黄昏の世界金融システム



◆スイスのリゾート地ダボスで毎年冬に開かれる世界経済フォーラム、通称ダボス会議には世界中の著名な政治家、企業のトップ、学者、知識人ら3000人以上が集まり、現在の世界経済について話しあう場所でメガビジネスミーティングが行われますが、今年は中国経済の先行きが見通せないことと、欧州へ押し寄せる難民問題がネックで今一つ盛り上がりに欠けたまま閉幕となったようです。

davos2016-672x372.jpg




フランスのバルス首相は「統一ヨーロッパは、崩壊の危機にさらされている。EUは、数か月も持たない」と述べた。


1174482.jpg

バルス首相は、ダボスでの世界経済フォーラムで「統一ヨーロッパは、大量移民流入危機や、ますます増大するテロリズムの脅威、そしてポピュリスト政党への支持の高まりから、崩壊の淵へと追い込まれている」と強調した・

なお昨年11月、ルクセンブルグのアスエルボーン外相も、同様の危惧の念を表明している。
アスエルボーン外相は、欧州における移民危機をコメントして「我々に残された時間は、恐らく全部で数か月だ。EUにとっても同じ程度の脅威が存在している」と述べた。


http://jp.sputniknews.com/europe/20160122/1473216.html#ixzz3y96GxlQS




◆フランスの首相の発言はEUがいかに絶望的な状態にあるかを如実に物語っています。著名なエリートがいくら知恵を絞っても、世界経済を維持することは既に不可能になっているのでしょう。ユダヤ金融が作り上げた資本主義経済が機能しなくなったのは、彼らが人類を借金奴隷にして強欲に高利を貪り、1%の者が残り99%の財産を搾取して社会に還元しなかったことの帰結です。通貨は血液と同様、世の中に広く循環して景気が活性化するのに、わずかな人たちの独占で社会が失血死するのです。

◆EUの状況は米国でも同様、共和党のロン・ポール元下院議員は2月19日にドルは完全に崩壊すると指摘しています。




ロン・ポールは、2016年2月19日にドル崩壊100%を警告

Ron Paul Warns of Dollar Collapse 100% On 19 Feb 2016.

Byマイク・パットン

過去数年、多くの専門家が我々の前途に対して危機を警告してきた。具体的な懸念は、米ドルの必然的な崩壊に集中していた。その中の一人が元上院議員ロン・ポール氏だ。彼がは米国の金融システムは、大惨事への道であると考えているとを述べている。この記事では、私は彼の意見のいくつかを共有し、そのような危機が実体場合どうなるかについて説明しよう。

ロンポール

通貨危機

ポール元議員によると、米国の通貨危機は避けられないという。1980年代のある日、レーガン大統領と海軍の船に乗っているとき、大統領は「これまでに、金本位制を放棄した国は、偉大な国家として生き残れなかった」と言った。
数十年前には、元連邦準備理事長、アラン・グリーンスパンも「金本位制でなければインフレを防ぐ方法がない。「金本位制でなければ、政府の無駄使いを制限するものは何もなく、限りなく浪費することが可能になり、国家の債務が異常に膨れ上がるとしてきしている。

関連: 経済システムのクラッシュは、2016年の可能性が最も高く誰もが痛みを感じるだろう。:ジェフ・バーウィック
金本位制が放棄され、何が我々の通貨を裏打ちしているのだろうか?信用!ドルを裏付ける実物財産に代わるものは「連邦政府の完全な信用と信頼」だけで支えられているのだ。

もし世界がドル紙幣への信頼を失えば、その値が急落して我々の暮らしは常に厳しいものになるのはわかっている。
では、いつその危機がくるのか我々が知ることが出来るだろうか?

ポールによれば、通貨危機の最初の兆候は、ドルの価値の急激な下落が起きるという。
我々の通貨の崩壊は、インフレのスパイクをもたらし、また、米金利の上昇が伴う。

ポールの予測は、かなり悲惨なものの、米国全体の金融システムの崩壊のためでもある。この問題が生じた場合、全体のリスクは、大規模なものだろう。

米国の金融システムが実際に破綻した場合、世界全体の金融システムに影響を与えることになる。
なぜかと言えば、中国と日本が米国債の最大の保有者であり、米国は18兆ドル以上の突出した借金があるので、ドルの崩壊は地球全体を破壊することになるからだ。
では、国家債務、数百万人のアメリカ人の心に重くのしかかる問題に目を向けてみよう。

米国の国家債務

政府が収入以上に費やしていると、結果は負債の追加になる。
米国は1776年の独立宣言の調印から2008年までに、連邦債務は10兆ドルを超過し、過去7年間で、負債は、ほぼ2倍18兆ドルになっている。

2019年には、 20.3兆ドルを超えることが予測されている。金利が上ると普通のアメリカ人だけでなく、連邦政府も衝撃を受けるだろう。まず、債務がさらに膨らむ原因となる、政府の借金のコストが増加する。

それは、金利の控えめな上昇でも債務は制御不能なにスパイラルに入ることは間違いないからだ。
その理由はワシントンがどっかりと借金に大きく依存し運営されているからだ。次に、それが拡大すれば、福祉国家を維持するのがより困難になる。

この事実だけが、政府の管理に依存する個人の街頭抗議デモが集団暴動に繋がるだろう。また、米国は世界中に展開する軍事基地の維持費の面でも、より困難な時期を迎えている。これは、安定性のない社会政治的環境と過激な行動の上昇につながるだろう。

さらに、政府の歳入不足で、かなり大規模な増税が行われ、中間層の最終的な崩壊につながる可能性がある。
最後に、我々がすでに見てきたように、連邦政府は、新たな収益源として401ksとIRASを標的にすると決めている。
これで、ある種の税金や手数料の形を取ることが可能になる。
ポール氏は、通常の貯蓄と他の資産への課税の可能性にも言及している。

もし政府が自分の立場がきつくなれば、過去我々が見てきたように厳しく押し付ける可能性がある。

社会不安


この議論は社会不安は言うまでもなく完全ではない。すでに見てきたように、マッチは点火されているが、多くの無秩序状態を明示するわけではない。

本質的には、有権者の間でかなり鬱積した不満の塊あるように思われる。
たとえば、誰がニューヨークのファーガソン、そしてボルチモアの事件を予期しただろうか?そして、これがただ氷山の一角かもしれないのだ。

一時的な政府の閉鎖も明確な可能性がある。したがって、私はこれがアメリカのより多くの市民の不安の始まりに過ぎないと思っている。

≪中略≫


最近では、中国が準備通貨としてのドルを除く、ドイツ、インド、他の人との取引が増加している。それは世界がゆっくりと離れドルから移行しているようだ。

これが続けば、米国は世界の基軸通貨としての地位を失う可能性がある。これは非常に多くの影響を持っているし、その上の議論は、この記事の範囲を超えている。

ポール氏はまた、10カ国がすでに貿易の基軸通貨としてのドルを段階的に廃止する文書に署名したと述べている。
なお、IMFは、新しい世界の準備通貨システムを提案している。

しかし一方、米国経済が好転途上にあり、株式市場は過去最高の近くにあると主張している。したがって、物事はすべてが悪いことばかりではない。これは真実であるが、ポールによると、FRBの金融政策や政治指導者によって株式が上昇しているという。

彼はまた、かつて、お金を印刷することでこの種の問題を解決することはないと述べた。

そして米国と同様の問題を抱えていた国の例として、ドイツ、ロシア、アルゼンチン、ブラジル、チリ、日本、中国、ウクライナ、イタリア、アイルランド、ポルトガル、スペインを引用し、まだどの国も印刷機を使用することで彼らの問題から逃れることはできなかったと述べた。

米国はかつての下院議員ロン・ポールによって提案された進路に従うのだろうか?

http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2015/12/ron-paul-warns-of-dollar-collapse-100-in-19-feb-2016-2498402.html




◆ロン・ポールが2月19日にドルのクラッシュが起きると断定した根拠が今一つ解りませんが、ずいぶん前から決められていたのかもしれません。日本は1000兆円近い米国債を保有していますから米国がデフォルトすると、えらいことになります。

米政府は国民年金基金104Kに目をつけているようですが、日本でも同様のことが起きるのではないかという危惧があります。どうも郵貯やかんぽが狙われている節がありますから・・・


▼いよいよ年金が終わるのかニャ?

心配顔

大富豪の没落が始まった!



◆カバールが作った金融奴隷制度が終わりを迎えたようとしています。世界同時株安で世界の名だたる大富豪たちの資産が吹き飛んでいるそうですが、人類の大多数にとっては狂喜乱舞すべき朗報ではないでしょうか。



世界同時株安・世界大富豪上位400人、2016年初めの1週間で約22兆円失う

Bloomberg-Billionaires-Index-680x490.png


世界最富裕層上位400人は今年最初の取引週間で、総額約1940億ドル(約22兆8920億円)の損失を被った。中国景気悪化と株式市場の急落、国際原油価格の続落、世界同時株安の影響によるものだ。

 米国債券市場では2011年以来最悪の一週間となった。ブルームバーグが毎日更新する世界長者番付のブルームバーグ・ビリオネア指数インデックスによると、米国主要株価指数であるダウ工業株30種平均は2016年1月4日~8日の取引週間で前週比で約6.2%下落したことで、億万長者リスト掲載者400人の総資産が1940億ドル目減りした。2015年最初の取引週間の290億ドル(約3兆4220億円)の目減りの7倍となった。

 400人の大富豪の中、世界4位の大富豪で世界ネット通販大手アマゾンの創始者ジェフ・ベゾス氏が最も多い59億ドル(約6962億円)の損失を被った。次いで世界1位の大富豪ビル・ゲイツ氏は45億ドル(約5310億円)、スペイン発ファッションブランド「ZARA」創始者のアマンシオ・オルテガ氏は34億ドル(約4012億円)をそれぞれ失なった。

 世界400人大富豪の総資産規模は3兆7000億ドル(約436兆6000億円)で、ドイツのGDPに匹敵する。

(翻訳編集・張哲)

http://www.epochtimes.jp/2016/01/25069.html




◆2016年を迎え、まだ半月足らずというのにこれだけの損失を出すと言うことは、既成の信用経済と金融制度が崩壊した証でしょう。言い換えるなら資本主義の時代が終わったと言うことでしょうか。世界の大富豪たちが人類から掠め取ってきた資産が払い戻される、所謂NESARAの始まりです。

◆昨年の暮にジョージ・ソロスは持ち株の全てを売り払い、金の現物に変えたそうですが、この日が来ることをずいぶん前から予見していたのでしょう。

中国でも株安は止まらず、証券管理監督当局は、1月4日から導入したばかりのサーキットブレーカー制度の一時停止を決定しました。

サーキットブレーカー(Circuit Breaker)とは、株式市場や先物取引において価格が一定以上の変動を起こした場合に、強制的に取引を止めるなどの措置をとる制度です。

 中国株式市場では4日と7日、計4回にわたりサーキットブレーカーが発動され、国内と海外主要株式市場に大きな波乱を与え、世界同時株安を招いています。

7日の国内株式市場は取引開始から30分も経たずに、取引が終日停止となっっています。

自由な株の売買が出来ない共産党独裁の中国では健全な市場経済が育つ筈がなく、個人投資家は米国の株式市場に参入するそうですが何時までもマネーゲームをやっていると、いずれ地獄を見ることになるでしょう。




国外投資先を探る中国個人投資家、米株式市場参入へ

中国投資家

中国資本の国外流出が加速化するなか、これまで、中国国内投資家は海外株式市場へ参入することはできなかったが、米株式市場で株取引するためのアプリが相次ぎ開発されたことを受け、状況が一変した。ウォール・ストリート・ジャーナルが報道した。

 手順は極めて簡単で、投資家はまずパソコンやスマートフォンに株取引のアプリをインストールする。ネット上で中国の個人投資家向けの金融業務を展開している会社、積木盒子(jimu.com 本部・北京)の顧客である男性は、インストール後、わずか数分間でユーザー登録と500ドル(約6万円)の初期費用の支払いを済ませてからすぐに米上場企業の株式を購入できた。取引手数料は1株0.005ドル(約0.6円)と格安だ。

 報道では、このアプリは中国中産階級が米株式市場へ参入する道筋を開いたと評した。「(昨年8月の人民元切り下げを受け)元安がさらに進むとみられているなど、国内での投資の選択肢が限られているなか、中産階級はもっと効果的な資産運用方法を求めている」
 積木盒子の創業者の1人、バリー・フリーマン氏によると、同社がターゲットとする顧客は一定の経済力のある若年層。インターネットの利用を好むこの年齢層は、アプリさえあれば中年層以上の世代よりも積極的にこのスタイルの投資に踏み切る。実際、積木盒子のアプリが導入されて最初の3日間で開設した米株取引口座数は、5000に達したという。

 中国ネット証券会社の老虎証券(Tiger Brokers)や、香港富途証券有限公司もまた、中国人向けにニューヨーク株式市場での取引アプリを開発している。老虎証券はウォール・ストリート・ジャーナルの取材に対し、7月に同アプリを導入してから、同社が抱える中国人投資家の数は10倍に増加し、そのうち25~30歳の若年層投資家数が大幅に伸びたと説明している。

 不動産市場の減速や昨年夏の株価大暴落、債券市場の債務不履行案件の激増などにより、中国人はリスクの低い海外の投資先に目を向けるようになった。一部の統計によると、2015年上半期には572億ドル(約6兆8114億円)が中国から流出した。

また、昨年11月の中国外貨準備高が2年ぶりの低水準となったことも、中国から資本が撤退する前兆と見られている。

 一方、米国の世界的コンサルティング会社、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)によると、20年末までに、中国人1人当たりの投資可能資産は現在の110万億元(約2000兆円)から196万億元(約3580兆円)に増える見通し。

 積木盒子や同業他社が取り込もうとしているのは、資産30万元から70万元(約550万~1280万円)の小規模投資家。一般的に最低投資額を設けていない。順風満帆にも見えるが、中国資本の急激な海外流出が起これば、当局がこれらの会社に関連業務の停止を命じる可能性もある。

(翻訳編集・桜井信一、叶子)

http://www.epochtimes.jp/2016/01/25031.html




◆シリウス星人銀河連合のアシュター司令官によれば10万人規模の逮捕劇が始まるそうですが、その多くは銀行家やヘッジファンドなどであこぎな商売をしてきた連中です。欧米の大手金融関係では、すでに多くの逮捕者や自殺者、行方不明者が出ているそうです。


▼ロス茶やロックフェラーチオも早よう退散せニャア~!


すけべ

世界金融システム崩壊前夜か?



◆ジョージ・ソロスやロスチャイルドの動きに注目が集まっているようです。これから、何が起きるのでしょうか?




Elite is preparing for Something Big: Soros Sold Shares Worth Millions of Dollars Below the Price and Changes Them for the Gold!

エリート層は重大な何かのために準備をしている:ソロスは数百万ドルの株を売り、金に替えている。

Eye-of-Soros.jpg


ソロスとその連合は、金融の大混乱に備え、一つの銀行、軍隊、そして政府を作ろうとしている。

米国で仰天すべきことは大量の強制収容所が発見され、いくつもの鉄条網が張り巡らされ米国のすべての部分が組み込まれた。
これらのキャンプは数千不法移民収容のために建設されたもので、洪水のように押し寄せる何百万人もの人々を収容することができるのだ。

「なぜ億万長者ジェルジ・ソロスとジョン・ポールソンは金を買っているのだろうか?

ここに数日前に書かれた興味深い記事がある。米国インデペンデント・ポータル・ブラック・リストに記載されたジャーナリストのマイケル・サンデラの記事のタイトルは「今金融界で現実に起きていること」強力な億万長者と博識な証券取引所のブローカー、そして財界の振舞いをベースにした非常に興味深い記事である。

すぐにも大きな何かが起こるかもしれない!ウォールストリートのインサイダーと主要な銀行家たちが近頃、大変異常な動きを見せているのは「その大きな何か」に備えてのことであると、そのジャーナリストは冒頭に書いている。その上米国に限らずすぐにもやってくる大きな金融崩壊の標識であると付け加えている。

金融の有力者と億万長者ジョージ・ソロスが同時に大量の金を買い、世界の最も有名な銀行(JPモーガン、ゴールドマン・サックス)とシェアする株を安く売ったという事実。結論 から言えばそれは早く株をたたき売って、金を買っておかねば、株式が紙くずになり、この世界が崩壊すると予期しているからではないだろうか。

あなたが世界金融システムが根本的に崩壊すると思わない限り、数千万ドルの価値がある主要銀行の株を安く叩き売って同時に金に替えシェアすることはないだろう。注目のジャーナリストはジョージ・ソロスの発言を支持している。

私はよいニュースだと拍手喝采 するわけにはゆかない。なぜなら状況は非常に深刻だからだ。我々を待ち受けているのは極めて困難な時間である。それは20世紀最後の30年の危機的状況に似てきたからだ。それは金融システムの包括的崩壊の可能性があるからだ。


その後米国の街路では大きな暴動が起きている。権力側は武器の使用を「個人の自由が一層制限される」と言いわけをするかもしれない。とソロスはニューズウイークのインタビューに答えている。

米国の、大量の弾薬買いは、軍事用ではない!


米国の社会事業はそれ自体が戦争のようなものである。

大量の金を買うソロスやジョン・ポールソンのような他の億万長者以外に、多くの中央銀行がゴールドを買っている。

さて、株式売買「インサイダー」の消息によると、最近大規模な会社の株式や多額の金(数十億ドル程度)が販売投資ファンドから派生していると述べ金に加え、最近米国では、集中的に弾薬が購入されていると著者は指摘している。

o-GUN-CONTROL-4365.jpg

最近、米国の社会事業で174000発のカートリッジを購入し41箇所に分割されたことが発見された。なぜ、神の名において、ソーシャルワーカーは174,000発もの弾丸が必要なのだろうか? - 著者に聞きたい。今年初めに米国の国家安全保障局は、壁を貫通し、臓器を破壊するために10億以上の弾丸を、買っていることを指摘したことは重要であるが、米軍はそれを注文していない!

-それは株式仲買人や米国政府と中央銀行がやっていることは明らかである。 何か大きなものに対する準備 であり、 あなたは自分の頭を砂に突っ込んで、見ないふりをするべきでないと記事の著者は結論付けている。

億万長者たちは、ユーロの崩壊に賭けているのだろうか?

もし我々が上記の情報に追加するならば、ジェイコブ・ロスチャイルド、ジョン・ポールソン、およびジョージ・ソロスの数百億ドルによって近日中に ユーロ株は崩壊する。実際、最近のユーロがかなり減少し、世界の差し迫っている金融崩壊はますます非現実的であるように思われる。

誰が実際に最悪の結果を引き起こすのか、また、いつヨーロッパやアメリカの背後で糸を引いて脅かしている大きな危機、または経済的大惨事 は、20世紀最後の30年以来見なかったが、それは戦争の歴史の中で最も大きい衝突が先に起きたのではなかったか?

George Soros: The Future of Europe


Soros: The Nazi Collaborator Who Sold Out Jews To Survive



http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2015/11/elite-is-preparing-for-something-big-soros-sold-shares-worth-millions-of-dollars-below-the-price-and-changes-them-for-the-gold-2497438.html




◆アレックス・ジョーンズは、生き残りのためにナチに協力していると怒り狂っています。余程ソロス一味に腹を立てているようですねwwww 金の買い漁りはともかくソロスが夥しい数の銃弾を買っているのは、またウクライナのテロリストに補給する為ではないでしょうか。ウクライナをロシアから切り離してEUの仲間入りをさせることが目的で始まったのがウクライナの春であったわけですが、ロシア軍と戦うウクライナ軍の中には米国からの傭兵が沢山いて彼らをソロス一味は支援しているのです。

ウクライナの春
pamwj.jpg

◆ソロスをはじめNWOのメンバーは、EUをずっと存続させたいようですが、多くの人が近い将来「近代経済システム」の終焉を予測しています。ジョージ・ソロスらのような超富豪たちによって買い支えられていた世界中の優良株の投げ売りをすれば、返ってEUの崩壊は加速するでしょう。
20世紀、最後の30年、1970~1999年代を振りかえって見ると、確かに世界経済にとって大きな転換期であったと言えます。

◆70年代のニクソンショック(ドル兌換紙幣廃止)から80年代にかけて、米英で軌を一にするように“新保守主義”(ネオコンサバティブ)が台頭してきました。サッチャリズムやレーガノミックスと呼ばれる、それまでの主流であったケインズ主義的経済政策を否定する経済政策が志向されていましたが、日本も、中曽根政権がそのイデオロギーを採り入れ、それを政策的に実現する方向を目指してきました。

◆そして「新保守主義」の次に台頭したのが「新自由主義(グローバリズム)」でした。ロスチャイルドやソロスのような巨大投資家が財力に任せてヘッジファンドと言う地球規模の賭博場を造り、自分たちに都合のよいルールを作って世界を相手に市場を勝手気ままに操り、巨富を得ていたのです。

◆97年に発生したアジア通貨危機で経済的苦境に陥った国に対してIMFは、カネを貸す代わりに様々な条件を付けています。それは「財政支出の縮小」・「規制緩和」・「資本取引自由化」・「為替レート維持」であり、民営化に代わる「外資による企業買収促進」です。

◆財政が火の車であるギリシャは当初その付帯条件に拒否反応を示していましたが、にっちもさっちもいかなくなってIMFの出した条件を受け入れることで当面の苦境をしのいでいます。政府は国有財産である世界有数の貿易港であるピレウス港の株67%を中国に売るなどして、何とかお茶を濁していますがそれも焼け石に水。さらに観光需要の高いコスやミコノス、コルフ各島の空港を含む14の地方空港をドイツの空港運営会社フラポートAGに売却する計画も進んでいるようで、抜本的な国の再建は不可能でしょう。

ピレウス

◆それはギリシャに限った事ではありません。新自由主義が行き過ぎてしまった世界は、ソロスやロスチャイルドなどのような超富豪の0、0001%が地球上の富の99%を独占するような状況では、英米のどの国でも同じような事態になるからです。世秋経済が行き詰まり、インチキ賭博で不換紙幣をいくらかき集めても超インフレが起きるだけでなんの意味もありません。だから株を叩き売って金を買い漁っているのです。

◆スイスの国立銀行が面白い制度を導入すると言う記事があります。




ついにスイス国立銀行がマイナス金利を導入!

スイス銀行

http://tapnewswire.com/2015/11/swiss-bank-puts-negative-interest-rates-on-bank-accounts-take-your-money-out/

FRBはゼロ金利政策で米経済を下支えしてきました。

一部の国の中央銀行は、マイナス金利(-0.75%)を導入し経済システムを下支えしようとしています。

本日、社会及び環境プロジェクトの投資を行っているスイス国立銀行は、来年1月から個人の顧客に対し、マイナス金利を適用すると発表しました。金融機関がこのようなことをするのは史上初めてです。

マイナス金利が適用されると、銀行にお金を預けていると毎日預金が減って行くということです。

インフレによりお金の価値が下がって行くのではありません。
銀行は預金者の口座から少しずつお金を吸い上げようとしているのです。

しかしマイナス金利を適用するのはスイスの銀行だけではありません。欧米諸国の金融機関もやがてはマイナス金利を導入することになるでしょう。

金融緩和政策やゼロ金利政策が成功しなければ別の方法を取らざるを得ません。
マイナス金利を導入するために、中央銀行はまずはゼロ金利の方向へ徐々に金利を下げていくでしょう。

スイス以外にもスウェーデンの中央銀行がマイナス金利を導入しています。

カナダもほぼゼロ金利です。チェコ共和国、デンマーク、ユーロ圏、ハンガリーもほぼゼロ金利です。イスラエルもゼロ金利です。ノルウェーもほぼゼロ金利です。

残念ながら、世界中の中央銀行がFRBに従いゼロ金利を導入せざるを得なくなっています。しかしゼロ金利や金融緩和策には限界があるため、やがてはマイナス金利を導入する可能性があります。


Swiss Bank Puts NEGATIVE Interest Rates on Bank Accounts! Take Your Money OUT!
https://youtu.be/RzsKWY639F8

(転載終了)
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1172.html




◆預金していても目減りするようなら、引き出して使うしかない。良い所に目をつけたものです。カネは社会の血液です。循環してこそ生命が維持できるのです。どんどん引き出して使うことで景気循環が盛んになります。
「預金に消費期限を付けるとよい」という声もありました。一定期間過ぎた預金は腐って使えないようにすると言うのですがwww
ただしスイス方式にしても消費期限式でも、そんなことをすれば誰も預金などしないでしょうから、銀行そのものが不要になるのではありませんか?

◆銀河連合はNESARAは貴金属に裏付けられた、新しい世界通貨によって配布されると言っていますが、ロスチャイルドやソロスたちが改心して銀河連合に協力するとも思えませんが、サバイバルできるなら光でも闇でも強い方へ付く可能性もありますねwww

▼今日から始まったパリのCOP21会議では、そんな話題が出るかもニャア~

会議

軽減税率代替案


◆消費税が8%になったことに加え、円安で物価が上昇していることで消費が冷え込み、低所得層には景気回復の実感がないというのが実情です。

物価

それが2017年には消費税が10%になれば生活困窮者にとって悲惨なことになるのは目に見えています。それで政府は高齢者や生活保護所帯などには消費税率負担軽減を導入しようとしています。

移動販売


◆税収を上げることしか考えない財務省は最初からこの税を軽減する積りは毛頭なかったのですが、官邸の意向で渋々これに応じたようです。
その方法はいったん徴収した消費税を後で還付するというものですが、しかしこれには様々な問題があります。




軽減税率代替:マイナンバー使い還付…財務省検討

財務省が2017年4月の消費税率10%への引き上げ後を念頭に、消費税負担を軽減するため導入を検討している新たな還付金制度の骨格が判明した。

酒類を除く飲食料品すべてを負担軽減の対象に指定。消費者は会計の際には10%分の消費税を支払うが、対象品を買った場合は後日、消費税率軽減分の還付を受けられるようにする。

ただ、後日の還付では消費者の負担感を抑える効果は限定的になるとみられるなど、問題点も指摘されている。

 ◇消費者、残る痛税感

 国民全員に番号を割り振るマイナンバー制度が来年1月にスタートすることを踏まえ、個人のマイナンバーカードに購入記録を蓄積し、それに基づき還付を受ける新システムを導入するとしている。

 政府・与党はこれまで、生活必需品の消費税率を低く抑え販売価格を安くすることで、消費者の負担軽減を図る軽減税率制度を検討してきた。しかし、対象品の線引きや、複数の税率に対応するために事業者の経理処理が複雑になることから、制度設計の作業は暗礁に乗り上げていた。

 財務省案は、対象品を「酒を除く飲食料品」と幅広く設定する一方、販売価格を安くするのではなく、後から消費税の軽減分を還付するのが特徴。消費者は買い物のたびに店側にマイナンバーカードを提示し、カードに埋め込まれているICチップに購入情報を記録する。

 仮に消費税率10%、対象品の軽減税率8%の場合、2%分が還付金となる。消費者が事前に登録した金融機関の口座に後日、振り込まれることになる。所得に関係なくすべての人が還付を受けられるようにするが、還付の年間上限額を設定する。

 財務省案では、対象品を販売する事業者が品物ごとに税率を分けて扱う必要がないため、事業者の負担は少なくて済む。財務省は安倍晋三首相や菅義偉官房長官にも既にこの案を説明しており、了承を得たという。

 しかし、普及する見通しが立っていないマイナンバー制度を前提としており、実際に機能するかは不透明だ。マイナンバーカードの取得は任意で、還付が行き渡らない可能性がある。

 自民、公明両党は昨年の衆院選の共通公約で、軽減税率の実施時期について17年4月に消費税率が10%に引き上げられることを踏まえ、「17年度からの導入を目指す」としていたが、政府関係者は「財務省案ではシステム構築は間に合わない」と断言する。

 軽減税率の導入を強く訴えてきた公明党の山口那津男代表は7日、首相官邸で記者団に「痛税感を和らげて経済全体の消費マインドを冷やさないことが重要だと強く申し上げてきた」と指摘し、財務省案を精査する必要があるとの認識を示した。

そのうえで、「全体像がよく見えない情報の伝わり方をしている。政府には心して説明に当たっていただきたい」と語り、財務省が主導して流れを作ろうとしている状況に苦言を呈した。【横田愛、大久保渉】

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E8%BB%BD%E6%B8%9B%E7%A8%8E%E7%8E%87%E4%BB%A3%E6%9B%BF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E4%BD%BF%E3%81%84%E9%82%84%E4%BB%98%E2%80%A6%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9C%81%E6%A4%9C%E8%A8%8E/ar-AAe3gev#page=2




◆マイナンバーカードには様々な個人情報がはいっていますので、日常的にこれを持ちまわり、紛失する危険性があります。また財務省案は複雑な上、膨大な人手と設備費が必要になります。特に老人はこの取り扱いが難しいのではないでしょうか。

買い物老人





日本型軽減税率案 「官邸の意向と違う」 与党内に不快感も

 財務省がまとめた飲食料品を対象とする消費税率10%引き上げ時の税負担軽減策について、与党内からは不快感を示す声が出ている。財務省の「日本型軽減税率」案は、本来の課題だった軽減税率の導入を断念する形となるためだ。自民、公明両党は近く再開する軽減税率の制度設計を検討する協議会で、財務省案を議論するが調整は難航しそうだ。

 「首相官邸の意向と違う。軽減税率はやるという方向なんだから」

 財務省案に対し政府高官は7日、不快感をあらわにした。また、軽減税率の導入をめぐり「複数の税率を入れるのは面倒くさい」とした麻生太郎財務相の発言についても「軽減税率が面倒ならインボイス(税額票)はもっと面倒だ。インボイスなら中小企業は本当に大変になる」と述べた。

 政府は平成27年度の与党税制改正大綱で、増税時に一部の税率を低くする軽減税率の導入を目指すと明記している。菅義偉官房長官は7日の記者会見で、消費税増税時の負担軽減策に関し「税制改正大綱を基本に検討していくことになるだろう」と話した。

 軽減策は与党案が軸になるとの考えを示唆したとみられる。また、公明党の山口那津男代表は同日、政府与党連絡会議後に記者団の取材に応じ、消費税10%引き上げ時の負担軽減措置をめぐる報道について「全体像がよく見えない。情報の伝わり方に懸念を覚えている」と警戒感を示した。

 公明党は低所得者の痛税感を緩和する策が必要だとして、軽減税率の導入を強く訴えてきた。山口代表は「きちんと説明するよう、政府に強く求めたい」と訴えた。

http://www.msn.com/ja-jp/news/money/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9E%8B%E8%BB%BD%E6%B8%9B%E7%A8%8E%E7%8E%87%E6%A1%88-%E3%80%8C%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%90%91%E3%81%A8%E9%81%95%E3%81%86%E3%80%8D-%E4%B8%8E%E5%85%9A%E5%86%85%E3%81%AB%E4%B8%8D%E5%BF%AB%E6%84%9F%E3%82%82/ar-AAe2Sfq




◆消費税では、小規模事業者の事務負担を軽減するねらいから、課税売上高が3000万円以下の事業者は消費税の納付が免税される免税点を設けています。この仕組みにより、免税事業者の場合、消費者から徴収し預り金的な性格をもつ消費税が、事実上その事業者のポケットに入ってしまうという税金のネコババが生じます。財務省はこれを防ぐためにインボイス方式を導入しようとしているのです。

◆インボイス方式では、相手が発行した「税額票」がなければ控除を受けることが出来ません。この税額票は消費税の申告の際に税務署に提出されますので、発行者の消費税の申告と照合されます。これの導入により、法人税などの脱税捜査にも役立つと考えているのです。

◆麻生財務大臣は「複数の税率を入れるのは面倒くさい」とした麻生太郎財務相の発言についても「軽減税率が面倒ならインボイス(税額票)はもっと面倒だ。インボイスなら中小企業は本当に大変になる」と述べたということで、「面倒くさいとは何事か!」と批判されているようですが、実際物凄く事務手続きが複雑になり、さらなる官僚組織の肥大化がおこります。

日本のしかも財務官僚の頭の良さは特別です。物事をできるだけ細分化して複雑怪奇にしてしまう傾向があります。
サイン、コサイン、タンゼント見たいなもので本当に面倒くせえですな。

◆脱税防止のためのインボイスやマイナンバーカードを使った還付金制度を導入する必要は全くありません。

どうしてそんなに問題を複雑にするのか理解に苦しみます。国民年金生活者はひと月5万円前後で暮らしているのです。

いくら還付制度を作るからといっても、そういう人たちが10%もの消費税を前払いで負担するのは重荷でしょう。食費が月に1万円などと言う人も居ます。その上千円の負担です。何パーセント還付するのか解りませんが、増税分の2%、200円が返ってくるとしても一体どうやって受け取るのでしょうか?

◆そもそも、軽減税率導入の動機は年金暮らしの高齢者や、生活保護所帯などの生活困窮者に対する救済措置です。この人たちはほとんどが非課税所帯のはずです。各自治体はこれを把握していますので、発行した健康保険証は年齢や収入により治療費負担額が違います。同様に市町村が減免税カードを発行し、スーパーやコンビニのレジで課税か非課税かを識別するだけでこの問題は一発で解決します。
そして、こうした生活困窮者には消費税率を軽減ではなく、0にすべきだと思います。


▼この案、拡散してくれると有難いニャア~!

祈る猫


世界金融システム・ダウンに備えよ!



◆株価の乱高下が激しさを増しています。株価の推移はもはやコントロールできない状況です。

dawn.jpg

暴落した株価が何の根拠もなくただちに反発するという、あり得ないような操作が行われているのです。
現在の金融システムはすでに崩壊しているのです。世界の指導者たちは全て世界金融システムがクラッシュして、全金融機関が閉鎖されることを知っているのです。いよいよその時が来たようです。

経済危機

漂流




◆8月24日付けロンドンの「ザ・インデペンデント」紙によると、ゴードン・ブラウン元英首相が英国民に以下の警告を発しています。

gordon-brown_1398756a.jpg

1) 銀行の閉鎖とクレジットカードが使用できなくなる可能性があるため現金を手元に用意しておくこと

2) 1ヶ月家の中で生活できるよう、大量の缶詰と水を用意しておくこと。

3) 通信網が破壊され、自宅を離れる場合、何処に集合するかを家族で決めておくこと。

http://www.independent.co.uk/news/uk/politics/stock-up-on-canned-food-for-stock-market-crash-warns-former-gordon-brown-advisor-10469509.html





◆銀河連邦レジスタンスのコブラの仲間にPrepare For Change teamと言うのがあるらしく、ライト・ワーカーたちに、今後の金融動向と対策を呼び掛けています。




地域社会を担っている方への概要説明

銀行システムの閉鎖に関連して、現在の状況をご理解いただくために、本文書を配布しております。短い移行期間中、地域の平和と安全が保たれるよう貴兄のご協力を賜りたく存じます。また貴兄の責任ある立場からも下記に関してご支援をいただき、現状維持に努めていただくことが、地域社会にとってきわめて大切なことと思われます。


私たちは、この度の銀行システムの変更が完了するまでの間、食料、水、電気、インターネット、ガソリン、輸送機関、電話サービスに支障なきよう願っております。さらに、地域社会を担っている方々に、この度世界で発生していることについて、ご理解いただきたく、本文書を作成しました。ある世界規模のネットワークがあり、平和裡に世界規模の銀行システムを透明化しようと専念して参りました。貴兄に本文書を提供している人物は、そのネットワークの一員です。


私たちが誰を代表しており、このプロセスの背後に誰がいるのか?



私たちのクループは、高い知性を備えた目覚めた人間の集まりで、個々人の社会的背景は様々です。非暴力的に変化を起こすことに献身しております。私たちは現在生じている事態について、世界の諜報機関及び軍部のキー・パーソンから、注意を喚起されておりました。世界中の警察機構のトップ階級のメンバーも、このような合法的執行を認めております。CIA、NSA、FBI、軍部、郡保安官、警察にも国を愛する誠実な人たちがおり、世界中の仲間と共に金融犯罪者の同時一掃作戦に従事しております。


手短に述べますと、多国間管轄の国際的大作業部会が複数組織されており、金融世界及び政治世界における大規模な腐敗を暴きました。そして今、この犯罪行為を終わらせるための合法的作戦を実行中です。国と地方の取り締まり機関及び警察の、特定の指導者たちも、現在進行中のことを承知しております。平和維持を目的として、軍隊が都市に配備されることも予想されます。この文書を手にされた時点で、緊急放送が始まっていなくても、すぐに緊急放送で事態の説明があります。


何が起こっているのか、なぜ銀行が閉鎖されたのか?


今回起こっていることは、世界の中央銀行システムの金融リセットで、必要不可欠なものです。あいにく、この処置により、中央銀行と繋がっている全コンピューターは利用できなくなります。そのため全世界で、現金、ATM、機械装置、クレジットカード、株式市場へのアクセスが断たれることになります。


既に流通している通貨以外は利用できなくなり、おそらくその期間は、長くて2週間続くと思われます。プランを管理している合法下の組織は、銀行システムのオフライン期間が3~5日で済むよう、最善を尽くしております。しかしながら、予測の効かない不確実な要素が非常に多いため、実際の切り替えに要する期間を、正確に申し上げることはできません。現金が不足すれば、現金を入手できない人がパニックに陥り、世界中の様々な地域で、困難な事態が発生するかもしれません。


このプロセスにおける貴兄の重要な役割


それを案じて、私どもは貴兄にこの文書をお渡ししました。地域社会の人々、そして地域を率いている仲間の方々との、偽りや隠し事のないオープンなコミュニケーションのネットワークを維持するうえで、貴兄がリーダーシップを取って下さることは、極めて重要なことと思われます。私どもは、地方警察の動きを見守り、調整してくださることを最優先事項として、貴兄にお願い申し上げます。地方警察もこの作戦を知らず、発生している事態を理解していません。住民の方々が混乱に陥るのは自然な反応ですが、警察がそのような反応を、反社会的、潜在的暴力と見誤るかもしれません。私どもは何よりも、警察の慎重な対応と先を見据えた対策を講じることで、警察が武力を行使しなくて済むよう、お願い申し上げます。


変更期間中、平和を保つために大切なこと


銀行閉鎖により、長期間、以下のサービスが止まるかもしれません。

輸送機関、食料、水、電力網、携帯電話のアンテナ塔、インターネット、テレビ、緊急救援活動、病院、その他の重要なネットワーク。

そのような場合でも、食料と水そして地域社会のグループには、住民へのサービスを再開していただくようお願いします。



私たちが今回の出来事をどうして知っていたか


私たちのグループは、直接連絡を受けており、情報ネットワークの機能を果たすよう要請されました。そして任務に当たる貴兄をサポートするための、基盤としての役割も要請されております。貴兄が、市長、給水区域管理者、電力会社と地域間の連絡係のいずれかであるならば、銀行閉鎖期間中もサービスが途絶えぬよう、お取り計らいのうえ責務を全うしていただきたく存じます。さらに、必要としている住民が必需品を手に入れるための供給ルートを、地域で確保していただければと思います。病院と救急サービスを優先し、お年を召して身体が弱っている方を保護して下さるようお願いします。


このようなことが起こった理由


不幸なことに、米連邦準備銀行を含む世界の銀行システムで、長年にわたり犯罪的不正行為がなされてきました。不正行為に問われている者たちは、世界の政治基盤を様々に腐敗させました。そして力への飽くなき欲望は、民主的なプロセスを妨害し、世界中の生態系に大きな害を及ぼしました。また、社会レベル国家レベルでの友好関係を損なう原因にもなっています。


公になる証拠


証拠は押収されつつあり、金融業界の詐欺と腐敗のシステムを示しています。それは制度化された窃盗という結果を招きました。世界中の人々が苦労して稼いだお金が、何兆(ドル)という単位で盗まれたのです。証拠も挙がり、起訴状の送達と逮捕も始まっているので、このような犯罪も終わりになります。犯罪責任を負うべき人たちには、自国の法律に従うよう繰り返し警告してきましたが、それを拒んだ者もおります。


実力行使の時


法律遵守の警告が拒否されたため、中央銀行が強制閉鎖される事態となり、只今のところ全世界の銀行システムに影響が及んでいます。今回の過激な作戦は、法を執行するために必要なものであり、全世界で、警察が組織立って作戦を実行中です。前もって民衆に警告しなかったのは、権力を握る犯罪者たちが世界のメディアを支配し、世界規模で検閲者を置いていたからです。警官は、犯罪者がおとなしく逮捕されるか逃げるか、判断できません。


地に落ちる権力者たち


銀行業務の不正操作には、名だたる権力者たちも関わっています。事態が沈静化すると、人々はそのことにショックを受けるでしょう。これは軍事クーデターでもなければ、何かしらネガティブな事件でもありません。実際は本作戦により、統治システムがより実直で信頼のおけるものになり、数週間して真実が公になると、世界中からご支持をいただけるものと思っております。


本文書の正当性に疑問を持って当然です

貴兄にとってこの情報は現実味に欠けているかもしれませんし、信じていただけないかもしれません。しかしながら、本文書が2013年9月29日に作成されたことをご考慮いただきたく思います。前もって本文書を作成していた私たちが、今現在行われていることを承知している証になるのではないでしょうか。繰り返しますが、これは軍事クーデターではありません。パニックに陥ったり、恐れたりするようなものではありません。この世界規模の出来事の本質に関して、貴兄が私どもを信じるか信じないかは別として、貴兄には地域の平和と安全のために、最善を尽くしていただくようお願い申し上げます。できるだけ効率的に物事が運ぶようにご配慮下さい。


結びとして


私どもは、貴兄が本文書に心を開いて下さることを願っております。そして私どもが、地域を率いる、責任と力を持つ立場におられる貴兄を支援していることをご理解ください。この移行期が短期間で済むように意図されていることを、どうぞご承知おきください。コミュニケーション手段が不通になるかもしれません。国の指示を待たず、局所的な思案が求められることと思われます。

どうか本文書の内容を熟慮していただき、可能であれば、この概要報告を貴兄にもたらした人物に率直にお話しください。何が起こっているのか明確にしてくれるかもしれませんし、貴兄と地域社会にとって役立つアイディアを出してくれることでしょう。


私どものウェブサイトです。(www.prepareforchange.net) 記事がリンクしてあります。私どもが述べていたことが、長い時間をかけてなされていたことを証明します。是非リンク先から情報を受け取ってください。銀行の閉鎖期間中でもインターネットが機能していれば、リンク先の記事で理解を深めていただけるでしょう。インターネットが機能していない場合、本文書を貴兄に届けた人物と連絡を取ってみてはいかがでしょうか。


ここにご提出いたします。


By Prepare For Change team

www.prepareforchange.net

Additional information:

http://2012portal.blogspot.com/2012/04/normal-0- microsoftinternetexplorer4_28.html


http://newtomorrow.us/part2.html


http://divinecosmos.com/start-here/davids-blog/1023-financial-tyranny


http://nowcreation.jimdo.com/2014/02/24/%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%92%E6%8B%85%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E6%96%B9%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81%E8%AA%AC%E6%98%8E/





◆諸悪の根源FRBやIMF、世銀などが全部シャットダウンすれば一時的に人類の営みが強制終了したような状態になるかも知れません。国や自治体に依存することなく、常日頃から少なくとも1カ月程度の食料や水などの確保をしておきたいものですね。

US-Dollar-collapse.png

◆シェルダン・ナイドルもダーク・カバールの終焉が近いと言っています。やはり9月には疾風怒濤の変革が起きるようです。それも世界が180度ひっくり返るような大変革が・・・




シェルダン・ナイドルニュース 2015年8月 25日

s2.png

http://www.paoweb.com/sn082515.htm
Update by Sheldan Nidle for the Spiritual Hierarchy and the Galactic Federation
24 August, 2015
3 Caban, 10 Uo, 12 Manik

セラマ ト・バリク!現在の世界はまだ古いやり方が幅をきかせている世界です。経済的にも文化的イベントの面でも新しいものになる用意が出来 ています。闇はこの表面世界をほぼ13000年に亘って支配してきました。このような長い間の支配は今調整される必要がある数多くの 文化的慣例を作り出しました。あなた方は終わりがないように思える負債奴隷制度と生き残りのために常にあくせく働かなければならない と言う状況から解放されようとしています。


これらは負債の解消と豊穣資金の配布によって終わろうとしています。カバールは基本的な支 えが変容し、あなた方から切り離されることを理解しています。これらの事は彼等にとっての呪いなのです。彼等の死を忌む戦いが物事を 遅延させてきたのかも知れません。しかし彼等の運命は天によって本当に封じられています。闇は追い詰められています。


闇は破産し、無 用な不換通貨の山に埋まり、嘘や大規模な皮肉を続けることができません。手短に言えば、その消滅の舞台が急速にできあがりつつありま す。この全てを終わらせる数多くのシナリオが現在各勢力によって検討されています。これには逮捕、スキャンダル、第二次世界大戦以降 起きた事についての真実をあなた方に学ばせる統治改革が含まれます。

アメリカ は世界のパワーになり、南北戦争と言う内戦の終了以来従ってきた全てのシナリオを急速に反転させました。アメリカは人民と孤立主義者 の取り込みに失敗し、急速に新たな大英帝国を形成しました。

このプロセスはアメリカの機能のあり方を深刻に変えてしまいました。アメ リカはかつて抵抗を示した古い帝国という大きい保護者として自らを確立させることを求める国になりました。

私たちはアメリカが現在のUFO隠蔽工作と言う一連の嘘をついた様子を見守ってきました。アメリカは不法な戦 争を行い、多くの若者達の生命を全く変えてしまった徴兵制度を維持しました。アメリカはただ如何に強力になったかを見せつけるための 筋肉を盛り上げる専制国家への道をたどりました。アメリカは魂を失い、ジェファーソンとその多くの関係者達が警告した事態へと突入し て行きました。アメリカは富める者と強力な者を助けるための帝国を作り出しました。南北戦争後には強力な者たちが数多く成長しまし た。

第一次世界大戦の開始までには、この新しい徒党が権力の公式な位置を占めるようになりました。

20世紀 の残りにアメリカが行ったことは大きい力としての地位を維持するために英国が行ったことの繰り返しでした。意図的に作り出された不景 気は実際には第二次世界大戦の準備だったのです。アメリカは戦争後主要勢力になり、その勢力の維持のために冷戦を作り出しました。

こ のことは、アヌンナキの残酷な主導に従がうように、アメリカを闇が主な傘下の者として選択した主要国としての役割を与えたということ を意味します。それにも関わらず、アンカラの布告と1990年代半ばにおけるアヌンナキの立ち去りは最終的に911にまで高まった混 乱を引き起こし、結果としてアフガニスタンとイラクでの戦争になりました。

これらは彼等に一時的に更なる10年間の権力掌握をさせ、 私たちに現在のジレンマを起こさせました。今は必然のことが実際に起きる前の最後の時です。現在の世界は私たちの連合と私たちが仕組 んだことの始動寸前の状態にあります。

私たちは天と地球連合の両方にこれ以上多くの事は開示しないと約束しました。闇の者たちは多く の彼等に不利な裁定が下され、大きい法的な力が彼等にくだされようとしていることを知っています。

私たちは 現在のところ瀬戸際にいます。数多くの行動が彼等のペースで進められています。私たちはその展開を黙ってながめているだけです。今は あなた方が子共の時から抱いてきた感覚によって自分に対して行う審判を止める時です。

闇の没落 とともに、あなた方はとうとう自由というものがどういうことかを知る事が出来ます。アヌンナキが20年前に立ち去っていった時、彼等 はカバールに彼等のやり方を捨て、その代わりに豊かさと新しい統治を開花させるよう、誠実に要請して行きました。

カバールはこれに従 わないと決定し、次の10年の間にアメリカのカバールがその支配を確立しました。この支配は疲労し、世界はアメリカの行為から回復するに至りました。

あなた方にはもう少しの辛抱をお願いし、閉ざされた扉の向こう側で行われ、秘密にされていることがあることを分かっ て欲しいと思います。カバールはこれを何とかして挽回したいと思っています。カバールに再び勝利をもたらす方法を賢明にも採っている 者が多すぎます。それ故に、あなた方が勝利を収めたのであり、これが間もなく表に現れるということをハートの中に抱き続けていて欲し いと思います。その後、あなた方は解放され、新しい領域が目前にひろがろうとしています!

祝福を! 私たちは次元上昇したマスターです!この世界は今大きい変容を遂げつつあります。20年以上も前に、天はガイアの次元上昇したマス ターにたいする命令からなる兄弟、姉妹団による祝福の命令を発する大管理者であるファーストコンタクトチームを派遣しました。

最初は 私たちには闇の者達のプランに代わる、この聖なる現実のための新しい光のプランの設定が要求されました。10年間の迷走の後に、潮は 次第に21世紀の前半へと上がって行きました。

私たちは種々の目標を達成出来る数多くの適切な戦略を打ち立てました。この内の最も重 要なものは多くの古代ファミリーにカバールの権力を改革し資源を無力化するために幾世紀にも亘って蓄積された大いなる資源を如何に利 用するか、を説明することでした。

現在この説明はこれらの数多くの分派に十分に行われ、あるプランが有効に機能しています。この秘密 のプランの終結が視野の中にはいってきています。
表面領域 を経済的な災害に向けて引き戻すとの闇の脅しにも関わらず、このプランは成功に近づいています。

ここで、私たちはあなた方に成功に向 けて集中するようにお願いします。闇の者達にはこの領域をいかなる形にせよ混沌に落とし込むことを許されていません。

経済的、哲学 的、あるいは更なる戦争への見せかけであろうと、今のところ、彼等の企みは失敗に終わっています。

闇の者たちは選ばれた運命から逃れ ることは出来ません。彼等の狂気とあなた方を闇に封じ込めておく時はついに終わりに至ったのです。

闇のプランの中に仕組まれている罠 は明らかにされています。ですから、祝福の者たちよ、強くあり、創造主と、多くの者に天の大プランの結実のために任務を与えられてい ることを信頼していてください。私たちのプランの不可視部分が明らかになるまで情報の秘密を保持する必要があります。親愛なる皆さ ん、この時がほとんど目前にせまっているので、感謝して下さい。

私たちのメッセージを一杯の歓喜と全てのものの成 功で締めくくります。随分以前に、天は数千年の間この表面の土地を闇に委ねました。この”貸し出し”は今期限の終了を迎えています。

光に は秘密の指令が与えられ、今闇を放逐し、あなた方を新しい自由と真の繁栄をもたらす新しい土地へと連れて行く準備ができています。

あなた 方のハートの真のゴールを得られる聖なる方法での行動を取らせる手段の実行の準備をして下さい。

私たちも一緒になってこの領域の再生を し、スピリチュアルな内部地球と宇宙ファミリーとの再会をしましょう。この完全意識の時において、あなた方は自分達のスピリチュアル及び 直感能力を学ぼうとしています。これらの力が立ち上がりつつあることに注意を向け、最も大きい栄光の一連の時にたいする備えが出来ている ことを知って下さい。

私たちは ガイアが如何にこれに対して準備をしているか、あなた方が如何に光の兄弟、姉妹たちに会おうとしているかをも守っています!ハレル ヤ!ハレルヤ!

今日は、 もう一つのメッセージを受け取りました。創造主の指令が下されました。喜びの中にあって、多くの贈り物を受け取って下さい。新しく、 壮大な現実の実現にむけての自分の能力の発揮について良い備えをしていて下さい。

待っている者たちに良いことが起きます。親愛なる皆 さん、天からの無限の供給と繁栄が実にあなた方のものであることを知ってください!そうあれ!セラマト・ガジュン!セラマト・ジャ! (シリウスの言葉、一つのものであれ!喜びの中にあれ!)


翻訳 Taki

http://japonese.despertando.me/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%80%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4%EF%BC%98%E6%9C%88/




▼サバイバルしなきゃにゃ!!!

yamineko.jpg


プロフィール

kenbounoblog

Author:kenbounoblog
来るべき次元上昇まで、世界で起きる事象を俯瞰したり斜めから見たりしている爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR