピター・アセンディングという映画が公開されました。この映画で示されているアイデアは、現実にかなり近いものです。


〇カバールの脱出

ロブ:カバールは地球から脱出しようとしているのですか?

コブラ:まだです。大量逮捕のときに脱出するのが、彼らの計画でした。これは彼らの秘密の計画でしたが、今はどこにも逃げ場所がありません。そのため彼らは問題を抱えています。

ロブ:キメラは地球から脱出しようとしましたか?

コブラ:いいえ。彼らは状況をコントロールするつもりでいます。彼らが追い詰められれば、彼らは最後まで戦うか降伏するかです。彼らもどこにも行くところがありません。

ロブ:その通りであることを願います。本当に。


〇光の速度

ロブ:科学的な質問です。「光の速度は一定ですか? もしそうでないとしたら、意識とどう関係していますか?」

コブラ:はい、真空状態では光の速度はほとんど変わりません。完全に一定ではありません。なぜなら、宇宙の大きさによって変化するからです。こう言いましょう。この時間枠では、科学者が発見した通り、彼らが20世紀に測定した通り、光の速度はほとんど一定である、と。これが、その質問に対する簡単な答えです。

ロブ:オーケー。それは物質界でのことですよね?

コブラ:ええ、物質界でのことです。

ロブ:別の次元では、意識との関係において別の方程式が成り立つのでしょう?

コブラ:高次元での光の速度は異なると言えましょう。それにフォトンの他にも光を運ぶ粒子があり、当然、速度は異なります。


〇スマートメーター

ロブ:(カリフォルニア)公共事業委員会の会長マイケル・ピーヴィーらが、スマートメーターがらみの陰謀に共謀していたことが暴露されました。それは犯罪行為に近いものであり、スマートメーターは人体に(強い電磁波で)悪影響があります。PG&E(Pacific Gas and Electric Co)の前副会長ブライアン・チェリーが関与していたことを示すEメールも6万5千通あります。誰も投獄されていませんが、これはディスクロージャーの一環と見ていいですか?

コブラ:そうです、そうです。小さな勝利が毎日たくさん起きているのです。


〇インド

ロブ:インドはもちろん、英国の強い支配下にありますが、彼らは自分たちで金融を自由化しようとしています。インドがすぐにでも金融的に解放される可能性はありますか?

コブラ:可能性は、地球の他の地域と同じです。


〇クンダリーニ

ロブ:「クンダリーニのエネルギーとは何ですか?」

コブラ:クンダリーニは光の力です。感覚をもつすべての存在にある、基本的な生命エネルギーです。


〇コンゴポータル

ロブ:「コンゴポータルは閉鎖されましたか?」

コブラ:まだ完全にではありません。


〇DNA

ロブ:私は、ジェームズ・ギリランドが受け取ったセントジャーメインの情報を聞いていました。24本鎖DNAについてです。イベント後、タキオンがベールを貫いて入ってくるし、ベール自体も取り除かれます。このことは、ヒトのDNAに自然な遺伝子変異を生じさせてDNA鎖を増やしますか?

コブラ:はい。でも、人々が理解しているような変異ではありません。それはエーテル的なマトリックスに対応してDNAが再配列することです。人々が今理解しているようなマトリックスに対してではありません。


〇アガルタ人との交流

ロブ:「イベント後すぐに、アガルタのネットワークと交流が始まり、援助を受けることができますか?」

コブラ:はい。イベント後、ある時点で。ええ、そうなりますよ。


〇銀河連邦との交流

ロブ:(イベント後は)銀河連邦との交流も始まりますね。彼らはロックスターや変わり者ではなく、情報を喜んで分け与えてくれる教師のような感じになるのだと思います。
彼らの援助について人々が話題にするのは、技術や金融面でのことですが、私が、個人的に関心があるのは、スピリチュアルなレベルのことなのです。ムーディー・ブルースが唄っているように、私たちの魂の秘密を学び、スピリットとより一層一つになることを待ち望んでいるのです。そのことについて少し話してくれますか?

コブラ:はい、もちろん銀河連合は、スピリチュアルな発達に関しても人類を助けてくれます。そして技術面でも。可能な限り――人類が吸収できる限り――の速さで援助してもらえます。


〇真実を知る

ロブ:私たちが、キメラと契約したことや支配されていたことが明るみに出てきたことで、何が期待できるのですか?

コブラ:オーケー、それは単に人々が真実を知るときがきたということです。それは基本的な要求です。そして真実を知ることは、すべての人にとって、全く基本的な権利です。そして今、真実が浮上してきているのです。

ロブ:ありがとう。光の勝利を。

コブラ:皆さんに光の勝利を。ブレイクスルーは近い。


(了)

http://nowcreation.jimdo.com/2015/03/04/%E3%83%AD%E3%83%96-%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/





◆映画「ジュピター・アセンディング」はアセンションが起きるとどうなるか、ある程度理解できるようですね。3月28日封切りだそうです。

【映画】ジュピター・アセンディング 予告編 (日本語字幕)







悪魔に魂を売ったアーティスト達


◆カネと地位、そして名声を一手に掴もうという強い野心を持った人々は、手段を選ばずその目的に向かって突き進みます。想念エネルギーは強烈ですから、ついつい悪魔の想念と同調する事があるようです

19世紀に書かれたゲーテの『ファウスト』は、彼の代表作としても知られています。

メフィストフェレス

年老いた錬金術師ファウストは青年時代のように多くの美女と快楽にふける事を毎日夢見続けています。すると悪魔メフィストフェレスがファウストの前に現れ、あなたの望みを叶えて差し上げましょう。その代わりにあなたの魂を売ってください、と言葉巧みにファウストを取り込み契約書にサインをさせます。するとファウストの身体は見る見る若返り、美女との結婚が叶いメフィストの手助けで皇帝の臣下となり、数々の功績を上げ、人生を謳歌しますが、その先には大きな墓穴が掘ってありました。
このメフィストフェレスは誘惑の悪魔とされ、神との賭けでファウストの魂を悪徳へ導こうとすると言われていますが、米国のアーティストたちは、ほとんどこの悪魔に魂を売り、悲惨な最期を迎えることになっているようです。


悪魔に魂を売ったアーティスト達



◆米国のエンタ業界はイルミナティのシンボルまみれで本当に邪悪なイメージが!

逆再生でわかる邪悪なメッセージ



イルミナティによってホイットニーは生贄に(前編)



イルミナティによってホイットニーは生贄に(後編)



◆ショウ・ビジネスの世界は全て、ルシファーとメフィストフェレスに支配下にあると思った方がよさそうです。

サイコパスに付き纏われるオバマ大統領

◆今、米国議会ではイスラエルのネタニヤフを議会に呼んでスピーチさせるかどうかで、民主党と共和党の対立が起きているようです。共和党のアンドリュー・ボーナやジョン・マケインなどは賛成ですが、肝心要のオバマ大統領が絶対拒否を続けています。
3ショット
歴代大統領はイスラエル首相に合う事を拒否するなどと言う事はありませんでしたのでこれは、本当に米国が変りつつあると見るべきでしょう。

二人の関係を描いた漫画が笑わせてくれます。オバマは、執務室でネタニヤフに会う気も無いのに、凄い数の順番待ちの札を持たせて待ちぼうけを食わしています。

順番待ち

◆冷淡なオバマに対して苛立ちを隠せないネタニヤフ。適当にあしらわれているのが伝わってきます。
got-your-back-obama-cartoons-320x191.jpg


◆ネタニヤフは病的にイランの核開発を恐れ、アメリカにイランやシリアを爆撃してくれと執拗に食い下がってきました。

netanyahu-obama-aipac.gif


しかし、オバマは承諾せず、ケリー国務長官に、やんわりと断られたのに腹を立てケリーの顔面にパンチを喰らわせた事が世界にバレてしまいました。
keri-bibi.jpg

顔面パンチ
◆そう言う事をすれば余計にオバマはネタニヤフを嫌悪し会談を持つことはありません。今や彼は世界の鼻つまみです。このイラストのように、ファッキン・ビビとホワイトハウスが中指を突きだすように自ら仕掛けているのです。

イラスト中指


◆イスラエル首相でサイコパスのネタニヤフは、戦争について同じ嘘を繰り返し、米国のネオコン・カバールの仲間と一緒に、中東の異なる国から核兵器の脅威を米国に持ち込んでいます。2002年にはイラクが核兵器などの大量破壊兵器を隠していると嘘を言い、 国際原子力機関(IAEA)が何度も何度もイラク国内を捜索しましたがそのような物は一切発見できませんでした。しかし米国のネオコン・ブッシュ政権が9,11の謀略でイラクに問答無用の攻撃をかけフセインを惨殺、イラクでは破壊の限りを尽くしました。そのきっかけを作ったのも、この病的変質者ビビ・ネタニヤフでした。

Psychopath Netanyahu Lies Again to Lead Us into World War III



◆そして今度はイランの危機を煽ります。ネタニヤフはイランが核開発していると恐れ欧米に経済制裁を求めてイランを苦境に落としていますが、2015年3月3日、米国下院で新しい制裁法案を延長するかどうかの投票が行われるそうで、非核イラン法の延長を期待するネタニヤフは、オバマが拒否するのが怖いのでしょう。医師は、この男は病気であり、早急に精神安定剤を必要とすると言っているようですが、なぜ誰もがこの男に耳を傾けようとするのでしょうか?
時限爆弾イラスト

◆ネタニヤフはイランの核攻撃による危険性は待ったなしであると、事あるごとに危機感を煽っていましたが、そんなものは赤ん坊の耳にも届かないと揶揄されています。

爆弾赤ん坊

◆イスラエルでは3月中旬に首相選挙がありますが、幾らシオニズム色が濃いユダヤ人有権者でもこのような病的な嘘吐き、サイコパスを首相にしておくのは危険だと思っているのか、この男の支持率は10%に満たないと言われています。
この坊やのように「ファッキン・ビビ!」と中指を立てている人も多いでしょう。

子供中指


◆米国とユダヤの結びつきは建国の時からで、米国自体がユダ金資本で建国されたからで、今に始まった事ではありません。フランスの秘密結社大東社から送られた自由の女神の持つ松明はイルミナティ(光輝く者)の象徴であり、エジプトの女神イシス(ISIS)と同一のものであると言われています。米国、イスラエル、イスラム国とは三位一体の関係にあると見る米です。

女神

◆米国とイスラエルは今でも、「アメリカ・イスラエル公共問題委員会」(The American Israel Public Affairs Committee=AIPAC、エイパック)という大変強力な組織で結ばれています。この組織は、強固な米イ関係を維持することを目的とするロビイスト団体、利益団体で、さまざまなユダヤ人グループより資金を得て設立されており、中東におけるユダヤ人国家イスラエルをアメリカの強大な軍事力で保護させることにあります。

この団体の前身は「公共問題に関するアメリカ・シオニスト委員会 (The American Zionist Committee for Public Affairs)」と呼ばれていました。

今では全米50州に10万人の会員を数えており、組織の年間予算は5,000万ドルに上ると言われています。この組織には次のような目的があります。





(WIKIより引用)

同委員会のホームページによれば、2006年8月現在でのAIPACの政治目標は以下の6つである。

1. ハマースに率いられたパレスチナ自治政府を孤立化させる。

2. イランの核兵器保有を防ぐ。

3. イスラエルを支援し、中東における唯一の民主主義国家を守る。

4. イスラエルを、将来の脅威[5]から守る。

5. (アメリカにおいて)次世代の親イスラエル政治指導者を育成する。

6. アメリカ合衆国議会に対し、米-イスラエル関係に関する宣伝活動を行う。


(ソース)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%85%AC%E5%85%B1%E5%95%8F%E9%A1%8C%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A






◆シオニズムと言うのは、実に陰険で利己的な不快きわまるイデオロギーです。宿主に寄生して自分たちの安全と繁栄を貪るのです。1930年代の欧州で突然ヒットラーのような独裁者が出現したのは、ドイツをはじめ欧州各国は今の米国のように国の存立が脅かされるようになっていたからです。


ドイツ国民はシオニストによって国民国家が吸い尽くされるという恐怖感から、ヒトラーとナチスの思想に共感し熱狂したのです。ヒットラー率いるナチス政権は当初全く独裁政権ではなく、民主的な選挙を経て、ナチスが第1党になれたのです。


◆ある時、一人のユダヤ人がヒットラーに「あなたは何故、ユダヤ人に残酷な事をするのですか?」と尋ねると、ヒットラーは微笑みながら「君たちと、同じことをしているだけだよ」と答えたと言われています。


◆そして今、ヒットラーの言葉と全く同じ事が、イスラエルで行われています。多くのパレスナ人を追い出し、食糧を絶ち、経済を破壊、空爆をかけ老若男女に見境なく攻撃して殺し、家を奪い、土地を奪い高いコンクリートの塀で自らの入植地を拡大しているのです。イスラエルのこうした非人道的な侵略行為に、国際的な非難は起きても、それが多国籍軍による制裁に繋がる事はなく、この厭らしいシオニスト国がこのような暴虐が見逃されているのは、背景にAIPACがあるからです。


◆米国人は今まで、これについて余りにも無知だったと言われても仕方がないでしょう。イスラエルにとっては都合のいい事ばかりですが、米国にとって何ら得することはありません。ただし、石油利権を持つロックフェラー家やブッシュ家にとっては大変な利益となっています。


◆このシオニスト・ネオコンは軍産複合体を操って中東の産油国を分割支配するため、諜報機関CIAや謀略部隊を送り込んで、イスラム教のスンニ派とシーア派の宗派対立を煽りイラン・イラク戦争湾岸戦争などのような中東戦争を引き起こし、或いはアルカイダやISISのようなテロ集団を組織して、世界に永久テロ戦争を仕掛けるような工作で、人道的に許されない犯罪を世界中に広げています。


◆最近またISISのデモンストレーションが派手に展開されているようで、数日前はエジプトのコクト教徒21人が惨殺されたという報道がありました。有志連合の空爆で弱体化したと言われるISISは、その勢力が温存されている事を誇示するためにトヨタの新車のピックアップで旗を立ててパレードをやっているそうですが、この本拠地はイスラエルにあり、戦闘で負傷した兵士はイスラエルの病院で治療を受けているようです。シリアやイラクは空爆のターゲットになりますが、イスラエルに入れば攻撃目標にはなりませんので、ISISが大勢を立て直すのはこの地で行われているのではないでしょうか。

シオニストは、他国に寄生してその国を裏から操って、自分たちの都合のよい世界を作りだそうとします。他人のフンドシで相撲を取るという言葉がありますが、彼等は相撲など取りません。その代わりフンドシを盗んで、第3者に手ぬぐいと偽って売りつけ、フンドシで人の顔を拭かせるのです。







ユダヤ人に「集団移住」を呼びかけるネタニヤフ


「テロから逃げろ」という呼び掛けに在欧コミュニティからは反発も

2015年2月18日(水)15時28分
ダニエル・ポリティ

デンマークで発生した銃撃テロで、シナゴーグ(ユダヤ教会堂)が襲われて警備員が殺害されたことを受けて、イスラエルのネタニヤフ首相は、ヨーロッパ在住のユダヤ人に対してイスラエルへの「集団移住」を呼び掛けた。

 今週開かれた閣議の冒頭でネタニヤフは、「こうしたテロ攻撃は今後も続くと予想される。すべての国でユダヤ人の安全が保障されなければならない」と語った。

 この閣議では、フランスやベルギー、ウクライナからイスラエルへのユダヤ人移民を促進して定着を支援する4600万ドル以上の予算を承認した。

 さらにネタニヤフは、「ヨーロッパ、そして世界中のユダヤ人に言いたい。イスラエルはすべてのユダヤ人にとっての故郷だ。我々の兄弟姉妹を、喜んで迎え入れる」と語り、移住を呼び掛けた。


 しかし英紙テレグラフによると、デンマークの首席ラビ(ユダヤ教の聖職者)のジャイル・メルヒオールはネタニヤフの発言について「失望した」と批判した。「テロはイスラエルに移住する理由にはならない。

移住するのはシオニズムに賛同してイスラエルを愛するからだ。テロがあったらといってどこかに逃げるというなら、ユダヤ人はみんな無人島に逃げなければならない」

 ネタニヤフは、先月パリで連続テロ事件が発生した際にも同様の発言をしている。


http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/02/post-3557_1.php





◆イスラエルにはカハネ主義という一派がいます。カハネ主義とはカハネ主義の名は、ラビ・メイル・カハネと言う人物が持っていた過激政治思想のことです。
それは「我々は神に選ばれた民であり、我々が滅びなかったのは明白な神との契約があったからだ。我々は異教徒と平等では断じてない。我々は優れているのだ」という考え方です。


◆基本的にはユダヤ民族至上主義と言えるもので、レイシズムの一種であるとみなされています。カハネ主義者は特にアラブ人、イスラム教徒を敵視しており、壁に「アラブ人どもを毒ガス攻撃しろ!」などと落書きしたり「アラブ人に死を」とアラブ人の墓に落書きしたりしています。


◆こうした行為や人種差別的思想からカハネ主義者は「ネオナチ」とも表現されているようで、穏健派のユダヤ人からも嫌われています。ビビ・ネタニヤフは究極のカハネ主義者であり、自らが撒いたカルマの刈り取りで自滅することでしょう。
いざ戦争だ

Zionism_Snake.jpg

◆安倍首相はこうしたことを知りながら、ネタニヤフと何やら取引をしたようですが、気になるところです。オバマや世界の首脳が見放したネタニヤフにわざわざ合うという事は、米国共和党ネオコンのジャパンハンドラーの生き残りに命じられたからではないでしょうか。



バレンタイン・ディ

◆2月14日はバレンタイン・デイと言う事で、デパートやケーキ屋さんでは義理チョコが大いに売れる書き入れ時です。この日にチョコレートを贈るという風習があるのは日本だけで、これを広めたのは神戸のモロゾフというケーキ屋さんでした。
チョコレート

◆モロゾフが生まれたのは1931年(昭和6年)8月。創業者がアメリカの友人からバレンタイン・デイにカードを贈る習慣があると聞いた事をヒントに、ハイカラなチョコレートの製造販売を始め、翌1932年には日本初のバレンタインチョコレートを発売したのが始まりと言われています。

◆しかし本来のバレンタイン・デイと言うのは歴史に隠れた非常に陰惨な秘話があるのです。


◆西暦3世紀、ローマ皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は戦士たる者は勇猛果敢でなくてはならず、軟弱であってはならない、女にうつつを抜かすような若者は役に立たないと、男女交際や結婚を禁止してしまいました。
kuraudeiusu.jpg

兵士

◆ところが、インテラムナ(イタリア中部にある町、現在のテルニ)のキリスト教司祭バレンティヌス(英語読みではバレンタイン)は、かわいそうな兵士たちをみかねて、極秘で男女の出会いの場を設けては結婚をさせていました。
しかし秘密は何時か露見します。それが皇帝の知るところとなったから大変です。しかも当時のローマでは、キリスト教が迫害されていました。
バレンタインノミサ
男女仲立ち


◆皇帝は、バレンティヌスに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしましたが、バレンティヌスはそれを頑強に拒否しました。そこで、投獄されてしまいます。


◆しかし、バレンティヌスは、獄中でも恐れずに看守たちに引き続き神の愛を語りました。

獄中布教


◆言い伝えによると、ある看守に目の不自由な娘がおり、バレンティヌスと親しくなりました。そして、バレンティヌスが彼女のために祈ると、奇跡的に目が見えるようになったと言われています。皇帝はその話を聞き烈火のごとく怒り、そのような妖術を使う者は悪魔であるという事で、バレンティヌスは火責め、水攻め、石打ちと無慈悲な極刑の末、首を刎ねられたのです。

処刑


彼は死ぬ前に「あなたのバレンティヌスより」と署名した手紙を彼女に残したと言われています。


そして彼が処刑されたのが西暦269年2月14日でした。


◆バレンティヌスの頭がい骨は今もローマのサンタマリア教会で大事に保管されています。

ローマのサンタマリア教会バレンタインの頭がい骨


それ以来、2月14日は若い男性が自分の好きな女性に、愛の気持ちをつづった手紙を2月14日に出すようになり、これが次第に広まって行きました。そして時代が下ると、カードがよく使われるようになり、男女がお互いにバレンタイン・カードを出すようになりました。


◆文面はバレンティヌスがしたためたように「あなたのバレンタインより」(From Your Valentine)と書いたり、「わたしのバレンタインになって」(Be My Valentine)と書いたりすることもあります。自分の命を犠牲にしてまで神の愛を伝え、実践した聖バレンティヌス・・・バレンタイン・デイは、そんな秘話があることを思い出すのもいいですね。

◆ものの本によると、3~4世紀のキリスト教徒の書物には269年2月14日に処刑されたバレンティヌスという人物は記載されていないという説もありますが、ローマ帝国がキリスト教を国教と定めて、皇帝クラウディウスの暴虐を隠蔽するために、ニカイア公会議でこの歴史を 塗り潰したのでしょう。

◆ここでも歴史は勝者が作るものという言葉が浮上します。

歴史とは王が作る物語「History=His Story」でしかないのです。


◆バレンタインディと言えば、大天使ミカエルが気になるメッセージを出していますよ。

(転載)







大天使ミカエル・・・2015年2月5日 もう十 分、それも2月14日バレンタインディまでだ

ミカエル


http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/archangel-michael-says-enough-now-time-peace-valentine%E2%80%99s-day-%E2%80%94-february-14th-2015
Archangel Michael says, “Enough!” Now is the time for Peace! Valentine’s Day ― February 14th, 2015
Channeled by Linda Dillon 02-03-15
Submitted by luisavasconcell… on Thu, 02/05/2015 – 09:57

大天使ミ カエル(AAM): それが創造、あ なた方と私たちが共に行える野心的な創造です。それに関係している全ての者と通信をすることが。ですから、それを行動として考えて下 さい。


それは内部的なしごとであり、外部的なしごとですが、行動なのです。あなた方が行っている事は行動に背を向け、あなた方が直面 している人々へのエネルギーに背を向けることです。


彼らにエ ネルギーを送り、彼らと対面し、彼らのハートと目をのぞき込み、彼らがあなた方の贈り物、解放、束縛からの解放を感じられるように平 和の息吹を送って下さい。


それを物 質ではなく、単に崩壊するだけの、灰燼に帰するフェニックスのように見て下さい。


これが本当に、灰から灰への、塵から塵への状態な のです。古い三次元のエネルギーについて語るときには、私たちは死、破壊、欠乏、製薬、貪欲、式場、苦痛、苦悩について語ってきました。


崩壊しつ つあると見られる事は貪欲、自由の剥奪、不正な法律、完全に不正な行為です。それは真実が明らかにされる崩壊であり・・・私たちは例 としてアメリカ合衆国を用います。


セント・ ジャーメインの自由、解放、幸福の追求の約束の土地・・・再生、輝き、真の青写真、回復されるパラダイム、などでしたが全ては崩壊し なければなりません


。もしそれがあなた方の内部で崩壊しなければ、もしもあなた方が”私にはその構造が必要なので、手放したくはな い、”と言うのなら、あなた方は自分に対して誠実ではないのです。


内なる革 命が起きると、蜂起も流血も必要がなくなるので、これが最も大切な部分なのです。それは恐れです。エネルギーを流れる方向に流れよう とさせないのはエネルギーを凍らせる恐れなのです。


私はあな た方を圧倒させたくないので、あなた方にポータルを通過させる息継ぎをさせることによって今始めましょう。それが既に済んだことにす るために。


あなた方 が”戦争”として考えていることを中止させる期限を設定させて下さい。それをバレンタインの日に設定させて下さい。それが良い日で す。始めましょう。


全ての聴 取者、全てのライトワーカー、全ての愛の保持者の代わりに受け入れるとあなた方が宣言しました。親愛なる皆さん、そして私たちも受け 入れます!これが今日テーブルの上に載せたリクエストなのであなた方に感謝します。

世界に於ける地球の者として、あなた方も受け入れ たのです。

あなた方 にワシントンに押しかけて欲しいとは言っていません。私はあなた方に内なる仕事をして欲しいと思っています。


息継ぎを、私の息があな た方の中を通り抜けるのを、あなた方が、単なる平和の信奉者ではなく、平和のポータルであることを感じて下さい。あらゆる事があなた 方を通じて流れられ、あなた方がそれを拡大して、送りだせるように。



翻訳 Taki



http://japonese.despertando.me/%E5%A4%A7%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4%EF%BC%92%E6%9C%88%EF%BC%95%E6%97%A5%E3%80%80%E3%82%82%E3%81%86/



不気味さ増す日本

◆近年、人類は進化するどころかどんどん退化しているようにしか見えません。ISILのようなテロ集団の残虐性を見るにつけ、人間性の欠片も無い凶暴さは一体どうすれば起きるのでしょうか。ISILのような特殊な犯罪集団でなくても、悪魔に憑依されたような冷酷非情な人間は日本にも沢山います。


◆名前も顔も知らない人々の命を無感覚に奪うような残虐な事件が頻発しています。犯人は、揃って誰でもいいから殺してみたかったと告白しています。

先日も和歌山県紀の川市後田の空き地で、小5の少年(11歳)が刺殺されりという事件があり、無職、中村桜洲という容疑者22歳の男が逮捕されました。
現場

犯人


◆昨年末、名古屋で19歳女子大生が77歳の女性を殺害するという事件がありました。女子学生は14年12月7日、自宅アパートで名古屋市千種区の無職・森外茂子さん(77)の頭をおので数回殴るなどして殺害した疑いで逮捕されたが、調べに対し「1人でやった」と容疑を認め、「幼い頃から人を殺してみたかった」などと供述しているという。


nagoya1


本人のものとみられているツイッターには12月7日に「ついにやった」と事件を示唆するような書き込みがあったそうです。このほかにも高校時代に同級生の男子に毒を盛ったと言われています。


名古屋2



この女子大生は、酒鬼薔薇聖斗事件を徹底的に研究して、少年法の適用を受けられる19歳までに願望であった殺人を成功させる積りだったという。



酒鬼薔薇聖斗事件は別名「神戸連続児童殺傷事件」と呼ばれている


1997年に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生による連続殺傷事件です。


榊原の画

同年年5月27日早朝、神戸市須磨区の中学校正門に、切断された男児の頭部が放置されているのを通行人が発見し、警察に通報。5月24日から行方不明となっていた近隣マンションに住む11歳の男児のものとわかった。耳まで切り裂かれた被害者の口には、「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」名の犯行声明文が挟まれており、その残虐さと特異さからマスメディアを通じて全国に報道されました。

声明文


挑戦状


◆そのほかにもこの犯人は須磨区の路上で小学生の女児2人がゴムのショックレス・ハンマーで殴り1人が重傷を負わせています。

同年2月10日、神戸市須磨区竜が台の公園で、付近にいた小学4年生の女児に手を洗える場所はないかとたずね、学校に案内させた後、「お礼を言いたいのでこっちを向いて下さい」といい、振り返った女児を金槌で殴りつけ逃走、女児は病院に運ばれたが、3月23日に脳挫傷で死亡しました。

◆犯人がブレザー着用、学生鞄を所持していたと聞いた女児の父親は、近隣の中学校に対し犯人がわかるかもしれないので生徒の写真をみせてほしいと要望する。しかし、学校側は警察を通して欲しいとして拒否したため、父親は兵庫県警察に被害届を出して生徒写真の閲覧を再度要求したものの、結局、開示されることはなかったそうで、この事実により、犯人逮捕後、学校側に対し、「この時点で何らかの対応をしていれば第二・第三の事件は防げたのではないか」、「結果的に犯人をかばっていたことになる」との批判が起こり、個人情報保護法や少年法自体に問題があるという指摘がなされました。

◆さらに犯人は、3月16日午後0時35分ごろ、別の小学生3年生の女児の腹部を刃渡り13センチのナイフで刺して2週間の怪我を負わせた。ナイフの刃先は胃を貫通して、背中の静脈の一歩手前で止まっていたそうです。もし静脈に達していたら、救命は不可能だったそうです。結局この犯人はこの事件で、2名を殺し、3名に重軽傷を負わせるという凶悪事件でした。


◆この犯人は1997年10月に少年院に収監されますが2005年1月1日に出所しています。二人を殺し、3人に重軽傷を負わせた重罪人が僅か7年で出所です。これが大人の犯罪であれば死刑は確実です。

酒鬼薔薇聖斗事件は、少年法の甘さを露呈しました。青少年がどんな重罪を犯しても少年法で保護され厳罰には処せられないという安心感から平気で凶悪犯罪に走るようになるのです。そう言えば、確か名古屋の19歳の殺人女子大生も酒鬼薔薇聖斗事件で少年法を学んだと言っていましたね。次の事件も同じです。



◆2014年7月26日、長崎県佐世保市で発生した女子高生による猟奇殺人事件には日本中が震撼しました。
高校1年生の女子生徒(15)が、同学年の友人 松尾愛和さん(15)の後頭部を鈍器のようなもので多数回殴り首を絞めて殺害した後、首と手を切り落とし、腹を裂き解体するという無慈悲で残虐な事件でした。猟奇殺害現場は、容疑者女子高生の一人暮らしのマンション自室だったとか。この娘は実の父親の頭をバットで殴り瀕死の重傷を負わせたという経歴があります。

◆2004年6月1日、佐世保小6女児が同級生を殺害するという事件がありました。佐世保市の市立小学校で、6年生の女子児童が同級生の女児にカッターナイフで首を切り付けられ、死亡した事件である。小学生の女子児童による殺人事件でかつ学校が舞台であり、世間に大きな衝撃と波紋を広げたのは記憶に新しいところです。
被害者の死因は、首をカッターナイフで切られたことによる出血多量でした。


◆少年法に守られているから俺は何をしても罪が軽くて済むという未成年が続出する背景には、加害者ばかり保護されて被害者の心情はそっちのけにされるという現実があるからです。殺された被害者の実名や写真は公表されますが、殺した犯人の名前や写真、住所は極秘にされるという実におかしな制度になっています。


検察、裁判官、弁護士、マスゴミなどの人権屋集団が少年保護を口実に青少年を増長させているのは事実です。こういう歪んだ法律は日本にしかあり得ないのではないでしょうか。米国の犯罪者は未成年でも写真と実名が公表されるし、凶悪犯には死刑が科せられます。


◆秋葉原連続殺人事件で犯人、加藤智弘の死刑が確定しましたが、凶悪犯罪者はまだまだいます。





勝又拓哉も…凶悪犯罪者が多い“酒鬼薔薇世代”とは
http://matome.naver.jp/odai/2140098367579580001








◆我々人類は本当にアセンションに向かっているのでしょうか?寧ろデセンションしているような気がします。モンスター・クレーマーやサイコパスのような不気味な人間が増えているのは確かですね。



◆厭な事ばかり綴って気が滅入りました。口直しに手話のできるゴリラの動画でもご覧ください。
人間に比べると、動物たちの方がよほどスピリチュアルな進化を遂げているように見えます。感動ものです。


手話で人間と話せるゴリラの“死生観”に胸を打たれる



◆ココは名優ロビン・ウイリアムズとの交流もあったのですね。

ロビン・ウィリアムズと友達の手話が出来るゴリラ「ココ」が彼の死を悲しむ!


◆次のゴリラはココではありませんが、矢張り動物園で飼育されているゴリラです。ゴリラの喧嘩はもの凄く激しいものだと言われてきましたが、まあご覧ください。

ゴリラの喧嘩 緊迫のにらみ合い・・・からの衝撃の結末



wwwww

◆世界中で一番怖いのは矢張り人間ではないでしょうか・・・・
プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR