混迷を深める地球



◆地球波動上昇の影響か看護疲れなのか分かりませんが、とにかく眠いし全身の疲労感が激しい日が続いています。

o0600032013194356733.jpg

最近は新しいチャネリング情報が途切れたような状態で、果たして地球と人類はこれまで言われているようなアセンションに向かっているのでしょうか。欧米とロシアの対立が鮮明になっていますが、これから世界はどう変化していくのか俯瞰する材料も不足気味です。こうして目隠しをされたような状態にストレスを感じている方も多いと思いますのでマシュー君とコブラの現況報告の一部を転載させていただきます。




金曜日, 9月 23, 2016

マシュー君のメッセージ(117)

マシュー君

2016年9月17日

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちから、心からのご挨拶をします。たくさんの人々の頭にある思いから始めることにしましょう。その第一は北朝鮮のミサイル発射の成功についての不安です。もしあの国が宇宙に核弾頭を発射させたとしても、あなたたちの上空を絶え間なくパトロールしている宇宙ファミリーのメンバーによって妨害されるでしょう・・他のどの国がそのような企てをしても同じです。


人道的目的からのシリアの休戦は確かに歓迎しますが、この応急的措置よりはるかに必要なのは、あの戦争で引き裂かれた国の人々を窮状から救い出すことです。平和は訪れるでしょう。しかし、敵対する宗教団体と非宗教の民間グループから生まれた敵意と不信感がそれに至るまでの紆余曲折の元になるでしょう。

前回のメッセージで話したアメリカ合衆国の大統領選挙のエネルギー的なシナリオについては、ヒラリー・クリントンが健康上の理由で選挙レースから辞退することになれば、バーニー・サンダーズをホワイトハウスに送り込む別の可能性が高まります。そのような状況への可能性が強まっても、クリントンの選挙運動に関わるシナリオが消えてなくなるわけではありません。それらの流れ(ストリーマー)のエネルギーは自然な道をたどり、情報を明るみに出すでしょう。そのようにして、彼女が大統領として失格となってサンダースをホワイトハウスに押し上げるという可能性は残ります。

9・11の真実は明らかになるでしょう。でも、イルミナティのロックフェラー分派がアメリカの政府、経済、主要メディアの支配を全て失うまではそれはありません。


あの国が、一連のハッカーされたEメールでロシアを名指しで非難し、ウラジミール・プーチンをアメリカの内政への干渉者とか、かつてソ連邦だった国々を支配しようとする独裁者だと言っているのは、政治劇であり、メディアへの記事ネタに過ぎません。プーチンは冷戦時代の復活や他国との争いを望んでいません。彼は、世界の腐敗、欺瞞、暗殺、戦争の仕掛け、貧困の助長というイルミナティの長い君臨時代を終わらせようと、政府、軍、企業、経済界で秘密裏に取り組んでいる人たちの一人です。

上昇する波動エネルギーレベルもそのような人類への災難を地球から取り除く助けをしていますが、何が起こっているのか理解しない人々には大きな混乱を引き起こしています。

あなたたちが知っているのは、文明社会の進化であり世界の変容ですが、ほとんどの人々はそれを果てしない苦しみ、断絶、混乱として見ています。そして時間がますます早くなる感覚も不安に感じています。多くの人々にとって、これは仕事をすべて終える前に1日が終わってしまい、やるべきことを大急ぎで終わらせることになるので、それでなくても高い波動エネルギーの影響でストレスになっている身体と精神にさらに負担が掛かっています。


その点で、たくさんの読者が遭遇している困難な課題について書いてきています。そして、とりわけ気づき始めている魂たちが導きを求めているのですが、ライトワーカーたちも地球のアセンションプロセスに従って増幅し続ける波動エネルギーに順応するストレスから影響されないわけではありません。僕たちが書いたストレス減少のアドバイスを繰り返す代わりに、その情報を初めて読む人たちやリマインダーとして欲しい人たちのために、僕の母にそれらのメッセージの日付を書くように頼みました。(2013年7月4日:最も広範囲にカバーしています。2008年3月23日。2009年10月10日。2013年11月20日。そして2016年3月20日:ストレスの原因と解放についてさらなる洞察を書いています。)ありがとう、お母さん。ネガティブな考えをポジティブなものに変えるのが、どのような状況でもストレスの多い感情を和らげる最も早い方法であることを強調しておきます。

「どうして波動エネルギーは誰にも同じように影響しないのでしょうか?」

実際には、波動エネルギーはあらゆる人々の個人的な性格や行動の傾向を増大させる点で、誰にでも同じように影響します。大きく異なるのは波動エネルギーに対する反応です。それは、人がそれぞれに違うからです。あなたたちは、大きさや年齢から身体の化学的組成と細胞構造に至るまで、多くの点で異なりますが、個人の反応に最も大きく影響するのは、信念、経験、関係性、態度です。

けれども人類全体についてもう一度言うと、そしてこれは最も基本的なことですが、波動エネルギーに対する反応は、心が開いているかいないかによるのです。本題からちょっと外れますが、波動エネルギーのレベルは大きく異なりますが、波動エネルギーの“成分”はいつでも大宇宙コスモスの最強のフォースである創造主の愛と光の本質部分です。

光は目に見えるもので、愛は感覚だと一般に考えられていますが、それらは一つで同じエネルギーです。そしてスピリチュアルな意味では、愛、光、愛/光は同義語です。さて、このエネルギーに心を開いている人たちは愛を受け取り、送ることで、その多様な高めるパワーを示すことができますが、そのエネルギーに心を閉じている人たちにはできません。

愛の反対は憎しみだと思われているかもしれませんが、そうではありません・・その反対は愛のないことです。

恐れも愛のないことです。恐れのエネルギーには、愛が本来持っているパワーは決してありませんが、無慈悲、貪欲、暴力、欺瞞、権力欲と支配欲をいわば“生み出す”だけの力があります。

恐れの中に生きる人たちは、スピリチュアルと意識レベルの気づきに関する限り“闇の中”にいて、恐れに満ちた状況をもたらす人たちは闇の虜です。地球のすべての人々に光を送ってほしいと僕たちが何度もあなたたちに願うのはそれが理由です・・人々が“光を見る”時のみ、心が開いて恐れを愛に変えられるのです。

どのようにしたら光を送れるのですかと尋ねられています。

人は誰でも、万能の光と愛である宇宙エネルギーのチャネラーになる能力があります。そのエネルギーを人や特別な地域、あるいは地球のすべての人々に送りたいという願いや意図がただあるだけで、自動的に、すぐ、そのエネルギーは目的とする受け取る側に送られます。あなたたちがこれをもっと改まった形でやりたいと思って、多分祈りやメディテーション、ビジュアリゼーションをするのももちろん結構ですが、必要ありません・・大事なのはあなたたちの気持ちなのです。そしてその数も実際大事です。あらゆる人々への公正さ、尊厳、繁栄があって、平和に、自然と調和して生きたいと願う人々の総合的感情が、そのような世界を現実にするエネルギーのフォースだからです。

「ニルヴァーナの人々は、異なる星占術のサインに私たちと同じように影響されますか?」

いいえ。エーテル体とニルヴァーナ自体は、あなたたちのような密度の高い肉体に影響を与えるあなたたちの太陽系での惑星間相互作用によって影響されない波動振動数で振動しています。

「自律型ロボットの開発は、私たちの将来への脅威になりますか、また人工知能がイルミナティに利用され、私たちの第四密度へのアセンションを妨げ、大量失業と社会的混乱を引き起こすでしょうか?」

産業用ロボットが広く利用されるようになると、このテクノロジーが取って代わる・・それが唯一の“脅威”です・・退屈な組み立てラインはなくなるでしょう。従業員の年齢によりますが、彼らは退職するか、もっと満足でき、金銭的にも報われる他の分野の仕事を探す準備ができます。

それは一瞬では起きませんが、地球の黄金時代のこの貴重な時期は間もなくやって来ます。新しい経済システムが支援する健康増進のための保養の必要性を社会が認めるようになれば、人々はもっと健康で幸福になり、もっと有意義に活動的に、そして豊かになるでしょう。

人工知能も暮らしを豊かにする目的で利用されるでしょう。そして、どのような人であれ、その人のスピリチュアルと意識レベルでの気づきに於ける第四密度やそれ以上へのアセンションを止める力をイルミナティが持ったことは決してありません。

お母さん、ツインソウル(双子の魂たち)についての質問をタイプしなくてもいいです・・あなたのリストから答えます。

魂の合意にツインソウルの再会が含まれる可能性は低いです。それぞれの合意は関係者すべてが恩恵を得るように生前に作られた契約の不可欠な部分です。ツインソウルは合意にあるすべての関係者たちに必要な役割を満たすことが出来ないかもしれません。

なぜなら、ツインソウルはお互いにだけしか知られないので、“紛れもない本人確認の手段”がありませんし、それはすべてのツインソウルに当てはまります。

いいえ、ツインソウルが他の魂たちに比べ特に生前や転生後にお互いの魂の合意選択や意識レベルでの決定に影響を与えることはありません。肉体を持つ文明社会のツインソウルとの再会は必ずしもカルマの完了になるとは限りません。またツインソウルであることが進化のプロセスの前進にはなりません。そうです、ツインソウルは高く進化した文明社会やその聖域の方がお互いを知る可能性が高くなります。

“ある人をツインソウルと間違える“ことは“可能性がある”というより、たいがいそうです・・以前のメッセージでも言いましたが、ツインソウルは極めて稀だからです。付け加えますが、自分がツインソウルかどうかを知りたいとか、ツインソウルの相手と再会したいという思いに捉われると、この転生で合意した選択を成就する力が弱まります。
  
 「上昇する波動エネルギーレベルに肉体が耐えられず多くの人々が死ぬことになるこのシフト(変換)について考えています。その人たちに若い子供たちがいたらどうなのでしょう?ある年齢までの子供たちはすべて地球と一緒に自然にアセンションするのでしょうか?人間がこの決定に責任を負うようになる、決まった時点があるのでしょうか?家族構成が新しい形に進化するのでしょうか?」

肉体が上昇する波動エネルギーレベルのために突然生存能力を失うと、その死は心臓疾患、動脈瘤、脳卒中や多分転倒や自動車事故によるものになるでしょう。医学的な理由が何であれ、若い子供たちは悲しみと親の喪失を乗り越えることを学びます。何世代に渡って、計り知れない数の魂たちがバランスを達成するためにこのような経験を選んできました。宇宙でもかつてないこの時代には、波動エネルギーに耐えられないために両親の一人か両方を失うかもしれないことを生前の合意は考慮に入れています。そうであれば、今のように、家族たちは医師の診断を受け入れるでしょう。
  
波動エネルギーの上昇は、心が温まることももたらすでしょう。人々は聖域(ニルヴァーナ)の暮らしや、愛する人たちとペットと確かに再会ができることを知るでしょう。テレパシー交信が開かれて、地球にいる魂たちと宇宙の別のところにいる魂たちとのクリアーな交信が出来るようになります。そして、あなたたちの社会がさらに進化すれば、惑星地球とニルヴァーナの住人たちはお互いに行き来できるようになります。
    
地球と一緒に自然に上昇すること・・あるいは、もっとよく言えば、個人的なアセンション・・は、スピリチュアルと意識レベルで成長するということで、年齢はそのファクターではありません。

30年以上に渡って、大多数の新生児たちが進化した状態で到着しています。誰でも、魂の合意で選ばれた寿命の間に肉体を持って地球と供にアセンションできるような気付きを持って成長することを選択できます。それは責任ではありません。

個人的なアセンションは惑星地球と一緒により高い密度へ旅することを必要としません・・地球が第三密度に深くはまり込んでいた数千年の間に、魂たちは進化しました。今の素晴らしい利点は、加速する波動エネルギーと、よりパワーある魂たちからの愛のサポートに多くの場合助けられて、一回の転生で第三密度カルマを完了できるチャンスなのです。

家族構成はかなりの間に進化しています。これはアセンションから見ると考慮するに値します。異人種間と異教徒間の結婚や、地域によっては同性結婚やトランスジェンダー結婚があります。

若い人たちは親が決める結婚に反抗しています。離婚した親たちが子供達の親権を共有しています。再婚によって“融合した”家族が生まれています。一部の親達は法的な立場より誓約を選んでいます。代理母と体外受精は珍しいことではありません。バースコントロール(避妊)によって結婚したカップルが子供を持たないことを選んでいます。

親から虐待されたり、放置された子供たちが他の家族と一緒か児童養護施設に住み、独身の人たちが子供達を養子に取り、人々が国を越えて子供達を養子に取っています。同じ家に三世代の家族が住んだり、家族がお互いにはるか遠くに住んだり、老年の親達が介護付き住居に住んでいるかもしれません。家族構成の取り決めには、医学的進歩によるものもありますが、もっと意味深い変化の兆候は、全員の愛情あふれるつながりと家族構成を尊重する気持ちが深まっていることです。

愛する兄弟姉妹たちへ。今起きているスピリチュアルと意識レベルの進化の先導者として、あなたたちはただ光に生きることで、地球の未来への熱意と信頼を実際に示しています・・あなたたちの波動エネルギーが上昇するに従って、世界の波動エネルギーが上昇しています。この宇宙全体の光の存在たちがあなたたちを褒め称え、無条件の愛で包んでいます。

______________________________


愛と平和を

スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

http://moritagen.blogspot.jp/




◆プーチンはやはり銀河連邦の一員としてサポートされているので、強権政治を行っているように見えても米国のカバールメンバーも」手が出せないのでしょう。


]

◆次はコブラの重大な現況報告です・




2016年10月9日付

重大な現況報告


A Major Situation Update

このレポートの内容には、人によって理解し難かったり、動揺したりする部分が含まれています。それでも公表しなければなりません。

キメラグループの掃討は続いています。キメラが太陽系内の戦争の火ぶたを切った後、光の勢力は太陽系中のプラズマ界のテリトリーを相当失いました。そしてプレアディアン艦隊はほぼ完全に退却せねばなりませんでした。

ここ数日で、いくらかのテリトリーを取り戻したので、プレアディアンは戻りつつあります。

物理的なバイオチップが完全に除去されていない事実を、これまでレジスタンスは知りませんでした。バイオチップには、レジスタンスの高度な検知及び除去テクノロジーをもってしても、ひっかからなかった部分があったのです。残念ながら、どの人も、いまだにそうしたバイオチップを少なくとも3つもっています。この3つのバイオチップは、3つの主要なプラズマ・インプラントの物理的アンカー・ポイントになっており、前頭葉と、へその上にあります。

1476097835.jpg

前頭葉のバイオチップは両目の視神経に付けられており、脳の聴覚皮質に人工シナプスで繋げられています。キメラグループは、あなたが見聞きするオーディオ・ビデオ・ストリームのすべてを、自分たちのメインフレーム・コンピューターに絶えず送っています。

そのコンピューターは常に地表の住民の活動を監視しており、プラズマ・トップレット爆弾の報復メカニズムにより、地表の住民がアガルタネットワーク、光のET存在と接触するのを妨げています。


へその上のバイオチップは、electrical current biofeedback loop entrainmentによって地表の住民の行動を効果的にコントロールできます。

プラズマ・スカラー攻撃の最中は、バイオチップの働きが活発になります。加えて、争いを生じさせて人々のバイブレーションを低下させます。


アガルタ人やSSPグループの中にも、そうしたバイオチップに感染している人たちがいます。一方、肉体-エーテル体移動を完全にマスターしている種族(レジスタンス、プレアディアン、シリアン、アークチュリアン、そしてポジティブなアンドロメダン)は、それらからまったく自由です。


以前にも述べた通り、これらのバイオチップは、キメラグループの命令により、第二次世界大戦中にナチスの強制収容所で開発されました。地球の隔離状態を維持することと、地表の住民へのコントロールを、確かなものにするためです。


シーメンスは、そのようなチップの開発に技術的ノウハウを提供した企業でした。

http://exopolitics.org/siemens-implicated-in-tracking-forced-labor-slaves-in-space/

https://rtuc.wordpress.com/2013/04/17/siemens-monopoly-with-sinister-nazi-past/


バイオチップは第二次世界大戦終結後、ヒトの間にうまく広められました。世界中の、WHOワクチン接種プログラムのワクチンに挿入されたのです。

それらのバイオチップは、1979年~1984年に技術的に大きくアップグレードしました。他にも1996年~1999年、2009年後期にアップグレードしています。2009年以降の新しいワクチンには、より新しく、より強力なバイオチップが挿入されています。

レジスタンスは、バイオチップ回路のほとんどのコンポーネントを何とかシャットダウンして除去しましたが、2016年9月1日まで検知されないものが一点ありました。それは、その日一斉にキメラによって活性化されました。すべての地表の住民とほとんどのSSPの派閥が対象になりました。レジスタンスは現在、バイオチップに残っているものをすべて除去するテクノロジーを開発中です。


また、キメラは残っているドラコの手下に、残りのスカラー・プラズマ兵器すべての起動を命じました。スカラー・プラズマ兵器は、ドラコによってほぼすべての地球低軌道衛星に秘密裏に搭載されていました。現在これらのスカラー・プラズマ光線は、地上の最も目覚めた光の戦士とライトワーカーを漏れなくターゲットにしています。レジスタンスとプレアディアン艦隊は、それらの兵器をまだシャットダウンできません。兵器がプラズマ・トップレット爆弾で保護されているからです。

1476097873.jpg


また、キメラは2001年からドイツ国内の古いナチスのコネを使って、地下基地を建設し始めました。カバールの要員をそこに退避させる計画です。彼らはまた、その基地のいくつかを、移民の波と共に欧州入りした最も狂暴な「難民」の住み処にしています。彼らは、画策しようとしている世界的紛争で、その「難民」を放つつもりです。

レジスタンスはこの状況を完全に制御しています。というのも、地下世界はレジスタンスの領土であり、こういうことを起こさせないための資源をもっているからです。闇の勢力は、決してそれらの基地を使用できないだろうし、「難民」を放つこともできないでしょう。

カバールの、そうした計画に興味を引かれた人は、ここに目撃者のレポートがあり、部分的に信頼できるものです。

http://www.christ-michael.com/leaked-official-agenda-for-the-destruction-of-germany/


私は恐怖を生み出すために上記のリンクを載せたのではありません。あなたが情報を得るためであり、それらの計画が成功しないことをきちんと知っておくためです。


現在、米露間の緊張が高まっていることに関して、プーチンは、プレアディアンから世界大戦を避けるための戦術プランを授かりました。


宇宙飛行士のエドガー・ミッチェル(訳注:2016年2月4日没)が、ヒラリー・クリントンの選対本部長、ジョン・ポデスタに電子メールを送った通り、ポジティブな地球外種族らは世界紛争の勃発を許しません。


https://wikileaks.org/podesta-emails/emailid/1802

レジスタンスによる複雑性波形解析(complexity wave analysis)ではヒラリー・クリントンが選挙で勝利する確率は65%と出ています。


下記のウェブサイトはシステム崩壊を誤って示していますが、世界金融システムはまだ崩壊間近に至っていません。

http://didthesystemcollapse.com/


東西の金/銀価格の大きな差は、カバールが中国の祝日を利用して意図的に金価格を下げた事実によるものです。その祝日休暇はゴールデン・ウィークと呼ばれており、カバールは単にその週の半ばに、金価格に打撃を与える誘惑に抗えなかったのです。

http://www.chinahighlights.com/travelguide/china-national-day.htm


休暇中、上海黄金交易所は休業していましたが、明日再開します。再開後は、東西の金銀価格は再調整されるものと思います。

http://www.en.sge.com.cn/news-announcement/announcement/540899.shtml


よりポジティブな面では、主流メディアでも多くの話題について、ソフト・ディスクロージャーが進んでいます。

地球の隔離状態

https://www.rt.com/news/358052-alien-cliques-isolate-earth/


http://nowcreation.jimdo.com/2016/10/10/%E9%87%8D%E5%A4%A7%E3%81%AA%E7%8F%BE%E6%B3%81%E5%A0%B1%E5%91%8A/





◆銀河連邦も流石にキメラ勢力の一掃には手を焼いているようで、この戦いはまだ当分終わりそうにありません。
ロックフェラーやロスチャイルド帝国が崩壊しない限り今のようなカオスは続くものと思われます。

◆地球は銀河連邦にとって貴重な自然保護星であり、悪意あるETから隔離されているような状態だと言うことですね。「地球動物園仮説」と呼ばれる理論があります。つまりポジティブなET文明が、意図的にネガティブな地球外生命体を検出して、人類を保護する何らかの理由があるという仮説です。

57c98903c36188a2408b457b.jpg

◆フェルミのパラドックスと云う学説があります。英国の物理学者エンリコ・フェルミは次のような仮説を立てました。地球外文明の存在の可能性の高さと、そのような文明との接触の証拠は皆無であると云う事の間にある矛盾のことですが、ネット時代になってUFOやETの動画などが世界中で見られるようになって、もうその存在を疑うものはほんの少数派になってきましたね。

▼米国の大統領選の決着がつく頃に、世界は大きく様変わりする気がするニャア!

スマホ猫







コブラ・ウィークリー・アセンション瞑想



関連記事:コブラレジスタンス情報:近況報告短信 2016/9/12 より

asennsyon.png


(前略)光の勢力はセントラル種族・銀河連合・プレアデス・シリウス・アンドロメダ艦隊・善意のSSP組織から構成されていますが、これは太陽系の最後の解放と宇宙からの闇の除去を締めくくる銀河戦争のクライマックスになります。ライトワーカーとライトウォーリアに対するスカラー波技術の攻撃が激化していることからも、この戦争を垣間見ることが出来ます。この状況に対して、惑星地表の光のグリッドを強化するために、今月のウィークリー・アセンション瞑想を二回追加して行うことを決めました。


ウィークリー・アセンション瞑想 / Weekly Ascension Meditation 



銀河法典 - Galactic Codex (Japanese)


▼俺は迷走ばかりしてるニャア・・・

0002.jpg

激化する世界の気象異変




◆イタリア中部で24日午前3時36分に起きた大地震で、町の4分の3が崩壊し、当局の25日に発表によると、少なくとも240人以上が死亡し、368人が負傷し、まだ大勢が瓦礫の下に閉じ込められている模様です。
米地質調査所(USGS)によると、地震の規模はマグニチュード(M)6.2。震源の深さは10キロと浅17世紀に作られたというこの町の建物は殆どが石を積み上げて作られていて耐震構造ではなかったことが被害を大きくしていると言割れています。つまり400年以上この地域ではM6以上の地震は起きていないということになります。それだけに防災意識が希薄だったのでしょう。

terremoto-lazio-umbria-24-agosto-2016-09.jpg

◆今4300人以上の救助作業員が重機や素手で、瓦礫の下の被害者を探していますが、夜を徹しての捜索の間にも、M4.7の揺れなど強い余震が起き、救助は難航しています。

wor1608240063-p1.jpg

italyquake02.jpg

◆日本でこれだけの地震が起きればすぐに消防と自衛隊が出動、重機を持ち込み手慣れた救助活動に当たりますが、イタリアにはそのようなシステムが無いようで、これでは助かるものも助かりません。

PK2016082502100165_size0.jpg

◆地震が起きたのはイタリアだけではありません。この数日アジアでも広範囲にいくつか地震が起きています。

地震ちづ





ミャンマーでM6.8の地震 バガン遺跡の仏塔に被害【UPDATE】

slide_500370_6964214_compressed.jpg

slide_500370_6964222_compressed.jpg

 ミャンマー中部のチャウ付近で8月24日午後4時4分(日本時間午後6時34分)、マグニチュード6.8の地震が発生したとアメリカ地質調査所が発表した。25日午前7時現在、産経ニュースは「少なくとも4人が死亡した」と報じている 。

震源地はミャンマー最大の都市ヤンゴンの北西約500キロほどで、震源の深さは84.1キロ。ヤンゴン駐在の日本人女性はハフポスト日本版の電話取材に対し、「ものが倒れるほどの揺れではなかったが、日本で言えば震度3から4ぐらいの揺れだった」とコメントした。

ロイターによると、タイやバングラデシュでも揺れを感じたという。

o-MYANMER-570.jpg
アメリカ地質調査所が発表した震源図

現地紙ミャンマータイムズは、中部のバガン遺跡で68のパゴダ(仏塔)が被害を受けたと伝えた。

ミャンマー2

インドのABPニュースによると、西ベンガル、コルカタ、マルダ、ビルブム、西ミドナープルでも揺れを感じたという。

SNS上には、現地の様子と思われる映像や写真が続々と投稿されている。

ミャンマー1

http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/24/myanmar-eq-2016_n_11674962.html





◆そのほか24日にはミャンマーの隣国バングラディッシュのダッカで少なくとも20人の負傷者が出ており、インドのカルカッタでも揺れが続いているそうです。

バングラデシュ

また25日にはインドネシアの沖で5,8の地震が発生しています。

◆太陽系への地球評議会のポルソムメイヤス情報によれば、巨大惑星接近、太陽活動の低下、そしてセントラルサンからのエネルギー流入などで地球の磁極が移動したり、地球自体が膨張するそうです。

部分を抜粋。

磁極移動は、2016年の8月 19日、20日に起きる地軸の揺らぎの時点では、すでに始まっていますが、本格的には2016年9月12日から始まり、最終的に北極が現在の南極の位置か ら現在の北の方角へ20度ずれた位置に収まる、11月10日まで続きます。この間平均時速約60kmの速さで極が移動します。

最初の5日間、および最終の 5日間には、磁極移動の加速、減速が起きます。時速60kmの定速で極が移動している間には、常に地面の振動が感じられる程度です。しかし、加速、減速の 期間では、マグニチュード7の地震で感じられる程度の地面の揺れが起きます。

これが世界中のあらゆる地点でおきるので、これまで地震を経験したことがない 地方では、建物が耐震構造となっていないために、大きい被害が生じるでしょう。



◆まさに予言通りのことが起きています。そのほかにも日本でも台風9号と10号、11号が実に奇妙な動きを見せています。例年の台風はフィリピン沖で発生し沖縄や九州に上陸して、日本海に抜けるか関東方面に北上するというパターンでしたが、台風9号はいきなり関東方面へ向かい北海道で暴れて消滅していますが、10号11号は関東方面に向かうかと思いきや、逆に九州方面に南下するというような動きを見せています。気象パターンが激しく変化しているようで気象庁も苦労してるのではないでしょうか。

台風

◆さらに驚くのは、昨日アメリカ全土を同時に35個のハリケーンが襲ったということですが、そのほかにも地震、落雷、山火事と激烈な気象異変に見舞われています。

竜巻

katrina03.jpg

落雷

brandstiftung_535.jpg

greensburg-kansas-tornado.jpg

2016-05-10T052748Z_1_LYNXNPEC4907I_RTROPTP_3_CANADA-WILDFIRE-SCENE.jpg

isaac2_2324406b.jpg

obama2.jpg

◆米国に寄生して戦争、麻薬、金融詐欺で世界を支配してきたカザーリアン・マフィアのカルマ解消に何の関係もない多くの一般市民が巻き込まれ、家と全財産を奪われ奈落の底へ突き落とされるのを見ると、同情して余りあるものがあります。しかし、地球の5次元への移行にはどうしてもこうした浄化プロセスを通らなければならないのでしょう。そして、被災者たちが無一物になったのも、魂レベルでは3次元への執着を断ち、5次元へステップアップの為の合意がハイアーラーキーとの間でなされて居たのかもしれませんね。

3D5D.jpg

▼なかなかアセンション出来ないのは、3次元への執着がネックになっているんだニャア~

白猫



ポールシフトに注意


◆地球の次元上昇に伴い、これから様々な異変が起きるようです。何事もなければいいのですが・・・




宇宙評議会のジャイコムメイヤス/近い将来地球に起きる事象  2016年8月9日

20151221_904289.jpg

Earth events anticipated to occur in the very near future
Jaicommeias/Council of the Universe
Chaneller:Taki Chino

私は、宇宙評議会のジャイコムメイヤスです。地球に転生しておられるライトワーカー皆さん、私にとって、ここでこのように皆さんとお話ができることを無上の喜びとするものです。

宇宙評議会は、この宇宙、およびその他の全ての宇宙に起きる事象を見守り、管理している評議会です。

今、地球は次元上昇の只中にあります。2016年7月27日 には、地球は3次元の波動から脱して5次元の波動で振動するようになりました。これによって、皆さんの中で波動上昇、次元上昇の備えができた人達は、地球 の5次元波動に同調して振動しています。そうではない人達については、地球の5次元波動には同調せず、従来通り3次元の波動に同調しているので、周囲の雰 囲気に違和感と混乱を感じているものと思われます。この非同調の期間は長くはなく、3次元にとどまる選択をされた人達は、いずれ遠くない将来に、地球以外 の3次元の惑星に移住することになりますので、違和感、混乱も、それまでのことになるでしょう。

しかし、近い将来、以下のような、地球に関する災厄的な事象が起きる可能性が高いので、皆さんには、あらかじめそれらについてお知らせをし、注意を喚起したいと思います。

1  地軸の揺らぎ

2016年8月19、20日の二日間で、天体同士の引力の影響により、10分間に0.1度の角度の大きさと速度の地軸の揺らぎが合計20回程起きるでしょう。この事象は一回だけではなく、10月半ばまでの間、何回か起きるでしょう。

texashshift[1]_11


0.1度は、地表の距離11Kmに相当します。 この揺れが10分間で起きるのですが、最高速度は時速66Kmに相当するので、遅くはありません。特にこの速度にまで達する加速度が問題です。人が倒れた りするような急激な加速ではありませんが、建設中の構造物に被害が及ぶような事故が起きる可能性があります。人や動物がパニック状態になることも考えねば なりません。

2  地球の直径の拡大

12月末以降、地球の直径の拡大が進み始め、地表には大きい割れ目が生じ、火山活動が活発化し、大きい地震が発生する可能性があります。

来年4月以降8月末までの間の4ヶ月間で、地球の直径は 12%拡大するでしょう。大亀裂、それに伴う大地震、大津波が発生するでしょう。地表の割れ目に海水が流れ込み、大海峡が構成されることでしょう。各大陸 には数本ずつの大亀裂が形成され、それぞれに海水が流れ込むので、大陸は、細かく分割されることになるでしょう。道路、鉄道は分断されることになるでしょ う。

http://www12.plala.or.jp/gflservice/JaikommeiyasEvents160809.html




◆シンクホールや地滑りが頻繁に起きるのは地球直径が拡大しているからでしょうか。

141027-1d.jpg

sinnkuho-ru4.jpg

e1698d57.jpg

inside_yamal_crater.jpg

◆このメッセージでも同じようなことを言っています。




集合体からのメッセージ 2016年8月5日

http://sananda.website/the-collective-via-caroline-oceana-ryan-august-5th/
The Collective via Caroline Oceana Ryan, August 5th

こんにちは、道を示す者たちよ!

あなた方の内の多くが非常に長い間この世界に起きると夢見ていた、注目すべき、だけではなく、日常の暮らしを変革させるほどの変化を待ちきれないでいることは良く分かっています。

私たちにはこれらの変化がすでに起きつつある多くの分野が認められますが、これらがあなた方の日常生活にどのように影響するかをはっきりさせたいと思います。

なぜなら今非常に大きい変化が予想されるからです。

あなた方は、経済的な負債システムからだけでなく、困難で苦痛を伴う日常生活の維持をしなければならないとの圧力からの解放を思い描いています。

あなた方はまた、子供として希望する、喜び、探索、他者の救済の表現、あるいは創造性(他者に対する大きく、ポジティブな助けになる)の表現の自由がある暮らしの実現を思い描いてきました。

あなた方はガイアの大気、水の浄化、植物、鉱物、および動物にとって価値がある尊敬と愛に基く気遣いをしながらのそれらの保護を夢に見てきました。

そしてあなた方は責任ある者が光をもたらし、5次元の意図と 形式に基づいて働き、力と分割という3次元的な行動をしないようにするために、国内、政府、経済、宗教、あるいは教育上の地球上の全ての抑圧的システムを 内から外へと改革することを要求し、ますます命令するようになってきています。

これらの変化の全てはすでに生起していますが、まずはあなた方自身の意識の中に生まれていることを理解してください。

あなた方は、突如宇宙船が上空に出現して古い構造を解体し、その代わりに新しい5次元構造を構成するような、突然あらゆることを解決するあることが起きるような世界を創造してはいません。

このようなポジティブな介入が起き得ましょうか?あ る時に、それが起きましたか?そう、ある種の介入はすでに行われ、いまだに続いています。宇宙船が出現してサイロから発射された核ミサイルが動作不能に なったということを聞いたことがあるかもしれません。軍隊や世界中のそのほかのソースからこの種の報告が行われていますが、これらは真性ものです。

けれども今申し上げていることは5次元の現実ではなく(なぜならこの様なことは如何なる文明においても起こり得ないからです)、あなた方が作り出したものなのです。

今あなた方からは疑問が提示されるでしょう。”5次元の世界を創造する方法についてはなにも考えがうかばないが、どうすればよいのでしょうか?”

申し上げることは、あなた方はすでにそうしている、ということです。

あなた方の惑星に注ぎ込まれている強力なエネルギー波、頭頂 のチャクラから注入され、体全体で吸収されているあらゆる光データ粒子によって、まさにあなた方という存在によって新地球を創造し、実際に形成する力を持 つより高い次元の存在へとあなた方自身が変革を行っているのです。

旧政府、旧経済システム中の者、あるはそのほかの腐敗した者を排除するための3次元的なやり方はもはや不要です。

なぜならNESARA法はすでに存在し、これによってコモンローと宇宙法の両方に従う、完璧な方法での古いシステムの解体を確実にする準備が進んでいるからです。

私たちはあなた方の存在そのもの、強力な光の伝送力、今得られ得て、そして今そうなりつつあるように、地球上での暮らしのビジョンを思い描く、より高い次元の思考形態についてお話をしているのです。

そして私たちはこれらのより高い次元のエネルギーのカプセル化についてお話をしています。なぜならあなた方はあらゆる瞬間にそれらを地球自体のための新たな現実として定着させるからです。

あなた方もガイアも声高に求めていた介入は実際に、地球へのより高い次元の周波数の導入を行う光の伝送という形で行われています。

あなた方と惑星地球の全てが今これらの周波数と混ざり合い、共振し、ますますあなた方の意識と肉体にとって自然なものになりつつあります。

あなた方自身の振動の一部として受け入れている全ての光の粒子が数千年の間の抑圧と闇の支配からのあなた方の惑星の解放を助けています。

あなた方が得る新しいレベルのあらゆることが、この惑星を取り囲んでいる天使と大天使の一隊があなた方の世界へとますます踏み込んできて、彼らの美しい仕事ができるようにするレベルにまであなた方のハート・マインドとソウルの意図を開かせます。

これは、新しい力づけとなるイベント、思考形態、発明、および社会的、経済的な形が、あなた方にとってますます可能に、現実的になり、5次元の日常生活への道をならすことを意味します。そこで、あなた方は救われつつあると思いますか?

それは確かなことです。しかし、この救済を行っているのはあなた方全てなのです。あなた方自身のために、そしてあなた方の惑星のために。

より高い次元の領域にいる私たち全てはあなた方 とあなた方の惑星がすでに決定したことを支援するために前面に出てきているだけです。私たちの介入は、可能であるだけでなく、宇宙法の許しを得て行われる ものであり、あなた方の自由意志が奪われたので苦しんでいたからだけではありません。

介入はあなた方という存在の奥底からの期待、強力な意図、指令によって可能になったのです。

ですから、そうです、自分たちが犯した犯罪に対 する回答を示さねばならない者たちが急速に解体される権力構造の中での足場を失い、彼らの嘘と隠れ家がもはや真実の光にさらされないようにできなくなるの で、古いインフラストラクチャーの崩壊がますます進むのが見られるでしょう。

地球が古いシステムの害毒を放出するので、洪水、地震などの災害が複数の場所で起きるのが見られるでしょう。

そして、時には不快で奇妙に思われるでしょうが、あなた方自身のエネルギーの解放が見られ、体、マインド、およびスピリットが3次元の害毒を解き放ち、全ての細胞を自分のハイアーセルフの中へと上昇させるでしょう。

NESARAはお金の問題だけではない、とは聞いたことがあるでしょうが、これでも非常に控えめな表現です。

あなた方が日々請求書の支払いに身を粉にし、自分と他の者を暮らしの大海の波の上に浮上させようとしていますが、この大海も今変わろうとしていることをわかってください。

この大海はこの惑星上の命のエネルギーであり、あなた方自身が決定したことがあなた方の新たな現実になるように形作られようとしています。

あなた方は何事をも待っているわけではありません。あなた方は、全ての文化と国が公正に平等に、全ての者に対する尊敬と共感で運営する、政策決定グループの重要なメンバーなのです。

あなた方は銀河間連合とアシュターコマンドの一員なのであり、救済を待っている誰の奴隷でもありません。

(今直ちに)立ち上がり、私たちとともに発言してください。なぜなら、あなた方と共に私たちは、”暮らしなれているあらゆる受動性と矮小さをやめます。私は今NESARA法の実施を要求します!私は新地球の運営を今推進します。これについて感謝します。”と叫ぶからです。

このチャネラーが言うように、叫び、実行してください。
そして、幾世紀にも亘って落とし込まれていた、主人がテーブルから投げ捨てるあらゆる廃物を待っているような、この古いプログラムが今崩れつつあり、日常、思考、命に対する理解のどの部分をもそれに振り向ける必要がないことを分かってください。

この新たな力づけがあなた方を勇気付け、あなた方の完全で喜びあふれる行動を待っています。

もう待つことがないようにしてください。

ナマステ、親愛なる皆さん!私たちはいつもあなた方のそばにいます。


http://www12.plala.or.jp/gflservice/MessageFromCollective160805.html




◆米国では既に洪水、山火事、などの災害が毎日のように起きていますし、ポールシフトが起きればNESARAどころじゃありませんね。地球の科学者たちもポールシフトの起きる日を具体的にしているようですが、チャネリングメッセージより、シビアな予測を立てています。信じたくはないですね。




科学者「2016年6月~8月の間に急激なポールシフトが発生→70%の生物死ぬ」

Tocana_201601_post_8360_1.jpg

■そろそろ起きる? ポールシフトとは?

“北と南が反転する”とはなんとも信じがたい話ではあるが、これまでの研究から360万年に11回もN極とS極が反転する「ポールシフト」が起こっていたことが判明している。ポールシフトとは、地磁気の反転のことであるが、地質学者らによると直近のポールシフトは77万年前、石器時代であったと想定されており、この時代は現代とは逆で“N極が南でS極が北”を向いていたというのだ。また、計算上33万年に1度はポールシフトが起きていたことになるのだが、前回のそれからすでに44万年の時が経過しており、代々研究者らは固唾を呑んで見守ってきたという。

 しかし、ここにきて「そろそろ起きるかも」と囁かれ続けてきたポールシフトが、どうやら科学的にも現実味を帯びてきたというのだ。

■ポールシフトの前兆? 磁場の急激な弱まり

 英「Express」紙は“米国の宇宙機関は、地球がポールシフトに向かっていることを確信している”と報じており、地球の磁場が過去160年もの間で大きく衰えていることが科学的にも確認されているというのである。…
地球物理学研究所でポールシフトを専門的に研究しているジャン=ピエール・バレ博士は、「地磁気反転が発生する時に現れる、最も劇的な変化は全電界強度の非常に大きな減少である」と語っており、現在の地磁気の大きな衰えは、今後地球が大きな地磁気反転(ポールシフト)に向かっていることを意味するかもしれない、と主張しているのだ。

 他にもドイツのニーメック地磁気観測所の科学者モニカ・コルテ博士は「ポールシフトは突如発生するものではなく、ゆっくりと、徐々に起きる。その間、地球の磁場は弱く複雑になり、しばらくは2つ以上の極を示すようになりますが、しばらくしたのち強く反対方向に引っ張られるかたちでポールシフトが終了する」と語っている。

 ではこの『磁場』が弱くなると地球はどのような状態になるのだろうか――。

■太陽からの放射線をもろに浴びる?

 まずポールシフトが起きる前兆として地磁気(地球の磁場)が急激に弱まるということだが、この磁場が弱まると地球は最大で200年もの間、太陽放射にダイレクトにさらされる危険がある、とNASA(米国航空宇宙局)の科学者が警鐘を鳴らしている。この強力な太陽光放射により人類は皮膚ガンを発症、世界中の電子機器がダウンする。もちろん人工衛星や飛行機などの無線システムにも多大なる影響が出るということだ。

 また前述した主張を裏付けるようにNASAの火星探査計画「MAVEN(メイブン)」の主要計画者であるコロラド大学ボルダー校ブルース・ジャコスキー博士も、「ポールシフトが発生する際、太陽からの放射線を防御する地球の磁場は非常に弱くなり、地球は危険な放射線に無防備にさらされることになる」と語っている。

ジャコスキー博士率いる同校・宇宙大気物理研究室では、昨年メイブンの観測結果から“火星ははるか昔、水が液体となって存在できる気温と、厚い大気が存在していた”と発表し、世界中の注目を集めたが、その後の研究の結果、博士は「火星は太陽系の始まり以来、数十億年もの間、激しい太陽風を浴び続けてきたことが水と大気を失った原因である」との研究結果を発表、火星がなぜ99%もの水や大気を失い、現在のような姿になってしまったのか原因を明らかにする歴史的な発表につながったのだ。

 また博士はポールシフトについても「地球にポールシフトが発生した場合、その後約200年は地球も数十億年前の火星と同様に磁場を持たない状態になる」と語っており、地球は火星が壊滅的な被害にあったように太陽の放射線を直接浴びる危険性を示唆している。

 しかし、怖がることはない。博士はたった200年では大気が完全に消滅するには至らず、生命体の滅亡にまではいかないだろう、とも語っているのだ。

 またNASAの火星計画主任研究員であるマイケル・マイヤー博士は、「火星は現代よりもはるかに活発で、強力な太陽の放射線にさらされていた」と語っており、「その強力な太陽放射線に数十億年という長い歳月をかけてさらされてきたが、いまだ1%の大気は残っている」と火星がさらされてきた太陽放射線と地球のそれとでは比べ物にならないとしている。

■地磁気が弱まると人類は暴徒化する!? 人類への影響は?

 しかしながら、地磁気という大きなバリアを失った状態が200年も続けば、地上では驚くほど美しいオーロラが出現する一方で、人類への影響はありえるだろうと懸念する声もあるのが現実なようだ

ただ残念ながらポールシフトがどのような原理で発生しているのか、研究と解明を試みている最中であり、明確な答えがないのが現状である。ロチェスター大学地球物理学のタージュノ教授は「はっきりといえるのは、地球はポールシフトに向かって進行しているということ、そしてこの160年間で驚くべき速度で急速に磁場が減少していることである」と語っており、その時期がそろそろ近いことを示唆しているのだ。

■今年2016年が鍵? NASA元職員の証言

 これまでも数多くの科学者たちがポールシフトについてそれぞれの主張をしてきたが、ここにきてNASAの元職員の科学者、サル・コンティ博士が2016年6月から8月の間にポールシフトが起きる、と緊急メッセージをYouTubeで公開している。

 博士が言うには、2016年6月14日から2016年8月19日の2カ月間で非常に急激なポールシフトが発生するという。現在まですでにゆっくりとポールシフトは進行しており、この6月から8月の2カ月間で急激に磁極の入れ替えが終了、ポールシフトが完了するというのだ。

 博士はポールシフトが起きると、地球の磁場の影響で多数の生物が莫大な放射線の影響を受けるという。その生存率たるやおよそ30%である。なんと厳しい環境下であろうか。しかも生存した30%にはさらに過酷な環境が待ち受けている。何とか生き残った生存者らにも放射線の影響が身体的、生理的にも深刻に現れ、遺伝子レベルにまで深く影響が及ぶということだ。

http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201601_post_8360.html





Sinkholes The Groundbreaking Truth



▼脅かすんじゃニャイ!

photo-3-20150507091545.jpeg

地球で今起きていること



◆英国のEU離脱はショッキングな出来事で、世界の経済システムがダウンするのではないかと危惧されていますが、本心を言えば、自分の国も離脱したいと思っている国もあるのではないでしょうか。EUというのはイルミナティがヨーロッパ諸国を一網打尽にして一括管理するために仕掛けた罠だったことは周知です。EU加盟各国は欧州委員会という組織の一員として、欧州委員会の決定には従わなければなりません。難民を受け入れようといわれたなら、一定数を引き受けねばならず、自国民の税金で難民を養わねばならなくなります。また、難民に自国民と同じ待遇で雇用しなければならないとすれば、自国民の失業者が出ます。

スニップル

◆ドイツのメルケル首相は100万人単位の難民を引き受けると一人で頑張っていますが、移民を受け入れたくない英国は国民投票でEUを離脱を決めました。恐らくフランスやイタリアなども離脱を考えているのではないでしょうか。EUに残留すれば自国の主権を保持することが困難になっています。欧州委員会(イルミナティ)の締め付けで残留国家は息も絶え絶えになっているようです。


◆ニルバーナにいるマシュー君が地球で今起きている事と、今後の見通しについて語っています。




増大する暴力の原因、アメリカ大統領、イギリスのEU離脱とイルミナティの意図したヨーロッパ連合、光、避難民、天災、自然療法士と内部告発者、傷ついた魂、オーラ

マシュー君

マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちから心からのご挨拶をします。たくさんの問題についての、特にテロと乱射事件が頻繁に起きていることがありますが、あなたたちの不安は世界中の多くの人々が共有していることです。僕たちの地球の兄弟姉妹たちがお互いに殺し合うのを見るのはとても悲しいですが、僕たちはそのような出来事が増えることは予想していました。

それらはあなたたちのリニアル(線形)時間が急速に加速し、エネルギーレベルがあらゆる人間の性格を強化している結果です。それには精神的不安定さとそれに伴う行動があります・・それらの二つの強力な力が並行してはたらいているので、暴力的な付加を伴うエネルギーの流れの活動が加速しています。

取り急いで付け加えますが、それらの力はこの惑星上のあらゆるものに影響しているのです。そして良い方向に向かう付加エネルギーはしっかりと考え抜かれた解決に向けて全速力で動いています。

一つの例は、南シナ海に関するハーグの判決です。中国の不満は予想外というわけではありませんが、可能性のエネルギー場では、あからさまな対立になり得るような強硬な反対は何もありません。

アメリカ合衆国で特に関心を呼んでいることは、そしてその世界への影響のために他の国々にも言えることですが、この国の主要政党の大統領候補者です。

前のメッセージで僕たちが、支配的な波動エネルギーはモラルとスピリチュアルな誠実さに欠ける候補者を支持していないと言いましたが、誰が勝つかは投票者たちが選ぶでしょう。それぞれの党候補者たちには揺るぎない支持者たちがいます。でも、両候補者に対する有権者たちの幅広い不満のエネルギーの勢いがあまりにも大きく、どちらも選ぶことができないほどになっています。

ニルヴァーナの地球モニター係は、渦巻いているエネルギーはバーニー・サンダーズ上院議員をホワイトハウスに送る様々な可能性のどれでも実現するかもしれないと僕たちに報告しています

。この宇宙領域にいる魂たちは政治的に中立です。ですから彼が大統領になることを僕たちが歓迎するのは党派的な理由からではなく、彼の知恵、個人的な資質、指導力が、彼の国とあなたたちの世界を、その惑星体のあらゆる生命体のためのガイアのビジョンに向かって進み続けることが可能になるからです。

「イギリスがEUを離れることになりました。それでどうなるのでしょう?」


イルミナティの支配は崩壊し続けるでしょう。国民の経済活動、雇用、教育の機会を増大させるために各国が協力するというのは素晴らしいアイデアではないというわけではありません・・実際、それはそうです。

でも、ヨーロッパ連合の目的が人々のためであったことは決してなく、人々をイルミナティの支配下にしっかりと置くことでした。闇の目的の基に作られた組織が持ちこたえられなくなるほどの速度に波動エネルギーが達すると、EUのどれが最初に倒れるドミノになるだろうという問題になるでしょう。

これをもっと大きな図で見てみましょう。イルミナティ・・または、カバル、グルーバルエリート、影の政府、ワンワールドオーダー、ワンワールド政府として知られています・・は、自分たちが世界で最も優秀で賢いのだから、他の人間を誰でも支配する資格があると感じた人間たちのグループとして始まりました。

そのうちに、同じような優越的な態度を持つ他の人間たちがこの秘密組織に引き入れられ、慢心がさらに膨らみ、激しい気性が嵩じ、世界支配という同じ目標の相争う二つの分派ができました。

さて、60数年前に時間を遡ります。その時、現在ニューヨークとワシントンDCを中心に活動しているロックフェラー分派はその触手をはるか西側とラテンアメリカに延ばそうとしていました。それに比べて自分たちの勢力範囲への支配が衰えると見たロンドンとバチカンに本部を置くロスチャイルド分派は、欧州評議会を拡大させて欧州連合(EU)、欧州中央銀行、ユーロ貨幣を設立したのです。

この欧州連合は評議会の旗の下に作られ、その国歌も共有しています・・それもベートーベンの『歓喜の歌』を選ぶという全くの欺瞞です。最初の数カ国を言わばEUのベルトで締めつけることで、ロスチャイルドと彼らの手先たちは拡大路線を開始しました。彼らは新生イスラエルに入り込み、それから中東全域、そして最近では北アフリカと以前ソ連領だったいつくかの国々に進出しています。

最初からずっと両分派は、彼らの目的を果たすための当初の計画に沿った戦略を使っています。彼らは政府や軍、諜報機関、多国籍企業、司法制度、宗教制度、娯楽産業、医療と教育分野に侵入しました。

彼らは証券市場、金融貸出機関、そして高利子と不正な課税を通して世界経済を操作することで莫大な富を蓄積しました。内戦や隣国同士の戦争を仕掛け、第一次と第二次世界大戦を始めました。反抗する者たちを暗殺したり投獄しました。テロリストグループを作り、テクノロジーを抑圧したり悪用し、主要メディアと不正な麻薬取引を支配し、いく先々で天然資源を略奪しました。

彼らの本来の計画には失敗したものもありました・・核兵器や有毒物質汚染、そして研究所で作られたウイルスからの流行病による何十億の人口削減計画です。

そのような恐ろしい目的を持った計画はすべて、あなたたちの上空やあなたたちの中にいる宇宙ファミリーによって阻止されています。それでも二つの分派はそれぞれのドミノの列を増やし続け、世界は手中に入るものと思っていました。

彼らが予想していなかったのは光です。惑星地球を取り囲んだ闇によって捕獲されていた数千年間の後、人々はスピリチュアルに進化した文明社会人たちによって地球に向けて送られた光に反応し始めました。人々が光によって気づきを得れば得るほど、彼らは抑圧と迫害の重荷を投げ捨てる決断を強くしたのです。

そして自由を求める声がその数と大きさを増して行きました。その間ずっと光はその強さを増し、同時にイルミナティの腐敗と残忍の世界ネットワークをあからさまにしたので、彼らのドミノが倒れ始めたのです。

イギリスのEU離脱問題は最近のことです。離脱賛成に投票した人で、イルミナティのことやEU連合の真の目的を知っている人はほとんどいません。


彼らが知っていたのは、彼らが享受すると信じ込まされた恩恵が何も現実にならなかったことです。

慰留に投票した人で、イルミナティのことやEU連合とは本当に何かを知っていた人はほとんどいません。でも彼らはうまくやっていけたし、イギリスが自立することになったらどうなるかと疑心暗鬼だったのです。

イギリスのEU離脱という結果が投票数というだけではなく、それ以上の意味があったことを知る人はほとんどいません・・それは、平和、誠実な統治、公正さと、地球の豊かさのあらゆる人々への公平な分配という世界に導く活動を補強している波動エネルギーによって影響を受けていたのです。

EUが解体する際は、さらに多くの真実が明らかになり、イルミナティ・・両分派の頂点にいる幾人かはすでに手を組んでいます・・が、不正に蓄積した富に無駄にしがみつこうとして経済が不安定化し、そして暴力がそのエネルギーを使い果たすまで続くので、神経のすり減るようなことや様々な問題への応急措置があるでしょう。

この瞬間に起きている、そしてこれから起こることすべては、社会を前に述べた世界に近づけるように動かしています。愛するファミリー、あなたたちがどんなにそれが起きることを熱望しているのか僕たちは知っています。ライトワーカー(光の使者)としてのあなたたちの堅実な働きが、それをリニアル(線形)時間でさらに近づける助けになっています。それは、コンティニュウム(時空連続体)ではすでに現実になっているのです。

「暴力で蹂躙された地域からの移民たちを受け入れようとしない国々があること、そして受け入れている国の中で彼らに対する偏見があることに心を痛めています。偏見が増大する中で、私たちが平和に暮らすことなどできるでしょうか?」

まず言っておきますが、恐れ・・それは強力なエネルギー体で闇の心を持つ人間たちの主要な道具であり燃料です・・があらゆる有害な形で現れる偏見の根源であり、分離という幻想から発するあらゆる行為の原因です。

地球が第三密度に深く捕らわれていた幾世の間、偏見は暴力と不正の要因となり、それによって計り知れない数の魂たちが選んだカルマ経験を成就しました。今、社会はカルマのメリーゴーランドを伴ったその密度から抜け出ているところです。

偏見が増大していると見えるのは、実際はこの人類の最も卑劣な面に世界の眩(まぶ)しいスポットライトを当てて、その破壊的な差別をあからさまに見えるようにしたのです。波動エネルギーが上昇するにつれ、愛とお互いへの尊敬の気持ちが人々をワンネスの中に統合し、癒しと調和と平和が訪れるでしょう。

「数百万の避難民を管理するのは解決不能の課題のように見えます。このような絶望している人々はどうなるのでしょう?」

急遽準備された避難民キャンプにいる数百万人の窮状は、支援団体の数が増え、支援金、食料、水、医薬品などの必要な備品が増えるに従って、どうにか落ち着いていくでしょう。

今たくさんの支援者たちによって送られる光が、世界中の思いやりにある光と地球に送られる莫大な量の光と一緒になって、避難民たちの持久力と希望を支える助けになっています。

独裁的政権が崩壊し、戦争が終わると、それらの地域から逃れた人々の帰還が始められます。

資金と再建援助が実際に役立つと思われるコミュニティに与えられるでしょう。破壊が凄まじく再建不能な村や町には、元住民たちに他の場所で新しく始められるように同じような援助が与えられるでしょう。避難所を提供した国にいる移住民たちは、全員が援助を与えられて、その国の人々に同化するか、故郷の土地に戻ることを選ぶことになります。

避難民たちの大半は第三密度のカルマを成就し進化するためにこのような人生が変わるような状況を選んだこと、また合意した選択に従う中で、それぞれの厳しい試練を全員が生き残ることはないことを、どうぞ覚えていてください。

選んだことよりも過酷な状況を経験する人たちや合意した寿命以前に死ぬ人たちは、魂の進化での特別な前進という恩恵を受けます。進化の前進はあらゆる転生にいるあらゆる魂たちの目標です。

一部の読者が、山火事、洪水、地震による人命損失や巨大な破壊はネガティビティ(破壊的エネルギー)を創造するのか、あるいは地球の浄化プロセスの一部なのかと尋ねてきました。それは両方です。

そのような出来事はすべてネガティビティを確かに創造するのですが、地球のための浄化効果の方がはるかに大きいのです・・つまり、あらゆる原因によって創造されるネガティビティは、それらの出来事によって作られるネガティビティよりもはるかに何倍も大きく、自然災害によって放出されるのです

「代替医療士や内部告発者たちの魂の合意には、良いことをする彼らの努力のために殺されることも含まれているのですか?」

そのような合意もあります。自然療法による癒しをさせないように殺される自然療法士たちは、医療機関のワクチン製造企業と製薬会社と保険会社との癒着に光を投げかける運命を選んだのです。その仕事によって職業的に信用を落とされたり、投獄さえもされたり、他の国に逃げることになった人々は、人生のそのような破壊的中断に同意したのです。

あなたたちの暮らしに悪影響を与える他のたくさんの状況を明るみにしている内部告発者たちも、それは同じです。イルミナティによって、彼らの金権を脅かす人間なら誰でも受けるような極悪な仕打ちを経験したり、それで脅迫される人間たちの数は、人々の気づきが高まるに従って減っていきます。

どうして宇宙では核爆発がないのかという僕たちの説明に、そのような出来事で被害を受けた人々についての質問が来ました。まず、これは肉体についてではなく、魂のことなのです。被害を受けた魂たちは肉体を持たないフリースピリットとして生きていました。

それらは密度を持たないほど非常に高く進化した文明社会の魂たちや、アストラル体で旅行中の魂たちでした。魂が核爆発で粉々になると、それは完全なパーソネージに分離せず、あらゆる転生の記憶と、創造主の中の始まりについて覚えている限りの記憶がバラバラになって入っている破片になります。

完全な存在からの突然の分離に深く傷ついて、それらの断片のほとんどは自己を失い、混乱して宇宙に漂いますが、一部は肉体に入る方法を見つけます・・これは“憑依”ではなく、入る魂の側からの愛の行為なのです。

特別な訓練を受けたチームが、特殊な波長の波動エネルギーを発する破片を宇宙に探します。それが見つかると、ヒーリングセンターに移され、そこで愛情の籠もった介護を受けます。全ての破片が見つかると・・リニアル(線形)時間だとこれは数千年掛かることがあります・・込み入ったプロセスを経て、魂はそれぞれの転生の正しい順序に沿ったあらゆる側面を持った完全な存在を取り戻します。

その入念な捜索と複雑な復元作業は、あらゆる魂が創造主にとって、そしてこの宇宙では神にとって、永遠に大事であることを示しています。

「魂はキルリアン写真で見ることができますか?」

いいえ。見えるのは体の電磁場から発するオーラや光です。それは写真を撮った時のその人のスピリチュアルな進化位置、感情的傾向、信念、肉体的状態を反映します。

オーラは人の変化に従って変わります。誠実な生き方をしている健康な人は、その体からかなり遠くまで届く輝くオーラを持っていて、それは複数の色合いの場合があります。よりスピリチュアルに進化している人は、それだけオーラが明るく広がっています。もしそのような資質を持つ人が深刻な病気になったり、怪我をすると、オーラは小さくなり暗くなりますが、癒されると元の状態に戻ります。

健康な人でも、心が閉ざしていると、オーラは弱くどんよりとしています。その人が心を開いてスピリチュアルと意識的な気づきを得ると、オーラはそれに応じてより大きく明るくなります。欲張り、怒りっぽい、厳しい、ずるいといった性格によって生前の合意にはないような困難を他人にもたらす人は、体の周りに薄い淀んだ色の輪郭があります。そして良心の声をいつも無視し、他人に意図的に苦しみをもたらす人には輪郭さえも形成するのに十分な光がありません。

僕たちが惑星地球全体を見るとき、見えるのは地球人類と動植物の生命の総合的オーラです。愛する魂たち、あなたたちにも僕たちが見ているものが見えたら、地球の周りに輝いている愛と気づきのパノラマに歓喜し心が震えるでしょう。どうかあなたたちの光を輝かせ続けてください!

あなたたちの地球の旅の間中ずっと、この宇宙全体にいる光の存在たちからの比類ない愛のパワーがあなたたちと共にあってあなたたちを支えています。


愛と平和を

スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
訳文責:森田 玄

http://moritagen.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html





◆EUの解体、中国共産党解体、米国新共和国誕生、これが今年中に起こると次はNESARA、そしてファーストコンタクトが始まり、アガルタのクリスタルチエンバー、あるいは宇宙船でのDNA書き換えでアセンションという段取りになっているのでしょうか、いよいよ120万人の第一陣が故郷へ帰還するとのことです。




1日半の暗黒  2016年8月1日

p6CRoaaXkZ6b.jpg

このメッセージは、別宇宙の宇宙船評議会代表、ソマリアメイヤスからのものです。

チャネラー:ちのたき

注:一般に波動周波数は、A×10Nという形で表現できます。このNを波動指数と呼ぶことにします。

2016年の年内のある日には、地球全体で約120万人の宇 宙のふるさとに帰還するソウルが次元上昇をすることでしょう。

この日の夜22時から、到達可能周波数が、波動指数90以上の、非常に波動が高いソウル達の 波動が、7月末に地球とともに到達した、5次元の波動値10~12からさらに上がり始めるでしょう。


これらのソウル達の波動は、約36時間後には10次元 の波動である、指数30にまで上昇しますと、同時にこのソウル達が存在する次元もそれに応じて上昇します。

これが次元上昇です。波動指数22の7次元に達 すると人体は本来のETの姿である、背の高いヒューマノイドへと変容します。数日後には、これらのソウル達は宇宙のふるさとに帰還するか、宇宙船に乗務す るか、高次元の別の惑星に転生するかのいずれかの道へと、宇宙船に乗って移行してゆきます。

注目すべきことは、これと同時に、地球自体の波動がそれまで の波動指数10~12から、13にまで上昇することです。

これは、3次元に留まる、波動指数が3~7のままの人達にとって、太陽からの光を初め、5次元の 波動の上限である、指数13になっている地球上の全てのものの目視ができなくなることを意味します。

この状態は約1日半後、翌々日の午前9時ごろまで続きます が、この間は、3次元に留まる人達にとっては、周囲が完全暗黒状態になります。ただし、この時刻以降は、元の光に満ちた状態に戻るので、安心してくださ い。

完全暗黒の状態では、電力網からのエネルギーは一切使用不能になります。当然のことに、電池駆動のものを除く、全ての電気、電子機器は使えなくなりま す。ですから、極寒地方の暖房設備には気を配る必要があります。電力網からのエネルギーでモーターを動かしている機器の使用ができなくなることには注意が 必要です。またすでに波動が上昇している自動車の使用もできません。


宇宙に帰還する、非常に波動が高いソウルの皆さんはこの次元上昇の初日の22時をもって、次元上昇をしない家族、友人、社会の全てのソウル達と永遠の別れを告げることになるでしょう。

到達可能周波数が波動指数11~18の、約8億人のソウル達 は、やはり2016年内に、現在の波動指数を維持したまま内部地球に移行することになるでしょう。このソウル達は、この次元上昇の日にも、普段と変わらな い、光とエネルギーに満ちた地球を経験していることでしょう。

逆に地球上の大多数の人達が経験するこの1日半の暗黒を経験しないソウルは、内部地球に移行 する者だ、ということができるでしょう。

3次元にとどまるソウルたちは、2017年の夏ごろまでには、地球とは別の3次元の惑星に今のままの姿で移住することになるでしょう。

皆さんは、それでは、2016年の年内のある日、とは何時なのか、と尋ねることでしょう。もっとも可能性が高い日は10月半ばですが、日時の予測は常に不正確であることにご留意ください。

いずれにしても皆様には、どこかの時点で、諸エネルギーが使えなくなり、光が消失する、1日半の暗黒が起きる、ということをしっかりと念頭においておいてください。

http://www12.plala.or.jp/gflservice/OneAndHalfDaysOfDarkness160802.html




◆宇宙は多次元にになっているので、3次元地球の周りにはは5次元以上10次元の地球というのがあるのかもしれません。
どこかに高次元地球のポータルがあって、波動の高い人々はそこからさまざまな次元へ移動できるのかもしれませんね。

3次元地球では、山火事、洪水、地震による人命損失や巨大な破壊はネガティビティ(破壊的エネルギー)を創造するのか、あるいは地球の浄化プロセスの一部なのかと尋ねてきました。それは両方です。そのような出来事はすべてネガティビティを確かに創造するのですが、地球のための浄化効果の方がはるかに大きいのです・・つまり、あらゆる原因によって創造されるネガティビティは、それらの出来事によって作られるネガティビティよりもはるかに何倍も大きく、自然災害によって放出されるのです。とマシューは言っています。いまアメリカで荒れ狂う天変地異は終焉ではなくカルマの清算と再生が行われていると見るべきなのでしょう。
8月に入っても米国では洪水など様々な災害が続いています。


End Times News 2016 (World Events Aug. 1-5) Shocking News! HD




プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR